人気ブログランキング |

カテゴリ:・コンタクト( 22 )



c0319737_01390680.jpg

9月最後の日、夜22:00頃に東京上空にo光の乱舞が現れました。
この光は過去にも観測しているのですが、おそらくスペースファミリー達の出現と見ていいと思います。

渋谷あたりから上空に向けて光の筋も見えたので、サーチライトにも感じるのですが、明らかにそうした光ではないと思います。



とても綺麗で楽しそうな光なのですが、実は以前この光を見た翌日に中国地方を水害が襲いました。

今回も同じような警告メッセージを送るために出現したのかはわかりませんが、今日本に向かって台風がやって来ようとしています。

杞憂に終わることを祈りますが、少し今回の台風に注意を払っておこうと思いました。

それでも、本当に楽しそうにワルツを踊る光。
なんか綺麗で可愛いです。

今回の動画は4分程度の長さですが、最後の方にこの光とは別の赤い光も現れます。
なんか舞台照明の様で、本当に雲のスクリーンに踊るダンスシーンです。

ちなみにこの赤い光も過去に東京上空で何度か目撃しているタイプの光です。

今日は三浦半島イベントの報告の割り込み記事で、失礼しました。










by farmemory | 2019-10-01 01:42 | ・コンタクト | Comments(0)

**八ヶ岳の光**



c0319737_23361552.jpg

7月の終わりに避暑というには短いのですが一泊で八ヶ岳清里方面に行ってきました。

平地より5度は低いはずなのですが、東京都内が36度もあれば高原であろうとも31度。それはもう避暑とは名ばかりでした。

泊まったホテルは夜間、周辺の光が入らない大きなグランドを持っていて、星空観測なをのイベントを行っているホテルです。
でも残念な事にこの日の夜は小雨混じりで、雲があってもシップの観測くらいはできると思っていましたが雨には勝てず。

仕方ないので夜は部屋にこもっていました。

私はすぐに眠りこけてしまいましたがうちの人が夜中の3時過ぎに目を覚ましてしまったので何気なく窓を開け外を見ていたそうです。

そうしたらホテル右の方がいきなり赤くなり出し、ついで驚くような明るさの光が地上の方から光だしたそうで、それが上の画像。

画像ではうまく伝わらないのですが、かなりの明るさで画像の右に方に見える部屋の庇が明るく照らし出されています。(半円形の白い部分)

ちなみにこのホテルの周辺は住宅もまばらで、また光の方向にもこれほど光源のある場所や施設はないはずです。
あまりに明るくなって驚いていたら、いきなりなんの前触れもなく一瞬で白も赤もどちらの光もパッと消えたそうです。

画面やや左側に見える光の集まりはJR最高地点のモニュメントのあるところで、信号や踏切とそこにある建物などの光です。

あまりの出来事にかなり怖かったそうで、でも私は白川夜船。
翌朝その画像を見て「なんで起こしてくれなかったの~(涙)」

でも後の祭り。

c0319737_23362634.jpg

ちなみにこの画像は窓の正面に広がる光景です。

八ヶ岳は昔から宇宙船、スペースシップやクラウドシップが頻繁に目撃される山塊です。
今回の光も彼らの存在を伝えています。


この場所の周波数はかなり高く、自分自身の周波数を上げることにも役立ちます。
いずれここで、徹底的な瞑想会など開催できたら無~なんて思っています。


<おまけ>

c0319737_23362982.jpg

こちらの画像は地上からではなく、雲の上、遥か上空を光源とした東京上空の「光る雲」です。
東京は地上が明るいので、雲はいつも白く見えているのですが、この雲はそんなレベルの明るさではありませんでした。
びっくりの一枚です。










by farmemory | 2019-09-02 00:09 | ・コンタクト | Comments(0)



c0319737_00020753.jpg

この画像は先日山梨側の浅間神社巡りに参加された方が写された光体の光跡です。

一見飛行機雲やケム雲によく似ているのですが、それらの雲は太陽が出ていてもこれほど強く光を反射することはないでしょう。
それだけでなく、長く伸びる光跡の右側にも短い光が写り込んでいます。

