お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



先日名古屋でのオリオン開放イベントの報告です。
少し長くなりますので何回かに分けてお話しします。

今回のイベントは最近のイベントワークの一つである「オリオンの解放と帰還」を中心として行ってきました。
まず最初は名古屋の大須観音での参拝と開放ミッションを行いました。

c0319737_01054672.jpg


この観音寺には今年6月に一度足を運んでいますが、その時には浅草の待乳山聖天のような重さを感じ、しかも心の奥に眠る人の持つ「悲しみ」にダイレクトに反応したため、かなりヘビーでした。
観音寺はマリアと同じ慈母のエネルギーを持つ神域なのですが、この寺は人の辛さの中の、特に「悲しみ」に寄り添い癒す力を持っていつとを感じたのです。

観世音の見えない慈母に引き寄せられ、特に愛するものたちとの間の悲しみ(別れや戸惑い)を持つ人たちが多く参拝に来られたのだろうと思います。
その思いや願い、祈りが「重さ」をもたらしてきたのでしょう。
でも時空の変化に伴い、人々の中にある悲しみが徐々に緩和され、その受け皿となっていた観音寺がその役割を終え始めたのだろうと思います。

ところがそれから3ヶ月後の今回、伺ってみるとそのかるかのあまりの変化に拍子抜けるほどでした。

前回伺った時には、自分の中の悲しみが表に現れた事で浄化を受けたことを実感したのですが、今回はその浄化が進んだということなのでしょう。

そしてもう一つ重要なのは、オリオンとの関係が強いこの寺もまた、「オリオン帰還」を受け、その役割を静かに終えつつあるということがわかりました。
その寺に開放ミッションのため伺ったことがなんともタイムリーでした。

その日の午後に今池で4時間ほどの勉強会、そのあとの夕食に「名古屋といえばひつまぶし」を皆さんで堪能してきました。

c0319737_01054333.jpg


私は関東人なので、鰻は蒸しと焼きとで仕上げた江戸前の鰻がいつもの定番なのですが、初めて頂いたひつまぶしがとても美味しくて感動でした。
ネギや海苔、ワサビなどを添えた鰻のなんとも美味しいこと。しかも出汁でいただくお茶漬けもうっとりでした。
うまうま。

そして夕食後、市内のど真ん中、大須観音に近い夜の白川公園でのコンタクトワークを行ってきました。

次回はそのお話です。









by farmemory | 2017-09-27 01:07 | ・イベントメモリー | Comments(1)