2018年 07月 24日 ( 1 )

**アンドロメダとペガサスの唄**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_01160336.jpg

遠い遠いはるかに遠い昔

アンドロメダの姫君は
強い意志と強固な鎧で身を包み
右手には剣
左手にはペガサスの手綱を握り

天翔ける羽ある白い馬に跨り
天の意思と地の願い
それを胸の奥に抱きつつ

気が遠くなるほどの旅の果て
ようやく地球に降り立ったあの日から

数え切れない日々を終え
数え切れない朝を迎え

時にジャンヌダルクと名を馳せて
時に巴御前の名を借りて

アンドロメダを離れたその時に
自らに向けた誓約と希望
その成就の時は今

長い戦いの幕も降ろされます

剣を花束に持ち替え
鎧をドレスに着替え

あの日自分に誓ったこの星の喜びと希望
そのラッパの音が空に鳴り響きます

幾千万の光の戦士を連れて来たペガサスは
天翔ける白い雲に姿を変え
全ての光の使者たちを見守っています

時には龍になり
時には鳳凰の姿を借り
静かにあなたの側に寄り添います

空を見上げてみましょう
そこに浮かぶペガサスの勇姿を

そしてアンドロメダの姫君が
今新たな願いに生まれ変わる時がやって来ました











by farmemory | 2018-07-24 01:16 | ・ 詩(うた) | Trackback | Comments(2)