**シリウスからのお便り**

c0319737_23212714.jpg

先日地元の上空で モーニンググローリ
のような雲を見ました。
時刻は夕方、西の空が赤く染まり始めた頃、長大な細長い雲が天空に伸びています。

気象現象としてモーニンググローリーは説明されるんですけど、それは朝方に出現するということと、海の近くや自然の多いところで観察されることが多いようです。

なのでこうした夕暮れの都心部に出現するのは稀なことかと思います。

で、この雲に聞いて見ました。
(私)「あなた誰?」
シリウスと即答してきました。

◯「シップ?」
●「yes」
◯「何してるの?」
●「中和作業」
◯「何でそんなに細長いの?」
●「効率」
◯「効率って?その方が作業がしやすいとか?」
●「説明は難しいです、あなたたちの科学概念では」
◯「ああ、そうなんだ」

画面右中央に一筋の飛行機雲らしきものが見えます。
この日は東京上空にたくさん撒かれていましたので、成る程ねということでした。

     ・

こちらはおまけ、冬の夜間シリウスを撮影した動画です。



手振れがあるので見にくいですが、シリウスってレインボーカラーに輝くのです、いつもカメラを向けると不思議だな~って思っています。

それともっと不思議なのは「動く」のです。
冬になるとよく屋上で夜中にシリウスを眺めることがあります。
しばらくは動きを感じられないのですが見続けていると徐々に上下左右に微妙に揺れ動き始めるのです。
でも必ずいつでも動くというのではなく動く時と動かないときがあります、何回かに一度動くときがあります。

まるで生きている「意志」のようなものを感じるのです。

で、それもシリウスに聞いて見たことがあるんですが。
「あなたが自分を主体とした宇宙を信じることができたとき、シリウスは生きるエネルギー体である生命の星となり観察者と同期します」

と答えてくれたことがあります。
なんだか難しい答えでしたが
自分(シリウスを見ている人)が見るシリウスは、その人のためだけに存在しており、だから動くこともレインボーに輝くことも、その人の時空で起こる不思議なのだということでした。

そこで
「なぜそんな不思議を目撃させるのですか?」
の問いには
「あなたの故郷がシリウスであり、常にあなたをモニターして見守っているからです」
そう答えてきました。

でもこれはちょっと不思議。
私は確かにシリウスを故郷としている確信はありますが、私にコンタクトするものはシリウスに生きる地球外生命体であって、シリウスそのものではないんじゃないか?
と思ったのです。

この疑問にはこう答えてきました。

「シリウスという恒星自体も意志を持った(魂を宿す)存在です。そしてその星を母とするシリウス人と私(シリウス星)には何の違いもなく、繋がっているからです」
「あなたたち地球人も宇宙から見れば太陽人という存在なのです」
「太陽も人類の一人一人も遠い星から見たら、一つの存在でもあるのです」
「同じようにシリウスがたとえ8.6光年離れたところにあり、恒星であるシリウス星とクラウドシップで地球に向かう私の子供たち(シリウス星人)もどちらも同じ存在なのですよ」
「わかりますね?」

シリウス星は生きていて、意志を持っている、だから私が見る時シリウスはまるで挨拶でもしてくれるように微動したりレインボーの輝いたりすると言うことなのですね。

これって私にコンタクトしてくれたと言うことではないですか!?
なんか嬉しいな~~としみじみしちゃいました、と言うお話でした。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-24 00:16 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(4)

**クロノスの終焉**

c0319737_01000880.jpg

時を司りしクロノス
かの魔王の統治から新しき女神の時代に渡される鍵

永遠の誓いは、限界と終焉を孕み
刹那は未来を語る

時の完了は辿り着く門扉の証

今クロノスの終焉を見る ”その時”

   ・

旧次元の象徴「時間」
私たちは今その完遂を目撃しています。

時間の混乱や加速を随分前から感じていましたが、今年中盤に差し掛かりその感覚がさらに強く感じられています。

「1年後」という時間感覚も、遠い先なのかすぐにやってくる未来なのかさえ、実感を持って感じられなくなっていますね。
この感覚は留まることなく、更に時間の混濁と新しい時間軸への意識シフトにつながって行くのでしょうね。

戸惑いの中にも、何やら面白ささえ感じています。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-22 01:01 | ・ 詩(うた) | Trackback | Comments(2)

**遠くに行ったあなたへ(1)**

c0319737_00360648.jpg

亡くなった人や、遠い過去の歴史上の人物に会いたいと思ったら、自分からその人の魂に会いに行っても、残念ながらコンタクトはできたとしてもお話しすることは難しいでしょう。

「成仏」してしまって魂の場所に帰った魂は、すでに次元という階段を超越しているので、会いに行って会話を求めても話が噛み合わず「お話にならない」のです。

生前のその人に会いたい、話がしたいと思うということは、自分と同じ時空に生きている相手との会話を願うということになります。

例えば聞いてみたい内容が

「今何をしているの?」
「向こうで幸せにしていますか?」
「あなたが気にしていたあのこと、今はどう思っていますか?」
「満足な人生でしたか?」
「私に伝えたいと思うことはありますか?」

こうしたことなど聞いてみたいと思われるかもしれませんが、そうした問いかけは自分たちが生きていた3次元でしか通用しない言葉のようなものです。

本来の場所に帰ってしまった魂はすでに全ての執着を持ってはいませんし天の真理で成り立つ場所にいますので、それを聞いたところで返す言葉も持ってはいません。

「あの方は生前は慈悲深く、いつでも人を思いやって、声をかけてくれる優しい人でした」

そうした温かい人として生きていた人でも、一旦魂の場所に戻ってしまえば、どれほど大切にしていた人が3次元に残されていようと、自分から手を差し伸べてくることは滅多にありません。

「あなたの人生は全て自分の責任と希望で生きているのですから、誰にも手助けはできないのです。
残されたあなたがたとえ苦しく悲しい日々を送っていたとしても、魂の場所に戻った私の心動きません。
なぜならそうした経験も、あなたを成長させる天の慈悲なのですから」

どのような人生を送っていようと魂となった人の目には、3次元の人生を生きる私たちは皆決して神に見放されてはいないと言うことを十分に承知しています。

ちょっと雑な言い方かもしれませんが
「そうしたことは、今自分がいる魂の場所では意味を持たないことなのです」
と言うことなのでしょう。

でも、こんなことを言ってしまったら身も蓋もないですね。

魂の場所に帰った人とコンタクトする方法がないわけではありません。

その方法は、自分から意識を魂の場所に向かわせるのではなく、自分の宇宙(時空)にその人に降りてきてもらうという方法をとれば、会話は成り立ってゆきます。

”イタコ”はまさにその方法ですね。
イタコさんたちは、自分が会いたいと願う魂を自分と同じ時空(3次元)に生きる自分の身体に呼び込んで、会いたいと願う人と会話をするということになるからです

ではイタコさんには頼らず自分から、その人たちに会う方法は?

今日はここまでにします、もったいぶってるのではないのですが長くなってしまいますのでまたこの続きはまた近いうちに。

ではでは。
………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-21 00:36 | ・前世のお話 | Trackback | Comments(1)