**小渕沢・八ヶ岳イベントの報告(2)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_01295639.jpg

前回からの続き。
**小渕沢・八ヶ岳イベントの報告(1)**

この八ヶ岳の地は無数の縄文の遺跡や遺構が点在する、日本でも稀に見る縄文天国と言われています。
確かにこの地域は「最後の縄文」の地であったのは間違いありません。

しかし・・・
2年前にも同じ八ヶ岳の山麓である茅野で縄文の解放ワークを行ったのですが、その時と同じような深い悲しみと、痛みと、重さを感じたのです。

かつて日本のエデンであった縄文は弥生に蹂躙され、その地を明け渡したという経緯があります。
大陸から半島を渡り九州、中部地方から日本に侵入してきた弥生は、怒涛の勢いで本州を東進して来ました。

ところが南アルプスと、この八ヶ岳で、その進撃が止まります。
自然の盾となった南アルプスと八ヶ岳、そして縄文が命がけでこの地を死守したためです。

そのため弥生は作戦を変え、半数が北に向かい松本から糸魚川沿いを通り日本海に出て、そこから海路日本海を北上し津軽に上陸。
このルートは、まさに過日糸魚川での大火災のあった場所で、縄文の封印解き(血による争いのカルマの清算)と繋がったと思うのです。

そこから今度は南進し、この八ヶ岳で挟み撃ちにし縄文を殲滅しました。
その戦いのビジョンを私もスキャンしてみた事があるのですが、とても悲劇的な場面でした。

またさらに少数の弥生は津軽海峡を越え北海道にまで足を伸ばし、石狩湾にも上陸を果たしています。
ちなみに小樽で生まれたというソーラン節がヘブライ語で解釈出来るという話からも。その軌跡をうかがい知ることが出来て興味深いです。

しかし北海道では函館、小樽周辺を別として、全道に弥生が根付くことがありませんでした。
何故なのかな?
と思って意識を集中してみたところ、とても面白い答えが返ってきました。

アイヌの人々は本来の日本人として縄文を受け継いで生きて来ました、その文化はまさに自然と一体となって生きるというライフスタイルです。

そしてアイヌの人々は、遠くネイティブアメリカンと同じ意識を持ち、万物には全て魂が宿るという考え方を持ち暮らしていました。

だから北海道に住む全ての生き物は自分たちともワンネスの関係であるという意識を持っていたわけで、その中でもヒグマも神として崇めていました。
同じようにエゾオオカミも犬神として畏敬を持ち、共に暮らしていました。

c0319737_01071344.jpg

彼ら動物たちもまたアイヌの人々を共に生きる者たちであると理解していた筈なのです。

そこに人間優位(第一)の概念を持った弥生が踏み込んできたのです。
そのため自然のバランスが大きく崩れ、彼ら動物たちは人間と敵対する「野獣」となって弥生人達に襲いかかったと思われます。

流石に神としての力を持つヒグマととオオカミ達には手を焼いた事でしょう。

さらに、万物に魂が宿り、全てが天のシナリオに従い繋がっているという生き方をするということは、土地も山も森も、冬の厳しさ(気候)さえも魂を持った者として共存するということであり、そのバランスを崩す意識を持った弥生には北海道という生命体がNGを突きつけたのだろうと思うのです。

こいうして北海道は江戸・明治に至るまで縄文の意思を継承するアイヌ文化が守られてきたのだと思います。

そんなことを思っていた時、これと同じことが琉球(沖縄)でも起こったのではないかと感じました。
弥生が縄文を駆逐し、逃げ延びた縄文は北海道と琉球に追いやられたと言う話は誰もが知ることです。

沖縄の方言とアイヌの方言に幾つも共通するものがあることもまた、大変に興味深いものです。

そして琉球に追いやられた人々は、熊や犬神に変わりハブの毒に守られ、高い精神性を持つ沖縄という生命体もまた北海道と同じ力を持ち、弥生を容易に近づけなかったのではないかと思うのです。

因みに北アメリカに住んでいたネイティブアメリカンの人々が、白人文明により崩壊に追いやられたのも、時代の違いはあれど、ネガティブを願う人類たちの総意によってもたらされた事なのだろうと思うのです。

新天地を求め海を渡って来た西武開拓の本来の(深い裏の)意味は、この辺りにも有るのでは?と思ったりもします。


縄文と弥生のお話はもう少し続きます。











by farmemory | 2018-09-20 01:30 | ・イベントメモリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29752219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。