**サウジアラビアの草原とお花畑**

お便り・お問い合わせ>>宇宙からの歌声HP>>facebook>>


c0319737_23394357.jpg

サウジアラビアでの異常降雨の後に、砂漠が草原化、お花畑化しているという報道がネットでもたくさん上げられていますね。

c0319737_21195765.jpg

c0319737_21195328.jpg

この現象、確かに今までにない光景なのでしょう。

すでに南米の世界一乾燥していると言われるアタカマ砂漠でも、このような光景が広がっている事を多くの方が目にしてきていると思います。

c0319737_21200493.jpg
こちら↑は「アタカマ砂漠」

さて、この緑化は今までになかった異常気象によりもたらされた訳ですが、実はエジプトを含む中東の砂漠は、遥か古代には雨もたくさん降る湿潤な土地てあった事を、いくつかのリーディングによるビジョンで見てきていました。

エジプトも、北アフリカも、このサウジもエデンと言われた時代まで遡れば(この時代は人類の歴史書には記述のない太古です)たくさんの果実を実らせる美しい緑の地で、透明な冷たい水の流れる幾つもの河川や湖があり、動物たちもたくさんの種類がおびただしいほどの数生息していました。

また川には網で救えば、一回で何十匹という川魚が取れる、それまもう楽園の様な土地でした。
まさにエデンそのもので、人々は生きるための労働も不要で、食物は手を伸ばせばいくらでも手に入る夢のような場所でした。

しかしある時、人類は自らの意思で、この楽園を去る事を決意しました。
なぜなら魂の進化という点では、楽園に生き続ける限り頭打ちとなって進化が止まるという事を理解したからです。

そのため人類は、過酷な環境の中で、様々な厳しさを受け入れ、その結果としての進化と変容を受け取る道を選んだのです。

そしてオリオンが天の名を受け、地球に辺境や局地と言った厳しい環境を作り出し、同時にヘブライを使い金融というもう一つの不条理を人間世界に作り出させ人々に苦界を提供する事となりました。

エジプトと中東で始まった乾燥化は、実はこのエデンの終焉のためだったのです。
そして天の意思を代行するオリオンとシリウスは、高いテクノロジーでこの地を砂漠化しました。

すると人々は餓えの苦しみを知り、今まで人類が経験したこともない「耕作」を発明し、小麦の栽培を始めたのです。
作物の栽培はナイル川の氾濫がもたらす恩恵により始まりましたが、一方水のない乾期も生み出しました。

「季節」の始まりです。

そして変化を始めた季節は気候の偏りも生み出し、人類は作物、穀物を貯蔵する術を身につけ、それが現在の農耕に繋がって行きました。

しかし耕作は、その先に生まれる「持つ者と持たざる者」という貧富の差を生み出す事となり、ここにまた新しい人々の苦悩が始まりました。

今もその片鱗を、食料自給率と食料による安全保障という食べ物を「武器」とする国際情勢に見る事が出来ます。

さて、私は古代エジプトに生きていた記憶がかなり鮮明にあります。
しかもシリウス人のハイブリットとしての肉体の中に入って生きていた記憶です。

その時代は、今のエジプトや中東が湿潤な気候から乾燥化して行く端境の時でした。
そして主にオリオンのテクノロジーを使い、急激な勢いで乾燥化して行く光景を目の当たりにしてきました。

その後、地球は人類の悲願である「体験学習の場」に変容して行きます。
それから長い長い、遥かに長い年月を、人類は鎖を足にはめるように過酷な歴史を生きてきました。

しかし、その砂漠化の時、人類とその体験学習の場を作り上げてきた地球外生命体たちは天からの一つの約束を受け取っています。

過酷とも言える人類の歴史が行き着いた時、人類はその体験学習を卒業し、3次元という世界から次の次元である5次元への旅に出るという約束です。

その約束の中には、
・本来湿潤だった地を緑に返す事。
・偏った地球の環境を平均化する事(気温や気象、降雨や乾燥など)

と言う遠大な約束が含まれていました。

   ・

さて、今サウジアラビアが、思わぬ自然現象によりほんの少しですが緑化されました。
そして今まではっきりと四季があった地域の環境が変化し、明確な季節感が薄れて来たことなど。
これらは「約束の時」のメッセージなのででしょうか?

そして、昨日フランス大手の自動車会社取締役会長兼、日本の自動車トップ企業の会長職(パワーエリートの一角?)が逮捕されましたね。
これは、様々な場所で「ほころび」が起こり始めた一つの現象なのでしょうか?











[PR]

by farmemory | 2018-11-21 00:05 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29859593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aita peapea at 2018-11-21 20:02 x
ラクダさんがお花畑の真ん中にいる画とか凄いですね!!ラクダさんは月の砂漠を黙々と歩いているという固定概念しかなかったので、衝撃!
いくつか前の記事の高速道路云々も分かり易く、成る程ねと納得し、感覚的に次元上昇を少しだけ理解したつもりでいたのですが、こうやって視覚的に示されるとうーーん、なんも言えねぇ。
ラクダさんもにっこり微笑んで、いいですねー!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。