**神田巡り(将門塚・湯島天神)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_23453519.jpg

前回、前々回からの続き。
**神田巡り(鰻編)**
**神田巡り(神田明神編)**

神田明神の後、地下鉄で大手町に出て将門塚に詣でることにしました。

新御茶ノ水から大手町まで一駅、しかも出口も近く直ぐに将門塚につきました。
地下鉄を降り塚の反対側の出口から交差点を渡りつかまでの間き、いきなり将門から(確信がありました)

「なぜ今まで来なかったのだ?待って居たぞ」

とダイレクトにハートチャクラに呼びかけがあり、腰を抜かすほどの驚きでした(こんなにびっくりした事はついぞなかったことかと・・・)
なんだか怒られたような厳しさもあり・・

考えてみれは東京生まれ東京育ちの自分が、なぜ今まで将門公のところに来なかったのか、なんとも不思議な事です。

今までに何度も「伺おう」と思いながら、一度として足が向くことがありませんでした。
でも今回は、お連れさんと待ち合わせた後に思い付きで決めたことで、計画なしだったのです。

さて敷地前に来ると、何やら参拝(観光?)の方が10名ほど、ツアコンの人が小旗を持ってみなさんを引率していました。

その人たちが帰ると、塚は誰一人いない、静かな場所になります。
(とは言ってもこの塚を取り囲むように高層ビルを建設中なので「閑静」とはとてもいい難かったですが・・)

敷地は思いの外狭く、でもよく整備され、掃除も行き届いていて将門公を思う方達の心が伝わってきます。

こちらは将門の「首」を祀った場所で、線香の煙が絶えず上がっています。

心鎮めて、ガラス張りで保護された石塚に向かって意識を向けていると

「分かっている事と思うけど、長い時を超えて漸く此処に立った言う事は、君自身の時空間の扉が開いたことを意味するのだよ」
「では、覚悟はいいね?」

と、やはりダイレクトにハートに投げかけてきました。
長い時、というのは私がこの時代に生を受けた時間などではなく、何度かの転生の中でという意味の「長い時」言う事は直ぐに理解できました。

c0319737_23453712.jpg

さて、
では何を、どう覚悟しろと将門は伝えて来たのでしょう?
それに関しては明確な答えは返って来ませんでした。

ただ、私の感覚では、決して悠長な時間はなく自分自身の意識を中心に、世界の意識の流れが行き着く所まで来た、と言う事なのは理解できました。

この世界は一人一人の宇宙が一つずつ絡み合って複雑なリンクを形成してはいますが、それでもやはり各個人の時空間(時間の経過スピードや現象の内容)は、一人一人の魂が体験する個別の時空間であることには違いありません。

その時空間(私自身)の流れが止まるか、時間そのものが崩壊し、最後の3次元の残されたカルマの上昇と噴出が起こるという事だけは確信できました。

それが大きな自然現象として現れるのか、社会的に巨大な変化となって現れるかはよくは分かりませんでした。
(感覚的には何らかの自然現象が先で、それに引きずられるように社会体制が激変してゆく、そんな感じです)

覚悟がいいか?という問いかけは
「今後何が起ころうと狼狽えない覚悟ができたよね?」
なのでしょう。

そう言われると、かなりドキドキはしますが、それを避けようとか、逃げようとかは思わなくなって来ている。
それが自分自身の覚悟なんだろうなと感じたのです。

もし縄文の回帰と、その縄文を超えさらなる次元への移行を目指したいと思われたのでしたら、一度将門公の塚に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
何かメッセージ受けるかもしれませんよ。

短い時間でしたが、結構集中していたようで、お連れさんが既に塚を離れようとしている事に気がつき、慌てて我に帰り次の目的地に向かう事になります。

江戸城大手門近くでタクシーを止め最後の目的地「湯島天神」に向かいます。
久しぶりに伺った湯島天神でしたが、なんだかここも随分と重さや威厳が抜けてしまって、単なる観光スポットになりつつあるなと感じました。

c0319737_23453995.jpg

入試必勝や試験合格という願いが書かれた大量の絵馬自体が、意図的に作られた偏差値社会と権威を象徴する3次元の残渣を感じてしまいました。

そしてそれを担当していたオリオンの帰還にあわせ、その役割を終えて来ているのだから、天神様のこの軽さがあるのだろうなとシミジミしたのでございます。

帰りがけに男坂下にある湯島聖天に立ち寄って女性性の解放と復権を願って参りました。
そしてその隣にある甘味処で白玉ぜんざいを頂き今回の神田巡りの幕となりました~~

c0319737_23454277.jpg










[PR]

by farmemory | 2018-10-11 00:08 | ・今日の日記 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29788955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みゃ。 at 2018-10-11 20:05 x
時々ふと「思えば遠くへ来たもんだ」と、しみじみ思います。(武田鉄矢はおいといて~)
それが、ここ何十年か生きてきた今生のことというよりは、長~い道のりを歩いてきて、後ろを振り返って見た時のような…。そんな感じがするのです。
おそらく、特派員としてこの地球で生き死にを繰り返し、幾度となくこの世の不条理を味わって、その経験、感情をリポートしてきたのでしょうね。
「いつまで頑張ればいいの?」と空を見上げて涙した夜も沢山ありました。(今でも時々息切れするけど)
そのつとめが、そろそろ終わりに近づいているのでしょうか?
だったらいいなあ。
覚悟?
ばっちこいです!!(* ̄∇ ̄*)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。