2018年 12月 26日 ( 1 )

**駄々っ子対処法**

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>


c0319737_00310518.jpg

次から次にデタラメを仕掛けてくるこの世界。
まるで駄々っ子。

「自分が一番、自分の言う事を聞かなければ暴れるぞ!いつでも僕を見て、いつもおだてて!」
と言ってゴネている聞かん坊。
まるで地べたに寝っ転がって手足をバタバタしている子供の様です。

理屈もへったくれも無く辻褄だって合う事ないデタラメをしまくって
「自分が自分が、お山の大将!」って騒いでいる子。

それをなだめるためになんでも言う事を聞く親になりますか?、
同じ土俵に引きずり上げられて怒りあらわに叱りつける親になりますか?

それとも気が収まるまで聞く耳持たずに放っておきますか?
自分の気を引こうとしている駄々っ子相手に、どう対応しましょうね?

もう一つ。
ある一部の世界は追い詰められて来ているとします。

起死回生を掛け、人々が生み出す暴力と怒り、不安と絶望のエネルギーで自分達にとって「居心地のいい世界よもう一度」と目論んで喧嘩を売って来ています。

その喧嘩、買いますか?
その喧嘩、買いませんか?

買うも買わぬも、自分の世界。

買えばその世界に。
買わなければその世界に。
それぞれの時空間に「自分」は進む事になるような・・・

でもどんなに駄々っ子だって、この世界から「摘出・排除」する事が答えでしょうか。

全てこの世界(宇宙)は自分が作り出した、自分を反映する世界。

とすれば、排除を願えば自分自身をも排除してしまう事になっちゃう。

ダメな自分に気がついた時・・・
頭抱えてイヤイヤをしながら「自分はダメだダメ」の言葉を繰り返して終わりですか?
それともそんな自分から自分を進化させようとしますか?

駄々っ子が自分の事をしっかり見つめて自分が何をしてきたかを理解し、成長してくれたらそれに越したことは無いですよね。

この世界は自分の想念が作り上げたものであるのなら、排除ではなく進化を願う事すなわち自分に向ける慈愛でもあるのかも・・


そして様々な「なにそれ???」を繰り返す各政府を見れば、国を信じ従う時代は終わり始めた事を嫌でも突き付けられます。

もしかしたら政府自体、それを国民に知らせめるための「反面教師」を知らず知らずの内に自ら担っているのかもしれませんね。

「もうそろそろ外に助けを求めて生きるのではなく、すべて自分の意思と責任で生きましょう」
そんな天の意思を代弁しているのかも・・・

これから先信じるのは自分、自分の身は自分で守る時に入って行くでしょうがそれさえも新しい次元のありようではないかと思います。

でも自分で自分の身を守るという事を西部開拓時代のように銃を必要とするような物騒な事と不安に思う事はないでしょう。

未来は自分自身の行いによって作られて行くので「身を守るのは自分の意識と行い」なのだという意味なのです。

さらなる高次元は、人のために生きるとか自分は生かされていると言う当たり前の基本を持って向かう場所なので、そんな事をさも大切な事のようにいちいち口にする次元ではありません。

ですから自分の責任で生きるということに何の不安もないと思います。
因果律の適応は今後さらに強くなって行くのですから。

そんな感じ~










by farmemory | 2018-12-26 00:35 | ・新次元への道 | Comments(1)