人気ブログランキング |

c0319737_18120418.jpg

<追記>
夕方18時頃の予報では、館山で16日(月)の早朝、50mmを超える雨の予報が出ていましたが、どんどん下がってきています。
今の予想では7mmまで落ちてきています。

この5時間ほどでここまで落ちてきました。
気象庁の予報など当てにしてもあまり意味はないのですが、雲への呼びかけが届いていると信じ更に続けて行きたいと思います。

   ・

このブログをお読みの皆様にお願いです。

今現在千葉県ではまだ停電が続き、屋根の修理もままならないご家庭や会社などが多数取り残されているようです。
外気温は慈悲のように下がり、熱中症の危険も下がってきている事は幸いです。

ただ関東の南海上で熱帯低気圧崩れの雨雲が北上を続け、明日、明後日に関東地方に雨雲がかかってくる予想です。
特に明後日は雨量もそこそこ多いとみられます。

そこで、このブログをお読みの皆様にお願いです。
この雲の塊に「千葉の被災地域にあまり雨を降らさないでね」と伝えて頂ければありがたいです。

天気図も日本地図も、気象レーダー画像も知る必要はありません。
千葉県がどこにあるかを正確に知らなくてもミッションは行えます。

「被災地にあんまり雨を降らさないでね」
その想いだけで十分です。

これは多くの人の力を結集してと言う事ではありません。
みなさん一人一人の宇宙空間での出来事ですので、これから来る雨雲もみなさん一人一人の宇宙空間での出来事です。

力をあわせるのではなく、一人一人の時空間で大きな影響力を持つ個人個人が個別に雲に語りかけて頂きたいと思っています。

こう書いてしまうと難しくなってしまいますので、先ずは「雨雲へのお願い」と言う部分だけを切り取って下さって構いません。ぜひお願いしたいと思います。

雨は慈雨でもありますが、今の千葉には少し厳しい雨になる地域もあるでしょう。
強制や強い口調で命令するのではなく、私たちと同じ魂を持っている筈の雨雲に伝えてください。

よろしくお願いいたします。









# by farmemory | 2019-09-14 18:13 | Comments(0)



c0319737_00041759.jpg
・画像は車山山頂の「車山神社」


トランプさん、ボルトン補佐官を更迭だそうで更に既存の崩壊が進んでいるようです。

ボルトン補佐官はネオコン(軍産複合体)のご意見番。
その人が更迭ということは、アフガンからの米軍撤退、そして極東の米軍の撤退に道を開くかもしれません。

国際社会を常に緊張させ反目させておく事は、結果として軍産複合体にとっては市場確保として大変重要な政策でもあります。

トランプ政権内で最もタカ派として名を馳せた補佐官の更迭は何を物語るのか・・・
この辺りはすでに報道でも取り上げている事ですので、特にどうと言う情報ではありません。

*現実面で感じた事をfacebookの限定記事で少し追記してあります。

ただ、こうした軍事面での政治判断はあくまで3次元世界の残渣としてみる必要もあり、そんなもの次の次元に行く地球と人類にとっては子供騙しの喧嘩ごっこの延長に過ぎない事でもありますが・・・

しかし今は物理次元(3次元)と人類の意識により進んで行く高次元(5次元)との狭間にある時空間ですので、今回のような物理現象が高次に向かう地球の現れでもあるというパラドクスも内包してもいます。

物理次元と高次元。

これからはさらに複雑に絡み合いリンクしあって行くでしょうから、むしろ様々な情報や出来事から「真の意味」を探り当てるのは容易な事ではないでしょう。

その真実を知るためには、自分自身の感知力をあげて行く事が役立つ筈です。

でもこれには学習もノウハウも、機材も不要です。
あえて何が必要かと言えば、それこそ意識の進化と解放にかかってくる事と思います。

この点で面白い映画の1シーンがあります。

「スターウォーズ」の一番最初の作品「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年)」をご覧になった方はご存知の事と思いますが、主人公のルークスカイウォーカーが敵の作った巨大人工衛星「デススター」を攻撃する場面。

ほんの数週間程前までサイキック能力を持っていなかった(持ってはいても眠った状態だった)主人公が、ミサイル攻撃の際、コンピューター制御のミサイル誘導装置を使わず、自分の「勘(サイキック能力)」によって手動で攻撃を成功させるというシーンです。

今までほとんど覚醒状態になかった主人公が、いきなり「フォース(サイキック能力)」を覚醒させ、攻撃を成功させます。
この映画を見た頃、私はこのシーンを「そんな覚醒なんてすぐに出来る訳無いじゃん!」なんて思って見ていました。

覚醒とか霊力は、例えば日本の山岳信仰をする修験道が生涯をかけ修行をし、初めて獲得するほど難易度のあるものだって、その頃は本気で思っていたのです。

なので「そんな簡単にフォースが使えるなんて、覚醒力を甘く見てる!」なんて上から目線で思ったりしていました。
(今思えば赤面するほど恥ずかしいです・・・)

