「ほっ」と。キャンペーン

◆過酷さと助言◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
スマホ・携帯からお問い合わせの方は PCからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します。



c0319737_00282072.jpg

◆過酷さと助言◆

この長い人生で私たちはいくつもの人生の試練や設問に出会いながら生きてきました。
その中には過酷さを伴う、「強大な試練」に出くわすこともあるでしょう。

しかしその試練が、自分が生まれる前に設定した体験学習としての試練ならば、どれほどそこを避けて背を向けようと決して逃げることはできません・・

例えば恋愛を例に挙げてみます。

今までにいくつかの激しく、時に切ない恋を体験してきた大人たちから見ると、若い人たちが恋に悩み傷つき、時に絶望さえ感じてしまう恋舞台のヒロイン、ヒーローを演じている彼らをみて「若くていいな〜」などと口にしてしまうこともあるでしょう。

微笑ましい笑顔と分かった風な大人の顔をして「今は苦しいでしょうけど、きっとあなたもいつかは恋というものが分かってきますよ」
などと言って慰め、勇気付けなどを口にします。

その若い当人にとって、その時体験している過酷さは、確かに達観できている大人がかつて通った道かもしれません。
しかしそれを彼らは「今」体験しているのです。

それを大人目線で微笑ましいと口にして(ましてその人に面と向かってそう言ってしまうことは)真剣に恋に悩み傷付いている彼らを更に追い詰めてしまうかもしれません。

苦しみを伴う過酷さとは、誰とも比べることができないその人だけの絶対的な体験段階です。

確かに過去にその道を通ってきた人にとっては、そこから多くを学び身にして来たかもしれません。
私もその時を思い出してみると同じように苦しく、それこそ悶絶してしまうほどの辛さを味わった経験があります。

しかし、誰に相談しても、結局は相談相手のスタンスからの答えしか得ることはできず、最後は自分自身で答えを出し、それを超えてゆかねばなりません。
むしろその孤独の中からしか、糧を得ることはできないのかもしれません。

大人目線で彼らに寄り添うことなどできるものではありません。

しかも恋は若い人だけのものではありません。
長い人生を生きて来た人であっても、新しい出会いや縁は必ずやって来ます。

その時、どれほど過去にいくつもの体験して来たとしても、今目の前で始まった恋には全く新しく新鮮な「初めて経験」する「初心者」になるのです。

達観を口にしていた大人たちも、きっと新しい縁に出会った時、またあの時と同じ胸の苦しさ、切なさが蘇ってくるはずです。
そして縁とは恋愛だけを言うのではありません、自分に関わるあらゆる繋がりを言います。
恋も仕事も友人も、趣味も様々に心に浮かんでくる「想い」さえも。

波にもまれて来たんだから「何が来てもへっちゃらさ」と思っていても試練とは全く同じことを繰り返すことではなく、似て非なる新経験を言います。

自分が過去に苦しい道を通ってきて今超えることのできる力を持っていたとしても、高いところから見下ろすような目線で、今苦しんでいる人に寄り添うことは難しいでしょう。

過酷さの中居いる人に寄り添い、今その人にとって必要なことを言えるかは、自分の経験値から言うのではなく、その人が今どのようなステージにいて、何を苦しんでいるかに心寄せ、それを理解するところから始めなければなりません。

もし相手の心に寄り添いたいと思うのであれば、その相手が纏っている(たとえそれがとても重いエネルギーであっても)状態を体感しなければ寄り添うことは出来ないのかもしれません。

今まで長い人生で得て来た体験は、その苦しい心の「状態」を知ることだったのです。
つまり「感情」をです。

「寄り添う」などと簡単に口にできることでないとも感じています、それ相応の覚悟を要求されることでしょう。

何より、自分がどれほど過酷な人生を送ってきたかを披露し語ろうと、また相手の苦しみが「自分にとって」どれほど些細な事と感じようが、高いところからの目線では言葉も想いも、祈りさえも届きはしないでしょう。

