人気ブログランキング |

2019年 03月 12日 ( 1 )

**その日まで**



c0319737_23192143.jpg

魂の約束を果たしているのだろうかと自らに問う

遠い遥かな時
瞼の裏に浮かぶ碧き水の惑星

地球を目指し旅立ってからどれほどの時が経ったのだろう
幾度もの人生で私は何を見てきたのだろう

目の前に広がる草一つ生えない荒野の中
自らの心を信じここまで来た

どれほどの距離
どれほどの時間

経てども
過ぎれども

振り返る道には一雫の水もなく
向かう道には花さえ見えず

それでも引き返せないこの道

私は何者なのだろうか
何故ここに居るのだろうか

この道を一人進む事だけがその答えなのだと知る

誰も求めず
何も求めず
ただ一人黙してこの荒野を行こう

道の途中で果てるもよし
今はそれこそが一つの至福

神の御胸に戻るその日まで
必ずある栄光の地を見るその日まで








by farmemory | 2019-03-12 00:04 | ・ 詩(うた) | Comments(0)