人気ブログランキング |

カテゴリ:・今日の日記( 39 )

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



先日函館に行ってきました。

c0319737_01235715.jpg

1日目は生きている火山で有名な恵山(えさん)に足を伸ばし、噴煙が上がる火口まで行ってきました。
恵山は函館市の中で最も東寄りの地域で、目の前の津軽海峡を流れる津軽暖流のおかげで北海道の中では特に暖かい所だそうです。
この日も気象予報とは裏腹に暑ささえ感じる好天で、長袖では暑い暑い。

上の画像は恵山の景色。
この火山は5万年ほど前に活動を開始し、2500年前に山体崩壊を起こし今の山景が形成された比較的若い火山です。硫黄を含む火山ガスが噴出していますけど、ガスの噴出口辺りには黄色い硫黄がたくさん結晶していて、まるで箱根の大涌谷のミニ版。
まさに「生きている火山」を実感できました。

c0319737_01240041.jpg

こちらの画像は恵山の西の裾野に広がる「賽の河原」と言われる場所です。
見るからに、その名を彷彿させる景観ですが、それだけではなく、このあたりに沢山の石仏(特に観音)が祀られています。

右上の画像には紫色の法衣を着た僧侶らしきものが写っていますが、これは地蔵菩薩です。
お衣装が綺麗なところを見ると、日頃地域の方が仏さんに手厚くお世話をしていることが伺えますね。

ちなみに、今回函館空港に降り立った時から根拠もなく「観音」のエネルギーをなんとなく感じていましたが、恵山でそれを確認できました。

まさに函館の地が観音の保護下にあることが分かり、自分自身の高次のガイドの一人が観音ですので、なんとも親近感を感じました。
(ちなみに、毘沙門天もガイドとして付いていてくれる事も分かっています)
慈悲を感じさせるエネルギーと言いますか、この地の柔らかな感覚がここから来ているのだと分かりました。

恵山プチトレッキングの後駐車場に戻ると、空に小さな虹を発見。
思わず動画に収めました。



「幻日」のように見えますが、これほど鮮やかな虹色を呈するのは珍しいと思います。
途中、駐車場で誰かが操作するドローンが垂直上方に横切ります(まるで虫のようで笑えます)

この虹は幻日なのか、それともシップの一部が輝いたのか・・・?
さてどちらでしょうね。

長くなりますので次回に続きます。
次は函館山で夜景を写した時に写り込んだ「不思議画像」をご紹介。

ではでは。










by farmemory | 2017-10-11 01:34 | ・今日の日記 | Comments(0)

**「深海」展**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_23530311.jpg


10月1日まで開催の上野の科学博物館で開催されている「深海」展に滑り込みで行ってきました。

海は自分にとって故郷とも言って良い世界です。
憧れと郷愁、安らぎと至福さえ感じちゃうんですよね~

で、深海

この世界に生きる生き物たちの奇妙奇天烈な不思議に、幼い頃から興味を持っていまして。
これってネッシーやシーラカンスにつながるんですよね。

未知のものに対する興味を人一倍持っていたからかもしれません。
むしろ目に見える世界ではない所に真実があるっていうことに似てるのかも・・・


この画像にある生き物たちの奇妙さと愛らしさがなんとも言えません。
(左上から右へ・・オオクチホヤ、メンダコ 左下から右へ・・テングギンザメ、デメニギス)
c0319737_23530850.jpg


深海ってこの地球の中で一番に安定した世界と言われていましたが、その深海の流(深層海流)れに大きな変化が始まっているようですね。

そのための今後地球上の気象に大きな動きが見られるように思います。
ただ、この変化は地球上の平均化を促進するのだろうと感じています。

砂漠地域に、場合によっては災害を起こしかねないほどの降雨。
北域の気温の上昇、実際に北極に近い地域での氷河の後退現象が地球をめぐる深層海流に影響。

観測が始まって以来のこうした大きな変化があらゆるところで起こっています。
また政治的な動揺を今私たちは目にしているかもしれませんが、これもまた長い目で見る未来への布石となることは間違いないことでしょう。

でも、今見ている事象が何処をどう通って、何につながってゆくかを判断することは極めて難しいでしょう。

しかし天の采配は間違いなく未来を目指している確信だけは、自分の中で動じませんので、今しばらくは静観して行こうと思っています。



しっかし、海はいいですね!

