「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

◆葉山沖の不思議◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆葉山沖の不思議◆

昨日、仕事の入稿も一段落したので思いつきで葉山の海に出て来ました。
海上はもう真夏でした。
今年始めての日焼けを腕にして来て、今真っ赤です。

昼頃沖合で、かなりたくさんのカタクチイワシのナブラがあり鳥山も出来て騒々しかったのですが、沖合で不思議な体験をしました。

気のせいかもと言われれば強く否定も出来なのですが・・・
でもやっぱり不思議でした。
この海域にはボラも沢山居ますので、船を走らせると時折飛び跳ねる事が有ります。
昨日もそうした魚らしき形跡を見たのですが(複数回)
その2回程がとても興味深いものでした。

水を割って飛び出して数メトール先に着水する、その「魚」の姿が全くないのです。
まるで透明の魚が海面から飛び出し、姿が無いまま着水し水しぶきをあげた様です。

目視からカタクチイワシの様な小型の魚では無く、それこそ大きなトド(ボラの最大に大きくなったのをトドと言います)クラスの魚が船の真横や前方で確認出来たのです。

なんでしょう、あれ?

ちなみにこの海域では以前にも不思議を沢山目撃しています。
一回は「龍」と思われる様な長くくねる何者かが水面直下を泳ぎ去る光景です。
長さにして有に数百mは有るのではないかと言う巨大さで、小舟の上で腰を抜かしかけました。

直ぐにそれが「龍体」であると理解出来たのですが、もしかしたら今回のは龍の赤ちゃんかな?

龍はシリウス発祥の生命体です。
全く持ってシリウスのエネルギーの影響下にある葉山沖の海、ここは実に興味深い場所です。

残念ながらその不思議な着水を撮影する事は出来ませんでいたので、オマケで葉山沖の画像を貼っておきます。
コンタクトワークを行うイベント会場も画面に見えています。

c0319737_1432833.jpg


今日は息抜きで・・










[PR]

by farmemory | 2015-05-28 14:31 | ・コンタクト | Trackback | Comments(4)

◆今日のミカエルからの伝言◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆今日のミカエルからの伝言◆

自らの道を自らに問う時です。

向かうべき場所は。
成すべき仕事は。
そして、自らがいかなる世界に立つのかを。

曖昧な時は過ぎつつ有り、真の明日を自らの王国の中に造り出す時となりました。

何処に向かうかを知るのでは無く、どこに向かうかを自らの意思で決めなければならない。
外に答えを求めようと、真の答えは内にのみ輝くものです。

書籍に書かれる真実も、他者の言葉の真実も、その人の未来と真実であり、答えは共有出来るものでは有りません。

自分の言葉で未来を語り始めましょう。

その言葉に天の摂理が有るのであれば、答えを共有する時も来ます。
孤高と感じるその旅を続けながらも、多くの見えない者達の支援を受けている事を信じて下さい。
全ての魂との永遠の繋がりを持ち明日に向かって居る事も決して忘れてはなりません。

あなたは決して一人では有りません。
自らの意思を天は微笑みと共に見守っています。

知りたい答え、知りたい道標、知りたい真実。

その全ては、自らを信じる時、自らに与えられる事を忘れずにいて下さい。









[PR]

by farmemory | 2015-05-25 10:49 | ・ハイヤーセルフとガイド達 | Trackback | Comments(17)

◆最近のアポカリプティックサウンド◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆最近のアポカリプティックサウンド◆

ここの所鳴り響く回数が増えているアポカリプティックサウンドですが、先日屋上で洗濯物を取り込もうとしていたその時、道路側の同じ目線の高さで大音響で鳴り響きました。
それはもうデッカい音でしたので、さすがにビビりました(笑)

