◆大切な人・愛しい人(自らの創造)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
スマホ・携帯からお問い合わせの方は PCからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します。



c0319737_02163037.jpg

◆大切な人・愛しい人(自らの創造)◆

この世界は自からの想念、希望、意思によって作られて行く。

行くというより、その時空に変化して来たと言ってもいいでしょう。
今までの旧次元で私たちは身を守る方法として
「怪しい、嫌な気がする、気が乗らない、根拠はないが違う気がする」
そうした勘が(ハイヤーセルフからのメッセージとして)働き、自分にとて不要な事象から自らを遠ざけ、危険を避けて来ました。

しかし今後は、そうした意識に引きずられない時空に入って行くでしょう。
これが「自ら作り出して行く明日」です。

旧次元で私たちは(魂の希望、生まれる前からの約束)として、この人生で様々な体験をして行くことを目指し生まれて来ました。
過去の人生でのやり残しや、この時代に生まれた新たな課題などです。

旧次元では、自分の学習のために難題を持ってきてくれる人が今まで反面教師として、魂の約束をしたソウルメイトたちだったとも言えます。

それを希望して来た魂は、危険や痛みを経験することも重要な一つでもありました。
それはある意味「設定された人生」でもあったのです。

レールを敷き、そのレールを走る列車に乗り、人生という旅を続けて来ました。
つまり私たちが生きて行くうちで体験すべきことはある程度決められて来たとも言えます。

だから、未来を見通すということもできるということで在り、占いも有効だったと言うことになります。

しかし新しい時空に向かう私たちは、その「設定された人生」から「創り出して行く人生」のステージに踏み込んだのです。
この時空では不条理や危険という体験学習の場から、初歩的な「ワンネス」の世界に進むことでもあります。
ワンネスとはすべてが繋がっている世界です。

古い次元では誰かが誰かを傷つけることにより、その辛さを知る個別の魂の体験学習の場でもあったのですが、今後は自分を傷つければ、すなわちそれが他者をも傷つけるという事を体験し、知って行く時空に移行して行きます。

これは相手を大切にするという美徳感より前に、自分を大切にすることがどれほど重要かを学んで行く事でもあります。

また自分にとって不要な人、危険な人、合わない人というものが魂同士の約束として存在したのが旧次元でしたが、今後はそうした人が仮に自分の前に立ちはだかることがあれば、それこそが自から創り出した相手なのだということになります。

目の前に展開するあらゆることが自分が作り上げて行く「現実・リアリティ」なのだと言う事になるでしょう。

今までの旧次元では
「あの人やあの場所、あの事象や、あの思い」
が危険だから、不要だからそれを避け身を守る方法として「勘」や「シンクロニシティ」という方法でハイヤーセルフは自らに注意喚起をしてきました。

しかしこれからは自分が作り出して行く相手、事象、思いでもあるので、自らの想いの反映として、それらが目の前に現象となって具現してしまうのです。

「あの人は自分を好ましく思っていないのだろうか?」そう意識を向けた途端その人を、その通りの人に作り変え、創り出してしまいます。

それでも全ての人が皆自分の思い通りの人になるのかと言えば、それはまったく違うことです。
自分が変化して行くことで相手も変化してゆきます。
しかし自分の変化は促さず、相手だけを自分の都合の良い人に作り変えるということは、天の摂理に反することですので、そう簡単にできることではなく、また天も望まないことです。

もし目の前の相手が自分にとって大切な人なのであれば、自分の世界に住むその相手も自分が作り出した(自分を映す鏡)創造物であることを先ずは思い出してください。

全ては自分が(自分の責任で)作り出した新しい時空の登場人物たちです。
これからの人生で自分と関わる人に、その関係性のレベルにかかわらず不要な人は存在しません。

もちろんこれは古い次元においても同じことでした。
ただし旧次元では体験学習として、それぞれの人が複雑にリンクしながら。関係しあい、影響を与えあい共に完璧な天のリンクの下成り立っていました。

しかしこれからの高次元では、自らの中に不快感や危険、疑心や怒りを作り出すと、自分にとって重要な関係を持つ相手でさえ、そうした目で見えてしまい、それ以上にそいいう相手に作り変えてしまいかねません。

「では、そうした意識を持たないで正しい日々を送り、自分に厳しく生きろと?」

いえ、そこまで聖人君子として立派に生きることもないでしょう。
そんなこと、し過ぎてしまえば自己批判、自己否定、自責、後悔を引き込んでしまいます。
反省ばかりする人生から、もっと気楽な人生を生きることが、自分の宇宙を好ましい世界に創り変える方法でもあります。

朝令暮改も、自分に都合の良い考え方も、面倒臭いことから逃げちゃうことも、次の時空では「あり」なのです。

目の前で展開して行く全て(人も、事象も、仕事も、自らの想いも)は、自分の意識や想念の具現化であるという事を理解し、知って行くことだけで十分です。
それが真実だと理解できれば、不要な相手、不快な人を、わざわざ自分が創り出してしまう愚行を起こしにくくなって行くからです。

そしてこれからは和合ではなく共有(ワンネス)の時代です。
和合は一部で妥協と我慢というストレスを生み出してしまいます。
しかしワンネスには妥協も話し合いも不要です、全ての人の意識がニューロン的につながって行く、初歩のテレパシー共有の時空に移行して行きます。

もうすでにその時空に移行し始めています。

どれほどマスメディアが意図的で作為的な意識誘導を仕掛けようと、多くの人が真実にたどり着き始めていることを皆さんも感じていることと思います。
意図的な情報に怒りも不信感も不快感も向けることなく、その存在に興味を全く持つことなく否定も肯定もせず全く興味すら向けない人が増えてきていますね。

「興味がないからどうでもいいや」
この意識に意図や作為は太刀打ちできません。

   ・

自分にとって必要な人・愛しい人さえも、自らが創り出して行くということを信じられますか?