もちろん海だけでなく美しい景色の中に静かに佇む、深く澄み切った湖とか、人を寄せ付けない深山の渓流なんかも、いいないいな。

打ち寄せる波の音、渓谷を流れる水音、何処までも澄み切った清冽な水、枯れることなく湧いてくる湧水の鼓動・・
水は身を清めるだけでなく、その音も美しい流れも、それだけで浄化の力を感じますね。








by farmemory | 2017-10-02 00:11 | ・今日の日記 | Comments(1)

**果実園**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00325488.jpg


家の人のデジカメがぶっ壊れたと言うことで、新宿のビックロまで新しいカメラを買いに行きました。
しばらくカメラ売り場をのぞいていなかったのですけど、動画用のウェアラブルカメラを各社がドンドコ出してるんですね〜

来月になったら船で沖に出ようと思ってるんですけど、その時の動画用にGoProが欲しくなってしまいました。
特に海の中を見ることも出来るって事でウズウズしちゃいましたが、家の人の冷静な一言「そう言うの買って、今までにどれほど役に立ったの?」であえなく撃沈。

じゃあそれならって事で(なんで「それなら」かわかんないけど)少し歩いて新宿南口の「果実園」にパフェ食べに。

c0319737_00325191.jpg

**果実園**

店に入るなりフルーツの香りでクラクラ。
今回は季節なので桃のパフェと、お任せパフェを頼んでみました〜

このお店のフルーツは言う事ないのですが、特に生クリームが絶品なんざんす。
最近は生クリームの美味しいお店が少なくて・・

でもここはお勧めでっす。パフェ好きの方はぜひ!
ウマウマ〜!









by farmemory | 2017-09-19 00:40 | ・今日の日記 | Comments(2)

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_01113518.jpg


雑誌のFUDGEを定期購読してるんですけど、よくオマケが入ってきます。

今回はこのレジャーシート。
ガスパールとリサですね。

今では知らない人はいないほど有名だと思いますけど、20年以上前、まだ今ほど店舗も広げていなかったAfternoon Teaの雑貨shopで、ガスパールの絵本を扱ってたことを思い出しました。

店頭で初めて手にした時
「なんとカワイイ!」
と、興奮して全巻揃ました。
フランス語表記の絵本で、ちょっとしたお宝になったかも。

c0319737_01142458.jpgそうそうAfternoon Teaといえば、この絵本を扱っていた頃
イギリスのブリッジウォーター社製の陶器類を扱っていました(左画像)

シーズン毎に新しいデザインのものを展開していて、それがあまりに可愛いので
多分全部(カフェオレボウルだけだけど)集めたと思います。

あのシリーズはもう見る事がなくて寂しい限りなのです。

Afternoon TeaにしてもF.O.B COOPにしても、往年のヨーロッパ雑貨の火付け役だった人も店舗も「今は昔」ですね。
(今のAfternoon Teaの商品は自分的には、残念なことにあまり興味が湧きません)

2年前に広尾のF.O.B COOP閉店の時には一つの時代が幕を下ろした感があって、なんともシミジミしたものです。
以前この近くにアトリエを構えていていた事があり、週に2~3回はお茶を頂きに行っていました。
オーナーの益永さんともお話をしたり、マガジンハウスの編集の方との打ち合わせで使ったりしていましたのでとても懐かしく思い出します。

今も当時揃えたキッチン雑貨は健在で、しっかり使わせて貰っとります。

ああ、懐かしい・・・










by farmemory | 2017-09-14 01:16 | ・今日の日記 | Comments(1)

**神保町散歩**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00021410.jpg

一昨日資料探しのために、超久しぶりに神保町の古書店巡りをしてきました。
最近ではイラスト資料を必要とした時、ほとんどネットで済ませることが多いのですが、今回は「やっぱり手にとって」と言うことで行ってきました。

何店舗か回って、小宮山書店でナイスな古雑誌(1958年発行の通販カタログですね)と、同じ50年代のアメ車の本です。
雑誌の方はさすがにボロボロでしたけど、車の方は¥500とお値打ちで、コンディションもいい感じ。

c0319737_00130713.jpgで、神保町に行ったのならということで、揚子江菜館で作家の「池波正太郎」さんがよく召し上がっていたという「上海焼きそば」を注文。

いつもなら、中華飯店で焼きそばといったら迷わず「什錦炒麺(五目焼きそば)なのですが、このお店では、上海焼きそば!
お醤油ベースで、見た目よりコクのある、でもシンプルな一品でオススメでっす。





その後に、思いつきで水道橋まで歩いて総武線で亀戸まで。
切れかかったお味噌を買いに亀戸の香取神社参道にある「丸定」さんまで足を運びました。
名物女将がチョイスしてくれる麦味噌と越後味噌をいつも購入しています、この組み合わせは豚汁などのこってり系にも、絹サヤのようなあっさり系にも合うとても美味しいお味噌です。



ぐったりして家に帰ったら、少し前にヤフオクに入札していたことを忘れていた古雑誌がどっさり落札されてました!

c0319737_00022491.jpg

あああ、又しても処分を上回る雑誌の山だぁ。(学習能力なし)














by farmemory | 2017-09-01 00:18 | ・今日の日記 | Comments(6)

