「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◆今日の画像◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆今日の画像◆

興味深い画像を昨日9月28日に撮りましたのでご紹介します。

下の3つの画像は東京杉並から西の夕刻を写したものです。

●先ず最初の画像は自らも光りつつ、金色の光の帯を引きながら飛び去って行くシップです。
夕焼けが始まりかけた西の空にかなりの光度で輝いていて、地平線に隠れるまで明るく輝いていました。
こうした後方に金色の航跡を残して飛ぶシップは何度も見かけるスタンダードなものですが、後ろ向きに強いライト状の光、しかも並列に2個並んでいるタイプは、今までに2回程しか見ていない珍しい機体です。
c0319737_16471978.jpg



●下はブルーがかったきれいな彩雲を見つけたので写した所、映り込んでいた黒っぽいエネルギー体です。
上のシップに比べれは遥かに近接した場所に居たので、後で確認して気が付かなかった事を残念に思ってしまいました。
この黒く輪郭のはっきりしない黒い物体も今までに見ていますが、今回はかなりの大きさである事が特徴かと思います。
以前にもこのブログでも何機か紹介していますが、やはり目視では確認出来ず、後で確認出来る事が殆どです。恐らくかなりの高速で移動しているものと思います。
人の動体視力では追いつかないのかもしれません。
c0319737_16475290.jpg



●下は一見何の変哲も無い航空機の航跡に見えるのですが、見ている間中、航空機と思われるものは一切確認出来なかった興味深い画像です。
西方面から東方向に(画像では下から上に向かって)流れて来たと思われる何らかのエネルギー(或は見えないだけで、エネルギー体かもしれません)が雲を引き裂いて行く場面です。

一見飛行機が雲の中を直進しながら雲をかき分けて行った跡の様ですが、実際は見えない何かが西方向から雲をかき分けて、この様な形にして行くのを確認しながら見ていました。

夕日の映る左側の雲は、なにか雲をめくり取った様にも見えますね。
恐らくこれもシップの移動時に出来る現象なのでしょう。

この雲に筋を残して行く光景は今までにも何度も見ていますが、今回はそれが出来て行く過程を確認出来た事が興味深かったです。

この日は午前中からかなり頻繁にこうしたエネルギー体が飛び交ってるのを感知していました。
この28日と言う日にちにその理由があったのかもしれません。意図的な重いエネルギーの流入も感じていたので彼等ファミリー達のミッション行動だった筈です。
c0319737_16481112.jpg



●最後の画像は自宅上空、昨日のスーパームーンです。
良く撮れたのでシェアします。
c0319737_16483498.jpg



ではではまた!








[PR]

by farmemory | 2015-09-29 16:52 | ・コンタクト | Trackback | Comments(1)

◆変化の始まり、啓蒙の形◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



今回の記事の始めに、全くの「押し売り」で最近とても気に入ってるアーティストのご紹介をします。
フランスのZAZと言うアーティストで、特に中央アジアでは大ブレイクしている様です。
ハスキーな歌声に思わず聞き惚れちゃいます。so cool!




◆変化の始まり、啓蒙の形◆

さて話し変わって。

9月もあと数日、変化の始まりの月が終わろうとしています。
そして本格的となって行くであろう10月に突入です。

9月はその予兆があらゆる所で起こっていました。
地質や気象、経済や政治等あらゆる所にそれが見て取れた筈です。

一見悪い方に感じてしまう事象もあったかもしれませんが、くれぐれも不安を抱かせる様な啓蒙、予言には流されないでいる事が大切です。

前回起こった日本での水害一つ取っても、それが感じられます。
その水害さえも単なる災害と言う一面ではなく、この大水はかなりの確率で表土を流し去って行きました。
そしてその水害があった場所をスキャンしてみると、その表土の剥離によって「除染」が行われた事も感じています。
高い線量を示していた地域と大雨のあった場所がリンクしていました。

人の手で表土をはぎ取る除染では、人の住む場所や農地等がやっとでしょう。
しかし雨は全ての地域、人が手を入れられない山奥や荒れ地にまで万遍なく降り注ぎ汚染を流し去った事がこの大水のもう一つの側面と強く感じています。

ある一面だけで捉えると、災害の側面がクローズアップされるのは当然の事でしょうが、あらゆる事象には決して一つではない別の面も潜んでいます。
そしてそれは未来への変化に繋がって行きます。

