2015年 04月 01日 ( 1 )

◆Thanks!◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆Thanks!◆

先日実家のベランダで思いにふけっていた時にふと見上げた空に、見た事の無い星が有りました。
「あれ?あの位置には星は無いよな?」
そう思って見ていると、ふ~~っと消えて行きました。

この時の思いはちょっとばかりキザですが
「今自分は自分に恥じない生き方をし、出来るだけの事をしているのだろうか?」と言う思いだったので、何とも嬉しい星の出現でした。

この星が

天からのチアなのか、
天使達のささやきなのか、
スペースファミリーからの返事なのか、
高次のガイド達からのプレゼントなのか、


その時には俄には判断付きませんでしたが、その後不意にミカエルとその後で笑顔を見せるスペースファミリーの姿が脳裏に浮かんだ事から、やはり「そうなんだ!」と思いました。

特に宇宙の彼等は容易には特定の人に対し感情的な答えを送って来たりはするものでは有りません。
ですからどこかで「彼等なの?」と言う疑問が浮かんだのですが、今回はしっかりとそれを感知出来ました。


それが私に向けた出現との確信は有りますが、どう言ったメッセージなのかを表層意識で詮索する事は、それこそ「無粋」なので、ありがたくその光のメッセージを「自分に都合良く」受け取る事にしました。


実はこうしたほんの数秒の「天空のライト」の点灯、点滅は何度となく見て来ています。
フッと見上げた空、それが日中であっても一瞬の光を見る事が有ります。

往々にしてその光は、見上げた視覚内に入って来ます。
今回の記事の光が正にそう。

まるで見上げる事を想定して、そこに向け現れた様です。
いえ、確かにそうなのだと思います。

同時に多くの人に向け現れる光も有りますが、多くは一人の時や複数の人といてもその時、空を見上げるのは自分一人、そして光の点滅も一瞬。

気のせい、思い違い、目の錯覚

その程度の瞬間で終わってしまうので、多くの場合気にも止めない事も多いと思います。
(先日見た光は、それでも3秒程「存在」していました)
しかもその光は私の故郷のシリウスの真南(真下)にそれと同じ色と光度で光っていました。

自分の中では何らかのメッセージとは感じつつも、それが極めて個人的なものでしたので、特に取り上げる様な事では無いのも分かっています。

だた、そうした応援ソング的な光は、きっと皆さんも見ておられるのではと思い今回記事にしてみました。


皆さんも気のせいと思っていた一瞬の光が「高次元のガイド達・天使達や精霊達・ハイヤーセルフ・故郷の天体・スペースファミリー達」きっとその中の誰かなのだと信じてみて下さい。

そのどれであろうとかまいません、今度見る機会があれば、先ずはその光が自分に向けられた温かい眼差しと信じ「Thanks!」と呟いてみてみましょう。











[PR]

by farmemory | 2015-04-01 00:45 | ・コンタクト | Trackback | Comments(9)