だからこそ手取り足取り相手を励まし勇気付けることより、時に助言とは静かに見守ることに尽きるのかもしれません。

真の過酷さとは、決して比べることなどできない、その人個人個人の世界で「今」体験していることなのです。













[PR]

# by farmemory | 2017-02-09 00:30 | 日記 | Trackback | Comments(15)

◆スペースランゲージ講座のご報告(2)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム>>>
スマホ・携帯からお問い合わせの方は PCからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します。



c0319737_21471219.jpg

◆スペースランゲージ講座のご報告(2)◆

間に少し記事が入ってしまいましたが、前回からの続きの記事となります。◆

◆スペースランゲージ講座のご報告(1)◆

さて、今回の講座は、思いの外多くの古代語を参加者の方の口から聞けた、とても興奮する会となりました。

この会で聞くことのできた古代語ですが一種類の言語だけではなく、複数の言語が飛び交いました。
これは地球外生命体が一種類(様々な天体から飛来してきた人々)ではないからです。

地球でも多言語が国や地域、文化が違いにより起こって来たように様々な天体の人々との交流するための言語であれば「その天体の言葉」が存在するのだろうと思っています。

実際にこの日に耳にした言葉は天体で分ければ5種類、6名いました。
またお一人は周波数帯の違う次元での言葉です。

天体の種類はプレアデス、シリウス(2種類・ただしシリウスAとBという2種類ではなく、エネルギー的な違いです)、リラ、オリオン、アンドロメダなどで、まるで宇宙会議(サミット?)の様相でした(笑)

その中のシリウス語が私ともうお一方がお話になりました。
私自身、古代語を話せることを自分で分かっていたのですが、今回のように長いセンテンスを人前で話したことは今までにありませんでした。
機会もなければ、話そうという気が起こらなかったからです。

ところがこの講座では、自分から積極的に話し始めた自分に驚きました。
その部屋の周波数がものすごく高くなっていたからでしょう。

この講座中、参加者がいるその部屋(空間)が明らかに次元が変化してゆくことを実感しましたし、参加されている多くの方の口からそれを感覚的にわかると聞かされました。

様々な方が口にされた言語ですが、それをお話になる方自身ではその言葉を翻訳することはできないようでした。
そこで私がそれぞれの方の言葉を聞き翻訳したのですが、その内容も驚くようなことを含み(近未来の地球や事象にまで言及していました)とても興味深かったです。
お話の内容は参加者の持つ重要な情報も含みますので割愛しますが、今に地球の置かれている現状やこれから私たちがたどる未来に関しても深いし支え得ることができました。

しかしそうした情報を言語として受け取っている訳ではありません。
私の邦訳方法は、簡単なテレパシー変換を利用して行います。

(言語として)理解できないまでも、皆さんの言葉を静かに耳にしてゆくうちに、その言葉は意識の中で様々な映像として、おそらく松果体に投影されてゆくのでしょう。
そして断片的な映像を私なりに肉付けし、脳内で言葉に置き換えて後、日本語に変換して口にするという作業です。

このテレパシーにつして少しおはん獅子sますが、テレパシー通信は今の次元ステージの段階では、そう複雑な情報交換はできまい用です。
例えば

「喉が渇いたので水が欲しい」
ということをAからBにテレパシーで伝えたとします。
この時人によっては様々な感覚でそれを受け取ります。
私はイラストレーターという職業柄、テレパシーで送られる情報をビジョンとして認識するタイプです。
意識のスクリーンにBさんが砂漠の中で喉をかきむしっている光景が浮かんできたりします。
そこから派生し、この人は喉が渇いている、だから水が飲みたいという言葉に至ります。

また水を飲みたいという簡潔な内容に、私が知るその人の経験や記憶から
「1杯の冷たい水を、グラスに注いで私にください」と肉付けされてゆきます。
これは冷たいか、グラスなのかはやってくる情報の中には組み込まれていませんが、見えないビジョンを受けてがが独自に肉詰めしてその文章を完成させてゆくのです。
今の段階でのテレパシーは、まだこうした段階なのだと思います。
いずて、複雑な感情や細かいディテールまで使える時空(周波数帯)にこの地球が入ってゆけば、多くの人が本来兼ね備えているテレパシー能力も蘇ってくるはずです。