また少し薄いのでご確認いただけるか分かりませんが、少し下の方に、この光跡の残像のような薄い筋が2本見えています。

彼らのシップを写した時によく見られる現象ですが、こうした微弱な光が下や横の方に映り込むことがよくあります(下の画像)

c0319737_00022051.jpg

そして、とても面白い事なのですが、どうもこうした薄い影(光の残像)の方が実態で、強い光の方はダミーのようなのです。
以前彼らへのコンタクトでそう教えられました。

今回頂いたこの画像、両方の光跡はシップたちでしょう。
しかもこの光跡は間違いなくリラシップ。

この日は「リラ」とのコンタクトを目的の一つとしていましたので、この光跡が撮影された事がなんだかとても嬉しいことです。

少し前に幾何学文様を作り出す彼らのお話をしました(下の画像)

c0319737_00023465.jpg

この幾何学文様の画像は航空機が吐き出して行くケム雲を、後ろから追いかけてきた彼らの小型シップが、そのケム雲を利用してこうした幾何学文様を作り出しています。

c0319737_00024498.jpg

ケムを浄化、中和、無毒化することは彼らスペースファミリーが常に行なってくれている「作業」の一つです。

それだけではなく、彼らは人類が意図的に行っている行動を逆手に取って、役立たせている事など知ると、なんだかとても「ウィット」を感じるのです。

今回ご紹介したこの光跡も、撮影した方への明らかなメッセージ性を感じます。

「こんにちは!今日は来てくれてありがとう」

今この光跡から聞こえてくるリラからの言葉です。

   ・

*今後イベントでの報告はサブブログ【フォロンの台所】の方でも近いうちに記事にして行こうと思っています。
でもそちらは余りマニアックにはならずにフォト日記になるかと・・








by farmemory | 2019-06-14 00:04 | ・コンタクト | Comments(0)



c0319737_23425771.jpg

何となく、元号について不意に浮かんだ思いがあったので備忘として。

昭和……火(火薬)、陰、作為、始まり、勢い
平成……不動、安定、重さ、澱み、停滞、中道
令和……冷涼、能動、変化(激変)、進化、光

   ・

さて今日の夕方、西の空を見ていた時のこと。
遠いところを一筋の飛行機雲が夕日に照らされて、オレンジ色の航跡を引いていました。

面白い事に、その航跡はあっという間に消えたり出たりを繰り返しながら西に向かって飛んで行きます。

かなり遠かったので目視で航空機を確認できませんでしたが、確信的にその航空機が「シリウス」と感じられました。
そこで「光って見せてよ」と送ったところ、まんまと遠い遠方にも関わらずビカ〜〜っと光って見せてくれました。

穴息荒く「むふふ」と思っていたら、今後はもっと近いところ。
距離にして1Kmくらい先の空中に、ややオレンジに光る「光体」がいきなり現れました。

「ウオッ!」と思い、しばらく眺めていると、その光は静止したまま輝きを増してきます。

光にメッセージ性を強く感じたので久しぶりに、その光にコンタクトを取ってみました。
その時にはすでに忽然と消えてしまっていましたが、時空を超えてのコンタクトなのですぐにつながります。

「あなたは誰?」

と聞いたところ、即座に「私はリラ」
と答えてきました。
「伝えることは何?」と促したら・・・

「リラの愛」について多くを話してくれました、そして私個人にもある重要な事を伝えてきました。
(こちらはプライベートな事なので、端折ります)

何気ない夕焼けの中で、思わずもらったリラからのメッセージ。

彼女達は今、確実に地球大気圏内に入り込んで来ています。

地質を管理するリラが、長い長い静観の時を終え、物理的に地球の地質に干渉する時となった事をヒシヒシと感じました。

地球環境、地質、地殻。
「激変」その始まりの一つなのでしょうね。

最後に「全ては未来に」と付け加えてもくれました。

今回は自分自身の備忘録としての記事なので、少しわかりにくかったかも知れませんね。
ではではまた。









by farmemory | 2019-04-04 00:00 | ・コンタクト | Comments(1)

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>


c0319737_00005701.jpg

この画像と記事は、昨日の追記となるものです。

富士山の北西側に現れた母船を目撃したのと同じ新幹線の中から写した光体です。

名古屋手前の上空にいきなり現れた、恐らくプレアデスの小型護衛艦だと思います。
500m以上の高度はあったでしょうか、望遠にして写したこの一枚だけでしたが実際はすぐ近くにもう一機滞空していました。

