**遠くに行ったあなたへ(1)**

c0319737_00360648.jpg

亡くなった人や、遠い過去の歴史上の人物に会いたいと思ったら、自分からその人の魂に会いに行っても、残念ながらコンタクトはできたとしてもお話しすることは難しいでしょう。

「成仏」してしまって魂の場所に帰った魂は、すでに次元という階段を超越しているので、会いに行って会話を求めても話が噛み合わず「お話にならない」のです。

生前のその人に会いたい、話がしたいと思うということは、自分と同じ時空に生きている相手との会話を願うということになります。

例えば聞いてみたい内容が

「今何をしているの?」
「向こうで幸せにしていますか?」
「あなたが気にしていたあのこと、今はどう思っていますか?」
「満足な人生でしたか?」
「私に伝えたいと思うことはありますか?」

こうしたことなど聞いてみたいと思われるかもしれませんが、そうした問いかけは自分たちが生きていた3次元でしか通用しない言葉のようなものです。

本来の場所に帰ってしまった魂はすでに全ての執着を持ってはいませんし天の真理で成り立つ場所にいますので、それを聞いたところで返す言葉も持ってはいません。

「あの方は生前は慈悲深く、いつでも人を思いやって、声をかけてくれる優しい人でした」

そうした温かい人として生きていた人でも、一旦魂の場所に戻ってしまえば、どれほど大切にしていた人が3次元に残されていようと、自分から手を差し伸べてくることは滅多にありません。

「あなたの人生は全て自分の責任と希望で生きているのですから、誰にも手助けはできないのです。
残されたあなたがたとえ苦しく悲しい日々を送っていたとしても、魂の場所に戻った私の心動きません。
なぜならそうした経験も、あなたを成長させる天の慈悲なのですから」

どのような人生を送っていようと魂となった人の目には、3次元の人生を生きる私たちは皆決して神に見放されてはいないと言うことを十分に承知しています。

ちょっと雑な言い方かもしれませんが
「そうしたことは、今自分がいる魂の場所では意味を持たないことなのです」
と言うことなのでしょう。

でも、こんなことを言ってしまったら身も蓋もないですね。

魂の場所に帰った人とコンタクトする方法がないわけではありません。

その方法は、自分から意識を魂の場所に向かわせるのではなく、自分の宇宙(時空)にその人に降りてきてもらうという方法をとれば、会話は成り立ってゆきます。

”イタコ”はまさにその方法ですね。
イタコさんたちは、自分が会いたいと願う魂を自分と同じ時空(3次元)に生きる自分の身体に呼び込んで、会いたいと願う人と会話をするということになるからです

ではイタコさんには頼らず自分から、その人たちに会う方法は?

今日はここまでにします、もったいぶってるのではないのですが長くなってしまいますのでまたこの続きはまた近いうちに。

ではでは。
………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-21 00:36 | ・前世のお話 | Trackback | Comments(1)

**新規勉強会のお知らせ**

b0360935_02153800.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 
●瞑想講座・高次とのコンタクト
 
──────────────────────────────────────
5月7日(日) 11:00~15:30 

6月12日(月) 10:00~14:30 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★


詳しくは案内ページにお越しください↓↓↓↓↓

http://announce1.exblog.jp/26796594/









[PR]

# by farmemory | 2017-04-17 23:34

**ガレット、スモック、ガジュマルくん**

c0319737_02292342.jpg

去年まで出不精で出不精で、毎日出歩いていた頃からは見る影もないほどの「お家仙人」に成り果てていました。
ところが今年に入ってから、どんどん元気というかやる気が出てきて、自分でも「どーした!?」と思うほどです。

と言うことで久しぶりに近くのガレット屋さんにランチしに行きました。(って元気ってそれだけかい!?)
お店はすごい混んでいて、しかも半分くらい外人ばかり。
フランス語と英語ばかりが聞こえて、ここどこ?状態。
しかもギャルソンもフランス人のおじさん。

ガレットはハムとシャンピニオン、チーズ、トマトの定番ガレット、そしてオレンジソースのデザートクレープ。
いつもながらボリューミーでお腹いっぱいっす。

その後銀行に行こうとテクテクしていたら、衣類のお直し屋さんに目が釘付けになってしまいました。
幼稚園の近くにあるお店なので、依頼でスモックなど作っているのでしょうが・・・
c0319737_02292535.jpg

マリメッコのファブリック「ウニッコ」で作った幼児もののスモックでございます。
思わず我を忘れて「かっわいいー」連発でシャッター押していたらお店の人に思いっきり微笑まれ(笑らわれたですね)ちょと恥ずかしかったです、ははは。


最後に、お気に入りのグリーンショップにお散歩帰りに寄ってみました。

c0319737_02292890.jpg今回立ち寄ったのは、外苑西通りにある「FUGA」と言うプランツショップ。
この辺りでは老舗になってきましたね。

子供の頃から植木や観葉植物が好きで、実家にいた時は毎日のように庭で泥まみれになって植物と遊んでもらっていたのですが、実家を離れてマンション暮らしが始まると、なかなか鉢植えも増やせなくなってちょっと寂しい思いをしています。

若い頃神奈川県の藤沢市鵠沼海岸という、ビーチまで徒歩5分という所に住んでいまして、仕事もせず波乗りばかりしている頃がありました。
その藤沢に「アウトテリア民園」と言うプランツショップがありました。






もう25年くらい前になりますが、今ほど観葉植物の種類が豊富でなかった頃、ここに行くとまるで熱帯植物園に住む不思議な形をしたトロピカル植物とか扱っていて、行くと興奮して何鉢も連れて帰るもんだからベランダが目も当てられないジャングルになってしまい、本来の機能を果たさなくなっていました。


今はもっとベランダが狭くなってしまったので、ほぼ新人誘致ができません。
しかも今までに植物を枯らすことがなくて、増えて増えてベランに足の踏み場も無くなっています。
なので、行くと何かしら鉢植えを連れて帰ってきてしまうので自制していました。

でもやっぱり行くとね~

と、言うことで今回連れて帰ってきたのが ”苔玉ガジュマル”
まるで「盆栽」のような樹形で、面白くて、面白くて。
”彼”は今ベランダでまったりしています。
なぜガジュマルが彼なのかと言うと、そんな感じがしたので、そう決めたからです。

あ~でも植物って可愛いですね。

野菜も美味しいしね~
(どう言う繋がりがある!? 脈絡は何か!!?・・一人突っ込み)

と言う1日でした。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

# by farmemory | 2017-04-16 02:37 | ・今日の日記 | Trackback | Comments(9)