**青山散歩**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_23400874.jpg


先日青山の骨董通りと渋谷郵便局に用があったので、ついでに青山の「マディ」に寄ってきました。
そこでキッチン用のクロス1枚ゲット。

散歩がてら立ち寄ったんですけど、お昼を食べていないことに気がついてついでにカフェにも・・・

平日でとても空いていたのでのんびりパスタランチ。
あまりにゆっくりしてしまって郵便局の窓口が閉まる時間近くになってしまったので、急いで向かったのですが・・
途中ものすごい雷雨に見舞われて、しかも最近青山に高層の建物が増えたので、突風が吹き買ったばかりの傘ぶっ壊れちゃってしかもびしょ濡れ、涙(T ^ T)

郵便局員さんの憐れみの目が忘れられません~~

びしょ濡れでテンションだだ下がりなので、郵便局横にある御嶽神社にお参りしてきちゃいました。

c0319737_23405000.jpg


ここの神社は四方がビルに囲まれて太陽が差すことのない都会のなんてことのない小さな神社。
酉の市のお宮さんで、渋谷の中にあってもあまり知られていないかもしてません。

で一つ、面白いものがあるのです。

狛犬たち。

c0319737_23423529.jpg


もうまんま「こま犬!」
神社の縁起ではこのワン子らしき狛犬は日本狼となっています。
秩父の三峰神社と同じく犬神信仰ですね。

何度見てもリアルで、ワン子好きの人ならきっと反応するかな~なんて思わずシャッターを。

ちなみに私は猫好きざんす。









by farmemory | 2017-08-27 00:05 | ・今日の日記 | Comments(4)

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_23530311.jpg


今日イベントで、緑の多いところにいましたが

「蝉が鳴きました!」

気象庁より当たる蝉の予報官。

直ぐに梅雨明けだよって教えてくれましたよ。
イェ〜イ!
真夏じゃ、プールじゃ、かき氷じゃ、花火じゃ〜〜、ボートで海じゃ!

と、浮かれて見ました、がっ!

「今年の夏は強制的進化の夏になるかもねっ ♪( ´θ`)ノ 」て蝉が笑いながら教えてくれた気もします。

ドキドキ。


<追伸>
強制的進化=ウェッブボットが言う「厳しい夏」の意味です。

もうすぐ幸せの世界を誰かが持ってやって来ると言う楽観論ではなく
此れから迎える大きな出来事は個人個人皆違う進化を促す厳しさの可能性があります。

その厳しさに後ろを向かず面と向かって行けば
「自分自身の進化レベルを上げてゆく絶好のタイミングになるよ」
「厳しければ厳しいほど進化スピードが加速するからね」
と言う天からの慈愛に触れることとなるでしょう

進化レベル=次元ステージ
進化スピード=高次への到達スピード」

「ご覚悟よろしくって?」
ドキドキです。






by farmemory | 2017-07-19 00:01 | ・今日の日記 | Comments(2)

**パンガシウス**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



パンガシウスってお魚知っています?

近くのスーパーの魚コーナーに置いてあったこの「パンガシウス」
「え!?なに、なに??」

c0319737_22173899.jpg

と興味本位で思わず購入。
早速検索したところ、なんとナマズの一種なんですと!

表示には養殖と書いてあったので分かる通り、養殖ナマズなのですね。
しかもこれベトナムからの輸入なのだそうです。

c0319737_22175262.jpg

生きてる姿はなんともでっかくで、美味しそうとは思えない姿ですね、でもお肉はたくさん取れそうですが・・
(食材としては30cmにもなれば出荷なのかも、右の画像は成魚ですね、)

でも魚好きの私としてはナマズは蒲焼やフライで食べた事もあるので、違和感どころか「うまそう!」
と早速調理。

どんな料理にすんべぇと迷って、淡白そうな見た目で香草焼に決定。

セージとオールスパイス、ディル、タラゴン、パセリを振ってバターとオリーブオイルたっぷりのフライパンに。
早速いただきます、モグモグ。

c0319737_22181226.jpg

実にクセのなお魚、川魚特有の臭みのかけらもなくて、少し水っぽいけどすっきりとしたお味。
(調理の時、生の切り身を触った後、手の匂いを嗅いだらなるほど淡水魚ってわかりますけど)

調理方法としては油を使った洋風料理が一番かな。
ムニエルなどにしても、水っぽさを飛ばすために少し長くグリルするのはお約束ですね。

今回のような調理か、パン粉つけてフライなどには最適ですね。タルタルソースに絶対合いそう。
それとか生身にスパイスふりかけてチーズ乗せてオーブンで焼くなんかもきっと美味しいでしょうね。
大人の味にしたかったらピザチーズとかではなくて、青カビ系のチーズなんか、ビールに合いそう。

あっそうか、フィッシュ&チップスにはこれ最適なんじゃ!?