見かけの光度もかなり高く、この画像でも分かるように太陽光の反射ではなく自分から強い光を放っています。

新幹線の早さにピント合わせが追いつかず、写せたのがこの一枚だけでした。

プレアデスの護衛艦はある特定の場所や人々をプロテクトする役割も担っていると伝えて来ています。

そしてこの光体には明らかな意志が感じられました。
だとするとこの日私、もしくは私が乗った新幹線に乗車した「誰か」がこの光体に守られていたのだとしたらとても嬉しい気がします。











by farmemory | 2018-12-29 00:32 | ・コンタクト | Comments(0)

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>


c0319737_00274024.jpg

全ての答えはあなたの中にあります

答えを知りたければ、鏡に映る自分を知ることです

自分は何を望んでいる?
自分は何を恐れている?
自分は何を嬉しいと感じる?
自分は何をしたい?

いつでも私達はあなたのそばにいます

知りたい事があれば声をかけてください
いつでもその答えを知る ”手がかり” を残して置きましょう

でも答えを教える事はできません
手掛かりだけしか置くことはできません
それは天の決まりだからです

手がかりを得たければ

自分の足で進んで下さい
自分の思いを真っ直ぐに持って下さい
自分の声で話しをして下さい

その時、偶然を装い答えに辿り着ける手がかりを見つけることが出来るはずです

そしていつでも空に目を向けて、星々の中に一瞬光る私たちの呼びかけを知ってください











by farmemory | 2018-11-25 00:28 | ・コンタクト | Comments(1)

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



<追記>
動画の場面を少し暗くして見やすくしました。

c0319737_01531897.jpg

7月に自宅近くの上空で繰り広げられた「光の乱舞」を掲載しましたが、先日もまたその時と同じ様な光の乱舞を撮影できましたのでアップします。

前回同様シリウスの仲間達による光のロンドを見せてもらいました。

ただ全開に比べると、わかりにくいかもしれません、実際はかなり明るい光の乱舞だったのですがね。

また画面左上にあるマリンブルーの大きな光ですが、これは上空の雲に反射している代々木のdocomoタワーの青い光ではないかと思います(確信はありませんが・・)

ただ上の画像は、動画を撮った時間より少し前なのですが、ブルーの光がどう見ても下からの光が雲に写っているのではなく、上空から降りてくる光で、その下に薄雲がある様に見えます。なので確信がないのです。

見て頂きたいのは、その光の左下あたりで、クルクル動く複数の小さい光です。

一見下から上空に向けたサーチライトの様にも見えなくもありませんが、この光、よく見ていると間違いなく雲の上、あるいは雲の中にその光源がある事が分かります。

<見やすいように動画の画面を少し暗くしました>



ご覧頂くときは出来るだけ大きな画面でご覧ください。

なおマリンブルーの光は人工光の雲への反射なのですが、こちらの動画には入っていませんが、マリンブルーより右下の方に「赤い光」が雲に写っています。

こちらの方は謎です。
明らかに不思議なあ赤い光、もしかしたらこのブルーの光も反射しているのもではない可能性も少しある様にも思いますね。

念のためその赤い光も動画にしてあるのでアップしておきます。



なお7月に撮影した動画は↓です
**光の乱舞**











by farmemory | 2018-10-17 00:01 | ・コンタクト | Comments(1)

**今日の東京上空**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00091579.jpg

c0319737_00091785.jpg

c0319737_00091986.jpg


正確には昨日の早い夕方ですが、表参道方面に買い物に行った時に西の空に夥しいほどのシップが滞空していたので撮影して来ました。

明らかにプレアデスのシップとわかるシェープで、しかも一つ一つがかなりの大きさです。
間違いなくなんらかのミッション(中和作業か、エネルギー変換行動)を行なっていると思います。

この画像を撮影して、自宅に戻って来たら、かなり強い耳鳴りと重い感覚がやって来ましたので、体がなんらかの地電流変化を捉えたのではないかなと感じました。

また、同時にこのシップの出現が、少し気になる地域(地殻の変化)に関わる感覚がありましたのでfacebookの方に(限定公開になりますが)アップしておきます。











by farmemory | 2018-09-08 00:14 | ・コンタクト | Comments(1)

