**宗像大社ツアー日記(1)**

先月末に福岡の宗像大社のイベントをして来ました。
大社にお祀りされている三女神のお宮全ての参拝と夜間の観測会(コンタクトワーク)ツアーでした。

まずは宗像大社のメイン神社辺津宮です。
ここには三女神の田心姫神(タキリヒメ)がお祀りされています。

c0319737_01225444.jpg駐車場から拝殿に向かいます。途中左手にあるお手水を頂きます。


ここには柄杓がなくって、竹をかたどった金属管から流れるご神水を直接手で受け取るとっても珍しいお手水舎です。










c0319737_01192335.jpg

青空に映える拝殿。

玉砂利を敷いた拝殿の周りにはたくさんの神様が並べられています。
そのお一つお一つに手を合わせてゆきます。

進んでゆくと、厳かに佇む拝殿が目に移ります。
その拝殿の周りにはたくさんの祠が並んでいます。

境内はとても清々しい空気感が漂って、なんとも心地よい場所です。




この動画はお参りの途中で飛んで来た飛行機?

綺麗な光の中を飛んでゆきますね〜
途中からドンドン透明になって行きます。

面白いのは飛行機雲。
機体の後ろにある水平尾翼より上に白い煙が流れてゆくんですよ!おっかし〜でしょう?
この飛行機、なんなのでしょうね〜〜?ふふふ

画面を大きくして見てみると分かるんですけど、キレイな光を通り過ぎた辺りで飛行機の周りを、虫とは思えない白い「何か」がいくつか飛ぶんです(虫もたくさんいますけどね)
特に44秒あたりに飛行機の前を細長い白い何かが伸びたり縮んだりして上から下に通り過ぎます。なんか可愛いのです。

この後拝殿裏手にある高宮祭場跡に向かいます。

c0319737_01323465.jpg

ここで参加者の方達と短い瞑想をしてみました、とても清々しい場所で、自分の体重も軽くなるような気がします(ウソ)。
一人で来たら、きっと何時間でもいてしまいそうな心地の良さです〜
瞑想した時のお話はまた別に書きますね。

その後ホテルに戻って勉強会、みんなで瞑想のシェアワークしたりワイワイガヤガヤの楽しい勉強会の後、玄界灘のお魚夕食モグモグワイワイ。


c0319737_01193752.jpg夕食前、海岸で写した玄界灘の夕日
金色の夕日の中、水平線に貨物船が通ります、キレイね〜
うっすらと赤い光も写っていたりして。


















ここから海岸で夜間の観測会。

c0319737_01194325.jpg

すんごい数のシップが行ったり来たり、玄界灘すごいのです。
で、カラーオーブもしっかり撮ることができました。



c0319737_01194942.jpg

こちらはその時写した夜間のプラーナ!(下は拡大、右の白っぽいのは建物の一部)
「なにこれ!!」でしょう、超びっくり画像です。


はい今回はここまで。
次は沖津宮と中津宮でっす〜

………………………………


**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-05-04 01:42 | ・イベントメモリー | Trackback | Comments(4)

**アスパラ祭り**

c0319737_22330123.jpg

今年も札幌の友人から立派なアスパラが届きました!
毎年毎年ありがたい事なのです。

「もうそんなにお気を遣わなくても~」
って思いつつ・・
でも内心
「わ~~い」
なんですけどね。

以前名寄に伺った時にアスパラの美味しい食べ方をたくさん教えてもらいました。

その中で、とても美味しい食べ方があるんです。
知ってる人は知ってるでしょうけど・・・

焼きアスパラです。

c0319737_22415211.jpg

できれば炭火、バーベキューで食べるとそれはもう、ウハウハもんなのですよね。

アスパラの真ん中から下の皮をピーラーで剥いて、それに塩胡椒をして
炭火で焼く、それだけ。

もう、もう、もう
何本だって食べれてしまいます。

でもなかなかお家では炭火焼きできないので、ここは少し譲歩してガスで網焼き。
それでもしっかり「焼きアスパラ」を楽しめま~す!

