**プチ自己紹介**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
リラの遥かなる旅(リラ物語)>>>



c0319737_00144183.jpg

c0319737_00143880.jpg

今までこのブログでfar memory高橋というHNで活動していましたが、今年からそれに「ちょい足し」の名前を考えて新しい気持ちで、次に進んで行こうかな・・・
なんて突発的に(ほとんど勢いで)思い立ち、ふっと頭に浮かんだ愛称を名乗ろうと思い立ちました。
付けた名前はfar memoryはそのままに

「Folon Takahashi(フォロン高橋)
と名のちゃおうと・・・

フォロンて?
はい、Folonというのは私が好きな画家の1人で「ジャン・ミッシェル・フォロン」と言う方がいます。
フォロン高橋は、彼からのインスパイアです。
(今回の記事にアップしてる絵が、フォロンの作品です)

ご存知の方も多いかと思いますが、私はイラストレーターとして日々活動をしています。
まあ、クリエイターの端くれですね。
幼い頃から絵を描く事が好きで、毎日毎日広告の裏や画用紙に絵を描きまくっていました。

概ね絵を描く人というのは皆さん似たようなところがあって、社会性というか社交性といういうか、そうした面では何かと上手く立ち回れないというか、気後れしてしまうというか、そう言う方が多いように思うのです。

私の仕事仲間(クリエーター世界の友人たち)も、やはり「キチッとした」ことが苦手で、言葉使いもなっていなくて、プライベートの約束など、その日の気分ですぐ変更・・・
そんな緩さを持つ方がたくさんいます。

でも不思議と、受けた仕事に関しては・・仕事というより自分が作る作品への想いやこだわり・・という点では決して妥協しないのです。

でも社会的に見たら体たらくのグダグダ。
まあ、その世界の居心地のいいこと!

どんなだらしない生活をしていようと、そうした部分でその人を判断なんかしなくて、仲間内では「その人の作品」が、その評価の対象なんですね。

私も人様の前世を見させていただいたり、精神世界のことを自分が分かる範囲でお話ししたりして人様と関わることも多いですが「一般社会」という世界はどうにも苦手なんです。

おそらくクリエーターやアーティスト、ミュージシャンと呼ばれる人たちに共通するのは、自分を表現する時に、自分のバックボーンや立ち位置、社会的地位といった部分には大した価値を感じない人が多いように思うんです。

もう一つ、自分は幼い頃から人と同じが嫌いで、
「変わっているね、おかしな子だ、普通じゃないね」という言葉を向けられることに無性の喜びを感じる子供でした。
逆に「普通な人だね」とか「みんなと一緒だね」と言われることをすごく残念に思っていうのです。

家の事情もあったのですが(祖母が幼い私を、一人でやってる占い師婆さんのところに私を連れて行ったりしていましたので)幼い頃から「不思議な事」を平気で口にしていました(宇宙人や、霊、妖精の存在、仏への憧憬などなど・・・)

今で言えば「不思議ちゃん」的な子供だったように思います。
子供の頃はあまり友達がいなかったんですね。

で、よくよく考えてみたら、そんなイカれた話を平気で口にしている子供だったので、同級生とかに距離を置かれていたのかもしれないって、大人になってから気がついたことがあるのです。

その時も「ああ、そうか、だったら友達がいなくても当然だね」
と分かり、むしろ自分をすごく評価できたんです。つまり「変人」であることを証明できたというか・・(笑)

ただ私は、そんな不思議ちゃんではあっても、どこかで社会とうまくやって行ける自信と言うか処世術を自然と身につけていたように思うのです。

なんでかな?と思った時
「人には前世があり、その経験が今に生きているのだ」
ということに気がついたんですね。
それに思い至ったのは、大学の頃友人たちと人生の話とかしている時に不意にそれを感じのです。

「そうか、人間をたくさんやっていたからだ!」(転生の数が多いってことです)」
飽きもせず何度も人類を繰り返していたので、結構意図太さを身につけることができたのかしら・・・と。
伊達に人間を繰り返していないって事も、意味あるのだね、と思うのです。

