◇◆七夕イベントのお知らせ◆◇

c0319737_23520484.jpg


*ドレスコードはなくす事にしました、ご自分のお好きな服でお越しください*


☆★-----------------------------------------------------------★☆
七夕イベントin椿山荘
〜これからの未来・魂の約束〜
☆★-----------------------------------------------------------★☆













[PR]

# by farmemory | 2018-06-17 22:25 | Trackback | Comments(0)

**(バベルの)塔**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00401594.jpg

ネットを見ているときに、タロット占いのサイトに飛んだことから、何気なく引いて見ました。
元々タロットには全く興味はなく、カードも持っていなければ、それらのカードの意味も知りません。

でも、今回はなんとなく・・・

特に何を知りたいと思っていた訳でもなく、強いていえばこれからの地球、これからの世界という事に思いを巡らせていたかもしれません。

そして引いたタロットの答えは「塔」でした。
バベルの塔が崩れ落ちて行くシーンを描いたと言われるタロットの「塔」

いつもなら、特に感情も動く事なく流し見して終わりだったと思うのですが、今日それを見て背筋がゾクゾクするほどの変化の予兆を感じたのです。

今まで高みから見下ろしていた統治者たちの居所である(人の傲慢から作られた)バベルの塔に落雷があり、頂に飾られた王冠とともに焼け落ち、そこにいる人々が転落し行くと言う、なんともショッキングな図柄のカードです。

このカードの解釈にはいくつかある様ですが、主に「崩壊、災害、戦意喪失、転落、風前の灯」と言う強烈なカードの1枚との事。

そして、別の解釈では、堅牢な石造りのタワーに幽閉され閉じ込められて来たが、ようやくその拘束から解放される事も意味するとあります。

そうなんです、今まで長く続いて来たこの地球世界と社会構造をその”塔” に当てはめると、その意味がおぼろげながらも見えてくるようです。

旧社会が大きく変化するためのインパクトとみれば、このカードの真に意味するところが決して終焉ではなく、一過性の混乱の後に見える新しい次元世界を伺えるカードなのだと言うことが分かる気がするのです。

これまで築き上げてきた全てのものが一旦退き、新しい何かに生まれ変わるその時を目撃しているのではないか。
それを改めて示されたと感じたのです。

世界中で「今までに見ることも無かった」様々な事象、事件、事物が目の前に姿を現していることは誰にでもわかる現実かと思います。
それは国によっても、個人個人によっても必ずしも同じ変化や異質ではないでしょう。

良いニュースも悪いニュースも例外なく全てが、その変化の一旦だと言うことです。

例えば
季節や気象が今まで穏やかに安定していた地域に、大きな自然変化が起こり始めて来た事。
今までの国際社会のイデオロギー、政策、価値観、国家間の軋轢などが急激に変化して来ている事実。

また今まで犯罪や事件が目立つことのなかった地域で悪化し始めたり、今まででは考えられない事件や理解の及ばない出来事を目にし始めたなど。(これは日本に当てはまるかもしれませんね)

地球は新しい次元・新しい未来に進む途上で「試練」を体験するだろうと思ってきました。
自然による厳しい洗礼や人心の混乱も、その好転反応の極めて「重い」一部分なのではないかと思うのです。

今まで嵐の前の静けさ的な停滞時期だったかもしれませんが、ここに来てほころびが広がるように「今までになかった事」が静かに始まってきていると感じます。

その先に世界は一時、混沌と混迷に向かうと理解をしていましたが、ようやくそれを目にし始めたのかもしれないと。
ただしその混乱も、今までの「安定」が揺るがなければ新しい芽は芽吹かないわけで、焼畑のような事なのかもしれません。

そう思うと、既存のものは不要となって排除されるのではなく、その古い全てが分解され、新しい未来への養分として生まれ変わるとも見ることが出来ますね。

この世界に(宇宙的摂理では)良い事も悪いことも存在しません。

人類にとって厳しい事象であっても、真に希望の未来を願うのであれば天は容赦をしない事でしょう。
そしてそれこそが、生半可ではない天の慈悲なのだと思うのです。

でもこの地球と人類が希望の未来に向かうのであれば、これから体験するあらゆることは、人類を追い詰めるギリギリの所で回避されて行くはずです。

先ずは人為的に起こされる大量破壊行為は、どんどんとその威力が削がれて来ています。
一時期猛威を振るっていた人口災害(台風や地震など)もウィルスの蔓延も人が作り出す戦争も、その内に古い時代の出来事として過ぎ去って行く事でしょう。

そしてメディアは小さな混乱を取り上げては不安な出来事と煽ってくるでしょうが、もう人々はそうしたネガティブプロパガンダには流されなくなりつつあります。

そしてその時を見計らって、地球は真の変化のために体を震わせてくるでしょう。
そして宇宙も地球の変化に手を貸しますので、宇宙規模での身震いだってあります。

これからしばらくは時流には争う事なく、静観の時期かと思っています。

現行の社会体制を基盤として何か新しい事を始めようとか、新しいビジネスチャンスを探ったりとか、時流への逆行を仕掛けても、すぐにその足元が不安定になっ行く事が繰り返されてくると思います。

