**皆様からの画像20190217<小さなおじさんと妖精>**


【イベントのお知らせ】
・各種イベントスケジュールページ>>


c0319737_23200204.jpg

クライアントさんからお送りいただいた画像をシェアします。

今回のお話は、まるで童話のような可愛いお話です。
お気楽にお読みください。


<小さなおじさんと妖精>

先日この画像とともに頂いたお便りからです。

Q.
私の和太鼓の生徒さんにスマホで撮って頂いた写真ですが、初めて見た物が映り込んでいたので送らせていただきます。
(お送りいただいた画像はこの方の半身ですが、今回は手元をクローズアップしました)

右手の中指の爪に、ネイルに見えるのですが(何もしていません生爪です)
「あれ?」と思うものが写っていて拡大して見ると未確認物体⁇

次の日もう一度見て ふと思い当たる事が…

ここからは確信は持てないのですが、我が家では昔から"小さなおじさん"の話をしているのですが、それにしては私の知っているのとは違い ⁇

実は1ヶ月程前 太鼓の練習の時に指輪を外して無くしたんです。
その指輪は右手の中指に13年間肌身離さずはめていた 誕生石のアメジスト(紫水晶)の指輪でした。

宝石はあまり興味は無いのですが その指輪をつけるきっかけというのが二十歳の頃からの友人に13年前に会った時の事。

ご一緒していた娘さんが私と別れた後、私の肩にいた小さなおじさんが必死な形相で私に紫色の石をつけてほしいと訴えてきたと友人に話したそうです。

私が家に帰ってから友人からそんな連絡がありました。

その時「私の誕生石だ!」と分かり、後日アメジストの指輪を買い求めました。
勿論娘さんは私の誕生日など知りません、それ以来13年間ずっとはめていたアメジストの指輪でした。

この画像はその時の小さいおじさん? と思ったのですが…

指輪をなくした時に指輪自体よりも「小さいおじさんどうしたかなぁ」と少し気になっていました。
カバンに入れたはずの指輪を家中探して見つからず「またか?」と半ば諦め、また忘れた頃にひょっこり出てくるかなぁなんて思っていました。

画像で見る小さなおじさんらしき人が何だかぐったりしてるようで「やっとたどり着いた~~」
みたいな「助けて~」みたいな

指輪には2人の小さなおじさんがいたのですが「それならもう一人は?」とか…

決めつけてるけど 違うか!!?
など
よくよく見ると「もののけ姫」に出てくる 木霊ちゃんにも見えてくるやらで、私には初めて目にした物なのでお聞きしたく、お送りしました。


A.
こんにちはフォロンです。
面白いお話と興味深い画像ありがとうございます。

この画像ですが次元変化に関わる事だと思います。

今まで○○さんを守って来たアメジストの役割が終わった事もその一つかと思います。
そしてこの「小さなおじさん」はアメジストの指輪の妖精だと思います。

この指だけがまだ次の次元に行く途中で、それが画像化されたのだと思います。

もしそのアメジストが出てきたとしても、それは役目を終えたアメジストという事で今までとは別の存在ということになるでしょうね。
中指がアメジストとの別れに少し戸惑っている(寂しがっている)事も感じます。

あまり気にされることではありませんが、心の中で今まで守ってきたアメジストに思いを伝えてあげてください。
そしてありがとうと。

指にも「さあ、先に進みますよ」と言ってあげてください。

こうした変化、今後も様々な場所で多くの方が体験して行く事でしょうね。

   ・

小さなおじさん話は今までにも世界中でとてもたくさん語られています。
その姿や大きさも様々。

妖精というカテゴリーに入れてもいいかもしれません、彼らも皆高次元の存在と解釈していいでしょう。

今回のクライアントさんの中指にへばりついている「誰か」もよく見ると、なるほど小さなおじさんらしきシルエットにも見えますね。

この方の次元変化が画像化されたものですが、この小さなおじさんもこの方の次元移行を3次元最後の力を振り絞ってバックアップしてくれているのだと思うのです。

アメジストの件、そして中指。
小さなおじさんは少し遅れている中指を必死で上昇させているのかもしれません。

物にも魂が宿っていると考えると、その魂が具現化して人の目に移ることもあるでしょう。
つまりアメジストの指輪の精霊ですね。

小さなおじさんや、蝶々のように舞うフェアリー達。もしかしたら子泣き爺もそうだったりして(笑)

そしてこの小さなおじさん達は、私たちが完全に5次元に到達した時、小指の先で握手できる存在として目の前に現れてくれるかもしれませんね。

だとしたら、何とも可愛い事ですね。









# by farmemory | 2019-02-17 00:00 | ・皆様からの画像 | Comments(0)

**リラの遥かなる旅17(聖愛とミッション1・シングルでいる事)**


【イベントのお知らせ】
・各種イベントスケジュールページ>>


c0319737_23251698.jpg

今までのリラ物語 ◆リラの遥かなる旅◆>>

   ・

リラはパートナーとのエネルギーを作り出せる優れた力を持っています。
難しいことなど省いて、とにかく「愛し合う」ことで作り出すとてもポジティブなエネルギーを地球に還元する能力を持っています。