ウマウマ

………………………………


**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-30 22:44 | ・今日の日記 | Trackback | Comments(1)

**男鹿のなまはげに涙したお話**

c0319737_21390801.jpg

録画したまま見ていなかった秋田県男鹿半島の「なまはげ」を見ました。

見るからに素朴な、古来から伝わる暮れの風習で、おそらく日本人で知らない人はいない有名な神事ですね。
今までこの神事が一地域だけのものと思っていましたが、いくつかの集落ごとにそれぞれ特徴のあるお面があることを知りました。

この風習は節分に似て邪気を家から祓い、子供達の健やかな成長を願う、温かい想いから生まれたのですね。
日本各地の伝統や地域を扱うノンフィクション番組が好きで、最初は興味本位で何気なく見ていていたのですが、途中で涙が溢れてきました。

映像では、ある地域の青年(団)たちが、暮れの神事のため集まり毎年作る装束や、お面の手入れをしている姿は、気のいい村の青年たちと目に移りました。

しかし当日その面を被った途端、彼らはもはや彼らではなくなり、鬼神となって行きます。
これは何も、地域をリスペクトする文化的なセンチメンタリズムではなく、心底そこに神なるものが宿る瞬間を、映像でありながら目にしたと確信できたからです。

面を被った彼らが恐ろしげで大きな声を張り上げているからではなく、あの物静かな気のいい青年達が面を被った途端「神が降りてきた」と表現してもいい神々しさを放つのです。

本来この宇宙に「神」は一人、というか絶対神としての神が一つ存在しているだけです。
そしてその姿は、姿を持たない「意思、意識、概念」という目に移ることのない、実体のない存在です。

この宇宙そのものが神ですので、私たち一人一人も神の懐の中に、もしくは神の一部(細胞の一つ)として存在しています。
つまり神はそんじょそこらに八百万(やおよろず)おわしますのではなく、この世界全てが神という事です。
ではなぜ私たちはこうした人々が行う村の小さな神事に神を見るのでしょうか?

私たちが神の一部であれば、私たち自身も神の意志を本来持っています。

でも3次元を(それより高いどの次元も皆同じことなのですが)生きる人類が、完璧な神の意識に戻ってしまうと、ここに生きる理由がなくなってしまいます。

執着や煩悩といったややこしい意識を持つからこそ、逆に人の心の温かさや優しさに気がつくという「この次元に生きる意味」がなくなるということです。
私たちはこの面倒くさい次元を、自分から選んでここに生まれてきています。
そして自分の中にある神性を自らで封印してきたのです。

でも人が鬼神の装束をまとった時、その神事に従事する青年団の人達は、完全に日常から離れ、それこそ執着を持たない神の「意思」を思い出すことになります。

鬼神となった彼らは誇らしげに各家庭を周り、子供達を脅かして大泣きさせながら彼らの成長を祈り、老いた者たちだけで暮らす家に行っては彼らの身を案じ、その家の安らかなことを祈る。
彼らはその時、自分の事(エゴ)を天に預け神の使いとなるのです。

お面と言うものは時に自分を覆い隠し、本来持たない力を呼び込むと言われています。
古い映画ですがジム・キャリー主演の「マスク」もそのいい例ですね。



いつもは自分を隠す事なく生きてきた人が、一旦自分を隠すことができるお面(マスク)をかぶることで、いわば変装願望を満たすことになります。
そうするとこの次元では使う事を封印してきた力が呼び覚まされて普段の自分では有り得ない能力を発揮してしまうと言うことなのかもしれません。

でもこれってちょっと危なっかしいところがあります。
なまはげの面を被った青年たちは自分の願いではなく他者への祈りのためですね
これは「利他」です
ところが自分の希望や自分のために、見えない力を発揮すると言うことは「利己」な訳です。

神は全てですのでポジティブもネガティブも、そのどちらも持っています。
利他と利己、どちらがどちらのエネルギーを呼び込むか・・・
変身願望にはこの側面も持っているかもしれません。

神とは何?

その答えは「慈愛」そのものなのかもしれません。

でもこの愛は時に恐ろしいほどの厳しさを見せる事もあります。

ただただ優しい、温かいと感じるだけが慈愛ではないのでしょう。
実際神は私たち人類にいくつもの厳しい慈愛を今まで嫌という程見せつけてきました。

この番組を見ていて、古い古い時代、生死につながる厳しい生活を送ってきた人々が神に祈りを捧げてきた事を執着や煩悩と簡単に切り捨てられるものではないと思いました。

肉体の命はいつか尽きる時が来ます。

古来「死という反面教師」に怯えながらも1日1日を精一杯生きてきた人々が生み出したこの神事は、依存や執着心からではなく、子のため、村のため命を張って生きた人々の「誇り」なのだなぁと、重慶飯店の黒胡麻月餅をかじりながら番組を見て涙流ちゃった、というお話でした。

でも、観光用の人寄せ「なまはげ」や、バラエティ番組に出演する芸能「なまはげ」には、残念ながら本来の神を見ることは難しいのかも、かも。
私もある伝統芸能(と言うほどではありませんが)に足を突っ込んでいるので、なんとなく思うのです、そこんところ・・・

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-27 00:08 | ・ハイヤーセルフ・天使・ガイドたち | Trackback | Comments(6)