カテゴリ:・スペースファミリーと故郷の星々( 8 )

**彼らについて(2)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
Googl+「far memoryの独り言」ページ>>>>



c0319737_02012679.jpg


地球外生命体の存在はオカルトでも超常現象でもなくて、極めて物理的で科学的な存在だと理解しています。
ただし、次元の違いを理解しないと彼らの存在が「オカルト化」してしまいます。

今この地球に温かい目を向け次元移行をバックアップしてくれる彼らは、私たち肉体を持った人類が存在してきた3次元の生命体ではなく、もっとずっと高い周波数帯に生きる人たちです。

もちろん3次元に存在する地球外生命体もいるでしょう、でもその存在たちは地球の次元移行に伴いこの地球への干渉が不可能になってきています。
人類の中にも3次元にとどまることを希望している魂と、高次元への移行を希望する魂とに分かれてきています。

でも今、3次元地球は完結に向かい始めていますので、3次元に留まるという魂の選択をした人たちは、同じ3次元の別の天地に移行する準備に入っているかもしれません。
もしかして(お笑い都市伝説レベルですが)火星に建設されていると噂されるコロニーはこれに関連する事なのかもしれませんね。

さて、古来私たちが「神」として崇めてきた存在の多くが地球外の生命体であることは私自身独自に感知し、彼らからのメッセージも受け理解できている事です。

もちろん神と思われる存在が、全て地球外生命体であるわけではないでしょう。

本来の神は絶対神である宇宙そのもので複数存在しているわけではありませんが、私たちが神とする者たちは、地球外生命体のほか、私たちよりもはるかに高い次元に存在する人々もまた人類にとっては神に等しい存在として古来崇拝されてきました。

エンジェルや仏、菩薩たち、またイエスや釈迦もまた極めて高い次元の存在たちです。
彼らの存在が私たち人類から見たら神々しい神的な存在と見てしまうことは、むしろ当然の事でしょう。

ですので言葉として神と扱うことはいいとしても、彼らもまた次元を旅する同じ学習者ですので、畏敬の念を向けるより近しい兄弟として接するほうがいいと思います。
その接し方をしてゆくと彼らはとても身近な存在として感じられて来るかもしれません。

さて彼ら地球外生命体の中にも「3次元の生命体」がいて、またそれより高い次元の外生命体もいるという見方。
これを作為的気象操作があると仮定して、それに重ねて見て見ます。

今までは「地球外の3次元生命体」が人類のある特定の勢力とつながって、彼らの高いテクノロジーで気象や地質への干渉をした事もあるではないかと思うのです。

彼らは遠い昔(超古代)からこの地球に飛来してきていましたので、古代の人類に気象操作を行うテクノロジーがなかったとしても、彼らに取ってはたやすい行為でした。
穿って見ると、この地球の地質も気象も、古代より「誰か」の作為により成り立ってきたことがあったかもしれないと感じています。

世界各地に残る古代の洪水伝説や、神話の中に描かれる神々による奇跡も、この解釈で辻褄があう部分もあると思っています。

古い宗教絵画の中に描かれている宇宙船らしきもの(Top画像)
宗教絵画自体は神を肯定し崇拝する目的で書かれていますのでそこに敵対したり、否定的な存在は描かれないはず。

もしこの時代、ある勢力が宗教を何らかの形で政治利用しようという作為があったとすると、そこに描かれている宇宙船らしきものの存在がどういうベクトルのものなのかを伺い知ることが出来るように思うのです。
ここに描かれている地球外の生命体こそ3次元の地球外生命体と見ていいと思います。

しかしこれも遥かに遠い中世での話です(私自身もこの時代のヨーロッパに生きていた記憶が鮮明にあります)
今それを取り上げ、語る意味も次元変化中の今、すでに消えかかっていることでしょう。

今回の記事は、遠い時代の備忘として取り上げてみました。
そして取り上げることで、私自身の幾つもの転生の歴史の一つの完了を迎えるのだろうと思っています。











[PR]

by farmemory | 2017-11-24 02:02 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(0)

**台風21号の声**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>
   ・
Googl+「far memoryの独り言」ページ>>>>



c0319737_00152301.jpg


明日から金沢でのスペースファミリーイベントなのですが、台風が直撃との報ですね。
なんともエキサイティングです!