各国政府が繰り出してくる経済政策などのその場だけを繕う施策の数々も、どれも長続きする事なくあっという間に忘れ去られ、静かに消えて行くものばかりです。

でも、今回の記事は決してうなだれることではないと確信しています。

今までの社会に疑問を持たず受け入れてきた側にとっては、何が起こっているのかを理解できないかもしれません。
でも、これからくる試練が何を意味し、どこに続いて行くかを、おぼろげながらでも理解できれば、何も狼狽える事などないでしょう。

必ず迎える新しい次元と新しい世紀を感じながらも、今一度自分自身に問い正してみようと思っています。

でもまあ、単に「タロットの1枚」程度の取るに足らない事かもしれませんけどね・・・
それこそ、今回の記事に振り回されないでくださいね。











[PR]

# by farmemory | 2018-06-16 00:46 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(0)

**今日のお便り20180614**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00520175.jpg

クライアントさんからこんなお便りをいただきました。
この内容は思い当たる方も多いのではと思い、記事にしてみました。

   ・

<お便り>一部抜粋
何年も前から動けとのメッセージを何度か受け、その都度自分とちゃんと向き合わず「私がしなくてもいいはずだ」と言い聞かせ、
見ようとしない、聞こえているのに聞こえていない……いつかしないといけないと心の奥底では解っていても、したくない。
本当に伸ばし伸ばしにしてきました。
恐かったんです。今ある生活が壊れるのが。

(自分にもたらされるメッセージが)どのような存在からか……私はそこにとてもこだわっていました。
もしかしたら、神のふりをした(ネガティブな)存在かもしれない。
その存在が、私を使おうとしているのかもしれない。
そんな疑いがずっと心にありました。

**リラと温泉(2)**にあったような答え合わせをしようとしているのは重々承知なのですが、
フォロンさんはどう思われたのかが知りたいのです。


<返信>
今の生活、今の家族は幻の家族ではなく、あなたの魂が決め、それぞれの魂と約束をして来た家族です。
自分自身が生まれる前に決めた自らの使命のために、家族となった筈です。
そうであるなら、自分の使命を全うするその力にもなってくれるという事です。

「使命」という言葉に振り回されずにいてください。

そして、むしろ間違いを経験しなさいとさえ思います。
でも、きっとそれは失敗でもなんでもなく、先に進むその道なのです。

自分を完璧なものであろうとすることはむしろ執着に近い事なのです。
過去世で多くの過ちを犯したその経験と贖罪が、今のあなたを萎縮させているのかもしれません。
また過去の一時期、自分の心に従って行動した事で、大切な何かを失った経験を持って居るのかもしれません。

使命を持って現世に降り立った人に共通することは、過去世で多くの悪と過ちを犯し、また厳しい経験をしてきた事です。

そしてその轍を踏みたくないと強く思い、そして好ましくない事を身を以て体験してきたからこそ今の自分がここにいるのです。
だからこそ、人の心の痛みを理解し、今自分に出来ることは何かを知るのです。

それなくして今の自分はいないのだと言う事を理解し、自分への労いと癒しを向けてください。

過去世は覚えていては不都合な事さえあります、遠い昔に終わった出来事です。
そして過去世を思い出す必要があるなら、覚悟を持って自分の過去の行いに対峙してみるのもいいでしょう。

でも、あなたは今何を願って生きているかを忘れないでください。
怖くても、立ち上がって自分の使命に素直に従いたいと願っています。

それならば事の善悪に振り回されるのではなく「自分を偽らないその道」へ進むことを願ってください。

頭や耳に聞こえてくる荘厳な声が、どこからくるかを知るよりももっと大切なこと、そしてシンプルなことがあります。
その声を受け取った後、ハートの奥に温かいものが感じられるかが何より重要な判断基準です。

その声を静かに聴き、その後で自分のハートチャクラがどう動いたか、どう感じたかを感じ取ってください。

「胸に聞く、ハートに問い合わせる」
それを癖のようにして身に付けておいて下さい。

あるメッセージを必要とした時、受け取ろうとした時。
それを文章にしたいとか、誰かに伝えたいとか思えば、言葉や文字として理解して行く必要もあるでしょう。
その時、高次元の存在は言葉や文字、ビジョンとして「頭の中」に送ってきてくれます。

なぜなら言葉や文章は脳が働いて表現することなので、そうするのです。

しかし自分の中だけでの理解や、ヒントでもいいという時は、彼らは言葉や文字を使いません。
ハートチャクラにダイレエクトに「感覚や感情」として直球で投げてきます。

私も先日のコノハナサクヤ姫とのコンタクトの後、自分自身のハートに聴きました。
「ねぇ、自分のハート、姫の言葉どう思う?」

ハートは何も答えませんでした。

その代わり、胸の奥がものすごく熱くなり、こみ上げる温かさや愛されていると言う強いリアリティを感じました。
私はそれを受け、そのコンタクトの内容を記事にしました。

この先、さらなる高次元を目指す人であれば相応の試練を迎えて行くし、すでに迎えている人もいるはず。
でもその試練は他者とは共有できない、自分だけのハードルです。

使命という言葉が先行してしまい、大切な日々をおろそかにしてしまうことの無いように自分のペースでお進みください。

   ・

以上です。










[PR]

# by farmemory | 2018-06-14 00:52 | ・ライトワーカー | Trackback | Comments(0)