愛こそリラといっても良い筈。

ところが、そんなリラの魂意を強く持っているにも関わらず、今はパートナーを持たず一人で過ごしている人が思いの外いる様なのです。

リラの方の一つの特徴として、例えば合コンやお見合いなどの声がかかっても、どうしてもそうした誘いに積極的になれず、また自分から積極的な行動を起こすこともあまりない、そうした面があります。
むしろ一人でいることの方がよほど気が楽で、安心できるため異性を必要と思う気があまり湧きません。

また過去にパートナーを求めた事もあるが、その相手とのすれ違いに傷付き、疲れてしまいそれ以降なかなか異性との関係が築けず一人でいることに甘んじているという方もいるでしょう。

女性の方で、リラのエネルギーを持つ方たちは男性の粗野で荒削りで、暴力的な部分にどうしても馴染めず、時には相手が大きな声で人を威嚇したり怒りを表す所にも不安や恐怖を感じたりするため近づくことを躊躇ってしまうこともあるかもしれません。

また男性でリラ人のエネルギーを持っている方は、同じように暴力的なこと、腕力で物事を解決しようとする事が苦手で、また異性の狡猾さに敏感で自分から近付かない人もいるでしょう。

いわゆる草食系と言われる男性や、女性に対して今一つ積極的になれない男性方の中にもリラを故郷とする男性もいるのです。

でも今、リラを故郷にもつ方の解放(覚醒)は、まさにこの地球に多大な影響を与え、そして押さえつけられてきた地球自身の解放に寄与する事にあります。
なぜならリラはこの「地球という生体」そのものを管轄している管理者だからです。

リラの人がこの人生で使命があるとすれば、この地球(地質を含めた)に自分たちの持つ(創り出せる)ポジティブなエネルギーを自らの生体を発生器、増幅器として作り出す事が一つの大きな使命でもあるのです。

そしてこのエネルギーを作り出すものこそ男女相互のエネルギーシェアにより作られる純粋な意識的、精神的、そして性愛的な「愛」がその方法なのです。

リラたちは過去の長きにわたる時間、何度もの転生の間危険なエネルギー攻撃から身を守る最大の方法として自分を隠し、人に知られない様人前に出る事を自重し、押さえつけて来ました。

しかし、今その危険は急激に減少してきていますので、ようやく自分の使命に向かう時になりました。

また、余の長きにわたり自分を押さえつけてきた「思い癖、トラウマ」があるために、自分はどこか人より劣っている、自分はどうせ幸せにはなれない、自分とつきあう相手を傷つけてしまうかもしれないとさえ思い込み、自分の真の力である「女性として生まれてきた真の意味」から目をそらし続けてきた方がリラを故郷つする人の中に少なからずおられるようです。

性欲は女性と男性の差がとても大きく、その起点となるものが大きく違っています。

男性=肉体的で胆略的、物理的性欲が主体となるため、相手への蹂躙や暴力的衝動を伴うこともある。しかし男性であっても若干の女性性を持っていますのでそれが愛する相手との関係の中では精神状態に左右されることも少なくはないでしょう。

女性=重要なのは「心」や「状況」であり、始まりはとても緩慢で、徐々に精神的な至福感が伴ったとき初めて性欲に繋がって行きます。逆に女性に中にも男性性は存在していますので衝動的(肉体的)な性欲も生まれることはありますが、男性のそれに比べれば稀な欲求です。

そのため恋愛に関してはそれほどには心を動かされないリラの女性たちですが、一旦女性として目覚めた時その開放が始まって行きます。

本来リラの人々は故郷を無くし、彷徨える民となった時から人一倍愛を知っています、愛ということに決して無関心なわけではありません。
むしろ愛を求めることも女性性の一つの重要な役割と言っても過言ではないかもしれません。

しかしリラの人たちの願う愛とは、暖かい家庭で家族と温もりの中で過ごすことだけではなく、なぜ自分が女性として生まれてきたのかを身をもって表現することでもあるのでしょう。
そしてリラの解放に寄与するのがシリウスを故郷とする魂で、彼らに委ねられています。
遠い遠い、はるかに遠い昔、リラとシリウスはいわばお互いを補完しあう重要なパートナー同士でした。
そしてそれぞれが地球に向かうと決めた時、シリウスの庇護下に入ることをリラは願い、そうしてきました。

しかしシリウス人たちが物理的にこの地球上で盾となってリラを庇護することはできません、できないのではなくしてはならなかったからです。
なぜなら、この地球にやってくる時、すべての責任は自らが負うという天の摂理に従ったからです。

