人気ブログランキング |



**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(5)」**_c0319737_23594368.jpg

前回からの続き。
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(1)」**
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(2)」**
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(3)」**
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(4)」**

<霧島神宮>
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(5)」**_c0319737_00003918.jpg

霧島神宮古宮跡を後に「現代の」霧島神宮に向かいます。

大鳥居からの入場ではなく駐車場から拝殿に向かいます。

拝殿に参拝し御朱印をお願いしてから、人のいる境内を少し回ってみました。
ところが不思議な事にこの神社の境内には他の摂社や末社が一つも見当たらないのです。(参道にはいくつかはありましたが)

何故なのかなと思っていたのですが不意に「ああ、この拝殿はダミーなんだ」とピンと来ました。

そこで拝殿の裏手に回ってみる事にしました。
拝殿に向かって左手の狭い通路を抜けると鯉が泳ぐ小さな池があり、さらにその先に拝殿裏手へ向かう砂利道があるのが見えました。
そこで、一旦境内を抜けその山道を進んでみました。

やはりビンゴ!その先に「山神社」が本当に目立たない様にひっそりとあったのです。
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(5)」**_c0319737_00010872.jpg

鳥居をくぐり参拝場所行くと、小さな祠が一つ遠慮深げにひっそりと置かれていました。
しかもその小さな広場は、きれいに掃き清められていて大切にされている事が伺えます。

ここが霧島神宮の本当の拝殿と確信を持ちました。

**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(5)」**_c0319737_00012876.jpg

通常大きな神社や神宮、大社などは人々の祈りの場所を提供するために豪華で大きな拝殿を作りそこに人々を集めるようとします。
それは、人々の「神頼みという他力本願のエゴな祈り」をその場に集めて、その場所を3次元的な重たいエネルギーで封印する目的があるのでしょう。

現世的願いである縁結びや出世、学業成就や企業収益の向上など3次元的な重たいエネルギーをその拝殿に浸透させる事を目的にしているからだと思うのです。
それにより、この地球の次元上昇を阻止してきた重要な役割を神社は担ってきたのだと思います。

しかし本体の本殿は山奥の奥宮や本宮など人が易々と近寄れない場所に置く事により、本来の神社の役割を守るためでもあるのだと思います。
弥生の神々(地球外生命体ですが)は3次元の重いエネルギーには耐えられない非力さがあるので、この方法をとっているのだと思います。

それでもやはり神社は奥宮であろうと本宮であろうと縄文の封印とオリオンの拘束という重要な役目を担っている事に違いはありません。

山神社に手を合わせ、そのあたりを見回してみると、祠の裏手にかなり大きな杉の木が何本か目に入りました。
しかもその木の異様さに少し息を飲みました。

なんとも言えない樹形をしているのです。

**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(5)」**_c0319737_00014861.jpg

その木の一つに近づいてみました、そして手を触れた途端その手にかなり強烈なエネルギーが走るのを感じました。他の人にも触ってみてはと促しましたが、中にはそれほどの強さは感じないという方もいました。

そこで、その方の手を木肌に当て、その手のひらに私の手を重ねてみたところ・・・
木から流れてくるエネルギーが私の手に流れるのですが、その間に置いた他の方の手を通過する事でこの方もはっきりとそのエネルギーの強さを感じられたようです。

このエネルギーは明らかに縄文のエネルギーそのもの。何メートルも積もった姶良火山の噴煙の下に縄文は閉ざされているのですが、この大木の根はその縄文の地層まで軽々と届いていて、そのエネルギーを樹皮を通って上空まで送っているのが分かりました。

その時です、この木々の樹形が何でこれほどの形になったかの意味が理解出来ました。
その樹形は縄文の火炎土器のそれと酷似しています。
炎はエネルギーそのものです、そしてエネルギー(熱や電気エネルギーなど)は陽炎のように揺らめきながら上昇して行きます。

**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(5)」**_c0319737_00021053.jpg

おそらく縄文人達は地下から上空に登って行くエネルギーの流れを感知し、しかもその流れが木々にも影響を与えている事を確実に理解していたのでしょう。
もしかしたらこの火焔土器は、そのエネルギーを貯める事のできる「エネルギー保管機」の役割を持っていたのかもしれません、もしそうであればこの土器が発見された近くにクリスタル(水晶)もあるのではないかと思うのです。

火焔土器のデザインの出所が地中から登るエネルギーの流れを視覚化したものだという事は以前から感じていたのですが、今回それが確信に変わりました。

火焔土器は中期縄文時代の典型的な創作物です、おそらくこの頃までは縄文人達は高い周波数を持っていたのでしょう。
しかし弥生の影が近づいてくるとともに、徐々に周波数を落としてしまったので、目に見えないエネルギーの流れが理解できなくなっていたのだと思います。
なんとも名残惜しさがあったのですが時間の都合もありその場所を離れ、駐車場に戻りました。

