**リラと温泉(1)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
お便り・お問い合わせ>>
facebook >>



c0319737_23504476.jpg

リラ星の人々はこの地球のマントルに多大な影響を与え、またマントルそのものの管理をしてくれています。

そして地下深くを流れる高温のマントル(溶岩)は地球にとってなくてはならない重要なエネルギー源でもあるのです。

溶岩は地球の至るところに「火山」と言う蛇口を使い噴火として地表に現れます。
それだけではなく、地表のプレートを動かし、長い年月をかけて地球自体を変化させて行きます。

変化してゆくと言うことは「生きている」と言う事でもありますね。

次元の変化が始まっていて来た今、リラの担当する火山も活発化してきています。
環太平洋だけではなく、世界中の火山が一斉に目を覚まし始めているのも地球の次元移行に深く関わっている事なのですね。

物理的に見れば太陽活動の影響などが火山を活発化させていると言う見方もできます。
でもその本質は、次元移行そのものが理由と見ていいと思っています。

今後火山はその活動を更に上げて行き、また地質の変化も急激な上昇曲線を描いて行く筈です。
火山と次元移行。
切っても切り離せない深いリンクで繋がっています。

火山や地質の変化活動は、今まで目に見えることの少なかった次元変化を五感で感じられる事象なのだろうと思います。


さて、火山は噴火という激しい現象を伴いますが反面、温泉や地中深くのミネラル分を地球の表層にもたらすという恩恵ももたらします。

海外ではあまり温泉の効能について語られませんが(温泉自体出ないところもあるでしょう)
日本では古来、温泉は医療とみなしてもいます。

これは温泉成分に含まれる化学物質が、人体に様々な作用があると言う科学的な面です。

一方、火山は熱というエネルギーや地球内部の効能成分を地表に送り出すだけではなく、地球を縦横に走るレイエネルギーを送り出してもくれます。
これは温泉が持つ、目に見えないエネルギーと言えばいいでしょうか、効能を超えた作用を人体にもたらします。

私たち人類は、生きることで様々な感情を生み出しています。
その中でもポジティブ感情「楽しい・幸せ・温かい・心地いい・・・」が地球に送られて行きます。

ここにもリラと大きな関係性が見えます。
私たち人類は男女という性差を持っています、そして「愛し合う」という感情エネルギーを作り出せるのが人類に与えたとても重要な役割でもあります。
そして、何より恋愛や愛し合う事そのものを担当してくれているのもリラたちなのです。

その感情エネルギーを受け取った地球は、今度はまた地球自身が持つポジティブエネルギーをレイラインを通し人類にエネルギー還元をしてくれます。
こうして地球と人類の間で常にエネルギー循環が起こっています。

また温泉に浸かると、そこに含まれる有効成分と見えないエネルギーが皮膚や気管を通して人体何に取り込まれて行きます。
私たちの体は地球の元素から作られていることを考えると、温泉から受け取る様々なエネルギーや有効成分を体に取り入れる事で、地球とストレートに繋がって行くと言うことにもなります。

ここで大切な事なのですが、その温泉が源泉の掛け流しであるという事です。
浴槽に流れ込む温泉を逆にたどり、火山そのものに繋がってゆく事が出来るからです。

同じ天然温泉であっても循環式の温泉では、浴槽に貯めただけで源泉からの流れ込みがなく、それでは火山に繋がる事は出来ません。

経験的な事なのですが、特にリラのエネルギーの強い温泉は硫黄成分と硫化水素の含有量に比例していると感じています。
「温泉臭さ」が強ければ強いほどリラのエネルギー(効能)が強いという事です。

もちろん単純泉はリラではないという事ではありませんが、もしリラとのつながりを意識して温泉を選ぶのでしたらぜひ、濁っている硫黄泉を選んでみてください。

今回那須の温泉でのイベントを行いましたが、ホテルで提供してくれた硫黄泉に一人浸かっている時に、ふとコノハナサクヤ姫の名前が浮かびました。
温泉に浸かっていると、姫と意識が同期していることを強く感じたのです。

そして、彼女との長いコンタクトが取れました。

そのお話は次回以降、お話ししようと思います。

ではではまた!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑よろしければポチッとお願いします!










[PR]

# by farmemory | 2018-04-24 00:01 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(2)

**那須のプラーナ**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
お便り・お問い合わせ>>
faecbook >>



c0319737_13030068.jpg

先日記事にした那須の画像を整理りしていたら・・

「なにこれ?」

という画像発見、シェアします。

これ、おそらく夜のプラーナだと思います。
左側は拡大しないそのままです、右が部分拡大したもの。

ビックリです。

夜の撮影ではストロボを使うと、オーブが良く撮れますが、これはストロボなしの夜間モードで写しました。
本当に興味深いものが写せました。
よく見るとこれら小さな光(右画像)が何やら並んだり規則性を持っているように見えます。

