c0319737_22531669.jpg

思いつきでスキン(レイアウト)デザインを変えてみました。
また元に戻すかもしれませんが少し続けてみま〜す。


前回からの続き。
**モノの役割(1)**

また生活雑貨にしても、実際に役に立つ道具とデザイン優先で買い揃える道具との違いもありますね。

私は古いフランス雑貨が好きでアンティーク市などに出かけては、ブロカントやビンテージ物のキッチン雑貨やカトラリーを買ってきたりします。

ではそうした道具は「使うため」に揃えたの?
と言えば、もちろん使用する事もありますが必ずしも利用目的が第一ではなく、それこそ100円ショップで購入したキッチン雑貨で事足りるものばかりなのです。

ブランドだとかアンティークだとかと言う付加価値を上乗せさせられた商品が、人の生活にどれほど重要かを考えると首を傾げます。

ではなぜ人はデザインやフォルムにこだわって商品を選んでしまうのでしょう?
生活環境をオシャレにしたいと思う単純な答えでいいとは思うのですが、ではなぜ人は生活環境にこだわるのでしょう。

この辺りが3次元人類の複雑なところなのでしょうね。

同じスプーンであっても、ケータリングのお弁当に付いて来るスプーンでも、名のある銀食器であっても使用目的は全く変わらず、少しの使い勝手の違いだけで大きな差はありません。

でも、モノにも魂があるという見方をここに加味してみると、俄然その意味合いが変わってきます。

プラスチックのスプーンであれ銀食器であれ、石油が変化してスプーンになった時、銀の塊が職人の手でスプーンになった時。
どちらもその時点で「スプーン」と言う人格(魂)が生まれます。

そしてそのスプーンの人格は作り手、もしくは生産者の意図や思い入れがモノに宿って作られて行きます。

例えば石油製品のスプーン一つ取っても
●少しでも安く、多くの人に利用してもらい消費者の生活の小さな支えになってくれればいいと願い安価なスプーンを作る。
●今のデフレ状態の市場では高価なモノが売れない、だから販売 ”戦略” として(自社の利潤第一を目的に)安物のスプーンを作る。

この両者、結果として市場に送り出される商品は同じ、値段も同じ、見た目にもその違いはありません。
でもそのスプーンがどんな(作り手側の)思いで作られたかにより、全く違う魂が宿る事となります。

そしてモノの魂を感じる消費者は、その魂の周波数を感じ取って手にするのだろうと思うのです。
デザインの世界は、これはもう深い意識の世界です。

利益だけを追い求めていては、その完成度に限界がきてしまいます。

これは善悪や優劣の話をしているのではなく「ここに宿る魂がどんなものか」と言う、どちらかといえば観念論です。

ですので両者のスプーンの人格(魂)がどういうものであるかは、消費者の判断に委ねられます。

そして、そのスプーンは人々の様々な思惑を担い、自分の所に辿り着いてくれます。
モノの価値、というか存在意義というか、それががなんのために存在してなぜ自分の所にやって来るのか。

もしそのスプーンが利潤目的第一目的で作られたとしても、それを手にした時の持ち主の思いによりその魂のエネルギーを変換させる事も出来ます。

どんな意図で作られようとモノは一生懸命持ち主の思いを汲み取り自分の仕事を果たそうとします。

その時点で、作り手の意図とは関係なく、今度は持ち主の意図に共振して、新たな人格として生まれ変わる事さえあります。

犬は飼い主の側が自分の居場所と思います。
隣の何不自由なく豪華な生活をしている犬を羨むことはありません

ノミだらけの生活を送っていても飼い主に愛される事に違いを感じません。

モノも全く同じです。

自分のところに来てくれたモノを心を込めて受け入れて大切にすると、モノは自分の仕事を最大限に発揮してくれるのではないかなって、少しセンチメンタルですが思ったりします。

ものはモノでしかないのか。それともモノにも意思と感情、そして魂が宿っているのか。
ご自分に大切にしているモノに一度語りかけてみてはいかがでしょう。

ではではまた。










# by farmemory | 2019-03-06 00:01 | ・新次元への道 | Comments(1)



c0319737_21452361.jpg

これから向かう高次元では「モノ」の役割もまた大きく変わってくるはずです。

今まで自分たちが生きるために様々な道具「モノ」を利用し、頼ってきました。

例えば農家の方が農機具を使うと言う部分では、今後も大きく変化する事はないでしょう。
物理的な活動は直ぐには無くなる訳ではありませんので、稲の刈り取りを鍬やコンバインが担当するという事は変わりません。

