◇アトランティスの夢(後編)◇

◆アトランティスの夢(後編)◆

前回リーディングで見たのアトランティスの情景をお話ししました。
今回はその続きになります。

その最後ではないかと思われる光景も見え、そこでこの時代のリーディングは終了する事になりました。

ではどうぞ。


人々が着る服が、まるで古いSF映画に出て来たものと良く似ている事に驚きました。

これは余談なのですが、例えば映画の衣装を担当する方は無意識のうちにある時代の光景をアカシックレコードにアクセスしているのではと思うのです。
奇抜なデザインだと思っていたそれらの衣装が実はある時代に存在していた、そう考えると得心の行く事でもあります。
この話は面白そうなので別の機会にお話ししたいと思います。

さて、話を戻します。
彼らは私たちが体をきれいにする為の風呂やシャワーと言った、体を清潔に保つ行為をしていません。
もちろん水泳などもしますし、水に体を浸ける事もする様です。
入浴はもう一つ「みそぎ」或は「清め」の様な効果を期待して行う事もある様です。

しかしそれは多くの場合娯楽やスポーツと言った理由と、今の私たちが医療行為として温泉につかる、そう言う様な入浴はが殆どの様です。
日常の生活では水を使った体の洗浄行為を見る事が出来ません。
しかし古くなった皮膚や表皮に着いた汚れなどを落とす必要はあったと思います。

暮らしの場所を見てみました。

体を清潔に保つ用具らしきものがあります。
円筒形をしています、高さは人の背丈より幾分高め。
側面にはアーチ状に穴があいています。
そこに衣服を脱ぎ入ります、すると空気が微弱な振動をします。
その振動によって角質化した不要な表皮や、汚染部質、細菌やウィルスと言ったものが取り払われて行く。
そう言うものの様です。
その時間は非常に短く数十秒と言った所だと思います。

この時代は現在の様に各家にセキュリティーの為の鍵、もしくはそれに準ずるものが見当たりません。
ドアはあります、ほぼ自動ドアと言ってかまわないと思います。
住宅だけでなくあらゆる施設のドアには鍵にかわるものが見当たりません。

少し話がそれますが犯罪を抑止する為、或は未然に防ぐ為、かつまた犯罪者を取り締まるような、今の時代の警察機構が無いように感じます。
セキュリティに関しては犯罪予防と言う観点よりも、危険防止の為にのみ行われていた様です。

つまり犯罪がなかった。。。
そう見る事も出来なくない様です。
あらゆるドアに鍵などが無いのはそれが理由だろうと思います。

さて、食事に関して既にお話ししましたが、文化的にも栄養学的にもそれほど重要ではなく
為に家庭には調理する道具類が見当たりません。
しかし決してものを口にしないかと言うとそんな事は無く、栄養の補給は摂食によるのは間違いない様です。
その食事は多くが植物由来のものの様で、動物性のタンパク源が感じられません。
もしかしたら昆虫をタンパク源にしていたかもしれません。

また家族の構成も大変にユニークです。
父母兄弟が同じ場所で生活しているのは今と変わらない様ですが
父が働き母家事をする、そう言う構図は一切無く、また仕事と言う概念自体無いように感じます。
人々は職業でラテゴライズされる事も無く本来自分が持つ能力を何の疑問も持つ事無く社会に還元する、そう言った社会参加をしているように感じます。

ですので全ての人がその社会の大切な一員として扱われています。
これは年齢も性別も一切関係ありません。

子供を保護すると言う親の義務はあるのですが、子供達の教育に関しては彼らの主体性を最大限に尊重し
その為のバックアップはする様です。
しかし決して指導的な行為はしません。

この時代の人々は非常に進んだ精神性を持っていました。
争いなどが殆どありません。
その精神性の所以でしょうか、世の中に騒音と言うものがありません。
非常に穏やかで、むしろ今の私たちからすると刺激の無い退屈さまで感じてしまうかもしれません。

このような平穏で穏やかすぎる日々が、私たちの感覚からすると大変に長い長い期間続いています。


さて、この時代の終焉の時らしい光景が見えてきました。

その光景の前に、多分に私の主観が入る事をお許し頂きお話ししたいのですが、
この終焉はもしかしたらその時代に暮らす人々の総意なのではなかったかと言う気がします。
なぜなら、その終焉を迎える時期や様子を多くの人々が既に理解していたように見受けられるからです。
その理由の一つが穏やかすぎる平穏な日々であった事は間違いないように感じます。

自由で穏やかで平穏で安全。
そのようなこの社会は、では何故出来上がったか
それは人々の経験から作り上げた世界ではなかったからの様なのです。
そう言う社会が既に存在し、そこに人々が送り込まれた
感覚的な事なのですがそう言った感じを強く受けます。与えられた平穏でもあったかも知れません。

