カテゴリ:・コンタクト( 4 )

**《金沢・羽咋イベントの報告5・休暇村能登千里浜2》**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
Googl+「far memoryの独り言」ページ>>>>



c0319737_00174962.jpg


**《金沢・羽咋イベントの報告1・北陸新幹線の車中》**
**《金沢・羽咋イベントの報告2・羽咋コスモアイル見学》**
**《金沢・羽咋イベントの報告3・羽咋コスモアイル見学スピンオフ》**
**《金沢・羽咋イベントの報告4・休暇村能登千里浜1》**

前回からの千里浜コンタクトワークの続きです。

かなり近い海上で光り始めた光を見つけた時は車のヘッドライトか、漁船の漁火かと思いました。
でもその位置(海面ギリギリ)にヘッドライトはあるはずないし、漁火といっても大きな船なら座礁してしまいそうな岸近くで操業などしないはずです。

そんな疑問がよぎりながらも、しばらく眺めていると、それほど強くなかった光が急激に変化し始めたのです。

慌ててカメラを向け動画で撮影を始めました。
お話はともかく先ずはその動画をご覧ください。

少し長くなるかもしれませんが3点掲載しますのでお付き合いください。
この時には一脚を持って行かず、手振れがあって見難いところもあると思いますがどうぞ。



【羽咋千里浜 ストレンジライト1】3分17秒

最初に撮影を始めた時にはこの光一つだけでした。
強い白光の上にオレンジ色の光が横一列に並んで見えたり、光そのものが消えたり強く発光したりを繰り返して行きます。

また光の左側に、家屋の窓のような光がいきなり現れるのですが、この光も微妙に位置や光の数や強さが変わるように見えます。
この窓明りのようなものも、一連の光の「仲間」なのかもしれません・・・
3分ほどの長さですが、ぜひご覧ください。

     ・


【羽咋千里浜 ストレンジライト2】1分22秒

しばらくすると別の光る物体らしきものが右方向に現れます。
こちらの方は光の強さより光の色が変化したり、2つに分かれたり色が変わったり、横にスライドして動いたりするところが興味深いです。
またその光の横に赤やオレンジ、白色の光点が写っています。
特に一番右に現れる薄いオレンジの光が左に移動した後忽然と消えたりします。

     ・


【羽咋千里浜 ストレンジライト3】1分39秒

この動画は、先に見えていた光が消えたので、全員宿に戻ろうとして砂浜を離れかけた時に急に現れた光です。
出現場所は強い光の場所と同じような所でしたが、その色が明らかに違うもので、望遠で撮ると真っ赤に光る光が3つあることがわかります。
しばらく光り続けていましたが、徐々に明るさが落ちてきたので、ここで今回の観測会を終えました。

     ・

次回は動画から静止画を切り取ってアップして見ます。
そして感じたこと(この光が何なのかや地球外生命体を感じたことなど)を画像を見ながらお話ししてみようと思います。



ではではまた次回!









[PR]

by farmemory | 2017-11-03 00:19 | ・コンタクト | Trackback | Comments(0)

**写る光は何?**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
Googl+「far memoryの独り言」ページ>>>>


c0319737_17201823.jpg


この画像(左)は、先日の名古屋イベントにご参加いただいた方からお送り頂いたものです。

これを見て思うのですが、カメラの光学現象を利用したエネルギーの可視化は、撮影に当たりその人の周波数や固有のエネルギーによって違いが出るのだとわかります。

人もまたエネルギーの集積体ですので、仮に同じカメラを利用して同じ条件下で可視化エネルギーを撮影できたとしても、全く同じように映るとは限らないかもしれません。

ちなみに右の画像は私が自分のカメラで写したものです。
時間や場所、カメラに違いもありますが、写り方や形態、色彩、の違いがありますが太陽を写した画像に変わりはありません。

この違いは様々なファクターが絡み合って違いが出てくるので、一概にこれが理由とは結論できないのですが、やはり個人やカメラそのものが持つ「個性」に影響されるのだろうな~と思うのです。
(カメラの個性とは機構的な個性ではなく、カメラも魂を持っていて、そして使う人のエネルギーに左右される、と言う事です)

同じ場所で同じように写しても違いが出るのもこう言うことかもしれません。

またこうしたエネルギーの可視化(光体や光の筋、霧状のぼやけ)があった時に
「どんなメッセージを自分に伝えてきてるの?」
と思われることもあるかと思いますが、メッセージは何かと判断する前にエネルギーの可視化という物理現象と見る方が先でしょう。


もしメッセージとして捉えるのであれば、自分の状態(その時の自分の周波数)がこうした光と同期できる周波数帯にあると取ればいいかと思います。
つまり
「写る時と写らない時、写る人と写らない人との違いは、その人の周波数に影響される」
と言うことです。

また写り込んだ光の種類や色から、綺麗とか逆に重たいとか感じたら、その撮影をした時の自分の状態と照らし合わせて判断してみるのもいいかもしれません。

・イイネイイネ、今とても軽く朗らかなんだね。
・あれ?なんか悩みあるのかな?
・うん、その意識状態を保てば、問題解消に繋がるよね。
・今少し重い感じ?

みたいな。。。

 ・

今までの写した光の画像をまとめてHPの方に展示してあります、ご興味がありましたらご覧下さい。
ホームページ(フォトギャラリー)>>










[PR]

by farmemory | 2017-10-08 00:01 | ・コンタクト | Trackback | Comments(0)

**これな〜に?2017/10/5**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
Googl+「far memoryの独り言」ページ>>>>


c0319737_00514021.jpg

今晩は中秋の名月ですね。
屋上に出てみたら、雲がかかったり晴れたりで、しっかり撮影できました。

で、こちらなんですけど、雲がかかってきて周りの雲に虹色のスペクトルが現れたので、引きで撮影してみました。
c0319737_00515549.jpg


そしたら「これな〜に?」
って言う「何か」が写っていましたです。

何か意思を持つ生命体、もしくは意識体(エネルギー体)の飛行物じゃないかと・・
メッセージとかあまり感じられませんでしたので、飛行中に偶然に写ったのだと思います。










[PR]

by farmemory | 2017-10-05 00:56 | ・コンタクト | Trackback | Comments(0)

**新宿御苑の桜と彼ら**

c0319737_02123681.jpg

今日いきなり晴れ間が出たので、速攻新宿御苑に行ってきました。
平日でしたけど桜が今日満開だということですんごい人出。

人の多いところが苦手なのですが、青い空に桜のピンクはなんとも綺麗なので、思い切ってお花見。

桜をたくさん撮影しようと思いつつ、青い空を飛ぶ擬態飛行機ばかり目が行って「あんた何しにここに来た!?」でしたが、まあいのだ。

桜5割、擬態飛行機5割りで撮りまくって来ました。

c0319737_02132698.jpg

これは上が擬態ですね(エアバス321)
下は本物(ボーイング767)

どちらもほぼ同じ場所で、同じような時間に撮りました。
上の方の擬態飛行機、機体の上の輪郭がガッタガタですね。



動画が切れる場合はyoutube画面へ>>>

そのほかにも、光る機体や翼が透明な「くらげ飛行機」もわんさか飛んでいて、なんとも面白かったです。
また面白いのがあったら紹介します。
ではでは〜

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

by farmemory | 2017-04-08 02:14 | ・コンタクト | Trackback | Comments(5)