人気ブログランキング |

**ライトワークの種類5(レイラインコーディネート)**



c0319737_21572852.jpg

ライトワークの種類の記事を続けます。
前回からの続き。
**ライトワークの種類1(プロローグ)**
**ライトワークの種類2(ライトプロバイダー)**
**ライトワークの種類3(トランスレート-1)**
**ライトワークの種類4(トランスレート-2)**


<レイラインコーディネート(レイラインの管理・調整・補修)>

例えば神社回りや、パワースポットなどを巡りながら、そこに流れるレイエレルギーの流れを調整したり、滞りを調整したりするワーク。
また古代にかけられた土地への封印を解いたり、現世的な意識によって凝り固められたエネルギースポットを氷解したりする活動です。

よく「その地に光を下ろす」などと表現される事もありますが、そうした一連の活動もその範疇です。

多くの場合寺社に行き、願いをかける人たちは概ね「今の自分の不具合の解消やその状態からの脱出」を願ってお参りします。
これは、自分自身のネガティブエネルギーをその場所に投げ捨てに行く事を意味してしまい、逆にその場所をさらに不健全にしてしまう恐れもあります。

本来、寺社などのパワースポットは地球の神経節のある場所ですので、そこを健全に保つことで地球自体が健全に保たれ、さらなる高次元を目指す次元移行へと繋がって行きます。

そうした大切な場所に為政者や権力者達は寺社を建てさせ、人々の煩悩・執着、ネガティビティーを捨てに来させ、その地を不活性化させる目的を持っていました。

でも寺社という建物自体にはもちろん悪意も作為もありません。
そこに人類がエゴな願いを放り込みネガティブを持ちよらせた真の意味は、地球の次元移行を出来る限り止めたい、引き伸ばしたいと願う一部の作為者によって行われた「逆神事」だったのかもしれないのです。

もしかすると建てた人達自身はネガティビティに関する事は理解してはいなかったかもしれません。ただ自分の価値観によってその場所のエネルギーベクトルも変化して行きます。

建立者自身の人生が3次元的意識(煩悩や執着)に入り込んでる事を承知の上で自分自身を正当化するための免罪符としての行いか、威厳を見せつける事で自分の承認欲求を満たそうとしたのか、自国だけの安泰と繁栄を願っての事か。

それとも国家や一地域ではなく、この地球全体の意識の解放や覚醒、次元上昇を願って建てたのか。
これらも寺社の持つエネルギーベクトルに関わる事と思うのです。

レイラインコーディネートは寺社にかけられた重しや封印を解く事で、本来の「光の寺社(エネルギースポット)」への復帰を促すのがこの種類のワークです。

方法やメソッド、ノウハウはありません。

作為的な事実を理解し「お疲れ様でした、もう役目を終わりにして、自由になってください」そう問いかけるだけで十分です。
むしろ「物・儀式・呪文」などは古い3次元的行為なので、むしろ今後不要(無意味)になって行く筈です。

行く時には自分自身のエネルギー状態に少し意識を向けてみてください。
「健全」な状態でその場所に挑んだ方がより効果的だからです。

ただあまり過度に自分の状態を意識しすぎ「行くかどうかを迷う」必要はないと思います。

なぜなら自分自身のエネルギー状態があまり良くなかったり、自分自身に悪影響が出るような時には、どんなに行こうと思っても自分のハイヤーセルフが何らかの方法や理由をつけて強制的にキャンセルさせる筈だからです。

仮に、その場所に行った事で体調に影響が出たとしても「参拝に行った」のはハイヤーセルフが止めなかったと言う事です。
その不調にも必ず「意味がある」ことで、失敗ではないと言う事になります。

またこうした場所に単独で行くかグループで行くかも、選ぶ必要はないでしょう。

私たちライトワーカーは常に孤高で、単独行動が基本です。
しかし、なんとなく集まったグループで行く事になったとしても、それもやはり意味があり、複数の別々のエネルギーが複合的にリンクし合いながら効果を上げると言う事もあるからです。

また古い(前世からの)縁や約束がある場合、自然とその約束の通りに何人かが集って来る事も有るからです。

ただ、その場合、そのワークが終了した時、そのグループはそこで解散となり、同じ意味合いの行動は二度は行われない一期一会の「その時だけ」の集まりとなります。
それが例え、よく知る同士がまた何度か集まったとしても、その時のその集まりの意味は前回とは全く別の意味を持ち、別の効果(役割)があります。

グループであってもチームではない。

「群れない、仲間意識を過度に持たない、排他的にならない、強い使命感を持たない、自分の言葉や意識を他者に押し付けない、違うものを否定しない」
そういう集まりであるかを確認してみましょう。

レイラインコーディネートは、散歩の時に見かけた小さな祠にさえ有効ですので、ぜひ覚えておいて下さい。










名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by farmemory | 2019-04-03 00:04 | ・ライトワーカー | Comments(0)