人気ブログランキング |

**沖縄(5)**



<ノートルダム寺院の火災に寄せ>

ノートルダム寺院の火事は驚きました。
フランスの方々にとっての心の拠り所であった寺院の火災はそれはもう大きな衝撃であった事とお察し申し上げます。
そのお悲しみは如何許りのものであった事でしょう。

同じく古くからの寺社を持つ日本人として、その思いは伝わって参ります。
まずはお見舞い申し上げます。

なんでも屋根の改修中ゴブリン像(ガーゴイル像=悪魔の像)を一時取り去った後に火事になったとかという声もあるそうです。
このゴブリン像は、日本の寺院の「水煙(すいえん)」と同じ役割を持ち、火事から寺院を守る力を持つと言い伝えられているそうです。

ノートルダム寺院は「悪魔」に守られていたんですね。
それを取り払った途端、火事になったのであれば・・何を物語っているのでしょう。

今フランス、そして世界は見えない「何か」が確実に動き始めたのかもしれません。
そうであれば、もちろん高次元の未来に向かって。



c0319737_00252705.jpg

前回からの続き。
**沖縄イベント(1)**
**沖縄イベント(2)**
**沖縄イベント(3)**
**沖縄イベント(4)**
今回で沖縄シリーズの最終回です。

<久高島>
翌日2日目は本島の東に浮かぶ「神の島・久高島」に参りました。

安座間港から出ている高速船に乗って15分ほどで久高島に接岸します。
(4-2)この日は前日のような快晴ではなく、雲の多い1日でした。

時折パラパラと雨に降られることもあったのですが、龍神の住む神の島。雨は「歓迎」の印ですので、大変快く島巡りができました。

まず港に着いてすぐ唯一のレストラ「とくじん」さんへ。こちらではウミヘビ「イラブー汁」が島の名物ということでしたが、全員怯み、お魚の定食をいただきました(笑)


そのあとに、島巡りの観光ガイドの方に車でお迎えに来て頂き、島中に点在する「祈りの場」を案内頂きました。

c0319737_00474108.jpg

上はイシキ浜とハビャーン。

遥か洋上彼方にあるというニライカナイから、白い壺に入った「五穀」が流れ着いた場所とされる浜辺。
そして沖縄人の祖先(または琉球開闢の祖・アマミキヨ)が上陸した浜。


これは余談なのですが、日本の神話や仏教概念では、神々は西からやって来たとされています。
また楽園は西方浄土としても語られています。

これはまさしくシュメール・ヘブライからやって来たアトランティスを起源とする「弥生」の流入を神話化したものと思われます。

ところがここ沖縄では、琉球開闢の祖・アマミキヨは遠く東、海の彼方らやって来たという伝承が残っています。

弥生は西から、では東から琉球に来た文明は?
もうお分かりの方もいるでしょう、それこそ太平洋の真ん中にあった「ムー」という事なのですね。

その名残は今でもこの久高島に残っています。
この島にとどまらず古代琉球の神事を司るのは女性の神職ノロがおられ、また人々の生活に寄り添い先祖への祈りを捧げる方。

そう、つまり沖縄では女性が神により近いという、至極当たり前の意識が今も残っているのです。
同じ縄文も「女神信仰」は明らかな事。

これはムーを色濃く残す琉球だけではなく、ミクロネシア太平洋の島々でも女性崇拝は今もしっかり根付いていますね。
筆頭はハワイ島の「ペレ」でしょう、リラの女神としてハワイを守っています。

今回私は男性として久高島に渡りましたが、その女神の島での僕として縄文の解放のお手伝いをとの意識を持って向かいました。

この3次元においても女性の周波数は相対的に高く、だからこそかつて中世ヨーロッパで行われた魔女狩りやこの世界の女性蔑視を受けたとも言えるのです。

縄文はムーの人々と同義なのです。

本土ではその縄文を弥生が武器と貨幣を持って侵略し平定したのです。

しかし北の北海道とここ琉球は近年まで、その侵攻を受けずに済んでいたのです。しかし明治政府の開拓政策と太平洋戦争により、ついに北海道と琉球の縄文は陥落したと思っていました。

しかしこの久高島に来て、少なくとも琉球はそれが違っていた事が分かりました。

本島の斎場に神社が建てられ、米軍の上陸作戦で多くの傷を受け、縄文は封印されたかに見えました。
しかしここ久高島は、陥落していなかったのです。

東からの神を今でも信仰する琉球、まさに縄文がしっかりと守られているという事をこの島に来て知ることができました。
なんとも心強いことでしょう。

今沖縄は多くの怒りと不安を巻き起こそうとの作為に翻弄されているかに見えますが、本来の琉球はその程度のことではビクともしない「ムーのエネルギー」に満ち満ちていたのです。


久高島イベントは縄文への労いと再起動(リスタート)を願うのが目的でした。ですので各場所の御嶽(うたき)の細かい説明は割愛します。

ガイドの方はとても親切に多くの祈りの場をご案内くださり、その場所その場所の意味とエネルギーを嫌という程感じてきました。

また詳しい聖地(ポイント)は、港の観光ガイドパンフレットにある通りですので、今回は何を感じ、何を知ることができたかをメインにお話しして参りましたのでご了承ください。

最後に久高島とその他の画像を少しだけアップしておきます。

c0319737_00200189.jpg

c0319737_00251768.jpg

c0319737_00365317.jpg

c0319737_00365511.jpg

c0319737_00365889.jpg


以上5回にわたりお送りして参りました「沖縄イベントの報告」を終えます。
長くお付き合い下さいましてありがとうございました。

近日中に奈良でのイベントの報告もいたしますのでお待ちください。
ではでは。










名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by farmemory | 2019-04-17 00:53 | ・イベントメモリー | Comments(0)