人気ブログランキング |

2019年 02月 26日 ( 1 )

**紫色と高次元**



c0319737_01370475.jpg
この画像は金沢の白山比め神社で写したものです

神社などで何気なく写した画像に紫色の光や、靄のようなものが映ることが良くあります。
最近その頻度が上がって来たように感じています。

実はこの紫という色は次元の高い場所に現れる事が多いのです。

私たちは今、3次元を旅立ち5次元への道の途中にありますが、まだまだ完全な次元変化を迎えているわけではありません。

色で言えばまだ「半分青い」のですね。

3次元はオリオンの影響下に置かれていましたのでまだ青色から完全に抜け出ていないからです。
(オリオンカラーはマリンブルー)

紫色の光は3次元に生きる人のカメラレンズが5次元以上の高次元が現れた瞬間を捉えた画像なのです。

ただ一般的には単なるレンズのいたずらや、光学現象として扱われる事でしょう。
なので「高次元が写った」と言うと鼻で笑われてしまうかもしれません。

でもこの光が映り込んだ時、自分は少なからず高次元への道の途中、もしくは入り口に来ていると思って「やった!」と密かに喜ぶといいと思います。

「紫色が好き!」とまではいかなくても好意的な色と感じてきたら、自分の周波数状態が変化してきたからかもしれませんね。









by farmemory | 2019-02-26 01:40 | ・新次元への道 | Comments(0)