2018年 06月 14日 ( 1 )

**今日のお便り20180614**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00520175.jpg

クライアントさんからこんなお便りをいただきました。
この内容は思い当たる方も多いのではと思い、記事にしてみました。

   ・

<お便り>一部抜粋
何年も前から動けとのメッセージを何度か受け、その都度自分とちゃんと向き合わず「私がしなくてもいいはずだ」と言い聞かせ、
見ようとしない、聞こえているのに聞こえていない……いつかしないといけないと心の奥底では解っていても、したくない。
本当に伸ばし伸ばしにしてきました。
恐かったんです。今ある生活が壊れるのが。

(自分にもたらされるメッセージが)どのような存在からか……私はそこにとてもこだわっていました。
もしかしたら、神のふりをした(ネガティブな)存在かもしれない。
その存在が、私を使おうとしているのかもしれない。
そんな疑いがずっと心にありました。

**リラと温泉(2)**にあったような答え合わせをしようとしているのは重々承知なのですが、
フォロンさんはどう思われたのかが知りたいのです。


<返信>
今の生活、今の家族は幻の家族ではなく、あなたの魂が決め、それぞれの魂と約束をして来た家族です。
自分自身が生まれる前に決めた自らの使命のために、家族となった筈です。
そうであるなら、自分の使命を全うするその力にもなってくれるという事です。

「使命」という言葉に振り回されずにいてください。

そして、むしろ間違いを経験しなさいとさえ思います。
でも、きっとそれは失敗でもなんでもなく、先に進むその道なのです。

自分を完璧なものであろうとすることはむしろ執着に近い事なのです。
過去世で多くの過ちを犯したその経験と贖罪が、今のあなたを萎縮させているのかもしれません。
また過去の一時期、自分の心に従って行動した事で、大切な何かを失った経験を持って居るのかもしれません。

使命を持って現世に降り立った人に共通することは、過去世で多くの悪と過ちを犯し、また厳しい経験をしてきた事です。

そしてその轍を踏みたくないと強く思い、そして好ましくない事を身を以て体験してきたからこそ今の自分がここにいるのです。
だからこそ、人の心の痛みを理解し、今自分に出来ることは何かを知るのです。

それなくして今の自分はいないのだと言う事を理解し、自分への労いと癒しを向けてください。

過去世は覚えていては不都合な事さえあります、遠い昔に終わった出来事です。
そして過去世を思い出す必要があるなら、覚悟を持って自分の過去の行いに対峙してみるのもいいでしょう。

でも、あなたは今何を願って生きているかを忘れないでください。
怖くても、立ち上がって自分の使命に素直に従いたいと願っています。

それならば事の善悪に振り回されるのではなく「自分を偽らないその道」へ進むことを願ってください。

頭や耳に聞こえてくる荘厳な声が、どこからくるかを知るよりももっと大切なこと、そしてシンプルなことがあります。
その声を受け取った後、ハートの奥に温かいものが感じられるかが何より重要な判断基準です。

その声を静かに聴き、その後で自分のハートチャクラがどう動いたか、どう感じたかを感じ取ってください。

「胸に聞く、ハートに問い合わせる」
それを癖のようにして身に付けておいて下さい。

あるメッセージを必要とした時、受け取ろうとした時。
それを文章にしたいとか、誰かに伝えたいとか思えば、言葉や文字として理解して行く必要もあるでしょう。
その時、高次元の存在は言葉や文字、ビジョンとして「頭の中」に送ってきてくれます。

なぜなら言葉や文章は脳が働いて表現することなので、そうするのです。

しかし自分の中だけでの理解や、ヒントでもいいという時は、彼らは言葉や文字を使いません。
ハートチャクラにダイレエクトに「感覚や感情」として直球で投げてきます。

私も先日のコノハナサクヤ姫とのコンタクトの後、自分自身のハートに聴きました。
「ねぇ、自分のハート、姫の言葉どう思う?」

ハートは何も答えませんでした。

その代わり、胸の奥がものすごく熱くなり、こみ上げる温かさや愛されていると言う強いリアリティを感じました。
私はそれを受け、そのコンタクトの内容を記事にしました。

この先、さらなる高次元を目指す人であれば相応の試練を迎えて行くし、すでに迎えている人もいるはず。
でもその試練は他者とは共有できない、自分だけのハードルです。

使命という言葉が先行してしまい、大切な日々をおろそかにしてしまうことの無いように自分のペースでお進みください。

   ・

以上です。










[PR]

by farmemory | 2018-06-14 00:52 | ・ライトワーカー | Trackback | Comments(0)