この時は連続したり継続したりせず、単発でした。

今まで聞いていた音は天空からとばかり思っていたのですが、今回は目の前で(あくまで感覚的ですが)鳴りましたのでその高さにも驚きました。

下の画像はあくまでイメージ画像なのですが、感覚的にこの位の高さで「鳴った」のです。
c0319737_1122162.jpg


アポカリプティックサウンドの出所ですが、幾つか感知しています。
一つは時空間(次元)を移動する時にスペースシップが起こすソニックブーム(衝撃波)的なもの。
もう一つは、正に高次元からの何らかのメッセージ。

私はこの2つが主な出所と理解しています。
(あるいは複合的なもの)

音自体あ心地いいと感じる音とは言えませんが、正にラッパ音の様です。
参考までに、私が良く聞くアポカリプティックサウンドに良くにた音源が有りましたので貼っておきます。
これ程長く継続してなる事はなく、どちら家と言うと大きな大で単発と言う方が多い様です。

試しに自分でも録音してみたのですが、余り良く聞き取れそうにないので、同じ様な音ををアップしてみました。



私がこの音を聞き始めたのは、思い起こすと今から7年くらい前になると思います。

最初は向かい側のマンションの上階の人が、錆付いた窓枠を無理矢理こじ開けているのかなと思っていたのですが、それから数年後ネット等でこれに酷似する音が有る事を知り、またそれと時を同じくしてヨハネの黙示録にある「天使のラッパ」「終末の合図」なのだと言う事を知りました。

この向かいのマンションは、その時に新築でしたので随分雑な施行をしたもんだと思ったものです。

恐らく次元移行に伴って始まったと感じています。
これから各地で観測されて行くのではないかなと感じています、皆さんも耳を傾けてみて下さい。

と、この記事を書いている今、外からしっかり響いて来ました。
やっぱりメッセージでもあるんですね。








[PR]

by farmemory | 2015-05-19 01:13 | ・コンタクト | Trackback | Comments(8)

◆映画に関して少し◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆映画に関して少し◆

映画「美しき緑の星」がネット上で削除される理由は”著作権”に関わる事も有るでしょう。
私もクリエーターの一人として思う所も有ります。

もう一つ、この映画が削除し続けられる理由を感じています。

既にお話ししています通りこの映画の中には多くの真実だけでなく、次元上昇を加速させる為人類の意識の覚醒を促す意図的な覚醒エネルギーが入っていると言う事です。
恐らく監督であるコリーヌ・セロー さんは、スペースファミリーがウォークインした、あるいは既に物理的コンタクトを取っているコンタクティと理解しています。

楽しくも美しいこの映画には、見えないエネルギーが添えられ、見るものに強い影響を与えます。
具体的には、覚醒を促し(眠っていた意識を揺り起こし)、また次元上昇を目指す私たちのDNAに直接干渉し、変容の促進を持つ筈です。
これもやはり、この時期にこの映画から「鍵」を手にすると決めた人に対し渡される変容の解除キーとなるものです。

むろんその作為は不特定多数に向けられる様に見えても、個々の魂が生まれる前、遥かな昔、契約としてこの時期に、この映画に触れる事により強い覚醒エネルギーを得ると言ういわば「約束」により作られた映画と言う事になりましょう。

私のブログであれ、他の情報ソースであれ、偶然を装いながらこの映画を目にしたと言う事は、決して偶然では無く、そのルートを辿り映画に辿り着くと言う完璧なシンクロニシティなのです。

こうした事を不都合に感じる側から見て、これがもう一つの削除しようとする大きな理由なのでしょう。

この映画に表現されているシーンの数々、言葉の一つ一つがリアルな事象として理解出来ています。
(自身が意識体となって、過去他の天体からこの地球を目指したその時の光景や想い等)
真実を伝える事に抵抗や干渉、ハードルを立てられる事が多い事も事実だと思います。