このお魚に似たの他にあるかなと記憶をたぐってみると・・
海のお魚では、水っぽいブダイとかイシモチ、塩していない生鱈にもに似ているかな?
とにかく青魚系ではなくて白身のお魚ということですね。

見た感じはカラスガレイとか似ていなくもないけど、身に脂は全くありません。
だから油を使った料理が向いてるんですね。

でも魚本来の味が好きなんて人にとっては・・
(私もですが、例えば旬のイサキのお刺身とか、秋鯖の塩焼きが一番とか、春のメバルの煮付けがいいとかグダグダ言う人・・ね)
美味しいは美味しいですがもう一つ何か物足りなさがあって ”この魚らしさ” の風味も欲しいかなと。

お家ではお魚苦手であまり食べないけど、家族に食べさせたいって方には超オススメかも。
フィレ処理されていているから小骨もなくて、臭みもない。
とにかクセがなので、お魚苦手のお子さんにもこれならいいのじゃないかしら。

ただ、和風の味付け(醤油ベースの煮魚など)には向いていないかも。
同じ煮魚ならブイヤベースの方がいいかな、それならとても良い感じだと思います。

食べてみて、想像通りの白身で、今後の食材としては「あり」って思いました。
また売っていたら買おうっと。

何と言っても安いのですよ、二切れで¥212。
主婦の味方。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓











by farmemory | 2017-05-20 22:26 | ・今日の日記 | Comments(4)

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_02292342.jpg

去年まで出不精で出不精で、毎日出歩いていた頃からは見る影もないほどの「お家仙人」に成り果てていました。
ところが今年に入ってから、どんどん元気というかやる気が出てきて、自分でも「どーした!?」と思うほどです。

と言うことで久しぶりに近くのガレット屋さんにランチしに行きました。(って元気ってそれだけかい!?)
お店はすごい混んでいて、しかも半分くらい外人ばかり。
フランス語と英語ばかりが聞こえて、ここどこ?状態。
しかもギャルソンもフランス人のおじさん。

ガレットはハムとシャンピニオン、チーズ、トマトの定番ガレット、そしてオレンジソースのデザートクレープ。
いつもながらボリューミーでお腹いっぱいっす。

その後銀行に行こうとテクテクしていたら、衣類のお直し屋さんに目が釘付けになってしまいました。
幼稚園の近くにあるお店なので、依頼でスモックなど作っているのでしょうが・・・
c0319737_02292535.jpg

マリメッコのファブリック「ウニッコ」で作った幼児もののスモックでございます。
思わず我を忘れて「かっわいいー」連発でシャッター押していたらお店の人に思いっきり微笑まれ(笑らわれたですね)ちょと恥ずかしかったです、ははは。


最後に、お気に入りのグリーンショップにお散歩帰りに寄ってみました。

c0319737_02292890.jpg今回立ち寄ったのは、外苑西通りにある「FUGA」と言うプランツショップ。
この辺りでは老舗になってきましたね。

子供の頃から植木や観葉植物が好きで、実家にいた時は毎日のように庭で泥まみれになって植物と遊んでもらっていたのですが、実家を離れてマンション暮らしが始まると、なかなか鉢植えも増やせなくなってちょっと寂しい思いをしています。

若い頃神奈川県の藤沢市鵠沼海岸という、ビーチまで徒歩5分という所に住んでいまして、仕事もせず波乗りばかりしている頃がありました。
その藤沢に「アウトテリア民園」と言うプランツショップがありました。






もう25年くらい前になりますが、今ほど観葉植物の種類が豊富でなかった頃、ここに行くとまるで熱帯植物園に住む不思議な形をしたトロピカル植物とか扱っていて、行くと興奮して何鉢も連れて帰るもんだからベランダが目も当てられないジャングルになってしまい、本来の機能を果たさなくなっていました。


今はもっとベランダが狭くなってしまったので、ほぼ新人誘致ができません。
しかも今までに植物を枯らすことがなくて、増えて増えてベランに足の踏み場も無くなっています。
なので、行くと何かしら鉢植えを連れて帰ってきてしまうので自制していました。

でもやっぱり行くとね~

と、言うことで今回連れて帰ってきたのが ”苔玉ガジュマル”
まるで「盆栽」のような樹形で、面白くて、面白くて。
”彼”は今ベランダでまったりしています。
なぜガジュマルが彼なのかと言うと、そんな感じがしたので、そう決めたからです。

あ~でも植物って可愛いですね。

野菜も美味しいしね~
(どう言う繋がりがある!? 脈絡は何か!!?・・一人突っ込み)

と言う1日でした。












by farmemory | 2017-04-16 02:37 | ・今日の日記 | Comments(9)