我々が住む今の世界は、この時代とは180度違い犯罪や争いの絶える事の無い時代です。
どちらもバランスに欠けている感があります。
もしかしたらアトランティスの人々は、ある意味閉塞感のある社会からの逃避を計ったのではとも思えるのです。
人々の強い念が一つの文明の終焉を呼びよこした、そんな感じが強く受けます。
以上の事はあくまで私個人が感じたままを書きました。
これはリーディングによる客観的な観察に書き加えたものだという事をご承知置き下さい。


さて、終焉に関して見えました光景をお話しして行きます。

それはかなり急激な変化です。
空が真っ赤、そして真っ黒な雲が螺旋状にぐるぐると渦巻いています。
何日も何日も太陽を見る事の出来ない日々が続いています。

人々はこの後に何があるかを熟知している様で狼狽える人はあまり居ない様です。
しかし終末は確実に近づいているのでしょう人々からは生気の様なものが全く感じられません。

何か空を覆う程の物体?航空機?
とてつもない大きさの物体がゆっくり動いています。
その物体が動いて行く後の地上は惨状とも言える光景です。
多くの魂が天に昇って行きます。

数千数万、それ以上の魂らしきものが渦を巻いて天に昇って行きます。空が真っ赤です。

川が見えます。
その川が溢れてくるのが見えます。
低い方から、津波の様に地面にあふれかえってきます。
そのスピードはかなりのもので、見る見る土地が水没してゆきます。

かなりの天変地異のように感じますが不思議なことに地面が揺れるとか地鳴りがする等の異変は感じられません。

ただただ水位が上がってきます。
都市と思われるあたりは数日のうちに水没しまい、残されたわずかな土地も数ヶ月のうちには完全に水の底に沈んでゆきました。

不思議なことなのですが、この惨事とも思われる光景ですが、人々の阿鼻叫喚のような地獄絵図はいっさいないのです。
あくまで淡々と魂になって上空に昇ってゆく人。
土地とともに水没してゆく人々。皆まるでそれを予感し受け入れているとしか思えない冷静さです。

一方、これは大変に不可思議な光景なのですが
魂にならずにこの世界から去って行く人々がいる事です。

端的に言うと「消えてしまう」のです。
人は死を迎えた後にも肉体を残して行きます。
しかし見えた光景ではこつ然と姿を消して行く人々がいるのです。

これは非常に不思議です。
このカタストロフィーは数ヶ月で人々を飲み込んでしまった様です。

これが今回のご依頼を受けて見させて頂いた光景と
その後更に見えた内容です。
より集中しすれば、更に詳細に渡ってリーディング出来るかもしれません。

ではでは、今回はこれにて。







[ 2010-07-29 12:32 ]


[PR]

# by farmemory | 2013-12-22 23:16 | ・前世リーディングと覚醒誘導 | Trackback | Comments(1)

◇ツインソウル探求の意味◇

◆ツインソウル探求の意味◆

 ツインソウル、双子の魂とも言いますね。
これはいったいどんなものなのでしょう。

 魂は生まれる前一つのコーヒーカップに入った液体だと想像してみて下さい。
それがこの世に生まれる事を決めるとそのカップから一雫の魂がこぼれ落ちてきます、それが個体の魂となって肉体に入ってきます
同時にもう1滴個体の魂がこぼれ落ちてきます。
これこそが双子の片割れになります。
基は同じカップに入っていた同じ魂なのです。

生まれる前、魂はどの肉体にはいるかを自身で選択します。
しかし必ずしもパートナーとなる異性の肉体に双子の相手が入るとは限りません。


 この魂が異性で、パートナーで、配偶者であったら嬉しいと誰もがお思いになる様です。
実際前世を見させて頂いているとその方のツインソウルの存在が浮かび上がってくる事が良くあります。
異性のパートナーとして身近に現れる事は確かに少なくはない様です。

しかし異性の相手と限らないことも決して少なくはありません。

 例えば高校の頃、自分の人生を決定的に変えてくれた担任の教師であったり。
稀ですが、自身に大変ひどい仕打ちをした相手がツインソウルであった、などと言う事もあります。
長い目で見るとそのひどい仕打ちが自身の目を開けさせてくれた事になったかもしれない、つまりこの人生で出会わなければならなかった存在と言う事です。

 更に、ツインソウルは必ずしもこの人生で出会う相手と限った事でもない様です。
直接知り合う事も無く終わる人生であっても、ツインソウルは存在していると言う事なのです。

 もしかしたらアナタが好きなアーティストかもしれません。
その人の作品にであった事でアナタの人生がまるで違うものになった。。。
あのアーティストの楽曲がその時の自分を救ってくれた。。。

