**ごめんね肝臓くん**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_23173191.jpg


少し前ですが整体に行った折「肝臓弱っているようですね」
って言われてしまいました。

「お酒たくさん召し上がるんですか?」
と言われたのですが、私はほとんどお酒は飲みません。

ですので、その指摘には当てはまらなかったので、それを素直に伝えると

「じゃあ甘いものお好き?」

その通り、Yesなのです。

ほぼ毎日甘いものを口にしますので、それを伝えたら
「砂糖を控えたほうがいいですね」

これってお酒好きが断酒を言い渡されたのと同じように
「え~~!?」
なのでした。

いやむしろお酒なんて足元に及ばないほど砂糖(精製した白砂糖)は肝臓を痛めることを、整体からの帰り道に自分なりに再確認したら、肝臓に。
「そうだよ!なんだよ今更、当たり前でしょ?!」
「いや~スマンスマン』

この一連の話し合いで、肝臓が涙を流して喜んでしました。
「やっとわかってくれたよ~(涙)」って。

私たちの体は一生懸命その人のために頑張って生きていてくれます。
その体に「ありがとう」って思えた時、体がとても喜ぶんですね。
逆に「自分の身体は自分がよく知ってるから、無理させたって大丈夫さ」なんて思うと、とても悲しんでしまいます。

で、自分でも整体にゆく前に背中に、なんとな〜くだるさを感じていたのでやっぱりねという
まあ答え合わせができたので、じゃあ行動すべぇと重い腰をあげてみました。
で、いきなり甘いもの一切禁止はきついですよね、なので3割程度減らすとか、そんな感じで減らして行こかと・・

これならと思って、始めたのですが、何せ行動が極端な私。
3割と決めた翌日からすで白砂糖を取ることを一切しないことにして、どうしても使う時には以前知人の方に頂いた素精糖とお勧め頂いた三河みりんに変えてみました。

煮物などにも精製等を使っていたのですが、それを全て素精糖、やキビ糖、三河みりん、麹から作る甘酒だけに変え
食後の甘いものを務めて口にしないようにしました。

自分の治癒能力を信じてはいますので、少しくらいの毒素だって中和できるという確信はあります。
でもだからと言って、体の信号を無視してはいかんね。
と思いました~

それを始めて1月ほど。
自分でもびっくりするほど調子が良くなっちゃいました。

思えばここ最近とても体が冷えていましたが禁白砂糖の後、その冷えが急激に改善したんです。
体って正直でストレートなんだなあ、と感心しきり。

それと体が糖質を分解するとき、大量のカルシュウムを使いますので、カルシュウム不足にもなりやすいです。
で、肩こりも!

ダメじゃん精製糖(白砂糖)。

あくまで ”自分にとっては” ですが精製した食品はあんまり良くない。
それが自分の身を使ってよ~く理解できたのでした!

ついでに精米は七分づきから五分づきに変えてみたら、それも良かったみたいです。
これも体を冷やさないのですね、それもよっくわかりました。

男性は基本的に玄米が嫌いです。
なぜって、冷え性ではない人が多いからです。
なので玄米を美味しいって思わないのです。

でもやっぱり体が冷えていたのですね、五分づきに変えても美味しいって感じるのです。

お米を配達してもらうお米屋さんに話したら「浅くついた方がよく噛むので甘さが増しますよ」
そんなことも教えられました。
この調子で続けていたら、五分づき米美味しいね、に体が変わってきました。

しめしめなのです。


考えてみたら私たちだって生き物ですから、自然界の中にあるものを加工して食べるのだって「人の手で出来る程度のもの」を口にするのなら体もなんとか対応できるでしょう。

でも、まるで理科室の化学実験の様に作り出す自然界に存在しない食品は、そうしたモノを口にしたことのない体にはびっくりのはずです。
そして対応するのに大変で、着いていけなくなるんですね。

古来からあるものがいいと言うのも、肉体の変化スピードとの兼ね合いやバランスが大事だからと言うこともあっての事なのかもしれませんね。

化学的に作られたものであっても、私たちの生態が何世代かに渡って取り続けることによって遺伝子にその信号が申し送りされて対応できてくるのかもしれません。
でもそれも「限度」があるでしょう。

近代の科学、化学のスピードは今までの人類の歴史の中でも特筆すべきスピードなので、きっと体もその変化にアップアップかもしれませんね。

同じ高度な文明を誇っていたアトランティスや、レムリア、ムーなどに生きていた人類(何人もの方の過去世リーディングで見てきてわかっていますが)は軽く300才以上の寿命を持っていました。
であれば人の寿命と文明進化のスピードがうまくバランスを取っていたのだろうと思います。


**ただし、次元の変化スピードはさらに早くなっていることも確実です。

次元変化への順応は、物理的な肉体ではない「深層自我」で感じるスピード感覚なので、極めて霊的な部分に関わることです。
次元変化に対応してて行くには自己の内面進化が最重要ということですね。

しかも、この内面進化は軽々と肉体にも反映し、これから迎えるあらゆる変化に対応できる肉体も作り上げて行くでしょう。

と言うお話。











[PR]

# by farmemory | 2017-07-09 00:10 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(1)

**自分に聞いてみました**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_01290187.jpg

自分に聞いてみました。

もし今、今までこの社会が私たちに、とても大切で重要な事実を伝えないでいたとしたら自分はどうする?
もし今、今までこの社会が私たちを詐称し、コントロールし、教えられてきた多くの歴史は随分話が違うと知らされたら、自分はその時どんな反応をすると思う?