優しいエネルギーを持ったこの映画の美しさと、何より「真実」に触れる事が出来、覚醒の為に私たちがツールとして使う事が作者の意志に添うものと思います。

   ・・・・・

*以下、監督であり主演であるコリーヌ・セローさんのお言葉です*

世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーな映画を撮ってみたいと思いました。それで長い時間をかけて考証を行ったのです。無駄になったシーンやアイデアを書き留めたノートが何冊にもなりました。次から次へと疑問が生じたのですが、そのすべてに答えが得られたわけではありません。そうして、風にそよぐ木々に見守られながら、台本の執筆に取りかかったのでした。

完成した台本を見た人たちの反応は実にさまざまでした。このプロジェクトの資金援助には乗り気でない人たちが何人もいるとプロデューサーのアラン・サルドが言います。「本当にこの映画を撮るつもりですか?」と彼が言うので、私は熱を込めて「もちろんです」と答えました。

かくして映画は封切られたのですが、完全な失敗でした。誰も興味を示さなかったのです。客が入らず、批評家からは酷評されました。業界にとって、この作品は理解不能のUFOだったのです。しかし、この映画は死にませんでした。こうした逆風にもかかわらず「美しき緑の星」は生き残り、生き物のように成長し、人の話題となったのです。この映画が必要とされているからでした。この映画が世の中に発するメッセージのためだったのです。一緒に映画を見て語り合う「美しき緑の星」クラブのサイトが、いくつもインターネットに見られるようになりました。

私は早すぎたのでしょうか? この映画のように価値観を根底から問い直すことで世の中を変えることが必要な、ぎりぎりの瀬戸際まで私たちは来ているのかもしれません。


コリーヌ・セロー












[PR]

by farmemory | 2015-05-15 16:01 | ・コンタクト | Trackback | Comments(9)

◆ボール型宇宙船◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆ボール型宇宙船◆

の記事は前回取り上げた映画「美しき緑の星」の内容に関するお話となります。

冒頭、溜め息が出る程柔らかく温かい人々が住む星から私たちの地球を目指す人(ミラ)が、丸い大きなボール状の球体となって上昇して行くと言う光景が有りました。

この光景を観念的、象徴的に捉えてしまいがちですが私が今まで何人かの方に行って来た覚醒誘導で、正にこれと酷似する光景を被験者の方と何度となく「目撃」して来ました。

星自体はシリウス、プレアデス、リラ、アルクトゥールス等様々な天体でしたが、地球を目指す人々が、どの様にして広大な宇宙空間を移動(宇宙旅行を)して来たかは、正にこの映画の冒頭にある球体となって宇宙空間に出て、そこから地球を目指す光景でした。

なぜどの天体でも、このエネルギーボール(宇宙船ボール)になって時空を超えるのかと言う事が、科学的なテクノロジーなのだと解釈すると理解出来て来ます。
一旦肉体(固体)から離れ、あるいは変化し自分自身がエネルギー体となって宇宙船の一部か全部となって宇宙空間を移動する訳です。

映画ではボールの様に見える球体ですが、実際に行われた球体への変化は、こうしたボールでは無く「光の玉」でした。

時には一人では無く何人もの仲間が手を繋ぎ合い、体を触れ合いながら、徐々に比較球体に変わって行く光景です。
それはもう見事と言える変化で、その美しさと神々しさは強く記憶に残っています。

私は遠い遥かな過去、主にシリウスから何人もの方をこの地球にお連れして来た記憶が鮮明に有ります。
まるで旅行会社の添乗員の様にです。

その方達との再会が今、急速に起こって来ています。
時にはシリウスだけでは無くプレアデスやアンドロメダ、オリオンにもこうした「地球ツアー」の募集を掛けていた様です(笑)

話をシリウスに戻しますが、私が住んでいたシリウスは「水の惑星」です。
人々は皆水中で生活をしていますが、決して溺れる事も無くまるで空を飛ぶ様にどこまでも澄んだシリウスの海中を泳ぎ暮らしていました。