でも、忘れないで下さい
魂はツインソウルであっても尊重しなければならない個人です、決して自分と縁が深いからと言って
アナタの「もの」ではありません。

遠くから気がつかないうちにこの人生の支えになる力を送ってくれる存在なのかもしれないからです。

 私は一度の離婚経験があります。
この別れは決して後ろ向きなものではありませんでした。お互いこれから自分の道を歩んで行こう、そう言う理由からこの人生では離れる事にしました。
しかし彼女が私のツインソウルであった事は間違いの無い事です。
語る事無くお互いに認識していました。
 そして今の自分の存在自体が彼女と過ごした日々が無ければ成り立っていなかったのも事実です。
正に私に取って最も重要な存在であった、いえ、離れてなお今でも彼女は心の支えになっています。
しかしそれは異性と言う存在としてではなく、敬愛する一個人としてです。


 現在は今の妻と出会い大変に幸福な毎日を過ごしています。
私は幼い頃から家族と言うものに疎遠で縁が薄く、そして輪廻転生に幼い頃から気付いていた私に取って家族はただの構成単位程度の認識でしかありませんでした。
しかし私は肉体を持ってこの人生に転生して来た以上達観した「スピリチュアルな人」でいる事は非常にバランスの悪い事であったのでしょう。
その私にこの人生で「人間」として生きる事を中年になってやっと気付かせてくれた人が今の妻です。
しかし彼女は私のツインソウルではありません。


 ツインソウル探求の旅は決して意味の無い事ではありません。
しかし今、目の前にいる美しい魂を見失ってしまっては本末転倒です。
あなたのツインソウルはそれを望んではいないはずです。
この人生をより良く生きる事は私たち一人一人の責務でもあります。

生きると言う事は多くの魂達と交流する事でもあります。
ツインソウルだけが自分に取って最重要と考えるのではなく、その存在は心の支えだと認識されたらいかがでしょう。







[ 2010-07-20 11:26 ]


[PR]

# by farmemory | 2013-12-22 23:14 | ・前世リーディングと覚醒誘導 | Trackback | Comments(3)

◇アトランティスの夢(前編)◇

◆アトランティスの夢(前編)◆

ある方からメールでのリーディングを依頼されました。
その方から送られたお写真を拝見して直ぐに、かなりスピリチュアル的に進んだ魂の方だと分かりました。
そしてそのご依頼が非常に希有な内容でした。
それはご自身が過ごした「アトランティス」時代のリーディングを希望された事です。
恐らくご自身感じておられたのだろうと思います。

これから書きます事はまるで夢物語の様ですが、私が確かに見た時代の様子です。
但しこの時代がアトランティスの時代と断定は出来ません、何せ見えたもの全てが始めて見聞き感じるものですので。。。
依頼者の個人的な内容は割愛致します、見えた光景をそのままお伝えしたいと思います。


ではどうそ。



見えた時代は場所の特定が出来ません。
恐らく現在は地図に乗らない所、水没したのではないかと思います。
またそこがアトランティスと特定する事ができません
なぜなら見えている風景や建物等が全く見た事のない、歴史上にも取り上げられていない光景だからです。

感覚的には、かなりな都会ではないかと思うのですが、私たちが知る都会の風景とはかなり異質な感じがします。
今見ている視点はやや上空(地上20メートルくらいでしょうか)から平行に地平線を見ています。
気渡す限り平野の様です。かなり遠くまで建築物らしきものがあります。

遠景にも山らしき高度のある土地が見えません。

確かに都会らしく、それも大都市ではないかと思うのですが突出して高い建造物が見当たりません。
高いもので現在の5〜6階建ての高さ程の建物です。

その外見ですが、根拠はありませんが有機物で出来ている感じがします。色などはかなり地味な感じを受けます。
それよりも目につくのは建造物を覆う植物です。
壁に這う蔦の様なもの、ヤシの木、灌木が建造物と建造物の間に所狭しと生えています。
しかしその植生には明らかに人為的な統制感の様なものがあります。
言わば計画された街並と植物と言う感じです。

しかし大変不思議なのですが建物の立地が非常に不規則です。
見渡した所現在の様に直線的にのびる道路や鉄道軌道の様なものが見当たら無いのです。

ただ建物同士はかなり余裕を持って建てられています。
その間に植物が繁茂し、公園状にきれいに整えられている感じがします。

しかし人の気配はたくさんするのですが、屋外にはあまり人影が見当たりません。
決して寂しさは感じられません。


交通機関をスキャンしてみたのですが、地上を移動する乗物らしきものは見当たりません。
上空にはぽつりぽつりと人工的な飛行物が見えますが、それもかなり少ない様です。
また移動する航空機状の飛行物体からは爆音の様なものが一切聞こえてきません。
移動もかなりの高速で滑らかに移動しています。

その大きさには驚きます。
大型タンカーの数十倍くらいありそうな飛行物体です。
見る限りでは翼らしきものが見当たりません。
明らかに揚力を利用した浮揚ではないようです。推進機関らしきものも見当たりません。

