2018年 02月 26日 ( 1 )

**雪と水**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00173569.jpg

冬季オリンピックが無事に終了しました。

夏のオリンピックもそうですが、自分がやったことの無い競技は今ひとつ興味がないのであまり見ませんでしたが、スキーのアルペン競技だけは若い頃結構本気でやっていたので数少ない放映チャンネルを探し回っていました。

その頃、夏はもっぱら海で遊んでしましたけど、冬になると先日噴火した白根(草津スキー場)でスキースクールのアシスタントや旅館に泊まり込みでアルバイトしながら、アルペンコースでしごかれていました。

なので、今回もスラロームや、GS、スーパーGなどアルペンの全競技を見たかったのに、その種目の放映が少なかったので残念でした。

オリンピックは派手なイベントですし、メダルに関わる選手や競技種目に注目が集まってしまうのは仕方ないでしょうね。

でもアスリートにとってはメダルを取る事だけが華ではなくて、むしろメダル候補ではないからと目を向けられる事なく、静かに帰国した選手たちにも拍手を送りたいです。

で、今回は雪山のお話。

私は元来「水」のないところにあまり興味を引かれず、海や湖、川の畔などに行くと、とても心和みます。
それは私がシリウスという天体に暮らしていたからだと思います。

シリウスAの第3惑星で、そこは陸地のほとんどない水の惑星でした。
その中で生きて来ましたので、美しい水や透明度の高い深い水を見ると、もう無性に飛び込みたくなってしまうのです。

子供の頃スイミングスクールに通っていたり、大学の頃は弓道部に在籍しながら隙をみてはサーフィン三昧な事もあり、根っからの「河童」です。

でも夏の草原や、山にはあまり興味がなく、大人になってオフロードバイクで一人キャンプに行く時でも必ず湖や川のあるところを選んで行っていました。

中でも諏訪湖にはよく行く機会があって、30代の中頃でしたか初夏の頃、一人湖畔で夜の諏訪湖を眺めていた時、いきなり目も開けられないほどの強い光が差し、その後数十分間の記憶がないと言う経験があります。

その時の消えた記憶はそれからしばらく時間が(10年ほど)経って、脳裏にビジョンとして浮かびました。
真っ白な光の空間の中で、硬質のベッドらしきものに寝かされている光景です。

ただ、この光景は実際に経験した事であっても、肉体の自分ではなく、意識体の自分が別次元の故郷(シリウス)の人たちから、体のメンテナンスを受けている事をビジョンから理解したのです。


さて、内陸や山、草原にはあまり心惹かれないのですが、雪山だけは心浮き立つのですよね。

なんでだろうと思っていたのですが、ある時不意にその理由がわかった事がありました。

当たり前ですが夏の山には雪は有りません。
でも冬になれば山には雪が積もります。

そう、雪=水、なんですね。

なので雪の上でのスポーツ競技も、海と同じくらい好きなのだと理解出来ました。
逆に雪のない夏山のエネルギー(山の気)は、嫌いではないのですが時にむせ返るような「圧」を感じて、落ち着かなくなる事も有ります。

冬に雪に覆われる山(全てではありませんが)は高い確率で、夏はプレアデスのエネルギーが滞空し、冬に雪に覆われるとシリウスが台頭してくる場所があります。
その中に石川県の白山があります。

私には過去世(江戸初期頃)加賀前田藩の藩士として生まれ、馬廻役(うままわりやく)として雪中鍛錬をしていた記憶があります。

この時代、この地で過ごした私にとって切なくも温かい想いもあるので、特に金沢には親近感があります。
(この時代、私は自分の死の記憶が無く、妻をめとって直ぐに忽然と彼女の前から消えてしまった不思議な過去世を持っています)

初めて金沢に行った時、おきまりの観光ポイントを巡るのにも不思議と観光案内の地図を1回目にしただけで、概ね金沢の地図が頭に入りました。

もともと地図を読むことには抵抗はないのですが、これほどまでにスルッと頭に入るのは、過去世の記憶とリンクしていたのでしょうね。

皆さんもご自分が興味を持つ様々なことから、自分の過去世や、遠い古代に故郷の天体からこの地球にやってきた目的を知る重要なヒントがその中に隠されているものです。

そんな意識を持って「興味を引くもの」に意識を向けて見ると面白いと思います。












by farmemory | 2018-02-26 01:19 | ・前世のお話 | Comments(3)