そして泳ぎ疲れると、本来の私たちの都市である海底のドームの海底都市に戻り休んだりして、日々を楽しく暮らしていました。

ある日遠い、太陽系の第3惑星で大きなイベント(次元移行=アセンション)が有ると聞かされ、シリウスに澄む人々はその光景を目撃したいと希望したり、そのイベントの手伝いをしたいと志し遥かな昔この地球を目指したのです。

この映画主人公の女性である「ミラ」のように。

映画では彼女の暮らす場所は美しい草原として描かれていますね。
これは恐らくプレアデスの光景でしょう。

地球に暮らす人類はこのプレアデスとシリウスの両方を転生し、地球にやって来ています。
他にも様々な星から転生して来ている方もいますが、多くの人類がシリウスとプレアデスを故郷としていた筈です。

この両天体を経由する事は地球での転生に為の一つの条件だったからです。
ですのであの映画にある美しい草原は、私たちの魂に記憶された故郷(天体)の光景なのだろうと確信します。

映画の中に表される様々な光景は、今回の記事をお読み頂ければ、作者のデフォルメでは無く真実の光景と言う事がお解り頂けると思います。

この映画を題材としたお話は膨大な量となります。
それだけ影響力の有る映画だと確信しています。

今回は映画の冒頭にある「ボール型宇宙船」のお話をしました。
また折に触れ「美しき緑の星」のお話を致しましょう。


ではでは〜










[PR]

by farmemory | 2015-05-14 02:47 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(12)

◆真実の記憶◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆真実の記憶◆

今話題になっている様ですので、映画「美しき緑の星」取り上げてみました。

   ・

これは2億年前の私の記憶に繋がっています。
あの日球体となり天に昇る光景は、私の魂の記憶中にリアルに残っています。

   ・

月は7つ
プレアデス第8惑星の草原と湖
手を繋ぎ合い登る光の球体

3億6千万年前から続く今日の日
脳に刻まれたシワ7000万

仮面の甲冑
聞こえる水の声

魚の夢は私に繋がる
ミカン色の光の月にウサギはいましたか?

緑の小さな光の玉
水に繋がる全ての記憶
今あなたに伝えましょう

全ての真実は目の前に聞く
寡黙なる静寂と饒舌なる風の声
今私は戻り伝える

   ・

<彼等プレアデスの友人達からの伝言です>

この映画を見る事が出来、理解した時、私たちのDNAは変容を始めます。

難解ですか?
言葉も文字も記号に過ぎません、しかし真実は五感に触れる事により理解を超え伝わります。


<追記>

ご覧になった皆様にはこれが単なる観念的な映画等では全くなく、真実を伝えるディスクロージャーだとご理解頂けましたでしょうか?

映画の中に作者の真実のエネルギーを内包させ、しかも全編に渡り流される「ビジョン」が全て、真実の光景であり、それが単なる比喩でもデフォルメでもなくリアルな現象を画像にしている事がお分かりになれば、その時この映画の意図が理解出来ると思います。

これは単なる映画作品では有りません。
次元移行を目指す方への変化を促す、重要情報と物理的干渉です。


この映画を理解された方、心に響いたとお感じの方へ。











[PR]

by farmemory | 2015-05-10 02:52 | ・コンタクト | Trackback | Comments(34)

◆画像いくつか(2)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆画像いくつか(2)◆

今日2度目の連続投稿となります。

c0319737_2224492.jpg

日中ゆったりと過ごしていた所不意に「空を見に行こう」と思い立ち、カメラを持って屋上に行きました。
そうした所プレアデスのシップと思われる夥しい数のクラウドシップが、それこそ全方位に滞空でしていました。
上の1枚と下の2枚です。

クラウドシップ自体かなりグレーがかっていた所を見ると何らかのプロテクトミッションだったのだと思います。
彼等による首都圏保護プログラムの為に出現してくれた事を感知しました。