それを感じさせることもこの勉強会で起こっていました。

こうしたよく理解できない言葉を聞いていた人たちが大きく変化してことがわかったからです。
うまく説明はできないのですが、皆さんが同席していた時空のエネルギーが急激に高くなったことを多くの方が体感し、様々な表現でそれを口にされたことです。

また言葉自体理解できないまでも、その言葉にどこか郷愁、懐かしさのようなものを感じられたり、その言葉を意味を知ることもなく、参加者の古代語を聞いていた他の方が意味などわからないまでも、その言葉の響きや言葉自体を受け、強く心をうごかされ刺激され、中には大粒の涙を流す方が続出しました。
目を赤く腫らし大粒の涙を流す方を見ていて「この言語は間違いなくかつて存在した言葉なのだ」という確信を、おそらく多くの方がお持ちになったことでしょう。

この遠い古代の言葉に対する哀愁だけではなく、言葉の持つエネルギー「言霊」もやはり参加者の心に響いたのでしょう。

勉強会に参加したことにより、自宅に戻ってから不意に自分の故郷の天体がどこであるか強い確信を持って理解できたというメールもいただきました。
今回の講座では、想像以上に重要な意味を持った会となったこと、自負ととものご報告します。

   ・

後日談ですが、この会に参加され、私とは別のシリウス語をお話になった方から、講座中意味もなくノートに書き記したという「古代文字」を送っていただきました。

このお話はこの回のスピンオフとして近いうち、お送りいただいた古代文字をご紹介しつつ、その文字の翻訳を試みてみようと思っています。おそらくその文字もかつて人類と地球外生命体との間で使われた宇宙文字なのでしょう。
この古代語は、とても重要な近未来に関すること(繋がるヒント)を含んでいると感じています。

解読に少し時間がかかるかもしれませんので、のんびりとお待ちください。


ではでは今回はごきげんよう。










[PR]

# by farmemory | 2017-02-02 21:48 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(1)

◆今日の東京上空-20170128◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム>>>
スマホ・携帯からお問い合わせの方は PCからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します。



◆今日の東京上空-20170128◆

ここの所東京の空がとても綺麗に晴れ渡っていましたが、今日の午後から多数の航空機(らしき機体)がものすごい数、白煙を吐きながら東から西方向に向かって飛んでいます。
高度と方向など今まで観察してきた航路ではない気がします。

せっかくキレイだった空が薄くベールを張ったようになってきてしまい残念です。

カメラを持って屋上に行きましたので何枚か画像を納めてきましたのでアップしてみます。

あまりよくわからないかもしれませんg、かなりの本数の「けむ」らしき白煙が左右に走っています。
観察していたら、タイムリーに一機、西進しながら一生懸命(って感じで)に白煙を出してていますが、しばらくするとどこから現れたか、視界の中にいきなり別の機体が現れました。

こちらの白煙も同じように見えますが、よく見るとどこか違います。
しかもその二機の距離も異常なくらい接近しています。

しばらく見ていると先に飛んでいた機体の白煙と同じようなラインを別の白煙が追いかけるように吐き出されてゆくのが見え、しかも後からの白煙が以下のような形に変わってゆきます。

c0319737_17015814.jpg


この雲は以前にも取り上げたことがあるのですが、短く言えば彼ら「スペースファミリーたち」です。
最初の白煙の有害物質を、後方から来た機体が浄化、中和しているようにも見えます。
実施もおそらくそうした彼らのミッションなのでしょう。

新大統領の「けむ終わらせる」発言の後の光景ですので、まるでそれに対抗するような活動ですが、それ以上に目に見える中和作戦をおこなている彼らの姿も、今まで以上に目にする機会が増えて来ました。
なんとも心憎い事をしてくださいますね。

ありがとう宇宙の人たち。












[PR]

# by farmemory | 2017-01-28 17:05 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(6)