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00163858.jpg

前回**光が伝えるメッセージ(1)**からの続き。

上の画像が、今回クライアントさんが写された光です。

この光がクライアントさんに何を伝えようとしていたか。
実はとても深い事を伝えていましたのでそのお話をしてみたいと思います。

彼女(クライアントさん)からスマホに残した光の画像を見せてもらった時、そのメッセージを私なりに解読できました。
内容は兄妹、親族のことでした。

プライベートな事なので詳細は割愛しますが、ここのところ、現実面でも意識面でも今までの人生の中でも特に家族親族に関する思いや意識が高まっていたとお話しして下さいました。

正に今自分の中にある、意識を向けている事への答えとして光のメッセージを送ってくれたという事なのです。
さらに言えば、自分の意識が天空に作り上げたホログラムだった様なのです。

もちろん現実の光として画像に残すことができましたので、幻ではありません。
光自体はある天体の人々が力を貸してくれ、輝かせたことも分かりました。

その天体はプレアデス。
彼女の故郷の一つがプレアデスであり、地球人として生きている期間、彼女を見守りつづけていると言っていました。
でも彼ら天体の人々が直接的に手を貸すことはしませんので「助けている」訳ではないのです。

自分自身の力で全てを解決するという、能動的な意識に反応し、自分たちを「鏡」として使わせたということなのです。
また彼女の能動性(自分の足で進むこと)により、自分たちを利用してもらえる周波数に彼女が達したという事でもあるのでしょう。

物語的に説明すると、彼らプレアデスの人たちは空に彼女の意識を映し出す「鏡」をおいてくれ、その鏡に彼女の意識が反射し、それを目撃(撮影)したというストーリーです。
そしてプレアデスたちは彼女に「鏡は置くけど利用するかしないかは、あなたの意思次第だよ、自由に使いなさい」
そうも言ってくれたのです。

つまりこの光(メッセージ)は、他者から送られたのではなく、自分自身で気がつかなった自分の中にある答えを「鏡に映し出して」くれたという事なのでした。
少し難しかったかったかもしれませんが、簡単に言えばこの光が彼女の疑問への答えだったという事なのです。

実はこのお話から思うことがありまして、それは少し古い映画ですがジョディ・フォスター主演の「コンタクト」という映画があります。

その映画のラストシーンで、主人公の女性が亡くした自分の父親(実は彼女が行った別の天体の人が父親に似せた姿で現れた)に出会い語り合う場面があるのですが、まさに今回のお話にリンクする内容だったのです。
良かったらご覧ください。

映画の中では触れてはいませんが、そしてその天体こそプレアデスだったのです。

彼らプレアデス達は私たち人類に、付かず離れずの距離感を持って、過度な干渉をしないよう慎重に寄り添ってくれています。
また人類の内面変化や魂の進化を最重要と見ていますので、物理的な手助けは極力避け、自分の力で進むという人への意識面への隠れたバックアップを主にしてくれています。

スペースファミリーの力で次元を変えることはできません、私たち人類の意識進化こそが次元移行を加速させます。

今回、このクライアントさんに送られたメッセージは極めてプライベートな内容でしたが、そのプライベートな課題に答える事で彼女の内面進化は確実に進んだと思っています。

きっとこれがプレアデスの手助けなのでしょう。

先日台風12号に関する記事を書きましたが正にその内容とリンクする事でした。
**台風12号に関しての追記**

前回台風に対するバックアップをしたのはシリウスとリラの連合体でした。

彼らはプレアデスが物理的な干渉を極力避けているのに比べ、シリウスとリラは部分的に物理的手助けをしてくれています。
この点で見ると、プレアデスの次元周波数が極めて「高い」事が頷けます。

「手助けしないことが周波数が高い?」と思われるかもしれませんが、物理的な手助けには、とても微妙な部分があります。

本来私たち人類が経験する多くの体験自体、生まれる前に決めてきた人生スケジュールに沿ってやってくるものです。
そこに一方的に助けの手を出してしまうことは、助けたほうが因果律を受け取ってしまうことを意味します。

しかし人類意識であれば「助けたい」という希望や思いが浮かんでくることもあるでしょう。
でもこれ自体「助けたい」という欲望と葛藤でもあるのですね。

高次元であればあるほど「無」に近づくことを意味しますので、感情に流される事がどんどんと無くなって行きます。
しかも自分の力で全ての問題を解決してこそ、その苦しみの意味があるという「厳しい」理解自体、高い周波数を意味すると言うことなのです。