こうしたグレーになると言う時は、彼等のエネルギー体で出来たシップがネガティブなエネルギーを変換する時に起こる現象の様です。

恐らく何らかの意図が首都圏周辺に画策されていたのだと思いますが彼等スペースファミリーもまた、それに反応し事前にプロテクトミッションを行ってくれていますね。

c0319737_22241886.jpg
c0319737_22243073.jpg


   ・

また下の画像は、上の画像を撮った4時間後の夜間です。
新宿方面から首都圏南上空を写しています。
c0319737_2229138.jpg

夜間にも彼等スペースファミリー等の活動が見られました。
雲がかなりの照度をもって輝いていますね。

これは単にシップの明るさが雲に反映しているだけでは無く、彼等のミッションによる高エネルギー反応が可視化された為に起こっていると思います。

かなりの明るさで、また明かりの色も何色か確認出来ます。

思いの外今行っている彼等のミッションは大きな活動なのではないかと思います。
恐らくここ首都圏だけに留まらず、各地で光る雲が確認出来るのではないかと思います。

ではではまた!











[PR]

by farmemory | 2015-05-04 22:27 | ・コンタクト | Trackback | Comments(11)

◆画像いくつか◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆画像いくつか◆

ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私も遠くには出かけられませんが、近所を散歩等して過ごしています。
外出時は常にデジカメを持って行きますが、この数日でも幾つか興味深いものを写す事が出来ましたのでシェアします。

今年3月頃から、今まで以上に面白いものを目撃する事が多くなっていると感じています。
これもスペースファミリ達のディスクロージャーなのだと感じています。
(今回の画像自体余り驚く程のものではないのですが、興味深いと感じています)

以下、お休み中の暇つぶしとしてご覧頂けたらと思います。

・・・・・・・

c0319737_23464041.jpg

この画像は杉並の実家上空で撮影しました。
最初は日中の星と言う感じでしたが、しばらく見ているとどうも微動している事が分かりましたので撮影してみました。
そうすると光の航跡なのか、光の連なりなのかは分かりませんが、思いの外鮮明な光体として移り込んでいました。



c0319737_23483991.jpg

この画像は同じ日の夜間、もの凄くシーイング(瞬いて)している恒星らしき星を目撃したので、夜間モードで写してみました。
そうしたらこんなハートの光だったので、何とも微笑ましく思いました。
光の色もキレイなのでアップしてみました。



c0319737_2351215.jpg

これは浅草上空で撮影した飛行機雲状の航跡です。
発生源と思われる場所に、うっすらと航空機らしき機影が見えますが、所謂透明タイプの擬態シップだろうと思います。
この航空機は、最初かなりしっかりした色と形が確認出来ていたのですが、短い時間あっという間にこの様な半透明状の機体となりました。



c0319737_23542222.jpg

この機体も同じく浅草上空で撮影したものです。
とても特徴的な擬態航空機です。

一見何の変哲も無い航空機ですが、まず民間航空機のレーダーサイトにはこの機影が表示されていませんでした。
レーダーには存在しない航空機です。
>>> flightradar 24

(ご自分の今居る場所の上空に民間航空機と思われる機体をご覧になった時、このサイト上で上空を航空機が本当に飛んでいるのかを確認してみて下さい)

また画像的に特徴的な部分が有ります。
先ず主翼と水平尾翼です、長く伸びている翼の先端に行くに従い形が崩れています。
また、左の翼は有るのですが、右翼が不自然に写っていません。
デッサン的に矛盾を感じるシェープです。


以上、連休中のお暇つぶしにお楽しみ頂ければと思います。


ではでは連休明けに新しい記事をアップして行きたいと思っています。
後半のお休み、皆様ごゆっくりお過ごし下さい。

またこの時期がお仕事忙しい方も居られますね、皆様お疲れ様です。



ではではまた!











[PR]

by farmemory | 2015-05-04 00:03 | ・コンタクト | Trackback | Comments(3)