**前世の記録 No.009(後半)**

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>

【イベントのお知らせ】
・フォロン高橋カレンダー販売
・金沢リラの目覚め
・金沢個人セッション



c0319737_00363301.jpg

前回からの続きです。


あなたは家人が門を出る時に、弟が帰らない気がして急に狼狽える思いに駆られます。

家人は家を出て前線に向かいました。
屋敷の中は女達と警護の侍が十数名だけです。
今屋敷を包囲され火矢でもいかけられればひとたまりも無く陥落してしまう状況です。

前線は火の勢いや声などから数百メートル程度の近さなのではないかと思います。
しかし戦は激しさを益し、収束するのに一晩かかってしまいます。

その戦いは優劣がつかず、双方に多大な犠牲を出し引き分けの形でひとまず決着しました。
日が昇りきった頃皆が傷だらけで帰って来ました。

そしてあなたが案じた通り、弟はこの初陣で命を落としてしまいます。
数名の兵に抱えられ、庭に安置されるとあなたと母親が裸足のまま転がり落ちる様に庭にでて弟の亡骸(なきがら)に取りすがります。

兄は直ぐ側に立ったまま口を叩く閉ざしながら嗚咽の声を漏らしています。

一時亡骸にすがり討ち死にした弟に思いを馳せましたが、やはり武家の娘だけあって取り乱す事も無く彼の死を受け入れています。

この弟だった魂の方が今生あなたのお近くに転生されて来ています。
男性であなたより年下の方です。
聡明な方で、どちらかと言うと戦より文に秀でた才能をお持ちの様です。

さて、この戦の日々はこの日だけで終わるモノではありませんでした。
あなたの生涯を通じ京の都は争乱の中にあり、焼けた屋敷や寺社は数知れず
正に世紀末の惨状とも言える光景が広がります。

この戦の最中、実はあなたは輿入(嫁入り)が決まっていました。
嫁ぎ先はやはり京都の武家で、遠い縁故のある家です。

幼い頃からの顔見知りであり、既に許嫁(いいなずけ)として過ごして来た相手でした。しかし悲劇はあなたを更に襲います。

弟の死から半年も立たない頃、彼がやはり鞍馬山の戦いで討ち死にしてしまいます。
その時彼の年齢は26歳程ではないかと思います。

相思相愛であった為にあなたの嘆きはいかばかりであったか想像に難くありません。

この後あなたはこの乱世に希望をなくし、俗世を捨て仏門に入る事を決めます。
親兄弟は当初反対をしますがあなたの想いを汲み許す事になります。

あなたが身を寄せた寺は本願寺に近い尼僧院だろうと思います。
そこには同じ様に夫や子、伴侶となる相手を無くした武家の女達が数多く身を寄せています。

想いを同じくする人々にあなたの心は癒される事にはなりました。

でもその悲痛から生涯逃れる事は出来ず晩年になり、この人生を終える日が近くなった頃ようやく諸行無常を悟り、人の死は魂の死ではなく、悠久に続く魂の旅である事を実感する事が出来ました。

その時にこの人生での苦悩から離脱出来た様です。
死に際しあなたは、言わば覚醒する事が出来たのでその人生を意味のあるものとして終える事が出来た様です。

生涯男性を知る事無く終える人生でしたが、覚醒に至ることができた事で、添い遂げることは叶わなかった相手への悲しみを超える事が出来たのではないかと思います。

享年は50歳頃、この時代であれば天寿を全うした事になるかもしれません。










[PR]

# by farmemory | 2018-12-09 00:00 | ・前世のお話 | Trackback | Comments(0)

**前世の記録 No.009(前半)**

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>

【イベントのお知らせ】
・フォロン高橋カレンダー販売
・金沢リラの目覚め
・金沢個人セッション



c0319737_00363198.jpg

過去世リーディングをさせて頂いた方の記録No.009(前編)

   ・

見えましたのが室町時代の京都です。
この時代武家の娘として転生をしています。

家は平家の血筋を継ぐ家系の様ですが、当然ながら表立って血筋をあらわにはしていません。
家は京都の鴨川のほとりにある武家屋敷で、この時代かなりの政変があった時代ではないかと思います。
恐らく応仁の乱前後と思います。