逆に今月は多くの、かなり大きいネガティブ事象が起こると言う予言めいた事も伝えられて来ていましたが、それも高次に向かい歩む方のタイムラインでは起こる事がありませんでした。
これも次元が上がりつつある今の「変化の特徴」でもあるでしょう。

またあまりに不安を煽る中には、人々にネガティブ意識を起こさせる意図的な「活動」もあるでしょう。
しかし、発信者には全くそうした意図もなく、おかしな組織にも関係がなくても、ネガティブ思考に傾き始めますと、その不安と怒り、傲慢で威圧的なエネルギーに入り込んでしまい、自分が気が付かないうちに不要な不安を啓蒙してしまう事さえあります。

つまりネガティブ側のスピーカーとなってしまうと言う事です。
その場合は自分ではそれとは全く分かりませんので、大切な事を伝えていると言う「自負」さえ持ってしまいます。
この危うさは誰にでも当てはまる事ですので、危険やリスクに意識を過度に集中させる事無く心を常に穏やかな平静状態に保つが重要となります。

情報発信に於いても、危険の冷静な啓蒙とネガティブに絡めとられた不安から来る啓蒙、これらは似て非なるものです。
またある事象に対してジャッジをせず自らの「感覚」によって冷静に見つめる事と対局にある事象に対しての攻撃的な批判や言動も、私自身も気をつけたいと思っている事です。

これからの時期、自分の意識がどこに向いているかで自分自身の道も変わって来てきます。
ただし、これは3次元に留まったり戻ったりすると言う事ではありません。
今の次期高次に向かうと決めた魂に取っては、低次に戻ってしまうと言う事は無いでしょう。
しかし、そのスピードに大きな差が生まれてしまいます。

次元移行の進捗は個々人みな「自分の移行スピード」を持って進んで行きます。
時には数年単位の時間差となる事も決して稀な事ではありません。
その違いの一つが、自らの意識の状態と言う事になります。

また、ある情報に触れた時、自分の中に「取るに足らない様なほんの小さな違和感」でさえ、重要なメッセージを含み、自らの安全を保って行きます。
そうした些細な違和感がある時には一時静かに見守り、それでも違和感を拭いされない時には静かにそこを離れて行きましょう。

そして同じ啓蒙であっても何が正しいかの判断は脇に置き「不安は無い」「希望を持てる」「明るさや楽しささえもある」と感じるものに触れて行って下さい。


   ・


最後に彼女の曲の訳詩を添付します。

Les passants  通行人     《宇藤カザン訳》

Les passants passant, j'passe mon temps à les r'garder penser, leurs pas pressés, dans leurs corps lésés, leurs passés se dévoilent dans les pas sans se soucier

通り過ぎて行く人々を眺めながら想いを巡らし時が流れる 
急ぎ足の彼ら、傷ついた体に
気がかりのない足取りに彼らの過去が明るみになる

Que, suspicieuse, à l'affût,
je perçois le jeu de pan, leurs visages comme des masques me fait l'effet repugnant, que faire semblant, c'est dans l'air du temps.

なんと、疑惑に満ちて、待ち構え
あたしはひらめいて感じ取る
彼らの見せ掛けを装う仮面のような表情はあたしを不快にさせるけれど
それは今の風潮なの

Passe, passe, passera
la dernière restera

通りゃんせ、通りゃんせ、通りゃんせ
最後の人は通しゃせぬ

L'enfant n'est fait que de fêtes,
le fait est que l'effet se reflète à sa capacité de prendre le fait tel qu'il est
sans se référer à un système de pensée dans sa tête.

子供にはすべてがお祭り騒ぎ
そうするのは思慮深く考えての事ではなく
そうするのは子供なりにできる限りの事をしているだけでしかない

L'automne dèja, c'était l'été hier encore, le temps me surprend, semble s'accélérer, les chiffres de mon age, m'amènent vers ce moi rêver

きのうまで夏だったのにもう秋が来てしまった、速さを増しているような時の流れに驚き、あたしの歳があたしの夢へと誘う

Passe, passe, passera
la dernière restera

通りゃんせ、通りゃんせ、通りゃんせ
最後の人は通しゃせぬ

Chaque mois se joue dans des cycles différents,
c'est marrant ces remous qui m'animent à travers l'temps d'un état à un autre,
j'oscille inexorablement

それぞれの月には異なる表情がある
通りの人波は面白くて時間も忘れてあたしを楽しませてくれる
あたしは厳しく揺れ動く  

Par les temps je cours à l'équilibre
chaque jugement sur les gens me donne la direction à suivre
sur ces choses en moi à changer
qui m'empêche d'être libre

