**宗像大社ツアー日記(4)**



玄界灘の夕日と潮騒です。打ち寄せる波音に癒されること、なんともたまりませんね〜

今回は宗像大社にある神宝館や海の道宗像、道の駅、八所神社などお話です。

c0319737_01271898.jpg


海の道むなかた館、国宝がわんさか展示されている神宝館で三角縁神獣鏡や金指輪など見学してきました。
九州の縄文と弥生、そしてその後の日本の変遷がわかる興味深い展示がたくさんでとても勉強になりました。

神宝館の展示品のほとんどが「国宝」
こんなに国宝を同時にたくさん見られる博物館、私知りません!

こちらは道の駅むなかた。
c0319737_01273147.jpg

c0319737_01342044.jpg 道の駅ってどこも本当に面白いですね。
おばさんおじさんの聖地「道の駅」
地方の市場や道の駅に行くと、その土地の食文化や郷土色がわかって面白いです。


鮮魚コーナーには関東の魚売り場ではあまり見ることのないお魚ワンサカ、どれも美味しそう。
昼食は道の駅の食堂。
真イワシのメザシ(東京でメザシといえばカタクチイワシですよね)と太刀魚の塩焼き、蓮根の煮付け小さいサラダ、お味噌汁、ご飯。

食後頂いたあまおうストロベリーソフト、果汁たっぷり、生乳たっぷりウマウマです。




この地域に「赤間」という場所があるのですが、その地の由来に関わる神社と言われている八所神社にお参り。

高い木と苔むした階段がなんとも情緒ある神社です。
c0319737_02512719.jpg


これは境内にある藤の花。
c0319737_01274537.jpg

ちょうど満開の時で、とても綺麗でした。

桜、藤、ツツジと続く日本の木の花。
中でも藤は奥ゆかしさのようなものを感じていいものですね。

ちなみに花は藤でも、舞踊は桜がよござんすね(オマケ)

c0319737_03122488.jpg

いよ!音羽屋

さてこれにて宗像大社イベントツアーの、幕にてござりまする〜〜!

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-05-10 03:27 | ・イベントメモリー | Trackback | Comments(4)

**宗像大社ツアー日記(3)三女神からの伝言**

c0319737_22273455.jpg

今回は宗像大社の裏山にある高宮祭場(宗像三女神が降臨した場所と言われるスポット)で短い瞑想をした時のお話です。

参加された皆さんのほぼ全てが、アンドロメダ、リラ、アークトゥールス、オリオンのどれかから、いろんな形でメッセージを感じたそうです。
その後のシェアワークで皆さん方たくさんのとても興味深いお話を聞かせてくれました。


中でも一番多かったのが三女神からの労いとお礼の言葉(感覚)だったようです。
そして、今回この女神たちに接することで、参加された方に、自らの進化につなげていってもらいたいと彼女たちから伝えられました。


ちなみに高宮祭場で私が受けたのはこんな言葉(ハートに直接感じた感覚をその場で文字に書き換えたものです)

c0319737_22362822.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リラの女神の言葉を伝えましょう
海より来たる本心を自らの魂に重ねる時
龍神と共に鍵開け来たる皆に御礼申し上げます
水、水、水
三女神よりの贈り物受け取り願う
自らの魂の決めたる道
本日思い出し頂く
明日の良き日に向かいて


<訳文>
私は次女のリラです
今日はたくさんの皆さんでお参りに来てもらえとても嬉しいです
海からの清々しい風、感じてもらえましたか?
風に込めた「ありがとう」が皆さんに届きますように
私たち3姉妹も皆さんにプレゼントを送ります
自分で決めた道を思い出せるように3姉妹の水の勾玉を
皆さんのハートチャクラに届けましたよ
明日を愛するために

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんかくすぐったくなるような、お言葉ですね。

c0319737_22441999.jpg 今回の宗像イベントは、謎解きや不思議を体験したり目撃したりすることが目的ではありませんでした。

考えてみたら古代の謎解きや不思議なモノや事象を目にするだけでは単なる趣味程度の自己満足、知的好奇心を埋めることにしかなりません。

「あの不思議な光、何!」
「え?ほんとだ、綺麗で不思議だね、もしかしたらスペースシップかな?でもだからってそれがなんなのかな?」
なのです。

今私たちが日常であれ、不思議であれ体験しているあらゆる事が自分自身の変化にどう役立ち、自分自身をどう進めて行けるかがとっても大切と思っています。

今回のツアーは、参加者の皆さんの意識を解放し、自分自身の変化の引き金にするためだったように思います。
ですので、不思議なものを見たり感じることは何度かありましたが、それ自体は進化という面で意味は薄いものです。