公共の移動機関の様ではありますが日常の短距離を移動する為のものではないのは、その大きさから何となく推測出来ます。
まるで星間移動する為の宇宙船の様です(葉巻型母船ではないと思います)

では通常人々の移動はどうしていたかを見ましたら、大変興味深い光景が見えました。

各建造物の近くや街角の様な所に少し大きめの電話ボックスのような方形の施設があります。
これは公共の移動ボックスとでも言うのでしょうか、
人々は移動の為にこの箱の様な所に入って行きます。

そして手のひらに入る程の石(?)らしきものをあるセンサーの様な部分に当て、異動先を念じると
そこに移動出来るようです。
恐らくトランスポーテーションだろうと思います。


この石の様なものは人々が皆持っているもので、今で言えば機能を備えた携帯電話の様な扱いではないかと思います。
しかし外見上は正に石の様相を呈しています。
色は透明感のあるグリーンで、翡翠の様な、或はガラス製のファイヤーキングの様な色味と輝きを持っています。
会見場は突起もボタンも見当たりません。
それを使用する為には、任意の意思をその石に送り具現化させる、そんな様な機能を持ったものです。


さて、人々が住んでいる地域に関してですが現在の様にオフィス地域と住宅地域と言った様な住み分けは無い様です。
人々は自分の好きな場所、建物を任意に選ぶ事が出来、住宅に関しては無償で提供されています。

この時代、「食」と言う概念が今程文化的な扱いを受けていないように見えます。
食べているものの詳細が分かりにくいので、何とも表現しにくいのですが今の様な食物は摂取していません。
食事風景も大変簡素なもので、今の様に家族で食卓を囲むとか同僚や友人との会食を楽しむと言った光景が見られません。
普段の生活では今の様な食物は摂取していない様です。
あまりこの時代は食に関する文化が深くない様で、現在の様に文化人類学的に見る食文化と言う点では、言わば貧相とも言える光景です。

人々にはその人を特定する為に職業でカテゴライズする事が無い様です。
スキルや知識は重要視される様ですが、生きる事へのモチベーションと言うか生き方と言うか
そう言ったものを大変に重要視しています。
人にランクは無く、極めてリベラルな感じがあります。
経済的な格差などもあるにはある様ですが、取り立てて人々の生活上ではあまり意味をなさない様です。

アートなど創造的なものに携わる人々は大変尊敬を受けています。
また娯楽と言うものもある様で、音楽や創作と言った物が大変盛んに感じます。

メディアもありますが今の資本主義的な社会構造ではないのでスポンサーと言う概念が無く
極めて公平な情報発信と、教育、映像芸術としてのあり方がこの時代のメディアの状況の様です。


また、一方科学的な部分で見ると、今では想像もできない程の高度なものがある様です。
ですので科学者と言う人々もかなり上位の扱いを受けています。


家族と言う構成単位が非常に希薄に感じます。
確かにDNAでの繋がりのある集団での共同生活は送っている様ですが、大人と子供、どちらも同じランクの扱いを受けます。
外見上子供であっても非常に優秀な知能を持っていたり、高度な理解力を持つ人がいます。

また人々の平均年齢が考えられない程長い様です。
今回の依頼主のかたですが、見えた時には外見上壮年の様でした。
しかし年齢は有に300歳を超えていたらしいのです。
人によっては500年以上の寿命を持つ人います。

そう言った事から私たちが思う様な家族構成は成り立たない様で、言わば魂的な縁の方が重要視されていたかもしれません。


さてその時代多くの人が着ている服が見えます。
頭にはヘルメット状のかぶり物、アンテナの様な突起物が見えます。
それは器具などでは無い様で装飾的な意味合いのあるものの様です。
着ている服は、素材などが分かりませんがかなり光沢のあるシルクの様な生地でできたもの
マチエールはツィードの様な質感です。
方が少しだけ張った様なデザインで、見た様な感じは80年代にはやった肩パッドの入ったジャケットの様な感じです。
長さはロングコート程ありチャイナ服の様に左右に太もも付近までスリットがが入っています。
ボトムにはスラックス状のものを履いています。色は灰色がかった明るいブルー。

この服装は見える限り皆同じように見えます。
しかし制服では無い様で、言い換えれば皆服装での個性が無いように感じます。
そして個人が、自分を表現するのは外見ではなくその個人個人が持つ精神性に重きを置いている感じがあります。
名前さえ重要視していない感じがあります。



このリーディングは長くなりましたので今回はここまでにします。
この文明が終わる瞬間も見えましたので次回にそのお話をしたいと思います。

では今日はこれにて。









[ 2010-07-25 22:19 ]


[PR]

# by farmemory | 2013-12-22 23:14 | ・前世リーディングと覚醒誘導 | Trackback | Comments(0)