時を経てあたしは落ち着く方向に向かう
人々のあたしの自由を妨げるようなそれぞれの判断が
色々とあたしが変わるための進む方向を与えてくれる

Les voix se libèrent et s'exposent dans les vitrines du monde en mouvement,
les corps qui dansent en osmose,
glissent, tremblent, se confondent et s'attirent irrésistiblement

声は解き放たれて移り行く世の中のショーウインドウに飾られる
それらを浸み込ませて踊りだす体
滑り、震え、交じり合い、押さえがたく惹きつけられて

Par les temps je cours à l'expression,
chaque émotion ressentie me donne envie d'exprimer les non-dits
et que justice soit faite dans nos pauvres vies endormies

時を経てあたしは表現することに向かう
それぞれの甦る感情があたし不特定の人に表現したいという想いを与える
眠れる貧しい人生に正しい判断が下されるべきだろう

Passe, passe, passera
la dernière restera

通りゃんせ、通りゃんせ、通りゃんせ
最後の人は通しゃせぬ







[PR]

by farmemory | 2015-09-27 15:16 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(5)

◆今日の東京港◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆今日の東京港◆

今日は知人のブライダルの2次会クルーズで久しぶりに東京港に出て来ました。
気持ちよく晴れ渡った秋の空です。
c0319737_23142525.jpg



羽田沖辺りで上空にいきなり龍体の雲が現れて、徐々に細長い形に変わって行く所を撮影出来ました。
c0319737_23144366.jpg
(雲の画像ー左から右に変化して行きます)

またかなり高い高度を一機の航空機がしきりにケムらしき白煙を出していた所、急に後方同高度(いきなり視角に入って来た感じです)に真っ白な機体が、前方の飛行機をまるで追尾して行く様に飛んで行きます。

すると前の飛行機の白煙が見事に消去されて行きました。
まるで煙散布屋さんとスペースファミリーの鬼ごっこのようで笑ってしまいました。

また船の科学館を通り過ぎる辺りでかなり重いエネルギーを感じました。
あの周辺には何らかのエネルギーが降りて来ている(発生している)のかもしれません。

ここの所東京湾周辺に何らかのエネルギー干渉がある様なのですが、それもかなりの確率でインターセプトされている事を実感しました。

本当に彼等スペースファミリーには感謝感謝です。








[PR]

by farmemory | 2015-09-22 23:13 | Trackback | Comments(4)

◆一抜けた◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆一抜けた◆

全ての道は未来に続きます。

c0319737_11521964.jpg
*画像は特に意味ありません、オマケざんす


意図して画策される混乱も、不遜も、不安や怒りを誘う行為も天の采配は完璧にその逆手を取って未来の糧として行きます。
そして人為的に行われるあらゆるネガティブ行為は既に封印され始めています。

国が傾く程の巨大な人口災害も起こる事は無いでしょう。
世界大戦等いくら画策しようと、もうその道は断たれています。

今私達が目にしている人口災害も、火の手を広げようと必死に仕掛けられている地域紛争も、世界を混乱させる程の力を持ってはいませんし、阻止もされています。

更にはその作為自体も、天は次元上昇へのエネルギーにさえしてしまいます。

見方を変えると、今私達が目撃している事の一部は東洋医学で言う「好転反応」と見て良いのかもしれません。
改善、治癒される傷も病巣も(その疾患か重ければ重い程)改善されるその前に更に重さを増して来る事があると言う事です。
ますます悪くなっていると感じる事があっても、それが深く潜んでいた(狡猾に隠れていた)膿みが表層に現れて来ている段階を指します。
浄化は陽に晒されて起こります。

人々が不安視する何らかの法案自体が可決されたからと言って、過度に狼狽え不安を抱けば、戦争と言う低い周波数が存在する次元に引き戻されて行きます。
そして混乱や不安、怒りを人々に引き起こそうと言う側にまんまとエネルギーを与えてしまいかねません。

しかしそれでも旧次元と高次との距離は縮まることなく日々距離を空けて来ています。
彼等に光を渡すため、この世界から少しでもネガティブエネルギーを減らすため、今日と言う1日を能天気に笑顔で過ごして行きましょう。

今目にしている事が理解に及ばなくても全てが未来に続く道、その道を自分は間違いなく歩いている。
その信頼を自分自身に向ける事が肝要です。

一見すれば絶望と思える事象も囁きも、そこを通り抜ける事が未来への道でもあります。
いずれこの先
「あの時絶望を感じた事象はこのためだったのか!」
と思える時も来る事でしょう。