それ以上に参加された皆さんの大きな変化や進化のお役に立てたのだなということを感じ、自分を褒めてしまいます。

多分時間をかけてジワジワと自分の内面的変化につなげて行くきっかけになる、そう強く感じたイベントでした。

この世界の次元数を上げてゆくのは、個人個人の「進化」にかかっています。

今意識を向けるこべき場所は外の世界ではなく、自分自身の内面にこそ向ける時となってきたのでしょう。

そのため、自分が「進化してゆきたい」と希望したら、今まで避けてきた自分自身の深く沈みこんでいた様々な葛藤や重さ、暗さがどんどんと表面に現れてくると思います。

時にはとても苦しいことやキツイと感じる事さえあると思います。
でも、その厳しさこそが進化を促す大切な時間であり、生まれる前に自ら約束してきたこの人生の意味にさえ繋がって行くはずです。

変化を超え「進化」の時がやってきました。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-05-08 00:11 | ・イベントメモリー | Trackback | Comments(2)

**宗像大社ツアー日記(2)**

宗像大社ツアー2回目です。
沖津宮遥拝所と中津宮参拝のお話〜

c0319737_23052129.jpg

神港からフェリーで15分、玄界灘に浮かぶ大島に上陸。

島の周りの海の綺麗なこと!
港に着くと民宿「つわせ」の若旦那のマイクロバスがお出迎え。
みんなでワイワイと乗車します。

港から10分くらいで、はるか玄界灘の洋上に浮かぶ沖津島を見ることのできる「遥拝所」に連れて行ってもらいました。
遥拝所の中に入ることができませんので、脇の高台から沖津宮を探します。


皆んなでしばらく眺めていると、
何人かが
「あっ!あそこ」
と指をさします。

c0319737_22450559.jpg

その指の先を見ると、はるか彼方に沖津島の島影が霞の中にうっすらですが間違いなく見えました。
(画像少し左中央くらいにレンズの汚れのような黒く薄い丸が見えますが、これはレンズの汚れではありません、エネルギー体でしょう)

沖津島はそう容易く見ることができないと聞いていたので「やっぱり私たち持ってるね!」などと好き勝手なことを言いながら手を合わせてきました。

c0319737_23105870.jpgそれから民宿「つわせ」で昼食。
海の幸をいただきます、真鯛の塩焼き、ここのところ漁獲が少ないマルイカ(ケンサキイカ)のお刺身や珍しいお魚「クロアナゴの酢味噌」など盛りだくさん出てきました。
(画像の手前左)
私も東京湾と千葉外房で黒アナゴをを釣り上げたことがあるのですが、あまりに大きくて(1m以上ありました)おっかなくてリリースした記憶があります。

その黒アナゴをここで頂きました。
身のしまった身を酢味噌につけて頂く珍味、めずらし〜でした。


そのあとに中津宮をお参り。

c0319737_22451072.jpg

拝殿と日輪。
なんとも幻想的です。

この中津宮には織姫と牽牛伝説の神社が置かれていて、リラの物語を嫌でも思いこさせます。
この島には間違いなくリラの女神がおわします、それを実感できました。
c0319737_22453114.jpg


c0319737_23163131.jpg中津宮で記念写真を撮って、大島を離れました。

行きも帰りも海上はとても凪いでいて船が揺れることもありません。

また上空には参加者を見送るように細長い龍神の雲がお見送りでした。










<三女神>
ここで宗像三女神について少し触れておきます。

女神様たちがそれぞれ違う星からやって来た高次元の方達という事を教えてくれました。

・玄界灘のはるか沖に鎮座する田心姫神(タキリヒメ)沖津宮・・アンドロメダ・長女
・陸地から近い大島に鎮座する多岐都比売命(タギツヒメ)中津宮・・リラ・三女・・中津宮
・そして内陸に鎮座する市寸島比売命(イチキシマヒメ)(辺津宮)・・アークトゥールス・次女・・辺津宮

この配置なんですけどアンドロメダのタキリヒメがシルクロードを通って大陸から流入するヘブライのエネルギーを遮断する役割を持っていたと言います。

そして陸地からは辺津宮にいるアークトゥールスのタギツヒメが、今度は内陸から真ん中の大島に手を伸ばそうとする弥生のエネルギーからリラの女神様を守るバリアとなっていたと言います。

因みに他の大きな神社の多くに、境内に稲荷さんが大きさは様々ですけど祀られています。
稲荷さんはオリオンの象徴、つまりヘブライの一つでもあるんですね。
もしかしたら見えないところに石の祠(お稲荷さん)などが隠れているのかもしれませんが、ここ宗像大社には稲荷さんが見つけられなかった事がとても興味深く思いました。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-05-06 00:17 | ・イベントメモリー | Trackback | Comments(3)