**前世の記録 No.005(前編)**

お便り・お問い合わせ>>
宇宙からの歌声HP>>
facebook>>



c0319737_00453826.jpg

過去世リーディングをさせて頂いた方の記録No.005(前編)
・・・・・

今から250年程前のヨーロッパ。
現在は女性ですが、この時代は男性として生まれています。

最初に見えましたのは青年期で、場所はオーストリア、おそらくウィーンでしょう。
職業は宮廷お抱えの音楽家、或は作曲家です。

名前にFの字が入っています。
多分ファーストネームだと思います。

生まれはもっと北部の地域で(プラハの周辺でしょう)
子供の頃から楽器に親しむ生活をしていました。
と言うのも家業が楽器製作の職人の家だったからです。

父親が、手に持つ程の大きさの楽器を作っています。
材質は、堅い木です。
バイオリンの様なものではないかと思います。

子供の頃から楽器と親しんでいましたので、自然と自分でも楽器を奏でるようになって行きます。
16歳になった頃にははその才能に多くの人が気付き始めていました。

その頃、各地を回って音楽家をスカウトする仕事をしている人がいたようです。
あなたが町の音楽コンクールの様な催しに出た時に、たまたま立ち寄ったスカウトの目に止まり、スカウトされウイーンに連れて行かれます。

家族は皆栄誉な事だと大喜びで、自分もかなり乗り気ではあったのですが町に将来結婚したいと思っていた娘が居て、その子との別れになる事が大層心残りになっていました。

何日か考えた末、自分は音楽の道を選び悲しむ彼女と別れ、単身ウィーンに向かいます。
その娘は現世でのあなたの親族です。
とてもあなたに甘えています、恐らくお子さんかご兄弟だろうと思います。

迎えられた寄宿舎は、やはり各地からスカウトされたり自分から希望して来た音楽家の卵の様な少年や青年が数多く暮らす大きな建物です。
自分の部屋をあてがわれ、楽団に入る青年期までの数年をそこで過ごす事になります。

勉強に励んでいる頃「神童」と噂される音楽家が彗星のように現れ、その話題で持ちきりになります。
多分モーツアルトだと思います。

彼の奔放な生き方や、素行にアカデミーの中で意見が2分します。
特に若い生徒たちを中心に大勢は彼に好意的した。

しかしアカデミーとしては受け入れがたく思っていたようなのですが、そこに意見介入してしまうと生徒達に動揺を起こさせると判断し、モーツアルトに関しては容認の方向となります。

その頃は各地の貴族達の専属の音楽家が居て、コンクールやコンサートなどで彼らの演奏や作曲を聞き、是非とも我家にと声がかかります。

あなたも頭角を現して来た頃、ある貴族の目に留まり、ぜひとも我が一族のお抱えになって欲しいとの打診がありました。
かねて音楽家の生きる事はこのようなものが主流だった様で、あなたは快諾します。

アカデミー側でも、その時点でのあなたの実力は申し分なしとして送り出してくれます。


次回に続きます。










[PR]

by farmemory | 2018-03-15 00:46 | ・前世のお話 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29371090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。