自分は未来への道を希望すると自らに誓う事により、その試練を無事通り抜けて行けます。
そして天使や精霊達、何よりハイヤーセルフと言う強いバリアと導きがある事を忘れないで下さい。


茶番の旧次元から「一抜けた」で行きましょう。









[PR]

by farmemory | 2015-09-19 11:32 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(11)

◆阿蘇の噴火にあたり◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆阿蘇の噴火にあたり◆

阿蘇が噴火しました。
今後は各地での地質活動も頻発してくるでしょう。
阿蘇の噴火は加速の始まりと感じています。
「変化への目視出来る始まり」
とも、言えば良いでしょうか。

人為的な噴火や災害は今後も彼等スペースファミリー達によって押さえられるでしょうが、変化のための噴火などはむしろ始まって行くと感じています。
全ての自然現象を押さえる事も、予知する事も残念ながら難しいでしょう。

更に言えば予言や予見も、次元上昇の中では無効になって行きます。
それは予言が出来ないと言う事ではなく、その予言は自分にのみ有効なものであり共有は出来ないと言う事です。
恐れを抱けば、その怖れが現実化して行きます。
自分の中で「大丈夫」と感じ、響いて来たのであればそれが自分に向けられた予言となります。

高次へ進むための変化を求めたのであれば、今自分が見聞きしている事はその希望に応えた事象(未来への布石)だと理解して下さい。

   ・

○「何か嫌な気がする」
●「根拠は?」
○「ないけど・・・」
●「何を臆病になってるんだ、バカバカしい」

時に臆病さを人は笑います、馬鹿にもされるかもしれません。
ですからその臆病さを人に語る必要なく、例えば嫌だと思う場所に向かわない、ただそれだけで良いのです。
体験もしていない恐怖に怯え狼狽え心乱されることと、冷静に臆病になる事とは違う事です。
恐怖はネガティブエネルギーを作り出しますが、冷静な臆病さはそうしたエネルギーは作り出しません。

100回に1回しか現実化しない事象であろうと、人に馬鹿にされようと、自らの「心の声に従う時身を守れる」と言う事を覚えておいて下さい。

そして先ずは今「自分が無事」で有る事に目を向けて下さい。


少し話が変わりますが、日本の遥か南海上で「西之島新島」が生まれて来ています。
しかも遥か古代の(大陸が生まれると言う)火山活動が今始まっています。

失われた大陸が今また地上に姿を現して来ている、その一端でしょう。

今までの旧西之島に住む海鳥達はその噴火によって住む場所をなくしていますが、それでもほんの少しの場所を見つけて繁殖さえ続けていると報告されています。

鳥達に取っては、新島の噴火は「巨大災害」でしょう。
それでも鳥達は恐れを抱く事無くしたたかに生きています。
鳥達は知能レベルが低いから恐れ等ないのでしょうか?

もちろん彼等にも人程でなはいでしょうが、恐怖心はあるでしょう。
しかし身がすくみ動けなくなる程狼狽える恐怖に苛まれる事はありません。
カエルが蛇ににらまれて身動き出来ないと言う話もありますが、これは蛙が恐怖を感じたのではなく「摂理」と「人生のスケジュール」を理解したとも言える事です。

かつでアジアで起こった大地震の折り、象が足枷を引き契って一目散に高台に逃げ危うく巨大津波から逃れたたと言う逸話が残っています。
その時、象は恐怖心で心乱してパニックに陥ったりはしていません。心の声に従って臆病なまでに、まっしぐらに高台を目指しました。
その時の象達の行動には、思考は存在ていなかったでしょう。

無為な恐怖心はパニックさえ引き起こし、結果として自分の中に混乱を引き起こします。

「恐れない事」
これは小学校でも教えるリスク管理の初歩です。
常に冷静な判断が、見えない安全な道を選ばせてくれます。

地球は生きています、意志も持っています。
今後は予想だに出来ない所で、しかも私達が思いもよらない形で起こる事が「真の変化」となって行くでしょう。
予言も予見も無用です。

災害を煽り人を恐怖させ、責任のなすりあいをしているメディアから一歩離れ、冷静に淡々とリスクを見据えると同時に、意識を広げ「自分に取っての身の安全」に聞き耳を立てる事も行ってみて下さい。











[PR]

by farmemory | 2015-09-14 15:44 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(7)

