**光が伝えるメッセージ(1)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00163624.jpg

この画像は1年ほど前に私が茅ヶ崎の沖合、プレジャーボートの上で撮影した彩雲です。
この雲には確実に意思(魂)が感じられたので、思わず撮影しました。

では今回の記事です。
先日個人セッションにお越しになったクライアントさんから興味深い光の画像を見せて頂きました。

その光もやはり神奈川県の茅ヶ崎周辺で夜間に取られたものだそうです。
自転車に乗って走っていたところ、視界に入ったこの光をいそうで撮影したとの事。

セッション中にも、他の画像をいくつか示され
「この光やクラウドシップはどんなメッセージを送ってくれているか判断つきますか?」
とのご質問。

いくつか見せて頂いたクラウドシップに関しては、日中に写されたもので、私には(このクライアントさんへの)明確なメッセージ性は感じませんでした。
むしろ多くの方の目に触れるように現れていたのだろうと感じました。

でもこの光の画像、これは明らかにこれを撮影されたクライアントさんへの個人的なメッセージとだと直感しました。
(その光の画像とクライアントさんのお話は次回アップします)

今までにも多くの方がこうしたクラウドシップや光体など目撃されたり、写されたりしている事でしょう。
神社の参拝時に写した境内の光や、何気無く風景を撮影した時に写り込んだ光の玉とか、音も立てずに飛んでいる飛行機などなど・・
その中には明らかに、個人的に撮影者にメッセージを送ってきている事もあるはずです。

ただ、往々にして、送ってくれるのは嬉しいけど、そのメッセージの内容を理解できない、なんて事多いと思います。
でも全てを理解できることは無理としても、曖昧であっても何となく程度に理解することはそう難しい事ではないと思っています。

例を挙げてみます。
先ずその光やシップが自分へのメッセージかを判断しようとしていると仮定して・・

はい、自分の判断で決めてしまいましょう。
「あの光はきっと私に何かを伝えようとしている」
そう感じたり「そうだといいな」と思ったっりした時には、自分に都合よくメッセージと決めてしまいます。

そして次に、ここ最近何か知りたいと思っていた事、疑問に思うこと、気がかりな事などなかったかを自分に問い合わせてみましょう。

内容はスピリチュアルなことであっても、日常の些細なことでもあっても、何か解決したいことなど何であれ、自分の中にある「気がかり」を思い出してみて下さい。
困ったことでも嬉しいことでも、何かにうっすらでも意識を向けていなかったか・・
そうした時期に光やシップを見たら、きっとそれが答えなんだなと判断して見ましょう。

では、メッセージなのだという判断をしたけど、ではその内容(詳細)に関してはどう理解すればいいの?ですが
これも自分で決めてしまいます。
「ああ、そうなのか。AとBの選択肢のうち、Aでいいって事なんだね」
そんな風にです。

「なんとも曖昧で、自分に都合良すぎない?」
そう思われるかもしれませんが、内なる声がそう思わせたのだと言うことを理解してください。

根拠があろうとなかろうと「そう感じた」と言う、その曖昧な判断をする自分を信じる事ができるかがとても重要なのです。

「直感や勘」それ自体とても曖昧で、根拠などあるものではありませんね。
ならばその根拠のない判断を自分自身で下すことも、自分の直感をどれだけ信じる事ができますか?、と言う「テスト」の様なものなのです。

これを続けて行く内に、それが本当だったという現実的な証明が後からやってくることもあり、自分に自信が持てる様になってきます。
これは私の経験からです。

その段階になると、そのメッセージの詳細に関して、さらに深く「感じられる」様になってきます。
良かったら試して見てくださいませ。

次回、クライアントさんに送られたメッセージに関するお話をします。











[PR]

by farmemory | 2018-08-21 00:17 | ・コンタクト | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29698706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。