カテゴリ:・地球・地質・気象( 2 )

**台風21号に関して**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00054107.jpg

今日本に向かっている台風21号に関して、感じたことを記載します。

この台風は発生した場所からみると、最初は台風になるかならないかの微妙な状態だったと思います。
その後何らかのエネルギー充填を受け一気に台風に成長したようです。

ただこのエネルギー充填は、人工的なものと言うより自然発生後に海水温の高さが落ちないことで成長してきたのだと思います。

もちろん何らかの人口操作もハッキリと感じられるのですが、台風に意識を向けて見たところ「その影響は排除している」と言っています。

人工的という点では今もかなり強い電磁波的な体感もありますので、人によっては頭痛や目眩がすでに起こっている方もいる事でしょう。

地球は今、誰の助けを借りることなく世界中で起こっている作為操作との攻防の中にいます、あるいはようやくその段階に達したと言ってもいいでしょう。

またスペースファミリーたちによる台風の勢力低下のためのバックアップも、地球自身が「自分の力でやるから見ていてね」との言葉を受け必要最低限に抑えているようですし・・

この台風は、自然界で生まれ、自然界で巨大化した「まっとうな」台風でしょう。
そして正に、誰にも止めることの出来ない地球変化(進化)の一端を物語っているのだと思うのです。

現段階での進路予想にもおかしな動きはないようですし、強さは尋常ではないと思われますが、それも次元移行の過程で見られる自然現象と見ています。

今回の台風21号が自然現象であり日本に影響が最もある台風であると言う事は、私たち日本人の因果律が大きく影響することは避けられないでしょう。

この台風が今後勢力を落とすか、進路を変えるか、あるいは日本を縦断しても被害を最小限に抑えて消えて行くか、その点に大きく関係してくると思います。

私たち一人一人が生きている時空は、一人一人の意思と責任で成り立つ個別の時間軸です。
ですので自然界で自然発生した台風は、今後どのような影響を示すかで、自分の有り様さえも知ることのできる指標ともなって行く筈です。

まずは台風に「可能な限り被害少なくね」と伝えて行こうと思います。
それと同時に自分自身が今現在どのような思いや願い、行いをしているかをしっかり鏡に映して見て行く必要もあると思っています。

自分の想念や行いが、台風を恵みの嵐とするか凶暴な駄々っ子にさせてしまうか、まさに自分自身にかかっていると言えると思うのです。

皆様も是非自分自身との対話をなさりつつ、台風に「良い子で来なさい」と伝えてあげてください。

それと同時に念のため少しの被害想定をして、静かに台風の動向を見て行きましょう。


<追伸>
本日2日より八ヶ岳でのイベントを控えています。
今回のイベントで参加者の皆さんと今回の台風21号への呼びかけを行う予定でいます。
お時間がある時に台風21号に「地球進化促進と被害の低減」を促してみてくださいませ。

ではでは











[PR]

by farmemory | 2018-09-02 00:09 | ・地球・地質・気象 | Trackback | Comments(1)

**天然素材でボディケア&地球のこと**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00292975.jpg

最近皮膚がチリチリすることがあって、以前より敏感肌になったなのかなと思っていました。

そこで今まで使っていたナイロン製の目の荒い体洗いのタオルを、天然素材の柔らかい物に変えて見ました。
でも、少しの改善はしたのですが、完全に治ることはありませんでした。
そこで今度は、石油由来の安価な石鹸をやめて、アレッポのオリーブ石鹸に変えて見ました。

この2点を天然素材のものに替える事でほぼ皮膚のチリチリ感がなくなってヤレヤレでした。
まぁ、加齢による乾燥肌かしら?といえば「そうだね」なのですけどね。

今年の夏はとにかく夜間も暑かったので、エアコンをつけっぱなしでしたから、乾燥もするよなと思うのです。
そこで乾燥回避で脂肪分の多い牛肉を食べました(何の関連が?でしょうが・・・)

