人気ブログランキング |

**何もしていない時間の重要性(1)**



c0319737_23541703.jpg

今自分は何もしていない、しようと思っても自分が何をしていいのかがわからない。
または自分がしたいことが何なのかがわからない。

そんな事ありませんか?

そんな時に是非今回の記事を参考にしてみて下さい。


自分の行動に対する責任をしっかり真っ直ぐに持って正しく生き、しっかり熟考し・・・
ではなくて責任感とか正義感とか、人の迷惑になるとか考えずに行動する事を試してみましょう。

誰かに頼まれたからとか、だれかのために生きるとかそういうややこしい事も棚の上に放り投げて、自分は何を希望しているの?
と自分にいつも聞く癖を着けるといいです。

そうしているうちに、自分が何を希望しているのか
何がいらないことなのかが、うっすらと分かって来るかもしれません。

また人の目に流されることもなく、善悪・優劣・白黒に心奪われることなく本当に自分が何をしたいのかがわかって来ます。

そしてその答えが
「今は何もしないでだらしなく日々を送りたい、それが希望だと自分が言っている」
そう答えがかえってきたら、それに従ってみると良いでしょう。

自分を信じるとは、そうした自分の中から帰ってくる感覚や思いに従うことを言います。

何もしない時間が「何も生み出さない時間」とは限りません。
何もしない時間が、見えないどこかで何かを生み出すその準備をしている事もあります。

そんな重要な時期に、何もしていな事に不安や自分へのダメ出しをして、無理やり自分が望まないような行動をしてしまうと、せっかく何かを生み出そうとしている重要な時間を無駄にしてしまう事もあります。


何かをしなければ、そう焦って行動してもそれは自分の希望とはかけ離れてしまうかもしれません。
時には ”待つ”事も必要なのです。


今の自分がどのような状態であっても、本当の自分(深層自我)は必ず先に進む準備をしています。
そうしている自分に信頼を向けて下さい。

その時、自分の道を歩いていることに気がつくでしょう。

そして何より「心の声を聞いて暮らす事」がいかに大切かにたどり着いたら(理解できたら)何よりラッキーな事なのです。








Commented by kumi at 2019-07-24 14:34 x
ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by farmemory | 2019-07-24 00:01 | ・意識の自立と進化 | Comments(1)