**果実園**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00325488.jpg


家の人のデジカメがぶっ壊れたと言うことで、新宿のビックロまで新しいカメラを買いに行きました。
しばらくカメラ売り場をのぞいていなかったのですけど、動画用のウェアラブルカメラを各社がドンドコ出してるんですね〜

来月になったら船で沖に出ようと思ってるんですけど、その時の動画用にGoProが欲しくなってしまいました。
特に海の中を見ることも出来るって事でウズウズしちゃいましたが、家の人の冷静な一言「そう言うの買って、今までにどれほど役に立ったの?」であえなく撃沈。

じゃあそれならって事で(なんで「それなら」かわかんないけど)少し歩いて新宿南口の「果実園」にパフェ食べに。

c0319737_00325191.jpg

**果実園**

店に入るなりフルーツの香りでクラクラ。
今回は季節なので桃のパフェと、お任せパフェを頼んでみました〜

このお店のフルーツは言う事ないのですが、特に生クリームが絶品なんざんす。
最近は生クリームの美味しいお店が少なくて・・

でもここはお勧めでっす。パフェ好きの方はぜひ!
ウマウマ〜!









[PR]

# by farmemory | 2017-09-19 00:40 | ・今日の日記 | Trackback | Comments(2)

**へっぽこな私**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00030087.jpg


この画像は自宅近くで真夜中に撮影した光です。
見る限り手ブレの光に見えますが、そうではありません。
航跡を描きながら動く光体を撮影したのもです。
メッセージを送ってきましたが、とても個人的なことなので・ヒ・ミ・ツ
   ・
最近ブログの更新が早くなってるので、気まぐれでGoogl+の方を復活させてみました。
ほんと気まぐれなので更新頻度はそれほど高くはないかもですが。
よかったらそちらの方もご覧下さいまっせ〜
Googl+「far memoryの独り言」ページ>>


◆では今日の記事です。

この人生は変化と進化のために用意された世界で、皆それを体験するためにここにいます。
そして、その変化や進化がどれほど重要か。

でもだからと言って、その変化の中にある苦しさや痛みを「当たり前」の事と言っているわけではないんです。
苦しいから意味があるって言われても、やっぱり苦しくて怖くて、不安を抱いてしまうことは当たり前なんですね。

ストイックにそうした苦行を受け入れ、歯を食いしばって耐えて耐えて・・なんて、そんな毎日暮らせるはずはありません。

進化のためって言われても、泣き言だって不安だって、寂しさだって、そうした感情を抱いてしまうからこそ苦しいわけです。

「もうヤダよ」って、へこたれてしまうこともあるでしょう。
誰か助けてって泣き言言ってしまう自分もいますよね。

泣きべそかいた自分がいた時は、その自分を真正面から認めて
「そうだよね、苦しいよね、へっぽこな自分だよね」
そう、自分自身に寄り添ってあげることもとっても大事。

だって、へこたれてる自分だってまぎれもない自分なんですから。
何一つ自己否定する必要なんてないのです。

時には「自分頑張れ」ばかり言わないで、スピリチュアルな意識を脇に置いて
今日は現世の面白おかしい世界で楽しんでみるのも悪くはないかもしれません。









[PR]

# by farmemory | 2017-09-17 00:09 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(6)

**地図にない道**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>





幾度もの人生でどれほどの縁を知ってきたのだろう
どれほどの人生を繰り返してきたのだろう

まばゆい光の中に穏やかに過ごす日々
子供達の歓声

恵まれた日々の中に見え隠れする手招き
小さな戸惑いと身動き出来ずにいる自分

地図にない道を辿りたくなる衝動
見知らぬ何処かに舞い降りたくなる葛藤

ここに来る前
生まれる前
自分にどんな約束をしてきたのだろう
何をしにここに来たのだろう

約束は果たしているの?
この人生の意味って何?

目にする光は本当の景色なのかは分からない
長いトンネルを歩いている気さえする

生きることに何の不安もない自分
でもその胸の奥に浮かぶ捉えどころのない焦りはなんなのだろう

愛する人たちに囲まれながらも
それでも自分の道を辿り始めようとしている自分が今ここにいます










[PR]

# by farmemory | 2017-09-15 00:14 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(2)