昨年の台風の時にも(伊豆あたりで消滅した台風)イベントを行いましたが、イベント会場の直前で東進していた台風がいきなり90度曲って南進。
その直後いきなり台風が消えました。
今回も何か変化が起こるような気もしています。

前回も、参加者の皆さんと台風に意識を向けて、台風の魂にコンタクトを取ってみました。
そうしたら参加者のほとんど全ての方が台風との会話ができたようで、ものすごく台風が喜んだことを記憶しています。

今回は夜間観測会(スペースファミリーとのコンタクト)も予定しているのですが、前回同様「台風への呼びかけ」も急遽行ってみる予定です。


今回の台風もまた無理やり台風のようで、とても辛いって台風が言っています。

数日前から日本周辺にかなり冷たい大気が入っています。
海水温も台風にエネルギーを与えるほどの高温でもないようですし「やっぱりね」って言う感じ満載です。

でも作られた台風とはいえ、台風も私たちと同じように魂を持っています。
なので攻撃するような意識ではなく「自分らしい勢力」に戻ってもらうよう皆さんも台風に語りかけて下さいね。

スペースファミリーたちの干渉(プロテクト)はしっかり入っているみたいですが、それでも自然の台風に戻ったとしても台風は台風です。

皆様もそれなりにお過ごし下さいますように・・

23日に帰京しようと思っているのですが、新幹線が止まったらもう一泊なんてねぇ。









[PR]

by farmemory | 2017-10-21 00:08 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(1)

**答えてくれる彼ら**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_01024429.jpg

この飛行機は自宅上空で数日前に撮影したものです。

わかりやすい飛行機雲をなびかせ、高高度を東から西に向かって飛行していました。
擬態機が出す飛行機雲の特徴は、激しく後方に飛行機雲を流しながらも、その雲が直ぐに消えて行くところです。

ちなみに飛行機雲がいつまでも消えずに残って、しかも広がって行くのは「けむ」の可能性がありますね。

この日は家の人が屋上に洗濯物をどっさり干すと言うので、何気なくカメラを持って洗濯干しの手伝いをしに屋上に上がりました。
屋上に上がって直ぐ、軽く空を見渡したのですが、その時には確かに青空に飛行機雲などなかったと思います。

で、うつむいてまた顔を上げたら、いきなり目の前に現れたんですね〜
本当に、今そこに現れたとしか思えない唐突さで・・




動画の最後の方では機体自体が光り始めるのがわかります、しかも翼も。
赤っぽい輪郭の光も見えますね。

で、この擬態機に「あなたはだーれ?」
って聞いたら
「プレアデスだよ」
って答えてくれました。

これには面白い前振りがあって、前日布団に入る時、脈略なくプレアデスに意識を向けたんです。
そしたらすぐに、彼ららしきエネルギー体からコンタクトが入りました。

「何か?」
って感じで聞いてきたので
「あなたたち今地球にどれくらい接近してきているの?」

って聞いてみたんです。
でも返事がないので、別の質問がいきなり浮かんだので、切り替えてそれを聞いてみました。

「2020のオリンピックが何かの変化をもたらす?」
「または転機となる?」

やはり答えは返ってきませんでしたが、根拠はありませんが答えは明日にでもという確信を感じたんです。

で、翌日の空に彼らの姿。

「なるほどね、これが答えなんだ!」
と分かったんですね。

皆さんも思い出してみてください。
擬態の航空機を見ることがあったら、その前に自分は何か知りたいと思うことや、答えが欲しいていうことがなかったかを自分に聞いてみてください。

案外思い当たることあるんですよ(経験済み)
試してみてくださいね〜









[PR]

by farmemory | 2017-09-13 01:07 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(0)

**あの青の世界へ**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_16033475.jpg

目を閉じれば浮かぶ
瞳の裏に映るあの青い海

陸地もなく
空は群青に雲ひとつ無し

水という荒涼
そこは私の生まれ故郷?