◆プラーナエネルギーの取り込み◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆プラーナエネルギーの取り込み◆

c0319737_21541930.jpg
サービス画像(新宿高野のマスカットのパフェざんす)


●さて9月12日早朝の関東地方の地震ですが、前日から電子機器の誤動作や、デジタル表示の異常があった後のものでした。

やや気になっていた時に起こったものですが、この電子機器の誤動作はなんらかの電磁波干渉に影響を受けた事によるものではないかと感じています。
地震の発振場所は東京アクアラインのほぼ直下でした。

しかしギリギリの所でスペースファミリー達の介入があり、大きな揺れを回避出来た事を感知しています。

しかしこの記事を書いている今も電子機器の誤動作は続いているようです。
そのため追記と、そのエネルギーの回避の仕方を記載しておこうと思います。


作為的な電磁波エネルギーは、人工的な地震や台風の操作にも使われる様ですが、それに加え極めて低い周波数のネガティブエネルギーも伴っています。

そのため通常なら、あまり気にもしない日常の些末な(気になるかな?程度の)事象でも、過度な不安や怒りに増幅されてしまう事があります。

そこに引き込まれない様、引き続きポジティブ意識の中に留まる様に心がけたいと思います。

その一つの方法として、健在な意識状態を保ちながらのプラーナエネルギーの取り込みをお勧めします。

できるだけ穏やかな意識状態保ち、宇宙に意識を向けます。
そしてそこにあるプラーナエネルギーをクラウンチャクラ(頭の真上)から体を貫く管(プラーナ管)に流し込むイメージをします。

上手く取り込めた時は頭頂部に「ズン!」とか「どすん!」とか感じる事もあります。
健全な意識、精神状態で取り込まれたこのエネルギーは自分の中で増幅されて行き、身を守る様なプロテクトバリアとなって、ネガティブエネルギーの侵入を阻止してくれます。

出所の分からない不安や、憤り等がある場合にも有効なので覚えておかれるのもよいかと思います。

◆プラーナエナジー(1)◆
◆プラーナエナジー(2)◆
◆プラーナエナジー(3)◆


ではでは取り急ぎ。











[PR]

by farmemory | 2015-09-12 21:30 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(6)

*緊急です*

今、茨城の鬼怒川や各地の河川で堤防が決壊しています。

皆さんの意識をそこに向けて下さい。
救出を待つ方の安全、氾濫する水へ静かになってくれる様意識を向けて下さい。

しかし決して恐れを抱かない様にして下さい、それも被害を大きくします。
恐怖や不安ではなく、ただただこの地の平安を祈って下さい。

救助が無事に済んでも水はしばらく滞留しますので、引き続き「水」に穏やかさを取り戻してくれる様、語りかけて下さい。

お願いします。








[PR]

by farmemory | 2015-09-10 14:38 | Trackback | Comments(14)

◆茜と群青◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆茜と群青◆

c0319737_0243454.jpg


人は言う

真実に目を向け、目を覚ませ
欺瞞と戦い拳を上げ叫べと

その言葉にある「強制と怒り」



私は見る

水平線に昇る太陽と緑
水平線に沈む夕日の茜と群青

その美しさにある「安堵と平安」



望むべき道は自らの中に有り
自らの選択は自らの道となる









[PR]

by farmemory | 2015-09-07 00:25 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(7)

◆望むべき奇跡ーガブリエルからの伝言ー◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



オマケ1

美味しそうでしょ?
でも本文とは全く関係ありませんのよ、オ・マ・ケ

オマケ2

利他とは、自分の想いそのままに生きる事。
3次元を後にし高次に向かうのであれば「ワンネス」を理解出来ていると言う事。
自分を大切にすると言う事が、すなわち利他に繋がると言う事。
他者を大切にすると言う事が、すなわち自分を大切にすると言う事。

c0319737_0233545.jpg


◆望むべき奇跡ーガブリエルからの伝言ー◆

共有出来る奇跡を求めてはなりません。
奇跡は自分だけに向けられるものです。

何故ならこの世界が自らの想念で造り上げられたものだからです。

奇跡は自らの世界で起こりえる事なのです。
奇跡は他者と共有せず、同じ奇跡に辿り着け無い事もあります。

しかしその奇跡が自らの願いに合致しようとも、それを作り出す自らの意識に依存します。

何のために奇跡を望みますか?
その奇跡を願う意図は「利他」ですね?








[PR]

by farmemory | 2015-09-03 00:57 | ・ハイヤーセルフとガイド達 | Trackback | Comments(13)