今見えているのは乙女の頃、17、8歳の頃だと思います。

夜、庭には篝火が焚かれ、大鎧姿の武者達がその火に照らし出されています。
門にも衛兵がずらりと並び、これから戦に向かう準備をしている様です。

その様子をあなたは奥の座敷から不安そうに眺めています。

この鎧武者の中にはあなたの父親、兄、弟が含まれています。
弟は今回が初陣でかなりの緊張が顔に表れています。
年齢は15歳前ではないかと思います。

顔を真っ赤に紅葉させ、口を一文字にとじ膝の上に置いた拳を強く握りしめています。

それを見た兄が優しく彼の肩口に手をやり、何事かを告げています。
緊張をほぐそうと軽口を叩いている様に見えます。

それからしばらく話していると弟の緊張が少し和らいで行くのが分かります。
恐らく兄はすでに戦の経験があると思われます。

年齢は二十歳そこそこと言った辺りですが、凛々しい顔つきをして配下の者らしき武者達に何事か指揮をしています。

その光景を屋敷の奥であなたはじっと眺めているのです。
その部屋には女達が数名、中には母親とお付きの女達、6名程でやはり緊張の面持ちで彼らの行動を見守っています。

あなたにはご自分の部屋があり、いつもはそこに寝起きしている様ですが
この緊張の日々で女達は一所に集まり寝起きをしています。

かなり敵が近い事が伺えます。
遠くで戦のときの声らしき喚声が上がり、しばらくすると屋敷の正面方向にうっすらと火の手(オレンジ色の明かり)が上がり、ますます喚声が高くなると門から体に数本の矢を受けた侍が転げ込んできます。

何事かを告げると一斉に家人達が立ち上がり長刀や槍を手にし表に駆け出して行きました。

手薄になった屋敷は堅く門を閉ざすと屋敷の要所要所に警護の侍が立ちます。

次回に続く。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
よろしければ↑ポチッとクリックお願いします。











[PR]

# by farmemory | 2018-12-08 00:39 | ・前世のお話 | Trackback | Comments(0)

**アレルギー反応とリラのトラウマ**

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>

【イベントのお知らせ】
・フォロン高橋カレンダー販売
・金沢リラの目覚め
・金沢個人セッション



c0319737_23595542.jpg

米も小麦も、イネ科の植物で、野生種が世界中に存在しています。
人類はその植物を基に交配と品種改良を繰り返し今の作物に育ててきました。

しかし本来の人類の生体は、穀物によって作られるのではなく、人の手を加えていない自然界の食べ物こそが本来の人間の食物のはずです。

これは穿った見方かもしれませんが、穀物アレルギーの原因の一つは、本来の食べ物ではない食品を摂取する事により起こっている可能性もあるのではとも思うのです。

それでも私たちの肉体は環境適応能力も同時に兼ね備えています。
長きにわたって恒常的にある食物を摂取し続けていれば、その食品に合った肉体に変化させる力もあります。

そう見るとアレルギーは、その人の体自体が本来の生命体に回帰しようとしている「先祖返り」の一面もあるではないかと、ふと思ったのです。

また人工的に作り上げた食品類や精製された食品は(白砂糖、塩化ナトリウム、トランス脂肪酸、様々な科学的食品添加物などなど)本来自然界に存在しない訳で、先祖返りを始めた肉体には、当然ストレスがあるでしょう。

これが理由であれば、本来の自然食に近づくことで改善が見られる可能性もありますね。


さらに別の解釈として、アレルギーはストレスや精神バランスの乱れからも起こり得ると言われています。

その解釈ですと、この現代社会に馴染めなくてストレスを感じ、それがアレルギーとして体表に現れたと見ることもできますね。
また日々の環境から、不安や憤りといったネガティブな感情が生まれストレスとなって行く事もあるでしょう。

とするとその人はこのおかしな現代社会を、体が「言い当てている」と言う事なのかもしれません。

そしてこれは「感知レベル」と「感受性」の高さが要因かもしれません。

だとしたら、その感知レベルのボリュームを下げる事でも改善に向かう可能性もあるのではと思うのです。
過度な神経質さというのは、感知能力が高い人に見られる傾向かもしれません。