でも今後次元移行の過程で変化して行くと思われるのが「農薬」「化学肥料」と言うモノです。

稲は自然界で自生していたイネ科の植物で、その実を茹でて食べ始めたのが始まりです。
本来稲は品種改良で作られた様々な種類の元となる原種の「稲」が存在していてました。

原種の稲は文字通り自生していた野生種です。
でもその後、人類は品種改良を続け、全く新しい植物「米」を作り出してきました。

今後次元移行が進んでくると稲との会話が成り立つようになり、病気や不足する栄養素、日照不足に弱い稲の開発という部分に科学とともに「稲の声」をダイレクトに聞き取り対応して行く事になって行くように思います。

でもこれ、実はすでに今までも農家の方の中には作物の声を聞き取れる人は決して少なくない事でしょう。

「モノの声を聞き取る」

今あらゆる世界(社会)で、人類が持つ様々な能力の目覚めが次元変化に伴って起きて来るので、今後農業に関しても農薬や化学肥料という「モノ」の変化が、確実に起こって来ると思います。

これは農業に限らず私たちの生活面でも、もちろん変化は起こってくるでしょう。

少し話が移りますが、今リラ星の人々が遠くアンドロメダまで新しい地球に必要な植物の種を受け取りに行っていると話してくれました。

事によると、この植物の種子が今後の人類の食性に大きく関係してくるのでは無いかと思ったのです。

農薬を使う事は確かに病害虫の発生を抑制します。
でも農薬を使わなくても病気に強い植物が存在すれば、その時点で薬剤の有用性が消えて行くことになります。

それに焦りを感じる勢力がいるとしたら、それを阻止し農薬を使い続けてもらえるような管理されたひ弱な種子を農家に配布して行きたいと言う意図もあるのではないかと感じたりもしています。

でもきっと次元の変化は、そんな作為など意にも介さない強烈な進化を全ての生物に促して行くでしょうから、なんとなく楽観しています。

話を戻します。

一般に生活する人々にとっては「道具が無ければ商品が作れない、始まらない」と言う職人さんの世界とは違い、それほどこだわりを必要とする道具はそれほど多くは無いはず。

にも関わらず今私たちの生活にはありとあらゆる「モノ」が溢れ返っています。

シンプルライフとか断捨離とか、そうした意識面での見方でなくても、本当にそんなにモノが必要なの?
と考えれば、実際はそれほど必要でもない様々なモノに囲まれて生きていることに気が付きます。

そうした見方で必要最低限のギリギリまで減らして行くと、きっとずっとシンプルな生活環境になるでしょう。

最近ネット上でのフリーマーケットが勢いを増してきていますね。
そこでは「こんなものも売れるの?」と思うモノまで一般の方たちが取引をしています。

中には半分ほど使った洗濯洗剤を、輪ゴムで封をしただけの商品が売り買いされたりもしています。

必要な人にとっては「必要だし安いから買う」と言う、極めてシンプルな意識で取引をしているのでしょう。

ここにはその商品を印象付けるための「広告」が全く意味を持ちません。
つまり資本主義経済の牽引役である広告ビジネス(広告代理店)の入り込む余地がないのです。

パッケージデザインやキャッチコピーと言った(表層だけの)商品イメージに振り回される事なく、必要な物だけを手に入れると言う極めてシンプルな意識の台頭を感じるのです。

また中にはそうしたやり取りが、売買目的以上に一種のコミュニケーションツールとしての側面も持っているようなのです。

時にはそのコンタクト(やり取り)が進み、情報交換の場にさえなっているようにも思うのです。
例えば趣味の商品のやり取りから、情報交換が始まるとか・・・

ここには経済という側面以上に、顔を突き合わせてはいないものの、人と人との感情を持ったコミュニケーションが生まれてきます。
これ、よくよく考えると「市場(いちば)」に似ている気がするんです。

