c0319737_23475766.jpg

少し間が空いてしまいましたが、ライトワークの種類の記事を続けます。
前回からの続き。
**ライトワークの種類1(プロローグ)**


<ライトプロバイダー(光の提供者)>

自分自身を光(エネルギー)の「容器」とし、そこからエネルギーを放出すると言うライトワーキングです。

炭素体で出来ている私たちは無数の細胞で作られ、生きるために様々な食物や飲料を口にしています。
物理的な入れ物という意味では、肉体を構成する細胞と食物の容器と言う見方もできます。

でも、また別の見方をすると手にする事は出来ないエネルギーの保存容器でもあるのです。

エネルギーはあらゆる所にに偏在していますので、容器である私たちは常に見えない場所、気がつかない瞬間に様々なエネルギーを自分自身の中に取り込んでいます。

”気”の良い場所で清々しい思いをした時には、その清廉なエネルギーを体内に溜め込みます。
また、逆に気の落ちた場所や、怒りや暴力的な人や場所の近くに行くと、その重く苦しいエネルギーもまた自分の中に引き込んでしまう事もあるでしょう。

私たちは皆、常にそうしたエネルギーを溜め込み、そしてまた排出して生きています。

この状態は、私たちが3次元で暮らしながら、様々なエネルギー状態を体験するという、重要な意味合いを持っていますので、必ずしも一概に否定する事ではありません。
自分が持つエネルギーを他者に投げてしまったり受け取ってしまったりを繰り返す事もまた、3次元体験館の一つの大切な体験学習だという事です。

でも、そのエネルギー容器である自分がライトワーキングをするとなると、自分自身が排出するエネルギーがより軽く周波数も高いエネルギーであることが望まれます。

まず自分自身の容器の状態(心の中や意識状態)がどのような状態であるかを知る事から始めましょう。
3次元における学習時の場合、一般的なエネルギーシェアは誰も皆同じ出力で呼び込みと排出を行い、シェアしあっています。

しかしライトワーカーは、その一般的なシェアではなく、ものすごく強い影響力を持つエネルギーを内に秘めています。

もし自分自身の中に大きな不安があると、世相にも影響し世界がダークさを増してしまうなどという事にもなりかねないのです。
(実は人間一人ひとりそれほどに影響力を持っているのですから決して大げさではありません)

なので、自分自身の状態はとても大きな責任を伴うという事にもなります。

また強いエレルギーを持つということは、当然ながら他者への影響力も強いということなので、自分自身の状態を意識する必要もあるのです。

ライトワーカーであろうとなかろうと因果律の適応は全ての人、全ての次元で一律に受け取るべき天の摂理です。
むしろ影響力が大きければ大きいほど、自分が行ったこと、思い描いた事に適応される(返ってくる)因果律は、その影響力に比例します。

もちろんリスクばかりではありません。
むしろ影響力のある強いエネルギーパワーが、よりポジティブなものであればその高いエネルギーが外に向かって排出されて行きます。
そして巡り巡ってよりポジティブなエネルギーとして自分に返ってきます。

このライトワークは人類にしかできない特化したワークで、外から入ってくるエネルギーや自分自身の中なら生み出して行くエネルギーの容器となり、そのエネルギーを精製、変換してより効果的なエネルギーとして外に供給するというワークです。

エネルギーを受け取り、容器にため、それを循環させて行く。
そのライトワークが「ライトプロバイド」それを行える人が「ライトプロバイダー」です。


ではまた次回。










# by farmemory | 2019-03-24 00:04 | ・ライトワーカー | Comments(0)



c0319737_22431189.jpg

一部<加筆>があります。

昨年の暮れ頃、地球を離れ「種」を受け取りに遠くアンドロメダまで行っていたリラが帰還しました。

大変に重要なミッションを持ってアンドロメダまで出かけていたリラの種苗船。
途中かなり難易度のあるタイムホールを通らなければならず、まるで宇宙戦艦ヤマトのような時空間移動だったそうです。

また彼女たちの船が地球に帰還する頃を見計らって、リラを地球大気圏に入れまいとするグループもいたのですが、今回地球に深く干渉する意思を見せたプレアデスの艦隊により、無事リラシップは地球大気圏内に凱旋してきました。

彼女たちが持ってきてくれた種子は、主に農業用の強い品種と杉や松など針葉樹を守る菌糸植物、そして一番は今かなり進んでいる海洋汚染を緩和するための「藻類」だそうです。

それに加え近い内に何らかの薬効成分を持つ植物が偶然を装って発見され、新しい薬剤の開発につながる流れとなります。
その発見は今回リラが運んでくれた種子の一部がその下地となるはずです。

もちろんこれらの種子を、実際に地球人が受け取る事はないでしょう。
また今回もたらせれる種子は、むやみに地球外の生命体を地球に移植するような事ではありません。

しかもこれらの植物の種は、もともと今地球上に生きている植物たちの祖先なのだそうです。

遠く2億年ほど前に、地球にもたらされた植物の一部がアンドロメダの植物なのだそうで、その後閉鎖空間の地球で進化を続け今の地球上の植生が作られてきました。

本来この地球上に生息する植物は地球上で生まれたものではありません。
ほぼ全て地球外の天体からもたらされたものです。

アンドロメダだけではなくシリウス(水生植物や海藻類)リラ(主に花として愛でられるもの)オリオン(穀類や食品となる植物、牧草)などからも様々な植物の先祖がもたらされてきました。