また、これは感知レベルとは少し違いますが、せっかちな性格や過度な神経質さ、不安症候群に入り込んでいると、なんの病巣もないのに体調面に不具合が起こるのはよくある事です。
感知レベルのコントロールに支障が出ると、これに近い状態にもなる可能性があります。

様々な事が瞬時に判断できたり、理解できてしまいうと人によっては臆病になったり神経質になってしまうこともあるでしょう。そこから意識や生体に拒否反応が起こることはあり得ると思います。

もしアレルギーの原因がそこにあるとしたら、感知力のコントロールをする事によって改善できる可能性があります。

だからでしょうか「能天気でのんびり屋さん、自分の思う通りに生きる人」はいつも健康で血色いいのかもしれませんね。(憎まれっ子世に憚る?笑)
感知力のコントロールは、実はここにヒントがあるんですね。


さて、この感知能力。必ずしも危険を感知する「アラーム機能」だけではないのです。

私たちはこの人生を生きて来た間に様々なリスクを体験したり知って来ましたので、そのリスクが起こる前兆というのも知っている場合があります。
何かのアクシデントの前に、人はなんとなくその前兆がわかる事があります。

またこの人生の経験からは思い当たらなくとも、前世での経験も含まれている可能性もあります。
体験してきた様々な記憶は自分のアカシックレコード領域に漏れなく記憶されていますので過去に経験した事のある危険の前兆を知っているんですね。

なんらかの危険を察知したハイヤーセルフは、瞬時に自分自身の表層自我(肉体)に「ちょっと慎重に行きなさい、そこに行くのは辞めなさい」と言う指令を送ります。

それは往々にして言葉でなく別の方法で送られてきます、その代表格が感情面や体調面へのアプローチです。

わかりやすく言えば「勘や感覚、耳鳴りやアレルギー」などで、そこに聞き耳をしっかり立てることで、危険からの回避が出来ます。


ところが、こうした正常に働くアラーム機能だけではなく、誤動作を起こすアラームもあり得るのですね。

誤動作のために危険とは全く別の現象を、前兆に似ているからと生体が判断してしまい、本当は危険もリスクもないのに「思いグセ、トラウマアラーム」が鳴り響いてしまい、動けなくなってしまったり神経質になってしまったりする事もあるのです。

このトラウマアラームは食品アレルギーにとどまらず、何も目立った危険や不都合がないのに、何故かその先のアクションに自分自身で制限を課してしまう事もあるでしょう。

例えばリラの魂を持つ人が、過去生での魔女狩りなどの不条理な体験から男性社会や男性そのものに「根拠のない不信感や恐れ」を見せてしまうのもその一例だと思います。

中世に起こった魔女狩りは目を背けたくなる様な出来事でしたので、その体験によるトラウマはどれ程のものか想像に難くありません。

まさに直接命に関わる危険の記憶で、さらには自分では思い当たることのない理由無き暴虐を受けた経験ですので危険アラームが誤動作してしまう事もきっとあるでしょう。

魔女狩りなど現代ではあり得ない筈なのに、そのトラウマが今でも自分の行動に制限と萎縮をもたらしてしまったとしても致し方のないことかもしれません。

恋愛にもう一歩踏み込めなかったり、あと一歩のところで自分から尻込みしてしまった関係性を持つ方もいるでしょう。
その原因の一つには、この過去生でのトラウマが深く影響している事も十分ありあると思うのです。

リラの壮絶さまではいかなくとも、出来事の大小はあっても、こうした誤作動が自分の行動に制限をもたらしてしまい、ありもしない危険を頭の中に作り出してしまい不安の種を発芽させてしまう事は決して少なくはないと思うのです。

実際そうした経験を思い出して「過去の思い癖だった」と理解することによって自分自身の解放に繋がった方も見て来ています。

アレルギーや胸の奥に響くアラームが本当の警告なのか、思い癖から来る誤動作としての警告なのか。
その意味ではインナーチャイルドへの内向や過去生リーディングは役立つかもしれませんね。











[PR]

# by farmemory | 2018-12-07 00:09 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(1)