なぜなら知っているから
水の中に集う多彩なる命と囁き

いつの日にか帰ろう
あの青の世界へ

それまではまだ
この切なさと供に歩いて行こう
あの角を曲がった先にある小さな光の場所まで








[PR]

by farmemory | 2017-08-15 16:06 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(2)

**宇宙の人達の事(4)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_23581713.jpg

○宇宙の人達の話もっと聴かせて。

◆彼らは今地球人に直接コンタクトすることを試みているよ。
って言うか始めているね。
しかも、個人個人に。

○そうなの!??
ヤッタァ!

◆あまりはしゃがないように。
直接コンタクトって言っても、目の前にヘンテコな姿の生物や、コンタクティたちが伝えてきた地球人タイプの彼らがやってきて、ご挨拶の代わりに虎屋の羊羹を持ってくるわけじゃないの。

彼らはね、その人の周波数に合わせた方法でコンタクトしてくるみたいなんだ。
意味なくコンタクトしてくるわけではなくって、何らかの理由があってコンタクトして来てくれるようなんだ。

○どんな?

◆多分そのその人が何を願って進もうとしているかと言うことなんだと思う。

単に宇宙の人達を見てみたい、出会ってみたいと言う、動物園にパンダを見に行くノリ的な願いには、目に見える形で光のシップが飛んできたり、擬態飛行機になって現れてくれるレベルかな。

でも趣味を超えて、自分を進化させた先にある高次元への道をと願う人にはそれなりのコンタクトをとってくるよ。
この地球に何のためにやって来たかを知って、それをしっかり行いたいって願う段階にくると、目に見えるような分かりやすい方法は取らなくなってくるんだ。

○どんな?

◆直接、意識の中にコンタクトしてくるって感じ。
でも決して耳に聞こえたり、目に見えるような方法は取らないよ。
その人の周波数レベルが高くなってると、彼らの存在自体すぐ近くに感じられて来るようになるんだ。
中には夢か起きているのかわからないようなボケボケ状態の時、松果体を通して、ホログラムの姿を見せたりすることもあるけど、それはあくまでおまけ程度。

コンタクトは自分のハートチャクラにある受信機に送られて来るって言う感じかな?

○わかりにくいな。
「感じる」ってこと?

◆ん~~間違ってはいないけど、感じるよりも前に、いきなり自分の意識(記憶回路)に情報がダウンロードされるって感じかな。
ちょっと古い映画だけど「マトリックス」観たことある?

○ええと・・
知ってるような、見たことあるような。

◆あの映画の中に出て来るシーンで(後半だね)トリニティ(主人公の恋人)がヘリコプターの操縦方法を、オペレータから送ってもらうシーンがあるんだ。
今までヘリの操縦なんてしたことない女性が、記憶の中に「操縦方法」を直接インプットすると言うシーン。

今まで知らなかったことを、瞬時のうちに「前から知っていること」のように感じるの。
彼らが直接コンタクトして来ると、こういう感じで理解できるんだよ。

空を飛んでいる不思議な物体を見るより、はるかに身近に接近してきていることが感じられるんだよ。
しかもはっきりした「意思」も同時に感じるのだ。

○今、もしかしてあなたも、そのダウンロード情報で話してる?