その後ランチをし、次の目的地である別府まで長距離移動となります。


次回に続く。









# by farmemory | 2019-12-09 00:14 | ・イベントメモリー | Comments(0)



**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(4)」**_c0319737_09484257.jpg

前回からの続き。
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(1)」**
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(2)」**
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(3)」**

(もう一つのブログ「フォロンの台所」では観光目線で今回の九州イベントの記事を書いて行きますので、よかったらそちらもどうぞ)

**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(4)」**_c0319737_09495265.jpg

この画像はホテルに着き部屋の中を写しておこうとスマホで撮影したら映り込んだ赤い光です。
それほど珍しいものではないのですが、同じ条件なら必ず写るとは限らないようです。

その場所の磁場と撮影者の周波数が同期した時に移ります。磁場エネルギー(エネルギー周波数)が高ければ高いほど写る確率が高いようです。
きっとこのホテルのある場所も、周波数が高いのでしょうね。

さて夕食を済ませ、敷地内の庭で夜間観測を行いました。
背景にホテルの灯りがあり、若干見ずらかったのですがオリオンやカシオペアが綺麗に見えていました。

しばらく全方向を見渡していましたが、西の方(場所でいうと鹿児島空港の方向)を見ていた時、いきなり白とオレンジの光が見えました。
かなり鮮明で、方角的にも航空機?と思ったのですが、左右に見えるはずの緑と赤い航行灯が見えず、白と赤い光だけなので、航空機ではないことがわかります。
また衝突防止灯と同じ様な光の点滅も表現しているところがなんとも可笑しいのです。

しばらく眺めているといきなり消えたり、また光ったりを繰り返します。
強く赤い光だったのです、おそらくオリオンのシップだろうと思います。


その後もいくつかの光体が現れましたが、その半分程度は普通の航空機だと思います。
その様にひじょ~~に紛らわしい出方を彼らはするのですが、それも彼らスペースファミリーたちの出現の特徴の一つなんですね。

まるで「ねぇどうよ、それでこの光が航空機でないと感じた自分を信じれるかい?ねぇねぇ」
なんて言ってるようなのです。

ほんと悪戯でもするように彼らはそんなことするんです。
これって狐が人間を惑わして遊んでいるのと同じ感覚なんですよね。

ただ彼らに人間らしい感情があるのかは疑問ですし、悪戯の意図があるかははっきりとは分かりませんが、狐たちの愛らしさを感じるパターンです。

1時間ほどで観測を終え就寝。

   ・

翌日は早朝から霧島神宮に向かいます。

<霧島神宮古宮跡>
**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(4)」**_c0319737_09505037.jpg

先ずはかつて霧島神宮が建っていた場所(霧島神宮古宮跡・きりしまじんぐうこぐうし)に向かいます。ここに霧島神宮雨が建っていたのですが、1235年の高千穂峯の噴火により鳥居だけの残し焼失してしまい、現在の霧島神宮は今から200年ほど前に現在の場所に再建されています。

つまりこここそが本来の霧島神宮であるという事なのですね。
この日は前日から一転し、朝から今にも雨が降りそうな曇り空でした。
曇りや雨は確実にその地に向かう意味の重要性を物語ります。

縄文を彷彿させる原生林で覆われたトンネルの様な国道を走り、高地にある古宮跡に向かいますが高度を上げて行くにつれ、縄文のエネルギーを強く感じる様になってきました。

しばらくぼんやりとその景色を見ていましたら、いきなり鹿を追う縄文の民のビジョンが鮮明に浮かんできました。
その光景のリアルさは驚きで、しかもその狩猟グループの中に明らかに「自分」がいることがわかりました。

かつて縄文の頃、自分もこの地に生きていたのではないかという思いが、確信に繋がった瞬間です。
麻で編まれた服を着て鹿を追い回し、生き生きとして屈託なく生きていた自分を知り、何か込み上げるものさえありました。

ムー、レムリア、縄文、エジプトに何度となく転生を続けてきた記憶も強くありますので、むしろ当然の事なのでしょう。

さて故宮跡に向かうとさらに雨雲が近くなってくるのが感じられましたし、実際の気温も9度ほどと肌寒い筈です。
しかし体感はその寒さを伝えてきません。むしろ暖かさを感じる事が不思議です。

この感覚は他の方も感じていたようです。
参拝の間、風もほぼ無風。

鳥居を潜り境内に入り、拝殿場所に手を合わせ右手にある八角形で囲まれた儀式場所らしき所に行ってみます。
枠の中に砂が敷き詰められていて、誰かが柵を乗り越えた足跡がありました。
試しに柵の外からその八角形に手をかざしてみると、明らかな「熱」を感じます。

