2018年 11月 01日 ( 1 )

**蓼科で紅葉狩り**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00573587.jpg

長野の蓼科の紅葉がピークとの事で出かけてきました。

最初、茅野から蓼科に向かう途中にある「自由市場」にちょっと寄り道、かなり大きな市場で地元の食材がたっくさん売られています。

c0319737_00574592.jpg

今回は道の駅巡りじゃないので、買い物を自粛してリンゴとラ・フランス、でっかい椎茸、ブロックベーコンだけで済ませました。
(車の時は気をつけないと、後で後悔するくらいあれもこれも買ってしまうのでいつも叱られます)

とにかく店内が面白いので1時間くらいあっという間に過ぎてしまいますが、今回は目的が違うので早めに済ませました。
その短い時間に見つけた面白食材。

c0319737_00574174.jpg

ジビエのオンパレードです。
熊、ウサギ、猪、鹿、ウズラ、今回は馬肉が有りませんでしたがあまりの珍しさに興味津々でしばらく立ち去れませんでした。

特にここにある猪ジン、鹿ジンは長野に本社がある山肉専門店の「肉のスズキヤ」のオリジナル商品だそうです。(どちらもジンギスカン用の味付けがしてあります)

自由市場の後さらに寄り道して尖石遺跡と与助尾根遺跡に立ち寄りました。

c0319737_01095917.jpg

こちらは紅葉真っ盛りの与助尾根遺跡です、ここはとても地場エネルギーが強く綺麗な光がいつも映り込みますね。
その後に国道を跨いで向かいにある尖石遺跡で動画撮影。



日が落ちてからまたここに戻って、夜間撮影したら面白いものが写りましたので最後にアップします。

そしてようやく本命の紅葉へ。
「御射鹿池(みしゃがいけ)」と「蓼科湖」

c0319737_00573987.jpg

流石に有名どころ、どちらも綺麗でした~

・・・

紅葉狩りを終えて、日が落ちてから再度尖石遺跡の広場に星を見に行きました。

あたりは懐中電灯がなければ歩けないほど真っ暗。
さすがに八ヶ岳の北西斜面、晴れ渡った空にはミルキーウェイもはっきり見える満点の星空でした。

寒さに震えながらも上空を見ていましたら、時間をおいて連続で2機、明らかに擬態航空機と思しき光が頭上すぐ近くを飛び去ります。

機体下部には衝突防止灯の点滅もなく、前方から飛んてくる翼の両側にも赤と緑の航空灯もなく、オレンジ路の光が機体下部に一つだけ。

直上の低高度をほんの申し訳程度の爆音らしき音を「流し」ながら西から東に飛び去って行きました。

そのオレンジ色の灯火はオリオンのシップでしょう。
挨拶代わりの儀礼飛行と取っておきました。

さて最後にこちらの画像。

c0319737_00574740.jpg

上空に向けてコンデジのオートフォーカスで任意の空間にシャッターを切ったら写り込んでした赤い光です。
オーブの様な小さな光ではなく、かなりの大きさでこの鮮明さ。
エネルギー体、もしくは意識体でしょう。縄文を抑え込んでいたオリオンのエネルギーだと思います。
液晶画面には全くこの光は見えませんでした。

そしてこちら。

c0319737_00574909.jpg

これは水平方向にカメラを向けて、やはり任意にシャッターを切った一枚に写り込んでいた、やはり赤い光です。
後で確認して初めて気が付きました。
上の画像とは違い、自らかなり強い光を発しています(だぶって見えるので2体いるのかもしれません)

こちらもやはりオリオン由来の光体だと思います。

赤い光の右にもうっすらと白い光がありますが、これも何かははっきりとは分かりません。

この他にも、目に映るものは無いものの、かなり様々な意識体を肌で感じました。
霊的なものでは無いことは明確で「宇宙の人」をビリビリ感じました。

と言う写真日記でごじゃりました。おしまい。











[PR]

by farmemory | 2018-11-01 01:07 | ・今日の日記 | Trackback | Comments(2)