でも今は違います、それこそが本当の事で十分にあり得ると信じて疑いません。
と言うより「そう言うものだ」と知っているのです。

その一つが前世リーディング。
かつてヒプノセラピーを受けた時、それこそ瞬時に自分自身のリーディング能力が蘇ったことを経験していますので、フォース(サイキック能力)覚醒のハードルは決して高いものでは無いと知っています。

この時はヒプノが「引き金、呼び水」で、眠っていた力を思い出したのだと思います。

ただフォースとは見えない遠い世界を透視したり、手を使わず物を動かしたりと言う子供騙しのオカルト現象ではありません。
それも能力の一つかもしれませんが、そんな事あまり重要な事では無いのです。

何より自分自身を100%信頼できる事が「ジェダイの騎士(覚醒者)」だと言う事なのです。

これはスターウォーズのシーンで、師匠のヨーダがルークに言ったセリフと同じです。
「自分には成功させる力があると信じれば成功する、最初から出来ないと決めてしまえば成功はしない」
確かそんなセリフだったと思います。

また、例えば何かに失敗したり上手く行かない事(例えば人生に関わるほど凹むことなんか)があった時
「これは失敗では無い。この先でその意味を知り、それが失敗では無かったと理解する時が必ず来る」
そう本気で思えるかが自分を信じると言う事なのです。

そしてサイキック能力の覚醒とは、そこから始める事なのです。

確かに気功やエネルギーワーク、代替医療で病を治したり、天災を未然に感知しアナウンスする事は一見人の役に立つように思います。

しかし、そうした体験(病や天災)も、偶然ではなく自分が生まれる前に決めてきた人生スケジュールの一つなのであれば「助ける」事でその人の成長阻害にも繋がってしまいかねないジレンマもあります。
なんとも歯がゆいことです。

でも、本当に自分のスケジュールにある事であればどれほど能力を持つ医師でもサイキッカーでも、その病を完治させることは出来ないでしょう。
それがスケジュールというものだからです。

もし自分が、誰かを助けたいのでフォース(サイキック能力)を高めたいと願うのであれば、
「他者の人生スケジュールには何人も介入できない」
と言う天の摂理を理解して行くことがその近道になる筈です。

「達観」と言えばいいでしょうか、感情に流される事なく、また激しい感情の起伏も小さくなって行く事と覚醒は比例するのです。

勝負、優劣、善悪、損得、苦楽、怒り、恐れ、不安、嫉妬、痛み
今まではそうした感情を体験するための3次元でした。
そしてそこではサイキック能力の覚醒は制限されていました。

しかしその感情の体験学習が終わり、感情に流されなくなって行く事で自身の周波数も上がって行く。
これがフォースの覚醒につながり、高次元に進むと言う事なのでしょう。

最近怒りや不安の中に引き込まれていませんか?
一度自分に問いかけてみてはいかがでしょう。

   ・

*余談ですが映画「スターウォーズ」の初期3部作(オリジナルトリロジー)には、多くの真実がちりばめまれています。

ただしハリウッド映画ですので、その真逆の誘導(見る人を意識コントロールに向かわせる)も、同時に随所に隠されてもいます。
古臭い映画ですがご興味があればご覧になって、真実と意識誘導がどこに仕掛けられているかを探し出すものも面白いかもしれませんね。









# by farmemory | 2019-09-13 00:08 | ・新次元への道 | Comments(1)



c0319737_23572680.jpg

クライアントさんからお送りいただい動画をシェアします。

この動画は静岡のお住いのクライアントさんからお送りいただいたものです。

<以下クライアントさんからの内容>

●浜松城公園から見上げた空です

朝から空が済んでいて、大きな雲が横に伸びていました。スマホiPhoneに映る画像は可視よりも色鮮やかで、写真が好きで何度か映像を写していました。

映像終わりかけに、一瞬光が乱れて、影のようなものが通り過ぎて、びっくりしました。

手動で確認しても、何かのエネルギーのように感じたので、ご意見をお伺いしたくなりました。ご覧いただけたら幸いです。


<この動画への返信>

この一瞬の光と陰は確かに何らかのエネルギー体ですね。

細長い雲はアルミの微粉末を混ぜて散布している人口雲と思います。
この虹色はその金属粉に太陽光線が反射しスペクトラル化したものでしょう。

それと太陽の右横のある白い小さな光も光学現象ではあると思います。

でも画面を横切る黒い光は、そうしたものでは全く違いますね。

何でしょう?
何か、、、鳳凰のエネルギーを感じますね。(上の雲と相まって翼を広げる鳳凰にも見えます)

アンドロメダのエネルギー体ではないかと思います!


top画像は動画をスクショしたものです。
見るからに大きなエネルギーが上空を移動、もしくは包んでいるのがわかります。









# by farmemory | 2019-09-11 00:02 | ・皆様からの画像 | Comments(0)