人気ブログランキング |

**次元変化のありよう(お便りから)**



c0319737_22401873.jpg

次元変化を物語る様な、とてもキュートで面白いお話をお送りいただきましたのでご紹介します。
あまり解説はいらないと思います。
皆さんもこんな「些細な」次元変化、体験されて居るのでは?

   ・

おはようございます。
昨夜、タクシーで運転手さんが違う道右に行こうとしたから、ちがいます!次の信号渡って一つ目の路地左です!と伝えた。
ちゃんと周りを見渡してたはずが、
いつもの光景と違っていて、??となりました。あれ?私が間違えたのかな?けど、運転手さんが間違えた場所から正しい場所までは、そんな距離ないけどな、それに道見ながら案内したけどな?
なんだか知らない場所になっていて、
運転手さんにもきまずくなり、何食わぬ顔で
ここで降ろしてくださいと言って降りましたが。疲れてタクシー乗ったのに、知らない場所につき、
歩いて更に疲れました。
あれは、なんだったんだろ?と思います。
あんな簡単な道案内間違えるはずはないし、
風景もみてたのに、一瞬にして見たことない場所についていました。

   ・

フォロンさん、おはようございます。
不思議なのですが、10日の土曜日から時間が止まっています。
ん~、止まっているというか、土曜日の感覚に戻されるというか。
時間とか曜日とかの概念がますます超曖昧になっていっています。
そして、13日の朝にミラクルが起きました!!!
10日のワークショップから帰宅してしばらく寛いで
フォロンさんにメールを送ったあと服を着替えようとしたら
その日着けていた大事にしているクリスタルペンダントがなくなっていることに気付いたのです。
いつどこで落としたのか全くわからないし探すアテもないし
何よりわたくしは起きた出来事に対してアッサリしているので(笑)
ま、こんなこともあるよねと素直に受け入れました。
そのペンダントはわたくしの望む場所へと運んでくれるサポート役として
わたくしのもとに来てくれていたのです。
ペンダントはなくなってしまったけれど、
唯一無二の存在には変わりがないのだから大丈夫、エネルギーでちゃんと繋がっているから。
って前向きに考えました。
そしたらですよ!
13日の朝、毎朝のワークが一通り終わって書斎から離れようとした時に
な、な、なんとわたくしの書斎の椅子の上にペンダントが乗っていたんです!!!
3日間は全く気付かなかったのに。
というか、椅子の上にはなかったはずです。
なんだか時空を越えた気がするのです。
ペンダントとの繋がりをもっともっと信じます!

   ・

いかがでしょうか?
気のせいだよ!
そう言われてしまえば反論することもめんどくさくなる内容かもしれません。

でもこれ、とても象徴的な次元変化(次元変化は物がなくなったり現れたり、記憶の混乱や思い違いのようなでき度と)なのです。









名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by farmemory | 2019-09-17 00:00 | ・新次元への道 | Comments(0)