◆かもしれないよ。
なんせ前から知っていることのように話してるんだからね、でもこれどこかで聞いたことある話かは思い出せないんだ。

あまり本とか読まないし、他の人の情報とかも拾いにゆくことが少ないんだ。
だから、今まで話してきた情報の出所って自分でもどこから?なんだよね。
一体どこからその話聞いたの?って自分でも思うことが多いのだよ。
「知識」や「記憶」の中には無い筈はずの話が、するすると口から出て来る(キーボードを叩く)って言うところを見ると、そうかもしれないね。

だって今は彼ら宇宙の人たちの話が中心だからね。
僕たちが見えない情報を得る先って、例えばアカシックレコードだったり、ハイヤーセルフだったり、過去世の自分からだったり
出所は様々だけど、今自分がどこに意識を向けているかだでその情報源がクルクル変わって来るように思うんだよね。

○いいな~

◆あのね、君だってそうなんだよ。
今僕の話を、全然否定したり疑ったりしないで聞いていられるでしょう。

○うん、そうだね。

◆君もすでに、彼らとの接触がゆるいながら始まってるからなんだよ。
普通に考えれば「なんて馬鹿げた話だ」って、思う方が普通だからね。

○そうか~
そうなんだね。

◆宇宙の人達のことは今書いている「シリウス物語」やホームページの「リラの遥かなる旅」でも書いてるからね。

○うん、知ってる。

◆また面白い話があればお話ししまする。

○よろしゅう!









[PR]

by farmemory | 2017-08-13 00:01 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(0)

**宇宙の人達の事(2)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_00115446.jpg


**宇宙の人達の事(1)**

   ・

◆台風の話からだね。
今来ている台風(5号)もとてもおかしな動きをしてるんだ。

○そうなんだ~

◆彼ら宇宙の人達はそういう台風に
「誰かに煽られていない?」
って語りかけてくれたんだ。
そしたら台風が
「そうなんでうすよ、僕たち普通の台風として生まれたんだけど、誰かが僕たちにもっと怖いものになりなさいっていうから・・」

○うんうん

◆で、宇宙の人達は「もう大丈夫だよ、普通の台風でいて」
「ああ嬉しい、ありがとう」
宇宙の人達って、そんなことしてくれてたんだよ。

これは物語的に説明してるんだけど、もっと難しい科学的なオペレーションを行なってくれてるんだ。
でも説明しても、っていうか、僕にもよくわからないので説明を放棄します(>_<)

○へ~~( ̄▽ ̄)
でも、そんな大切なことなんでブログで取り上げないの?

◆取り上げないのでなくて、もっと他のこと書きたいって思ったんだよね。
だからだよ。

○それがあなたがいつも言ってる「人類の内面進化」っていうやつ?

◆そう!
彼ら宇宙の人達は、僕たち人類の内面進化の手助けはできないからね。
できないっていうより、自分を変えるなら、その本人の強い意志と希望で、自分の力でなければできないしね。

○宇宙の人達の話続けて!

◆台風の話に似てるけど
何処かでミサイルを飛ばしたとか、内戦や革命がなんて聞くでしょ?

○あんまり興味ないから、知らないかも

◆だよね、そうなんだよ。
知らなくても問題ないのさ。
例えば戦争や飢饉、天変地異や異常気象って、命に関わる出来事ってあるでしょ。
そういうことは確かに避けたいし、できることなら起こって欲しくないよね。

○当たり前!

◆さっき台風が、誰かに煽られて台風の意思とは裏腹に進路を変えさせられたり、パワーを操作されたりしているって話したでしょ?

○うん

◆台風を操作できるなら気象だって、地殻運動(自信や火山なんかね)だって操作できるって容易に想像つくよね。

○そうなの?

◆そうだよ。
でも、そうした困ったこと(戦争や災害)は「出来事」に過ぎないわけ。
ミサイルも、本当に人類に危険を及ぼす事なら、人類の意思でやめなければならない、っていうかそれを止める人類に成長しなければならないよね。

ここのところがとても微妙なところなんだけどね、僕らはいろいろな出来事という体験から進化のチャンスを得る事ができるんだ。
だから戦争であっても革命であっても、それが人類が成長しようと言う目的で起こってくる自然な流れなら、彼ら宇宙の人達も残念ながら手出しはできないんだよ。

これは個人のレベルでも同じだよ。
何かのトラブルに巻き込まれたり、動揺してしまうような大きな出来事に出会うことも同じなんだ。
その出来事を経験した人(人類)が、意識や感情面、霊性、周波数がどう変わってゆくかが何より重要なんだよ。

○また難しくなって来た、霊性と周波数って?

