2018年 04月 29日 ( 1 )

**土の香り**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00132421.jpg

私たちは生きるために食事をします。
カロリーを主に食品から取っているわけです。

これは栄養学の面から見れば当然のことです。

でも私たち生物は、実はこの体を維持するために食物をとっているだけではなく、肉体の一つ奥の階層である意識体にもエネルギーを送らなければならない生命体なのです。
こちらは科学的な食品成分とは、また別の「見えないエネルギー」のようなものです。

日々私たちは食物からカロリーを摂取していますが、それと同時に生産者や流通、小売の方達の生産品に対する思いが、見えないエネルギーとなって消費者に届けられます。

消費者に健康と喜びを寄与できることを嬉しく思う生産者の方の産物には、とても高いポジティブエネルギーが含まれます。

「地産地消」は、自分が生まれた地域の「土」から生み出された作物を口にすることを言います。
体も作物と同じで、その土地の土で自分ができているのですから、その土地の作物を口にする。これが地産地消の意味なのですね。

ですから、例えば作物を水耕栽培で育てると、その中に含まれる化学的な栄養素は取り入れることができても、見えない方のエネルギーは残念ながら届いてはこないことになります。
何故なら野菜たちが心地よいと感じる、最重要の「土」に触れていなからです。

これは利潤だけを目的とし、狭い畜舎に押し込めてただ太らせ続け、生涯太陽を見ることなく絶望の中で生きている畜産動物たちも同じでしょう。

逆に広い草原で自由に草を食べ、直に「土」に触れ、走り回っている彼らには日々の絶望は存在していません。
同じように生産者の方たちが、より良いお肉を消費者に届けたいと願いながら、大切に育てられた食肉にも当てはまります。

日も当たらない畜舎に押し込め薬品漬けにされながら、まるで無菌室のような過度な清潔環境で育つ畜産動物たちは、化学実験と同じ環境下と感じてしまいます。

同じように水耕栽培の植物は、本来土に根を生やし育つべき所、化学実験のように工場生産されるわけで、そこには健全な植物が持つエネルギーがとても少ないと思うのです。

畜肉という点では、少し興味深い事があります。
今私たちが口にする牛肉、等級があってA5ランクの和牛が最上とされています。

この牛たちは配合飼料をもとにした人口の餌を口にしています、特に穀物でしょうか。
自然界にある牧草を口にするより多く、穀物や人工飼料を口にした牛の肉は、人間の口に合うように「作られた」お肉ということになります。

さて、こうした脂ギッシュな「メタボ牛」とは対照的に、牧草地に自由放牧をして、主に生で新鮮な牧草を口にする牛の肉とは明らかに違います。

私が和牛で育ったからかもしれませんが、自然飼育をしている牛(例えばOZビーフやアメリカンビーフ)達は、明らかに牧草臭く、和牛に比べるとその差を感じます。

でも、野菜で見ると全く逆なのですね。

路地植えの自然農法で作られた旬の野菜は、ハウス栽培や水耕栽培で作られた工場生産の野菜に比べとても味が濃くて野菜本来の美味しさがあります。(アクも多いですけど)

これを牛に当てはめると、あら不思議。
自然に育てた牛より、人工的に育てた工場生産のような牛の方が美味しい。

自然界で育つ野菜をおいしいと感じ、自然界で育てられた牛はイマイチ。

もしかしたらこれ、一つの答えなのかもしれません。
つまり、本来人類は肉食に向いている生物ではないのかも、と言う答えです。
或いは地域によって肉食向きの体と菜食向きの体があるのではないかという事です。

私たち日本人はあまりに強い獣臭には弱いかもしれません。
でもアフリカやアラスカ、北極地域やアマゾンなど、野生動物を日常食とする人たちにとっては、その獣臭はむしろ食肉の「香り」として受け取っている筈です。

この点で見るとその地域の方達が獣臭を臭いと感じる事が無いのは、むしろ同じ地域に生きる野生動物(野生というエネルギーも同時に)を必要としているからなのでしょう。

私の体験からですが、高次元の存在達とのコンタクトレベルを上げたいと願うのであれば、ビーガンをはじめとする菜食至上主義がその近道と言うことには少しの違和感があるのです。

ボルネオの奥地でプリミティブな暮らしをする狩猟採集民の人たちは野生動物を口にしながらも明らかに「植物や動物たちとの会話」が出来ます。
では都会の中で菜食主義に徹し、ヘミシングミュージックを聴きながらお香を焚き瞑想をしていたら、彼ら同様植物や動物たちとお話ができるようになるのでしょうか?

これも私の体験からですが、食材に対して慎重になる事は健康面ではとても有用でしょうが、感知機能やコンタクト能力にはそれ程の違いを見せる事は無いように感じています。

むしろあまりにも過度な食材への偏重は自分自身の中に、反対する食材への「否定意識」が生まれてしまいます。
しかも、自分自身は肉食をしたいと思うのに、それを無理やり自制し、知識と教育だけの判断で菜食に走ると、そこには自分では気がつかないうちに蓄積して行く「ストレス」が生まれてしまうこともあります。

このストレスは、気が付かないうちに精神的に強いイラつきをもたらしてしまうこともあります。

更には、それが高じて他者への過度な攻撃的否定意識が生まれてしまっては、それはもう「ネガティブ意識(エネルギー)」を自分の中に生み出していることになり、肉食か菜食かの議論以前のお話になってしまいます。

それよりも、それぞれの食材がどう言う状態や環境下で、生産者の方がどんな思いで育てているのかと言う事に意識を向けた方が、よりその食材が持つエネルギーベクトルを知る事にも繋がりますね。

肉食も菜食もどちらも否定されるべきものではなく
「もうお肉は要らない、食べたくない、こっち(お野菜や果物)の方が美味しくなった」
そう自分の体が伝えてきた時、その声に従うことが何より自然で、ストレスもなくナイスな判断と思います。

畜産動物たちの意識に関しては、また別にお話しする機会もあると思いますので今回は省きますが、肉食自体を天は決して否定してはいません。

それは何度となく高次元の方達のメッセージとして受け取り理解しています。
そして彼らはいつも「土」を大切に「土」と共に生きる事を勧めてくれます。
野菜もお肉も魚も「本来生きる場所で育つ食材をぜひ口にしましょう」そう教えてくれます。

ちなみに私たちが向かう高次元(すぐ先の5次元程度でも)では、食事からカロリーを取らなければならない肉体から、直接プラーナエネルギーを摂取できるように徐々に変化して行くでしょう。
そうなった時、私たちは「食」そのものからの卒業を迎える事になります。

食材に関してどれほどの解釈があろうとも、今回のお話は3次元だけでのお話という事になりますね。

都会に住む人にとっては土に親しむ機会は少ないでしょう、でも「土」を想う事は出来ます。
土臭いと言うことの意味を今一度確認して行きたいと思います。


ではでは!










[PR]

by farmemory | 2018-04-29 00:24 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(0)