**Goodbye Mama (Aretha Franklin forever)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



台風21号への呼びかけが少し効いたのでしょうか。21号君もかなりしっかりした意思表示を示したと思っています。
「どんなに手出ししようと、私達台風はもうコントロールされないよ!」そんな声が聞こえ来るようです。

台風本体はこれからやって来るので、21号君が今後どう変化するのか静かに見て行きたいと思います。

<追伸>

台風21号は人工的なコントロールから外れてはいると思いますが、特に人口の多い近畿圏を通過するコースとなっていますので「できる限り被害を抑えて」と伝えようと思います。
よろしければ皆様もお願いします。


昨晩八ヶ岳のイベントから戻りましたが、午後から彼の地はどぴーかんの大快晴。風もなく暑いくらいでした。
こちらの報告はまた後日、コレという画像は余り撮れませんでしたが、2日間で体験した事はのそれはもう「不思議で面白い事」満載でした。
そちらはまた後日。

   ・

さて、今日は全く私的な日記でごめんあそばせ。
c0319737_23372584.jpg
左のアルバムが私が一番初めに買ったアレサフランクリンの「Love All The Hurt Away」もちろんLPレコード、擦り切れるんじゃないかと思うほど聴きまくりました。


◆ 8月16日に天国に行ってしまったアレサフランクリン、その追悼式が先日ありましたね。

76歳、まさかこんなに早く旅立つとは!

彼女は、私が大学生の頃聴きまくったゴスペルの「グレートママ」でした。
父親が牧師、母親がゴスペルシンガーという、絵に描いたような履歴の彼女

でもそんな事どうでもよくって、ハートの奥底にどしんと来る彼女の歌声はどんな評価も不要な事。
ソウルシンガー(クイーンオブソウル)として活動していたとは言え、私にとって彼女は本当のゴスペルシンガーです!

キング牧師とアレサフランクリン。
公民権運動を陰で支えた彼女の歌は、アメリカの良心そのものだったかもしれないな~って、そんな事思うんです。

そんなアレサと言えばこの曲「リスペクト」




でも私が何より好きなのは映画「ブルースブラザース」でのコレ!



たまりません。


地球は新しい次元を目指し進んでいます。でも古い地球で人々が泣き悲しみそして喜び合い支え合った日々も決して忘れることはないでしょう。

あなたはその幸せと切なさを教えてくれました。
さよならママ、私はあなたを忘れません。

今日は極めて個人的な日記で失礼しました。











[PR]

by farmemory | 2018-09-04 00:03 | ・今日の日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29723656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。