人気ブログランキング |

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>


c0319737_23550436.jpg

前回まで↓
**奈良飛鳥・十津川村玉置神社イベントの報告(1)<橿原神宮><高松塚古墳>**
**奈良飛鳥・十津川村玉置神社イベントの報告(2)<キトラ古墳>**


<鬼の俎、鬼の雪隠>

こちらの巨石2つ(鬼の俎と鬼の雪隠↑Top画像)は、共に対になったものが、何らかの事情で離れ離れになったのでしょう(距離的にはとても近くです)

c0319737_23552179.jpg本来はまな板の上に被せるように、覆われていた雪隠と言われる方の石が、転げ落ちてセパレートになったと見るのがいいのだろうと思います。
実際に計測したわけではありませんが、蓋をするような構造になっている事が分かります。

おそらく石棺に使われるために作られたものでしょうが、未使用の状態で放置されたのではないかと思います。
実際高松塚古墳やキトラ古墳、さらには遠くエジプトのピラミッドにも「石棺」は存在しています。

そしてその主な目的は文字通り「石の棺」なのかもしれません。


今回明日香村のあちらこちらにある巨石群を見て感じたのは、各地に点在する大石達をいずれ一つ所に集め組み上げ、古墳、ないしはピラミッド状の建造物を作るために切り出されたものだろうと言う事です。

それぞれの石の組成がバラバラなのも意味があり、複雑に組み上げられる事によって、石による3次元的な幾何学形状が作り上げられます。

そして石の組み方や配置などが、何らかのエネルギーを生み出す「装置」となって行く。
今回それが理解できました。

つまりこの鬼の俎と雪隠は未完成の巨石古墳のパーツという事です。

そして完成を前に何らかの理由により放置されたのだろうと思います。
その一番の理由にプレアデスを感じたのです。

善悪の意図は脇に置き、ある目的で作られようとしていた古墳やピラミッドを途中で放棄した理由にプレアデスが深く関わっていたこと。
しかも巨石を担当したのは明らかにシリウス文明で、その双方になんらかの理由があったのではないかと思うのです。

石舞台古墳の後に伺った酒船石にその答えがあるように思います(石舞台古墳と酒船石の回に記事にします)
いずれ全てが集められて完成した時には、ピラミッド状の建造物、もしくは土塁を被せた古墳が出来上がっていたと思われます。


<亀石>
c0319737_23554488.jpg

民家の横にひっそりとおかれた亀石。なんとも愛らしい石像です。

伝説では古い時代にこの地で激しい水争いがあり、それが原因でたくさんの亀が犠牲になってしまったために後年その供養のためにおかれたとの事。
また今頭が向いている南西方向から西北西方向の当麻に頭が向いた時に奈良盆地は泥沼にあるとの伝承もあるそうです。

これは恐らくこの石を動かしてはならない、更にはこの下を掘り起こさせない為の作話でしょう。(と言っても人がスコップで掘り起こせる様な深さではないでしょうが)

この「亀さん(と言うかカエルにも見えますけど)」に手を置いてみると若干のバイブレーションを感じましたが、それはこの石像が発する振動ではなく明らかに地中にその発生源があるように感じました。

何が埋まっているか?
皆さんも考えてみて下さい。
答えはプレアデスに聞け、という事ですね。

意味深・・・


次回に続く











by farmemory | 2019-01-16 00:16 | ・イベントメモリー | Comments(0)