戦うことを知らないリラたちは、身を守る方法として「身を隠す」方法をとり、シリウスたちはそうしたリラたちを遠くから静かに見守ってきました。

そしてようやく今、リラとシリウスの「再会」が始まったのです。
リラとシリウスとの愛を持った繋がり、これは一つのミッションともなって行きます。

しかし、この再会、結びつきは、それを願わない側にとっては極めて不都合なことです。
そのため今まではあらゆるエネルギー干渉を仕掛けて、その再会を阻止してきました。
しかし今その力も急速に弱まってきています。

それと同時に、暗い湿った日陰に身を隠していたリラが、ようやく光の下に立つ時となったのです。

   ・

まだ少し先になりますが箱根の九頭龍神社での縁結びイベントを予定しています。ご興味があればお問い合わせください。

# by farmemory | 2019-02-15 00:00 | ・リラ物語 | Comments(0)

**反省なんかしてる暇ありません**


【イベントのお知らせ】
・各種イベントスケジュールページ>>


c0319737_22354846.jpg

今までの自分を振り返ることが出来たとして。

「ああ、あの時の自分は今思うとなんとも恥ずかしかったな、良くなかったな」
「今思えば随分人を傷つけてしまっていたのだろうって思う」

そんなこと思うことがあったら・・・
そんな自分を責めたりジャッジするより、これから先の自分をどうするかだけを考えて行きましょう。

人は生まれて直ぐの時は最もピュアな魂の状態です。
言い換えれば世間や社会に染まってもいないし、翻弄されてもいない最もピュアな自分です。

人間生まれながらに罪を背負って?
いえいえ、そんな事ありません、生まれたての時こそ神の尊さのままの状態です。

それが成長するに従って、社会という3次元に触れ始め、そのピュアさでは生き難くなるが故に天の摂理を理解する自分に蓋をして社会に適応して行くのです。

ピュアなままでこの不条理な世界に生まれ、日々を重ねて行く内にどんどんと煤けてくるのですね。
でもこれさえも決して否定したりジャッジしたりする必要はないのです。

なぜならそんな時代、そんな社会に産まれることを希望して来たのですから。
そしてその不条理の中で様々な体験と感情を知るためだったのですから、それはそれで良いのです。

生まれた時はピュアでも、社会人として一番脂が乗って来た時と、人生の中で一番執着(欲望)を持つ時が一致するする30代~40代。
その時代が3次元のピークにある時です。

それから徐々に社会から離れ、老いて行くに従い執着や煩悩から離れ、最後は全てを手放してこの人生を終え魂の場所に帰って行きます。

人間みな、生まれながらに罪人なんかではなく、生まれたてが一番綺麗で美しいのですよね。

それを理解すれば、自分がこの人生で歩んで来た道を振り返ったとしても、過去の時間は全てその流れの中にあっと分かります。
だから過度な「反省や後悔」に入り込んで、意気消沈してしまう事は無いのです。

ある時に、今までの自分がどんな自分であったかを知ったとして「無理やり」直そうとか矯正しようとかする事は少し控えましょう。
むしろ「ねばならない」「それはダメだ」という自分否定に入ることの方が残念な事だと思うのです。

人はよく
「今までの自分をリセットして生まれ変わる!」
なんてことを口にしますね。

これ、前向きに聞こえるかもしれませんが、それこそが自分否定の最たるものなんです。
だって「なかったことにしよう」と過去の自分に蓋をすると同じなのですから。

リセットするのではなく、それも自分(だった)としっかり自分自身に認めさせ、その自分であった事から始めて行かなければ、そこまで過ごして来た時間さえも否定してしまう事になってしまいます。

他者を傷つけて来た自分だったと「気がついた時」その時自分の人生の体験学習のカリキュラムは終了するんです。

幼い子供が日々成長して行く過程で、様々な事を経験して行きます。
大人はそんな子供たちの成長を、静かに見守ります。

「そうそう、そんな事でクヨクヨしたり、怒ったり喧嘩したり」
「そんな事も有ったよね」

でも大人はそんな子供たちを叱るのではなく、気がついて行く事が成長と理解して見守ります。
それと同じで自分自身の「昨日」もその目で見てあげれば良いのだと思うのです。

セッカチになって昨日までの自分から生まれ変わろうとしたって、自分から逃げる事なんかできないのです。
リセットではなく、変化して行く事の方が重要です。

でも、変化は時に緩慢で厳しさも伴う事もあります、でもだからこそ真の変容に繋がって行くのです。

この人生のすべての時間と体験に無駄など何一つありません。
一つでも自分を否定してしまえば「勿体無い」のです。
かつての自分はすごく嫌な奴で酷い人間だったと、堂々と口にすれば良いのです。

何をしたか、何が起こったかをしっかり見つめて理解できたら、それでよし。
「そんな自分だった」って事をしっかり受け入れ、隠す事なく恥じることなく、次に進んで行けば良いだけです。

これからさらに加速する次元変化を思えば、反省なんかしてる暇ありません。
人の目なんか気にしないで、今までよりちょっぴり図々しく生きて行きましょ。











# by farmemory | 2019-02-14 00:01 | ・新次元への道 | Comments(0)