その前世の中でも、江戸期に荒れ寺の住職となって、飲む打つ買うの破壊僧を誰憚ることなくドンドコ行なっていた人生が、今の自分にものすごく役立っているように思います。

今でもその時の記憶が鮮明で
「人は皆、人には言えないたくさんの問題や、悩みを持っている」
「その出どころは地位や暮らしぶり、身分にかかわりなく、人間本来の心のあり場所からくるものだ」
「だから、上品そうな生き方をしていようと、綺麗事を口にしていようと、書物からでは人の想いや痛みなんか分かりっこねぇ!」
て言いながら放蕩三昧の荒れ寺住職をしていたんですね(言い訳)

で、その時知った事があるんです。
その寺の近くに、うらぶれた遊郭がありました(お女郎屋さん)
そこの女性たちが息を引き取ると、皆私の寺に無縁仏として担ぎ込んで来るのです。

亡くなった、まだ若い女郎さんたちを夜な夜な供養していたんですが、その彼女たちの声を(亡くなった後の声)何度も聞いたのです。

そこにある切々たる想いや、止むに止まれず身を売り苦海に入った彼女たちの壮絶な人生を、嫌という程見聞きした時
「人間ってなんなのだろう?どんな世界に生きようと、皆生まれた時のピュアな心を持ち続けているんだね!」
と言うことを 、死ぬことで安らかになった(死ぬ事でしか楽になれなかった?)彼女たちからたくさん教えられたのです。

それでも自分が決めた人生なのだからと決して人を恨むことなく、泣き言も人に聞かせず、その人生と向き合って精一杯生き抜いた(中には幼い少女たちも居ました)彼女たちから、たくさん教えられた、その記憶があるのです。

今でこそ時代は変わり、そうした苦海は殆ど目にしません。

それでも社会の中で肩身の狭い思いをしているシングルマザーや、社会に不安を抱きうまく立ち回れない人たちを見ると、無性にその頃の思いが浮かんできてしまうんですね。
もちろん風俗の世界で生きている方たちも・・・

そんな所が、今私がブログを通しての活動のモチベーションなのかもしれません。

「人間なんざ、どこのお偉いさんだろうが身分だろうが、着物ひんむきゃ皆同じ」

だからでしょうか、例えば壇上や舞台に立つ事があっても、あまり緊張したり、上がったりという事がないのです。
家の人もそこのところが「すごいよね~」と感心してくれたりするんですけどね。

と言う事で(どう言う事だ?)結論とオチのないような独り言でしたが、今回は新しい自分のプチ自己紹介ということで。

far memory・フォロン高橋

どうぞご贔屓に、隅から隅までずず、ずい~~ッと、よろしゅうお引き回しの程、御願い奉りまする~


ではでは











[PR]

by farmemory | 2018-02-06 00:17 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://dimension5.exblog.jp/tb/29240097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by waka at 2018-02-06 14:27 x
なんてぴったりな名前なのでしょう♪♪

そして、とっても心温まる素敵な自己紹介ですね! 私も同じような感覚で生きてきたので、なんだか嬉しくなってしまいました♪♪♪

ちなみに、昔、お友達に、バカっぽいけど、ただのバカじゃないねって言われたことがあって、その頃はひどく傷ついたのですが、私にとっては最大の賛辞だったと、今回のお話しで受け取り直せましたー♪

Folon Takahashiさん、ありがと〜♪♪♪
Commented by ももんが at 2018-02-06 16:52 x
絵を見て懐かしいー!と思いました。名前を検索したら他の作品も出て来て、80年代に色んなパッケージや広告などに使われてたなぁ?と思いました
フォロン高橋さん素敵ですね!
Commented at 2018-02-06 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shiho at 2018-02-07 15:31 x
フォロン高橋いいです!
フォロンさんは(もう使いますよ)「子どものころあまり友達がいなかった」というより、あまり必要としていなかったのかもしれませんね。いい意味でですよ。

大人になって社交性という言葉にとらわれて、私は日々葛藤です。今日のお話しで気持ちが軽くなりました。