人気ブログランキング |

**エンパスについてほんの少し**



c0319737_23211442.jpg

エンパスという言葉の解釈ですが
「受けやすい体質」「憑依されやすい体質」「ネガティブエネルギーに対する過剰反応」そうした解釈をする事もあるでしょう。

でも本来のエンパス体質とはこの地球上(3次元)での学習をしっかりしてきた人、その卒業を目前にしている人を意味するのです。

例えば
「ネガティブな人の側に行くと、その重さに自分自身が絡め取られてしまいます」とか、
「誰かを助けたいと思うあまりその人の苦しみや痛みを自分に受け入れてしまう(代行してしまう)」
と言うような解釈は本来のエンパスでは無いのです。

受けやすくネガティブなエネルギーに纏わり付かれる事をエンパスとは言いません。
それは「憑依体質」と言い、自分自身のバリアに穴が開いたり、薄れてしまった状態です。

私たちは楽園と言われていた苦しみのない地球から自分たちの意思で、重く辛さを感じる地球を願い、そこでしか知ることの出来ない様々な煩悩や執着を身を以て体験するためにここに生まれて来ました。

ただ「修行」などという自己犠牲を強いる苦行などではなく、その苦しみというものの本質を知り、そこから生まれてくる感情を知ることにありました。

それらの苦しみが何からくるのか、なぜ人はその苦しみを辛いと感じるのか、さらにはその苦しみを知る事によりその対極にある喜びや幸せを知ることでもあったのです。

エンパスはそうした痛みを体験する事で、人の痛みを知る事を言います。

この次元に生きると言う事は、究極の恐れである死と隣り合わせに生き、いつかは朽ち果てる体と付き合いながら人生の終焉まで向かう事です。

ただ、3次元での過酷な日々の中で、たとえこの宇宙に自分一人しかいない(*注釈↓)と知ってはいても、辛く悲しく痛みを感じる時に、その辛さを理解してくれる人の存在は何よりの救いとなります。

エンパスとは、幾度もの人生を経験しながら、たくさんの痛みを経験してきた人の優しさや、暖かさなのです。

上辺だけのおべんちゃらや綺麗事を並べ立てられたり、薄っぺらでトンチンカンな応援ソングを耳元で歌われるより、同じ痛みを知る人の存在が何より癒されると言う事はお分かり頂けると思います。

本来のエンパスとは人に寄り添い、痛みを理解し、手助けを極力慎重にしつつも、相手の厳しさや痛みを心底理解できる人こそが本当のエンパスなのです。

何も出来なくても、何も持っていなくても・・・
エンパスの人の存在こそが、今の地球と次の次元に向かう人々の本当の救いになって行く事でしょう。



(*注釈)一人しかいないと言う意味は、個別に体験しているこの世界は一人一人の宇宙であり、自分を取り巻く全ては全て自分が作り上げているホログラムだという意味です。











Commented by リラ紫 at 2019-03-09 00:38 x
この解釈のエンパスなら、そうでありたいと思いますし、喜んで受け入れられますね。
( ^_^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by farmemory | 2019-03-09 00:00 | ・意識の自立と進化 | Comments(1)