怒りを覚える?
不安になる?
そんな社会に「出てゆけ!」と罵る?

それとも、心も動かず、怒りも不信も興味も湧かず、今は未来へ向かうため自分の進化にフォーカスし先を目指す?

真実の公開は自分がどの様な状態に至ったら始まるか、本当の自分は知っているよね?

そしてそれは表層の自分ではなく、深層の自分、魂の自分の声として。

そう聞いてみました~

で?
答えはどうなの?
まぁまぁ、それはなんです、え~と、つまり・・・
答えは誰とも共有出来るものじゃなくて、自分だけの正解ってことで。










[PR]

# by farmemory | 2017-07-06 01:29 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(4)

**シリウスからの歌声(1)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_02013356.jpg

シリウス物語を始めます。

これは私小説、創作、希望が入り混じったお話ですが、シリウスや、他の天体の人々のことは、私が今まで経験し、思い出し、コンタクトして知ったことが元になっています。

このお話を書こうと思ったのは、新しいブログに変えてからしばらくして、不意にそれを思い立ったからです。
というより、はっきりと自分の中の「シリウス」が目を覚まし始めたからかもしれません。

自分がシリウスから来たこと、多くの人をその星からこの地球に連れて来たことを今でもはっきりと覚えています。
今までにも私と共にシリウスから地球に来た魂を持つ方と再会をして来ました。

それだけではなく、シリウス以外の他の天体で共に過ごした縁のある方との再会にも始まっています。
そんな日々から、この物語を書き始めることとなりました。

いわば私の宇宙の履歴と古代地球での転生の物語、そして遠大な備忘録です。
きっと完結しないと思いますけど、気が向いた時に書き続けてゆきます。


********************************


**シリウスからの歌声(1)**

冬の夜空に美しく輝くシリウス。

中学生1年になった芳樹は理科の時間にシリウスの名を聞いた時、何かこみ上げる思いが胸を駆け上がって、その感情に授業中心が揺れ動いたことを大人なった今も鮮明に覚えていました。

その授業を受けてすぐ彼の中学校には無かった「天文部」を友達3人で立ち上げる事になりました。

もともと彼は体を動かすことが好きで水泳部に籍を置き、その中学ではエースとして活動していた体育会系の中学生でしたが、どこかに天文に関する興味をずっと持ち続けていました。

水泳部に入ったのも、子供の頃から水遊びが好きで小学校に入ると毎年夏のプールの時間をそれはもう楽しみにする子供でした。
家族でゆくレジャーも海や川、湖と、きれいな水のあるところばかりを希望するので父親は山でのキャンプなどをさせたいとは思うのですが、彼が興味を持たないため、父親の実家である逗子の海辺の家で夏休み中過ごすことが彼の夏の習慣でした。

とにかく綺麗で澄んだ海、水深のある透明な川の深みを見ると「ああ、飛び込みたい」そう思う、まるで河童のような水好きでした。
大人になっても、その思いはいささかも変わることなく、美しい水、生きた水、大きな水辺への思いは変わることなく続いています。

中学に入って教科書でシリウスを知った彼は天文部を作ってすぐの夏休み、理科の先生に頼み込んで3日間屋上での夜間観測をした事があります。

家は近かったので夕方友人たちと屋上に集まって、明け方まで自分たちの天体望遠鏡を持ち寄って星たちの観測をしました。

でもシリウス(おおいぬ座)は冬の星座なので、いくら探してもあるはずないのに知識のない自分たちはなんでだろうと頭捻った情けない天文部でした。
理科の先生も当直の時来てくれ、シリウスがないとワイワイやっていた僕らをニコニコ見ているだけで、なぜ天球にシリウスが見つからないのかを教えることはしませんでした。

さて、この天文部も言い出しっぺの彼が急激に興味をなくし、出来たばかりの剣道部に急激に興味が移ってゆき、尻つぼみ解散になるという体たらくを見せることとなったのです。

でもシリウスという美しい響きは、少年から大人になるまでの間一度として忘れることのない、言い知れぬ懐かしさを覚える特別な言葉として心の中に輝いていたのです。

プレアデス、アンドロメダ、北斗七星、オリオン・・
数ある天体の中で、いつも心に輝いていたシリウスでしたが「自分がシリウスから来た」ということは。、まだ地球外生命体とか、他の天体に文明があるということすら知らずにいたので、なぜシリウスという言葉に心奪われていたかわか利ませんでした。

そしてそれから10年の月日が経ち、大学生となった彼が、バイト先の飲食店で、同じバイト仲間のある女性と知り合うことになります。
その娘はどこか懐かしさを感じる、目の澄んだとてもエキゾチックな雰囲気のある娘で自分より3歳下の20歳。

特に人目を引くタイプでもなく、物静かで、あまり目立たないどちらかといえば地味で小柄な子でした。
でも彼には、何か言い知れぬ懐かしさがこみ上げ、初めて会ったその日から彼女に強く惹かれて行きます。










[PR]

# by farmemory | 2017-07-03 02:04 | ・シリウスからの歌声 | Trackback | Comments(6)