**九州「リラの目覚め・オリオンの帰還・縄文の解放(4)」**_c0319737_09513208.jpg

今でも確実に「生きている」祭事処なのでしょう。
この熱は火山の地熱ではありません、地下から登る磁場エネルギーなので遠赤外線の様にかざした手の表面ではなく芯の方から暖かくなる感覚です。

これはオカルトの様な観念的感覚ではなく、明らかな物理感覚だと思います。
ただその熱や変化を感じるかどうかは、各人の持つエネルギー周波数と磁場エネルギーとの同期が起こった時に体感として現れるので、全ての人が必ず同じ温度や感覚があるわけではないと思います。

また拝殿の周りの数カ所にも同じような「熱」を感じる場所もあり、この場所が今も生き続けている事を確信してきました。

次回に続く。









# by farmemory | 2019-12-07 09:57 | ・イベントメモリー | Comments(0)

**今日できる事**



**今日できる事**_c0319737_15320482.jpg

今体調を壊し、すぐれない方がかなりおられるようです。
皆様から頂く報告も今までになく多いように思います。

どうも強い電磁波が来ている様です。
このタイプの電磁波は人体に直接的な影響があることを経験上感じてきました。
人によっては各臓器、呼吸器系、消化器系、循環器系に影響が出ているかもしれません。

先日神奈川県で12月に洪水警報が出るなど、異常気象を思わせる報道がありました。
また関東地方で少し気になる揺れも2日間続いています。
これらの現象と電磁波を結びつける科学的根拠を私は持っていませんが、体感として関連性を感じます。

さて、この電磁波、仮に人為的なものだったとしても今後の次元変化のために地球は逆手を取って利用して行くはずです。
そして私たち人類にも人体に影響を与えるエネルギー波を地球の次元変化に回すことができます。

まずはご自分の力を信じましょう、全てはそこからです。

「なんか今日変な体感がある」「いきなり体調に来た」
それがエネルギー波かもしれない思ったら以下の事をイメージしてみてください。

出所がどこであろうと意図が何であろうと関係ありませんし、どこに向かって照射されているかも知る必要もありません。

地球とともに手を繋ぎ、降りかかってくるエネルギー波をキラキラ光る紙吹雪や慈悲の雨に変え、地球に浸透させるイメージを思い描きます。
それだけで、鬱陶しいエネルギー波を好ましいエネルギー波に変え、しかも自分のバリアにもなります。

一石二鳥です。

でもいつも言うように決してそのエネルギー波に攻撃的な意識や、それを操作する者たちへの怒りや嫌悪を抱かずに行なってください。
どのような意図を持ったエネルギー波であっても、逆手を取って地球の次元変化に必要なエネルギーに変える力を自分が持つと信じて行なってください。

人体に影響を及ぼす様な負のエネルギーから、地球が喜ぶ光のエネルギーに変えましょう。

今、地球の周りに滞空しているスペースファミリーたちは(次元変に向かう)人類の意識の上昇に伴って今まで以上に地球に干渉できる様になってきました。

彼らが行なってくれるオペレーションは彼らに任せ、私たち人類にも出来る次元上昇オペレーションもあります。
それが想像力とイメージ力です。

数年前まで人類は「祈りの力」と言う小さなパワーしかありませんでしたが、今人類のパワーも明らかに上がってきています。

最近ではあまり耳にする事も少なくなった「引き寄せの法則」なんて言う古臭いメソッドもかつてありました。
これは少し前の3次元地球では効果のあった微々たる力だったかもしれません。

でも次元変化に伴って進んでいる人はそのステージなどすでに超越してきているはずです。

引き寄せると言うことは、外の力を自分の中に引き寄せると言う事で、これは「他力」であり「依存」です。
その意識を超え、すでに自分自身の力が蘇ってきている事を知り、それを信じる段階に来ています。

「座して待つ」時空間から「一歩前に踏みだす」時空間に次元は変わってきています。
また、自分と地球に役立たせるために、攻撃的な意識や悪意を持たず行うことがより効果的です。

そして
「体調を良くしたいからイメージする」
から
「自分の力で地球を進めるイメージをする。その結果として面倒なエネルギーが変化し体調も改善する」
と言う踏み込んだ意識を持って行きましょう。

今回の様な事象は今回で終わる訳ではなく事あるごとに起こってくると思います。
その体験も自分自身の力を試し、それを信じる事に繋げてられれば、それも「逆手に取る」一つだと思うのです。

この宇宙は自分自身が作り上げた自分だけの世界です、自分の意識がどれほどの力を持つか。
自分の力を信じると言うことは、その真実を信じる事でもあります。


*最後に数行FBの限定記事に追記を書き加えようと思いましたが、不思議な事に何度かトライしましたがなぜか出来ません。大した内容とは思えないのですがね・・・
ワークショップとかでお話しする機会があればその時にでも。










# by farmemory | 2019-12-04 15:36 | ・新次元への道 | Comments(0)