これはおそらく意思を持ったプラーナなのではないかと思うのです。

本来プラーナは、意思を持たない(自我はあっても、エネルギーとしてはベクトルを持たない)存在です。
ですから、日中などに見るプラーナは、不規則なフラクタル状態で飛び回っています。

でもここに写っている規則性のあるエネルギーは、なんらかの意志に呼応して集まり始めている、その状態なのではないかと感じました。
さらにエネルギーが集積して大きなエネルギーの塊になるのか、さらに規則性を増し結晶化したエネルギー状態になるのか。
その中間の状態ではないかと思います。

今この記事を書いている時に左目に、その「証明」のような光の流れが映り込みました。
面白いです。

私的には、オリオン解放に関係する、なんらかのメッセージ、もしくは視覚化なのかなと思ったりしています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑よろしければポチッとお願いします!










[PR]

# by farmemory | 2018-04-22 00:00 | ・コンタクト

**オリオンカラー(2)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
お便り・お問い合わせ>>
faecbook >>



c0319737_22331129.jpg

前回からの続き。

今まで長い間FBに手を伸ばしませんでした。
それを今になって新しいアカウントを取ったのは、先日アメリカの公聴会で吊るし上げられたFBの個人情報の漏洩騒ぎがきっかけでした。

この出来事を受けて、長い間敬遠してきたこのSNSに手を伸ばしてみようと思ったのです。
SNSの代表格のFBが主流から降り、そしてマイノリティへ・・

まぁ、そこまで行くとも思えませんが人気がなくなって行くかも、に期待して新しくアカウントを取ってみようかと。
へそ曲がりですね。

また世界的時流もSNS自体の後退がささやかれ始めているようです。
でもそれ以上になんとなく、根拠もなくですが「変化と進化」を感じたからです。

ならば外から見ていてもわからないので、本当に変化に反応してるかを中から見てみよう、そう思ってでもあります。
そのうち急に飽きて、やめちゃうかもしれませんけどね・・それも進化?(笑)


さて色のお話に戻ります。

カラー(色)は周波数を持ちます。
既にずっと以前から言われていたことですが、色の持つ周波数は人体(特に精神面)にかなり顕著な影響を与えることは分かっているようです。

人を興奮させたり、食欲を刺激したり、精神を安定させたり、楽しくさせたり・・・
色の力は思いの外強く人に影響を与えます。

これは色の周波数、つまりエネルギーでもあるのでしょう。

画家が描いた絵画は、色を組み合わせ平面に作品を描き上げて行きます。

c0319737_22330714.jpg

色という面では、その色の組み合わせが持つエネルギーや周波数が物理的に見る人になんらかの影響を与えます。

でも色だけではなくその作家の「想い・願い・希望・作為」が絵の具とともに込められて行きます。
これは作家のエネルギーがその絵に封じ込められて行く事でもあります。

部屋に絵を飾る。
高価な絵とか有名な作家の絵だからと言うチョイスではなく、自分がとても気に入ってるからから飾ると言うとき、その作者と色味のエネルギーや周波数に同期したから、そこに飾りたくなるんですね。

以前意識の目で見た近未来のビジョンの中に「カラー医療」「音楽療法」と言えるような光景をはっきり覚えています。


その時見えた光景はこんな感じでした。

患者が通された診療室と思われる部屋には医療器具など一切何もない真っ白な部屋。

部屋の中央には診察室とは思えないゆったり腰掛けられるソファがあり、患者はそこに座るよう促されます。
医師はその傍らのスツールに腰掛け、患者との問診が始まります。

十分に時間をかけた問診を終え、医師は患者一人を残し部屋を出ます。
患者は優しく身を包むソファにリラックスして横たわっているだけで、何も医療的な措置は始まりません。

やがて部屋の壁の色が徐々に変わって行きます(その時のカラーは黄色みのある薄いベージュ)その後にどこからか穏やかな音楽が流れてきます。
音楽の途中で、瞬間的に違う周波数の短音が所々に入りますが、全体的には、まるで音楽鑑賞をしている様に見えます。

最初うあ静かにその音響に耳を傾けていた患者ですが、やがて患者は深い瞑想状態に入って行き、数時間ほどそのまま横たわり続けます。
ただ、瞑想状態であっても決して催眠状態に入るわけではなく、患者は意識はしっかりしています。

これだけでした。

それがこの患者への医療行為(施術・オペレーション)の全てだったのです。
その時の患者の疾患は内臓系のようでした。

音楽が持つ音の周波数、そして壁紙の色が持つ周波数。

この二つが患者への医療行為と言うなんとも面白い光景でした。
ようやく現実世界でも音楽療法はオカルトレベルから医療としての効果を認識され始めていますね。

色を扱うクリエーターとしては、カラー医療にとても興味を持っているところです。

ちなみに私が好きな色は少しだけ彩度の低いブルーグリーン「ターコイズ」が好きです。
皆さんは何色がお好きでしょうか?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑よろしければポチッとお願いします!










[PR]

# by farmemory | 2018-04-19 00:03 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(1)