市場(しじょう)などと言う胡散臭い経済用語ではなく、人々が集い誰にもコントロールされない個々人同士のコミュニティーが生まれる本来の「いちば」がネット上で誕生し始める瞬間を目撃しているのかしら?
なんて、そんな風にも感じたりするのです。

モノが人と人とを繋げ、モノが情報交換としてのツールとなって行く。
それは、一部のマニアックな閉鎖された趣味の世界なんかではなく、日常誰でも使う「物」が持つ可能性を見る思いです。

道具としてのモノではなく、ステータスと言う無用の長物としてのモノでもなく、また人々に本当に必要とされた時、モノに「意志と感情」が生まれる気がしているのです。

これ「全ての物にも魂が存在する」と言う古いネイティブアメリカンの概念「マニトゥ」だ、なんて思うのです。

次回に続く。










# by farmemory | 2019-03-05 00:00 | ・新次元への道 | Comments(0)



c0319737_00380218.jpg

前回からの続き。
**前世の記録 No.011-1**
**前世の記録 No.011-2**


しかし必ずしも異星人たちの文明が穏やかで明るいものと限っていた訳でもないのでしょう。
地球を訪れる複数の文明の中には暗い作為を持った者達もいた様です。

しかしあなたは大変に強いバリア能力が有ったようで、教育の場面にそのダークサイドのエネルギーが入る込むのを阻止できる力を持っていました。

まるで教育の守護神的な役割さえ持っていたようです。


生まれは王族なのですが本来あなたは政治的な活動に携わる事を希望していたわけではない様です。

でも現在にも通じる事なのですが、この時代教育の場の荒廃が目立つ様になり自らの力をいかせる事を確信し、子供たちを守る事を決意して就任しています。

あなたの行いは当初かなりの効果を上げますが、それに敵対する見えない勢力が徐々にあなたの仕事を妨害し始めます。
その見えない力は非常に強く、遂にはあなたはその地位から引き下ろされてしまいました。

あなたはもともと地位に対しての執着など全く有りませんでしたが、反対勢力の教育方針には大変な懸念を持っていました。
しかし一度現場を離れると政治的な力が無くなるわけで、子供達の事を思うと大変に心痛むのです。

二度とその現場には戻れない事は理解していましたのでしばらくは失意と無念とで落ち込んでしまいます。

しかし落ち込むあなたを支える人がいました。
あなたの恋人です。

大変に物静かで常に静かな笑顔であなたに寄り添い、出来る限りの癒しを送っています。
彼女もまたあなたにとても近い魂の人だと感じます。

ツインソウルの片割れでは無いかと思います。
ただパートナーが同じ時代にツインソウルで身近にいる事はとても珍しい事です。

あなたは彼女の支えでなんとか立ち直る事が出来ました。
しかしあなたには以前の覇気は無く、自らの意思で都を去る決意をします。

彼女を伴い都から100キロ程離れた緑多い郊外に移り住みました。

そう、この時代はまだエジプトが砂漠化する遥か前、まだ人々が飢えや天候不順に苦しむ前の「良い時代」のエジプトでした。

そこは泉の湧くそれは美しい地で、あなたの心は急激に癒されて行きます。
それと同時に教育の場からはなれた無念さが流れる様に消えて行き、政治の場にいなくとも祈りに近い行為により自らの力を発揮できる事を根拠無くひらめきます。

その地であなたは彼女と供に人々にヒーリングする仕事に就く事を選びます。
当初は訪れるものは少なかったのですが、口コミで広がって遂には都にまでその声が届きます。

あなたを排除した議会にもそれが届き王はあなたを引き戻そうとするのですが、あなたの心はもう都や政治の場には戻ろうとしません。

むしろ名も無き人々と生きる事の楽しさのようなものを知り、遂には議会からの返り咲きの要請を丁寧に断ります。そして子供も生まれ家族とその地で最後まで暮らす事となりました。

かなり長生きしたようで、80代まで生きています。
彼女もまた同じ様に長生きをし、あなたの死を看取る様に後を追いました。


この時の彼女が今生あなたの近くに居られる事を感じます。
あるいはこれからお会いになる方かもしれません。









# by farmemory | 2019-03-03 00:01 | ・前世のお話 | Comments(0)