◆霊性は深層心理、深層自我、本質の自分
周波数は、個人個人が持っているエネルギーベクトル

○だから難しく言わないでって。

◆え~~~~とですね
霊性は本音の自分、体に入っている本当の自分?
周波数は、その人がどれくらい天の教えを理解しているかってことかと・・・
これでいかが?
ちょっと大雑把過ぎて乱暴な説明だけどね。

ということで、またまた次回に続くのです~~

○ううううう~~








[PR]

by farmemory | 2017-08-02 00:14 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(3)

**宇宙の人達の事(1)**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_10072336.jpg

○前のブログでは宇宙の人達が次元移行を手伝ってくれてるって話してなかったっけ?
変わったの?

◆いいや、彼らが手伝ってくれてることは本当で、手助けは変わらずしてくれてるよ。

○じゃあ、なんであんまり取り上げないの?

◆うん、そうだね。
彼らの手助けは、嬉しくて感謝することだし、僕だってそういう話好きなんだけどね。

○だから~

◆彼らが人類に手を貸してくれてることは間違いないけど、次元移行そのものを彼らの手でやってるということではないんだよ。
彼らがやってくれてることって、僕ら人間にはできない部分を手助けしてくれてるんだ。

○どんな?

◆う~ん
最近台風の進路がおかしな動きするものがあるの知ってる?

○え?あっごめん、あんまり興味ないから知らない・・

◆台風って、日本のずっと右のほう(遥か東洋上)で自然に生まれるもので、左(西)や下(南)には向かう筈ないんだよね。
それが西に向かったり、南に向かったりとでたらめな動きをするんだよ。
こうしたありえない動きをする台風、自然に生まれた台風ではないかもしれないんだ。

数年前には、ものすごい数の台風が春ころから毎週末に来ていたこと覚えていない?
これだっておかしなことだよね。

○そうだった・・かも
あんまり覚えていないけど、そんなことあったかな

◆ふふふ
話変わっちゃうけど、それ、そこ!
話変えます、強制的に。
数年前のことでさえ記憶が曖昧になって来てるでしょ!?
その時にはとても大騒ぎしてたはずのいろいろなこと、記憶から消えかかっていること多いんじゃない?

○そういえばそうだ
なんでだろう?
歳のせい・・かな?

◆そんな歳でもないでしょう?
次元が変わっってゆくと、時間感覚が狂ってくるんだよ。
っていうか時間そのものが変化して来て、そのうちあまり重要なものではなくなってゆくんだ。

○そうなの!?

◆時間というものは継続して行かなくなるってことかな。
時間の流れ方っていうのか、時間ていうもの自体今まで僕らが利用していたものとは別のものになっちゃうんだよ。
今はまだ時間を知りたいって思うから時計みるじゃん。

○うん

◆さっき10:10だったけど、20分くらいしてまた見たら9:30になってたなんてことあるかもしれないんだ。

○うっそ~!

◆いやぁ、それがさあったんだよ、本当に。
約束の時間間違えたっ!
大事な打ち合わせなので困ったな~~って思って、もう一度腕時計見たら!

○どうした、どうした?

◆15分くらい時間が戻ってたんだ!

○マジ!?

◆目を疑ったね、でもこれ随分前にも一度経験してたので、その時ほど驚かなかったし。
で、2回目となるとこれはもう思い違いではないな、自分で時間調整できるんだ!ってくらい思ったのである。

○なにその偉そうな言い方!
ところで台風と宇宙の人達の話どうなったの?

