2014年 11月 11日 ( 1 )

◆葉山イベント(2)の報告◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆葉山イベント(2)の報告◆

一昨日行った2回目の葉山イベントの報告です。

今回は初日あいにくの霧雨でしたが、夜間観測会でかなりクリアな光体を撮影出来ましたので紹介します。

●先ず1枚目(上)の画像ですが、目視では全く見えなかったものがカメラに写り込んだものです。
遠景だった為に目視では視認し難かったと思われますが、カメラにはしっかり写っています。

これは光体と言うより、ぼやっとした低い照度で発光するエネルギー体だと思います。
感覚的にこの光は観測点より50〜60km程離れた位置だろうと思います。

下の画像は遠景で点滅する光体を撮影したものです。
ほぼ十秒間隔で点滅をこり返す光で、その位置が上下左右に微妙に移動しながらも、等間隔の点滅を続けていたものです。
目視ではかなり赤みの掛かったオレンジ色ですが、撮影するとこの様に白色の光として写っていました。
c0319737_027273.jpg



●これは上記の光体類とほぼ同じ距離と思われる場所に出現した、整列する光体と、集団を作る光体群です。
この光の集団は、上の点滅を続ける光体とは違い出現に継続性が無く、ある程度見えていたものが徐々にうすくなり最後には消失しました。
c0319737_0304576.jpg


●下の画像は部分を拡大したものです。
何ともカラフルな光の集合です。
c0319737_0313242.jpg



上記の光を目撃した場所は神奈川県葉山町の小高い場所で、方角は北東方面(丹沢山塊方向)、仰角はほぼ水平程度(目線)でした。

同じ方向には江ノ島の灯台もあり、右方向には鎌倉や藤沢の街の明かりがあるのですが、その光は仰角を下げなければ(もっと遥かに低い位置)確認出来ないので、かなり高度のある上空と言う判断が出来ました。

またずっと手前の低位置にある筈の、街の明かりの照度に比べると、著しく高い照度(明るく輝いて)でした。
この点も人工燈火ではないと言う判断としました。

ちなみに下の画像は翌日(晴れたので)クルーザーで葉山沖に出た時撮影した丹沢方面ですが、整列する明かりは、ここにある一番高い山の稜線より上空でした(2の点線の位置くらい)

また一番上の画像は、その最高峰より左側、更に高い位置で点滅を繰り返していました(1の点線の位置)
c0319737_0564416.jpg

山の上に雲がかかっていますが、山の稜線と雲の最上部の真ん中より少し低い部分に出現していました。

もちろんこの丹沢周辺の山の稜線に等間隔にライトが並ぶ道路など存在しない筈です。

ちなみにこの雲の画像には、クラウドシップもいくつか写っているのがお分かり頂けるでしょうか?
光の出現位置と、クラウドシップの位置が上下の差があるもののかなり近くに浮いています。


今回は動画の撮影が出来ませんでしたが(と言うより、光に夢中で撮影し忘れたのですが)数十キロの距離とは思えない程の強い光を時折見せてくれました。



※オマケ画像
この画像は海上を航行中、上空に現れた擬態飛行機(だと思います)です。懐かしの「南西航空」のカラーリングをした機体です。
同時刻にこの上空に民間機がレーダーサイトに表示されませんでした事から擬態だと判断してみました。

またもう一つの判定基準は、航空機の輪郭線のぼやけ方です。
特に上方の輪郭線にバイアスが掛かっている様にがたがたになっています。
c0319737_051622.jpg


ちなみのその下の航空機はレーダーサイトにもうつり込んだ、リアルな航空機です。
距離、方角、時刻、晴天の具合はほぼ同じです。
この期待には輪郭線の崩れが認められません。
c0319737_0512284.jpg



以上今回の報告と画像です。
また次回のイベントで報告出来る事があればここでお知らせします。
ではでは〜








[PR]

by farmemory | 2014-11-11 00:59 | ・コンタクト | Trackback | Comments(0)