人気ブログランキング |



c0319737_22181255.jpg

魂が神の横、魂の座にいるときには真のワンネスであり、区別のないグレートワンとして存在しています。

そんなある日ひとつの魂が神の承諾を得て3次元の地球に転生したいと願いをだしました。

○「次は3次元の地球という世界に生まれてみたいと思います」
すると神はそれを承諾し
●「お前は何になりたいのだい?」
○「お皿になってみようと思います」
●「お皿になって何を体験したいのだい?」
○「陶工の人に土をこねてお皿〔自分の体)を作ってもらいその中に入ります」「そしてお皿になるとはどういうことなのか、人の役に立つとはどういう事かを知りたいのです」
●「そうか、それはいいね、ではしっかりお皿としての体験をしておいで」

お皿になると決めた魂は、神様の許しを得て、晴れてお皿として3次元の地球にお皿として生まれ出てきます。


さて、お皿には種類がありますね。
庶民が日常使う、民具としてのお皿。
茶の湯や、通人が大切にする湯呑や花器。
美しさや華やかさを演出するための飾りの役割を持つお皿。

それぞれに役割が違います。
お皿の魂も、きっとそれぞれのお皿がどんな扱いを受け、どう使われ、そんな思いを人間たちが自分に向けてくれるかもその興味の対象なのでしょう。

さて、お皿に入る魂と人に入る魂、私たちはそれを同じ目線で扱うには少し戸惑いがあるかもしれませんね。
「人間とお皿の魂が同等で、しかも同じ価値を持つの?!」

そう、魂自体の価値はお皿に入ろうが人の体に入ろうが、神の御座所にいる時には魂だけの存在ですので、それが等価値ということは理解できるでしょう。

でも一旦「何か特定のモノ」に入った段階で、人の価値判断でそれが等価値と受け入れるのに抵抗が生まれてしまうかもしれません。

それでもやはり魂は等価値なのです。

お皿という体験をしたいと願う魂。
人として生まれ、地球人類という体験をしたいと願う魂。

この両者にはどれほどの違いもないのです。

さて、それでもこの3次元に入る魂はお皿や人間に入る段階で、ストレートにそのモノにスルリと入るわけではないようなのです。

お皿に入るときにはお皿の、人間に入る時には人間のブースターに一旦入り込んでから、そのものに入るようなのです。

少し難解ですね。
例えて言えばこう

ある人が乗り物に乗るためにユニフォームを着るとします。

ある人はレースカーに乗りたいとすれば、レーシングスーツを着てレースカーに乗りますね。
もう一人の人は客船のクルーを選んだとすれば、船員服を身につけて乗船しますね。

こんな解釈でお分りいただけるでしょうか。
魂がいきなりその対象物に入るのではなく、その物体に入るためのユニフォームがあり、それを着て入ると言う事なのですね。

肉体・・炭素体で出来た物理的肉体(レースカー)
アストラル体・・目に見えないエネルギー体(レーシングスーツ)
魂・・本質の自分(ドライバー)

そんな感じです。

以上アストラル体を解釈する参考にしてください。

実は私たちの魂はこのアストラル体だけではなく、まるで重ね着をするようにいくつかのエネルギーを着込んでいます。
これについては少し長くなるのでまた機会を見てお話しましょう。

今自分が何に従事し、何を目指し、何をライフワークとしているか。
それによって着る制服も違ってきます。

この人生を選ぶ時、何をするためにこの体を選びましたか?
そのためにどんなユニフォームを着て、この肉体に乗り込んだのでしょうね?

   ・

先日お話ししました奈良にある「益田岩船(ますだのいわふね)」のお話しをサブブログの方にアップしてあります。
ぜひご覧ください!。


●Blog【フォロンの台所】>>







by farmemory | 2019-05-10 00:01 | ・魂とツインソウル | Comments(3)



c0319737_00091789.jpg

モノにも魂があると言うお話ですが、これを「バービー人形やDr.スランプアラレちゃんの髪の毛」をネタにお話ししてみようと思います。

生物の髪の毛や体毛は、それこそ炭素体で出来た「自然毛」ですが、バービー人形の髪の毛は石油製品を使って作られた人工毛ですね。
同じようにアラレちゃんも実際に存在していたとしたらきっと人工毛でしょう。