とすれば情に流され、手助けしてしまうということ自体、次元数が3次元に近いと言う事なのかもしれません。

私事ですがその解釈は理解していても、実際は情に流され感情が揺れる日々ですし人の思いに寄り添ってしまい、動揺や様々な感情が生まれてしまうこともしばしば。
まだ完全に3次元意識からは抜け切ってはいないなと思うのです。

でもいきなりプレアデス意識に到達したら、きっと精神崩壊起こしてしまうかも・・・
なので、まずは故郷のシリウス意識や深い関係を持つリラ意識に同期し、その周波数に達することを目指そうかなと思っています。

ではでは!











by farmemory | 2018-08-23 00:00 | ・コンタクト | Comments(0)

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00163624.jpg

この画像は1年ほど前に私が茅ヶ崎の沖合、プレジャーボートの上で撮影した彩雲です。
この雲には確実に意思(魂)が感じられたので、思わず撮影しました。

では今回の記事です。
先日個人セッションにお越しになったクライアントさんから興味深い光の画像を見せて頂きました。

その光もやはり神奈川県の茅ヶ崎周辺で夜間に取られたものだそうです。
自転車に乗って走っていたところ、視界に入ったこの光をいそうで撮影したとの事。

セッション中にも、他の画像をいくつか示され
「この光やクラウドシップはどんなメッセージを送ってくれているか判断つきますか?」
とのご質問。

いくつか見せて頂いたクラウドシップに関しては、日中に写されたもので、私には(このクライアントさんへの)明確なメッセージ性は感じませんでした。
むしろ多くの方の目に触れるように現れていたのだろうと感じました。

でもこの光の画像、これは明らかにこれを撮影されたクライアントさんへの個人的なメッセージとだと直感しました。
(その光の画像とクライアントさんのお話は次回アップします)

今までにも多くの方がこうしたクラウドシップや光体など目撃されたり、写されたりしている事でしょう。
神社の参拝時に写した境内の光や、何気無く風景を撮影した時に写り込んだ光の玉とか、音も立てずに飛んでいる飛行機などなど・・
その中には明らかに、個人的に撮影者にメッセージを送ってきている事もあるはずです。

ただ、往々にして、送ってくれるのは嬉しいけど、そのメッセージの内容を理解できない、なんて事多いと思います。
でも全てを理解できることは無理としても、曖昧であっても何となく程度に理解することはそう難しい事ではないと思っています。

例を挙げてみます。
先ずその光やシップが自分へのメッセージかを判断しようとしていると仮定して・・

はい、自分の判断で決めてしまいましょう。
「あの光はきっと私に何かを伝えようとしている」
そう感じたり「そうだといいな」と思ったっりした時には、自分に都合よくメッセージと決めてしまいます。

そして次に、ここ最近何か知りたいと思っていた事、疑問に思うこと、気がかりな事などなかったかを自分に問い合わせてみましょう。

内容はスピリチュアルなことであっても、日常の些細なことでもあっても、何か解決したいことなど何であれ、自分の中にある「気がかり」を思い出してみて下さい。
困ったことでも嬉しいことでも、何かにうっすらでも意識を向けていなかったか・・
そうした時期に光やシップを見たら、きっとそれが答えなんだなと判断して見ましょう。

では、メッセージなのだという判断をしたけど、ではその内容(詳細)に関してはどう理解すればいいの?ですが
これも自分で決めてしまいます。
「ああ、そうなのか。AとBの選択肢のうち、Aでいいって事なんだね」
そんな風にです。

「なんとも曖昧で、自分に都合良すぎない?」
そう思われるかもしれませんが、内なる声がそう思わせたのだと言うことを理解してください。

根拠があろうとなかろうと「そう感じた」と言う、その曖昧な判断をする自分を信じる事ができるかがとても重要なのです。

「直感や勘」それ自体とても曖昧で、根拠などあるものではありませんね。
ならばその根拠のない判断を自分自身で下すことも、自分の直感をどれだけ信じる事ができますか?、と言う「テスト」の様なものなのです。

これを続けて行く内に、それが本当だったという現実的な証明が後からやってくることもあり、自分に自信が持てる様になってきます。
これは私の経験からです。

その段階になると、そのメッセージの詳細に関して、さらに深く「感じられる」様になってきます。
良かったら試して見てくださいませ。

次回、クライアントさんに送られたメッセージに関するお話をします。











by farmemory | 2018-08-21 00:17 | ・コンタクト | Comments(0)