人気ブログランキング |

**バービーとDr.スランプアラレちゃん**



c0319737_00091789.jpg

モノにも魂があると言うお話ですが、これを「バービー人形やDr.スランプアラレちゃんの髪の毛」をネタにお話ししてみようと思います。

生物の髪の毛や体毛は、それこそ炭素体で出来た「自然毛」ですが、バービー人形の髪の毛は石油製品を使って作られた人工毛ですね。
同じようにアラレちゃんも実際に存在していたとしたらきっと人工毛でしょう。

ナイロン製品は石油を原料に作られます。
これも炭素体である事に違いはありませんが、生命体によって作られるものではなく人工物です。

でも、今回のお話は全てのモノに魂が宿ると言うことを前提としたお話なので、生き物ではないナイロン繊維にも魂があるとして進めて行きます。

ナイロンは生き物ではないかもしれませんが、石油自体は、かつてプランクトンとしてこの地上に生きていた生命体です。
主に植物性プランクトンがメインで、これが長い時間を経て地中の奥で石油に変化しました。
(最近の学説では生物由来ではなく、炭化水素(石油)は地球の内核で放射線の作用により発生するとも言われています)

でも今回は魂のお話なので、石油の原材料はあまり問題ではありません。

植物プランクトンがアラレちゃんの髪の毛に変化する間、古代の植物プランクトンが石油になりナイロンになる過程でも、魂は宿り続けます。それをアラレちゃんの髪の毛で解釈してみましょう。


古代の植物プランクトン・・・としての魂を持っている

石油となる・・・石油としての魂に変わる(液体なので1つと言う単位では捉えられない事もあるでしょう <*注釈↓>最後にスピンオフとしてお話しします)

人類によって汲み上げられた石油が精製されナイロン繊維となる・・・繊維としての魂に変わる

一本一本が人形の髪の毛として染色される・・・素材としての魂に変わる

Dr.スランプ(海苔巻きせんべい博士)がアラレちゃんの髪の毛にしようと思いナイロン糸を買いに行く・・・ここではまだ素材としての魂は変わらない

既にアラレちゃんの体が出来上がっていて、ラボに戻った海苔巻きせんべい博士はまだスイッチの入っていないアラレちゃんの頭皮に一本一本ナイロン繊維を植えて行く・・・植えられている間はまだ一本一本に個別の魂が入っている。

アラレちゃんの髪の毛が完成し海苔巻きせんべい博士がアラレちゃんのスイッチを入れる。

今まで一つ一つ別々の魂を持った素材(髪の毛の一本一本、内臓されるモーターや歯車、人工皮膚etc・・)が「アラレちゃん」と言うAIアンドロイドとして生まれた瞬間、すべての個別の魂が融合して「アラレちゃんの魂=アラレちゃん」となって一つの魂となる。

この解釈は私たち人類にも全く同様の解釈として当てはまります。

人類の肉体は37兆個の細胞でできています、そしてその細胞ひとつひとつにも魂が存在しています。
でも「その人」のすべてである細胞は個別ではなく「その人」として融合し、概念的には一個の魂と解釈出来ると言うことです。

人間はミニマムに見れば無数の魂の集合体であり、マキシムに見れば一つの魂というパラドクス的な面も持っているんです。

アラレちゃんの髪の毛は人工毛ですが、人毛であっても同じことが言えます。

江戸時代、ある女性が自分の黒髪をとても大切にしていた。
(ここではまだ、その髪の毛はその女性と融合しているひとつの魂、その女性の一部)

でも暮らしのためにやむなくその長い髪を切り、お金に変えた。
(この段階でその女性と融合していた髪の毛は、一本一本の別々の魂として分離される)

その後その黒髪は人形職人に買取られ、市松人形の髪の毛に生まれ変わる。

女性の体から離れた髪の毛が、一旦髪と言う個別の魂に分離され、その後市松人形として融合し「お菊ちゃん人形」と言う一つの魂となって行く。
そんなお話も成り立ちますね。



<*注釈>
さて石油のような液体の魂なのですが、それをどう解釈すればいいか、なのですが。
実はこの解釈は私たちの魂を理解するのに役立つ題材なんです。

私たちは今、次元の中で、一人の肉体として一つの魂を持っていると解釈されます。
でも同時に全ての魂は繋がった存在であり、本来ば分離はしていないと言うお話もされてきました。
ワンネス意識の根本です。

これを液体として解釈するとわかりやすいのです。

人が一旦人生を終え、肉体を出た魂は「本来の故郷」である魂の帰る器の中に戻って行きます。
この器は水(魂)が張れれた一杯の水と数える事が出来ます。

でも、またこの器から一滴一滴と「魂と言う雫」が滴って行けば、その数だけの魂に分離します。

魂は大本では全て一つの器として数えられ、一旦各次元に肉体を持って生まれた時には、その数に分離して行くと言う事ですね。










Commented by こん at 2019-03-18 08:18 x
こんにちは。
こんなコメントをしても良いのかわからないのですが。。。

人の一つひとつの細胞がばらけて、雫になったことを想像してみました。
それぞれの雫に、魂と意識があるとしたら。。。
肉体をもったとき、前世ってなんなのでしょうね。

小さいものも、大きいものも、すべての本質が集合意識と繋がっているっていうのは、おぼろげにわかるのですが。

カルマや前世っていうのは、表現することばの言い回しだけで、本当はそんなものないのかな、なんて思うこともあります。

もちろん、それ以上は私にはわからないので、もう、そっとしておくしかないのですが。

ところで、細胞一つひとつが方向を見失ったら、体はパニックでしょうね。
統制してくれている何かに感謝しちゃうなぁ、と今回の記事を読んで感じました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by farmemory | 2019-03-16 00:10 | ・魂とツインソウル | Comments(1)