その中でもアンドロメダからは、生まれたての地球に生え始めた菌糸植物や海洋に漂う植物プランクトンを運んできました。
まさに地球生物の始祖といっても良いものですね。

しかし高等な植物が生まれ始めると植物たちは、ある種の地球外生命体の作為により、人工的な交配とDNA操作により元の植物に比べ、比べられないほどのひ弱な生物群にさせられたと言います。

これには人類の一部も関わっていました。
世界中に点在する「砂漠」のいくつかはそれが原因で、乾燥に耐える強さを奪われた植物たちが砂漠化を加速させたのでしょう。

今地球上の砂漠地帯に雨が降り続いています。
数千年砂の中で眠る続けてきた地球の種子たちが芽吹き始めていますが、その根幹となる「本来のDNA」がリラがもたらした種子のエネルギーにより修復されて行くそうです。


c0319737_10385104.jpg

また本来の植物の持つ浄化能力は人工的な除染や浄化能力など足元にも及ばないパワフルなものです。

今回リラが危険を覚悟でアンドロメダまで行ったのは、かつてアンドロメダから送られてきた元の強さを持つ植物の種子を運び、自分たちの強さを忘れかけていたひ弱な植物たちに「強さ」を思い出させるためです。

そのために、物理的な交配ではなく祖先であるアンドロメダ植物の「エネルギー」を弱々しくなった地球植物全体に、エネルギーシェアをするための「種子」なんだそうです。

果たして、どのような方法で地球上の植物にそのエネルギーを渡すのか、その方法はわかりませんがエネルギーシェアは始まっているそうです。

今の海洋汚染は石油などの鉱物油や、プラスチック製品による環境ホルモン、化学物質やph値、そして放射線による海洋被曝が深刻です。

特に放射線汚染を除染する力を持つ植物性微生物の活性がとても低い状態で推移していたのですが、今回もたらされた種子により本来の浄化能力を思い出させるために地球上の微生物や藻類にそのエネルギーが送られているそうです。

また高緯度地域に自生する針葉樹がかなり弱っているそうです。
特にヒマラヤ杉のエネルギー低下が著しく、植物プランクトンへのエネルギーシェアとは少し違うそうですが、故郷からもたらされた種子によるエネルギー供給を行うと言います。

針葉樹はかなり高い周波数を持っています。
植物の中でもとても背が高くなり、地球と宇宙との交信のアンテナ役を務めることができます。

その針葉樹を活性化させることは、外宇宙からもたらさせる次元移行のエネルギーを地球に浸透させる力を持っているのだそうです。

今回のリラシップのミッションがどれほど重要かは、この程度の情報だけでも十分に感じます。

今回は春分の日に帰還したリラのお話の、ほんの一部を記事にしました。

プレアデスの戦闘艦に厳重に守られ地球に帰還したリラ。
その彼女らのミッションは、今後本格的な植物強化のためだったのですね。

いずれ地球は映画「アバター」のような植物に覆われた世界になります。そしてそれに反比例するように動物たちの「種類」が減り、それを補うように植物の種類が増えて来るようです。

動物や魚たちをタンパク源とする時代から、植物がその供給源になって来るとも言っています。

帰還したリラ達はアンドロメダから重要な種子を持ってくるというミッションを成功させました。

その後は自分たちの代わりに地球上にバリアを巡らせてくれたプレアデスシップと入れ替わり、本来の仕事に戻るそうです。
またこのお話の詳細は、感知できた時また記事にします。









# by farmemory | 2019-03-22 00:16 | ・リラ物語 | Comments(5)



c0319737_00411004.jpg

今回の動画は名古屋のクライアントさんからお送りいただいたものです。

以下はクライアントさんからのお便りです。

●フォロンさん、こんばんは。

今日、仕事が終わり、帰ろうと思い駐車場に行ったら、上空でヘリの音がしました。

まるで静止画のように その場所に浮かんでいたので 面白いなぁと思ってみていたら、時間差で他の二機も飛んで来て、最後には 三機で上空をクルクルまわっていました。

1番興味深かったのが、最初にみてから およそ30分近く、姿を見せ続けてくれた事です。

途中で、そろそろ買い物に行かなくてはと思い その場を去りましたが、ずーっとそこに居たいくらい 楽しい時を過ごせました。

フォロンさんは どう感じられますか。

自分としては、故郷の仲間の様な気がしてきました。


○これはわかりやすい擬態ヘリですね。

なによりこの光です。
太陽の反射でないことは明白ですね。

明らかに自己発光しています、しかも何とも馴れ馴れしい感じがします。

確かにこのクライアントさんと大変に関係の深い天体の擬態シップでしょうね。

クラウドシップや光体は、どこの所属かの判別がつきやすいことが多いのですが、擬態機は一見しただけではどこの船かがわかりにくい事も多いです。

何かスペースファミリー同士の「擬態機マニアル」みたいのを共有してるんじゃなかろうかとさえ感じています(きっとそうに違いない・・・と独断で)

この擬態機は明らかに、このクライアントさんに向けた儀礼飛行でしょうね。
「ハロ~元気?」
的な。


少し話が飛びますが、この記事を書いているときに、久しぶりに外からアポカリプティックサウンドが聴こえてきました。

今回のストレンジサウンドは、かなり低い音で、耳を済まさないと聴こえないほどの低音でした。
慌ててベランダに出ようとすると鳴り止んで、諦めて部屋に戻るとまた鳴り出す。

「遊んでるでしょ!」と思わず口走ってしまいました。


彼らも今まで以上に近近付いて来ている事を実感する日々です。

ではでは。










# by farmemory | 2019-03-21 00:44 | ・皆様からの画像 | Comments(0)