そしたら案の定、皮膚からの脂の分泌が増えて、お肌ツルツルね。
冗談抜きで私の場合「牛肉」には即効性があって本当にツルツルになり、老化した角質の剥離も促進される実感もあるのですよね。

年齢を重ねれば肉類を口にしないという話を聞きますが、まだ私は肉類と動物性油脂が必要なようです。
でも不思議と豚や鶏の脂では牛脂ほど肌をツヤツヤにしないんです。

因みにオリオンからやって来た動物の多くには「角」のあるものが多いです。
(ウシ、ヤギ、ヒツジ、これらは国や宗教によって神扱いをしたり悪魔として扱われたりする動物たちです、何らかのパワーを持つ動物達であることは間違い無いのでしょうね)

また鳥は6500万年前に絶滅した恐竜の生き残りが進化して現在の鳥類になったと言うのがほぼ確定していますね。つまり鳥肉とは爬虫類を口にしていると言うことになる訳です。
なるほどワニの肉は鳥肉に酷似していると言われていますからね。


以前より肉食はかなり減って野菜のウェイトが随分と上がってきていますが、個人個人必要栄養素は違っているのだと自分の体を使って納得できしました。
家の食生活では動物性たんぱく質の割合は圧倒的に「魚」なのですが、魚の脂は皮膚をバリアするという点では肉類に比べ効能は薄いという実感があります。

ただ肉類は体調的に受け付けないという方も決して少なくないと思います、もしかすると肉類を受け付けない方の皮膚保護の脂は肉類に依存しなくてもいいのかもしれませんね。

個人個人の生体がどの栄養素を必要とするかを食品栄養学だけで一律の判断をする事はほどほどで、自分の食欲との兼ね合いも絶対に必要だなと思うのです。



さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、実は本題はここからです。

この皮膚のチリチリ感が始まった(感じられた)のは1ヶ月前くらいでしょうか。

今までにこうした兆候はあまり記憶になく、いきなり皮膚がチリチリ、カユカユし始めたのです。
ただ入浴素材の交換で改善したので、そこで終わりと思っていました。

ところが・・・

昨日まで2日間ワークショップのため神戸に行ってきました。
宿泊したホテルで、備え付けのアメニティを使って入浴しました。
天然素材のものがなく覚悟しながらそこにあった石油由来と思われるボディソープを使ってみたのですが、その後警戒していたチリチリ感は全く現れませんでした。

「ああ、皮膚はほぼ元に戻ったのかな」と思って安心していました。

ところが、神戸ではほとんど外出せずに部屋いたからもあるのでしょうが、2日間チリチリ感がなかったのに東京渋谷に帰って駅舎から外に出た途端、あのチリチリ感が始まったのです。

「何だ!?」
と思って、思わず自分の体にそのことを聞いてみたのです。

そうしたら体は「地気異変だよ」って言うのです。
最初は大気汚染によるものかなと思ったのですが、体の答えは想定外でした。

少し話が逸れますが、地震がある前に震源地周辺にエアロゾルが漂って朦朧とした霧を発生させることがあると言う話を聞いています。
また実際私もそうした事があるのを体験的に知っていました。

ただ今回はエアロゾルの噴出により地気が上がっているとは思えないクリアな夜空が広がっていました。
とすると今までに感じたことのない何らかの微粒子、なのではないかと・・・

今回体が伝えてきた「地気異変だよ」が何を指すのか、漂っている微粒子が何かは判断のつかないところではあるのです。

今までになかった皮膚のチリチリ感
今までに経験したことのない微粒子

そして体からの答え、何らかの相関関係があるように感じたのです。
この一連の皮膚感覚、事によると何らかの地質変動(地球自体の変化?)を伴う事に由来する事なのかもと思ったりもしたのです。

何もなければ「気のせい」と言うことで、少し日本列島に意識を向けてみようと思っています。
ちなみに、今現在は皮膚のチリチリ感は全く起こっていません。











[PR]

by farmemory | 2018-08-19 00:34 | ・地球・地質・気象 | Trackback | Comments(4)