ナイロン製品は石油を原料に作られます。
これも炭素体である事に違いはありませんが、生命体によって作られるものではなく人工物です。

でも、今回のお話は全てのモノに魂が宿ると言うことを前提としたお話なので、生き物ではないナイロン繊維にも魂があるとして進めて行きます。

ナイロンは生き物ではないかもしれませんが、石油自体は、かつてプランクトンとしてこの地上に生きていた生命体です。
主に植物性プランクトンがメインで、これが長い時間を経て地中の奥で石油に変化しました。
(最近の学説では生物由来ではなく、炭化水素(石油)は地球の内核で放射線の作用により発生するとも言われています)

でも今回は魂のお話なので、石油の原材料はあまり問題ではありません。

植物プランクトンがアラレちゃんの髪の毛に変化する間、古代の植物プランクトンが石油になりナイロンになる過程でも、魂は宿り続けます。それをアラレちゃんの髪の毛で解釈してみましょう。


古代の植物プランクトン・・・としての魂を持っている

石油となる・・・石油としての魂に変わる(液体なので1つと言う単位では捉えられない事もあるでしょう <*注釈↓>最後にスピンオフとしてお話しします)

人類によって汲み上げられた石油が精製されナイロン繊維となる・・・繊維としての魂に変わる

一本一本が人形の髪の毛として染色される・・・素材としての魂に変わる

Dr.スランプ(海苔巻きせんべい博士)がアラレちゃんの髪の毛にしようと思いナイロン糸を買いに行く・・・ここではまだ素材としての魂は変わらない

既にアラレちゃんの体が出来上がっていて、ラボに戻った海苔巻きせんべい博士はまだスイッチの入っていないアラレちゃんの頭皮に一本一本ナイロン繊維を植えて行く・・・植えられている間はまだ一本一本に個別の魂が入っている。

アラレちゃんの髪の毛が完成し海苔巻きせんべい博士がアラレちゃんのスイッチを入れる。

今まで一つ一つ別々の魂を持った素材(髪の毛の一本一本、内臓されるモーターや歯車、人工皮膚etc・・)が「アラレちゃん」と言うAIアンドロイドとして生まれた瞬間、すべての個別の魂が融合して「アラレちゃんの魂=アラレちゃん」となって一つの魂となる。

この解釈は私たち人類にも全く同様の解釈として当てはまります。

人類の肉体は37兆個の細胞でできています、そしてその細胞ひとつひとつにも魂が存在しています。
でも「その人」のすべてである細胞は個別ではなく「その人」として融合し、概念的には一個の魂と解釈出来ると言うことです。

人間はミニマムに見れば無数の魂の集合体であり、マキシムに見れば一つの魂というパラドクス的な面も持っているんです。

アラレちゃんの髪の毛は人工毛ですが、人毛であっても同じことが言えます。

江戸時代、ある女性が自分の黒髪をとても大切にしていた。
(ここではまだ、その髪の毛はその女性と融合しているひとつの魂、その女性の一部)

でも暮らしのためにやむなくその長い髪を切り、お金に変えた。
(この段階でその女性と融合していた髪の毛は、一本一本の別々の魂として分離される)

その後その黒髪は人形職人に買取られ、市松人形の髪の毛に生まれ変わる。

女性の体から離れた髪の毛が、一旦髪と言う個別の魂に分離され、その後市松人形として融合し「お菊ちゃん人形」と言う一つの魂となって行く。
そんなお話も成り立ちますね。



<*注釈>
さて石油のような液体の魂なのですが、それをどう解釈すればいいか、なのですが。
実はこの解釈は私たちの魂を理解するのに役立つ題材なんです。

私たちは今、次元の中で、一人の肉体として一つの魂を持っていると解釈されます。
でも同時に全ての魂は繋がった存在であり、本来ば分離はしていないと言うお話もされてきました。
ワンネス意識の根本です。

これを液体として解釈するとわかりやすいのです。

人が一旦人生を終え、肉体を出た魂は「本来の故郷」である魂の帰る器の中に戻って行きます。
この器は水(魂)が張れれた一杯の水と数える事が出来ます。

でも、またこの器から一滴一滴と「魂と言う雫」が滴って行けば、その数だけの魂に分離します。

魂は大本では全て一つの器として数えられ、一旦各次元に肉体を持って生まれた時には、その数に分離して行くと言う事ですね。










by farmemory | 2019-03-16 00:10 | ・魂とツインソウル | Comments(1)