◆うん、台風ね
今日はここまで、また次回ね。

○う~~生殺し、イケズぅ









[PR]

by farmemory | 2017-07-31 10:09 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(1)

**シリウスからのお便り**

c0319737_23212714.jpg

先日地元の上空で モーニンググローリ
のような雲を見ました。
時刻は夕方、西の空が赤く染まり始めた頃、長大な細長い雲が天空に伸びています。

気象現象としてモーニンググローリーは説明されるんですけど、それは朝方に出現するということと、海の近くや自然の多いところで観察されることが多いようです。

なのでこうした夕暮れの都心部に出現するのは稀なことかと思います。

で、この雲に聞いて見ました。
(私)「あなた誰?」
シリウスと即答してきました。

◯「シップ?」
●「yes」
◯「何してるの?」
●「中和作業」
◯「何でそんなに細長いの?」
●「効率」
◯「効率って?その方が作業がしやすいとか?」
●「説明は難しいです、あなたたちの科学概念では」
◯「ああ、そうなんだ」

画面右中央に一筋の飛行機雲らしきものが見えます。
この日は東京上空にたくさん撒かれていましたので、成る程ねということでした。

     ・

こちらはおまけ、冬の夜間シリウスを撮影した動画です。



手振れがあるので見にくいですが、シリウスってレインボーカラーに輝くのです、いつもカメラを向けると不思議だな~って思っています。

それともっと不思議なのは「動く」のです。
冬になるとよく屋上で夜中にシリウスを眺めることがあります。
しばらくは動きを感じられないのですが見続けていると徐々に上下左右に微妙に揺れ動き始めるのです。
でも必ずいつでも動くというのではなく動く時と動かないときがあります、何回かに一度動くときがあります。

まるで生きている「意志」のようなものを感じるのです。

で、それもシリウスに聞いて見たことがあるんですが。
「あなたが自分を主体とした宇宙を信じることができたとき、シリウスは生きるエネルギー体である生命の星となり観察者と同期します」

と答えてくれたことがあります。
なんだか難しい答えでしたが
自分(シリウスを見ている人)が見るシリウスは、その人のためだけに存在しており、だから動くこともレインボーに輝くことも、その人の時空で起こる不思議なのだということでした。

そこで
「なぜそんな不思議を目撃させるのですか?」
の問いには
「あなたの故郷がシリウスであり、常にあなたをモニターして見守っているからです」
そう答えてきました。

でもこれはちょっと不思議。
私は確かにシリウスを故郷としている確信はありますが、私にコンタクトするものはシリウスに生きる地球外生命体であって、シリウスそのものではないんじゃないか?
と思ったのです。

この疑問にはこう答えてきました。

「シリウスという恒星自体も意志を持った(魂を宿す)存在です。そしてその星を母とするシリウス人と私(シリウス星)には何の違いもなく、繋がっているからです」
「あなたたち地球人も宇宙から見れば太陽人という存在なのです」
「太陽も人類の一人一人も遠い星から見たら、一つの存在でもあるのです」
「同じようにシリウスがたとえ8.6光年離れたところにあり、恒星であるシリウス星とクラウドシップで地球に向かう私の子供たち(シリウス星人)もどちらも同じ存在なのですよ」
「わかりますね?」

シリウス星は生きていて、意志を持っている、だから私が見る時シリウスはまるで挨拶でもしてくれるように微動したりレインボーの輝いたりすると言うことなのですね。

これって私にコンタクトしてくれたと言うことではないですか!?
なんか嬉しいな~~としみじみしちゃいました、と言うお話でした。

………………………………

**宇宙(そら)からの歌声**へのお便り、ご質問、前世リーディング、高次とのコンタクト、覚醒誘導、インナーチャイルドの解放などなどのお問い合わせページはこちら↓↓

お問い合わせページ>>




┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏




[PR]

by farmemory | 2017-04-24 00:16 | ・スペースファミリーと故郷の星々 | Trackback | Comments(4)