そして大切な人・愛する人を麗しい相手として自分の舞台に登場してもらいましょう。
そうすれば自分も、相手の人生の舞台の大切で麗しい登場人物となって行きます。













[PR]

by farmemory | 2017-03-07 02:17 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(15)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/26480804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くりちゃん at 2017-03-07 07:03 x
おはようございます!
このような記事を書いていただけることに、
感謝いたします。
そうした次元に移行して来ているのですね。
隔世(覚醒!?)の感があります^^
何だか意味も分からず、
『さて、いよいよこれからだなあ~☆』と思っていたのは、
そういう訳だったのですね(^_-)-☆
Commented by YOKO at 2017-03-07 11:32 x
これからは自らが創造する世界になりワンネスに近づいて行く……まさしく神様(ワンネス)に近づくんですね。最近、人からどう思われようが、自分のしたいことをして、やりたくないことは無理にやらない。そして物事のあるがままを受け入れて考えないようにしています。なんか、うちの猫の生き方のようになっているんじゃないかなと思っています。と言うより彼女がそう教えてくれていたような気も(笑)私の一番の善き教師かも知れませんね。ネガティブにはならないでおこうと思いながら、つい感情に翻弄させられ反省する日もあるんですが、これってそういう状況を創造しているんでしょうか?それはさておいて、周りの人々を観る限り自分も含めて意識的無意識的に関わらず表面下のネガティブな部分をさらけ出し始めてるような気がします。
Commented by さといも at 2017-03-07 15:01 x
やりたいことはことごとく封じられ、でも周りの求めに応じると何でもうまくいってたので、受け身の生き方で来ました。
「自由に一歩踏み出せ」と言われても、いまさらやりたいこともなかったりします。
それでその声に聞いてみました。(先月)
「何か、使命でもありますか」
「ないよ」
「じゃあ、、、なんですか」
「愛してる」
ああ、このセリフ、、(笑)たしかにムズムズして変な気持ちですね。何だよと思いながらも、何も言えませんね。
本当はこんな生活したいってのはあるんですけど、すぐ現実化しちゃうと、あいつやこいつはどうなるのかというのがネックですね。でも旧世界でもそれぞれのレールなんだから、他者に対する責任なんてなかったのかもしれません。
自分の願望と他者のそれが、どう折り合って現実化するのか、ワンネスと言いつつ、
個人それぞれの世界に分離するイメージもあって、ちょっとさみしさもあり。
いろんな本に自分自身を愛しなさいってあるのが、さっぱり理解できなかったんですが「自分にやさしく」で少しわかった気がします。ある意味、最後の課題かもしれません。
Commented at 2017-03-07 21:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by farmemory at 2017-03-07 22:26
共有とは共存でも共生でもありません。
むしろ意識の違う者同士が、違う意識を持つものを決して否定せずリスペクトしながら、しかし無理に同じ場所に生きることをせず、それぞれの意識グループがそれぞれに独立して並列で存在し続けることです。
そしてワンネスとは、物理的に全ての人が同じ場所に存在することではなく、時空を超えたテレパシー的意識共有のことです。
高次に進むということは相手の意識を言葉や文字で知るのではなく、それを超越した意識交換ができるようになることを言います。
表層的な物理次元での軋轢やすれ違いがあったとしても、意識共有をテレパシー的に行えさえすれば、言葉や文字といったアナログな情報交換に頼ることなく相手の全てを理解できるということです。
Commented by natural at 2017-03-07 23:17 x
新たに後押しを・・・ありがとうございます。
昔から持っていたあの根拠のない精神は、信実であって移行していく段階になったんだなと拝読して思い出しました。
先走らないよう?加減していたことに気付いたからです(汗)
すごいです。
昨年鏡のような友に初めて出逢いました。
その人も私以上に同じことを思い生きてきている。
もっともっと具現化を楽しみます☆


お互い「すごいね」と話は尽きることがありません。
まだまだ志半ば☆
具現化あるのみですね!

Commented by natural at 2017-03-08 06:16 x
いつもありがとうございます。
追記です・・・

洗礼である必要なプロセスを経ても、本当に自覚するにはそれ相当の時間を要しました。

それでもこの3月に入り、加速して目に見えてイメージしていた状況に変化してきています。
いつもどんな時も、どれほど守られてきたか、支えられてきていたのか、、改めて想像を超える最高の配置に・・・感謝せずにいられません。

宇宙の采配に感謝しています☆


Commented by さといも at 2017-03-08 11:38 x
ワンネスがアカシックレコードを破壊する、介入するような景色が入ってくるんですが。 集合無意識にアクセスしても、レールは確認できるけどもそれを強固にしてしまう。逆に、それを無視して個と個のダイレクトなテレパシー的つながりを、現実界での具現化のカギとするなら、まずは、いったんはグルーピングを受け入れるのもスピードアップにつながるのかと思いました。
Commented by y at 2017-03-10 12:15 x
次々と閉じていく過去はそのままに…。
おまえはもう、終わっているー。
(↑過去の幻影、旧次元のこと)
さようなら~♡ (^O^)/~~~
Commented by rainbow at 2017-03-11 20:05 x
言葉に含まれる感情を受け止めるのが面倒になりました。そして、パートナーにむける自分の過度な感情に気づく。重い間柄はもう卒業したい。これでいいんだろうな。。。
この次元に跡形もなく存在がなかったように消えたい。今回のblogに関係なかったかもしれません。
Commented by natural at 2017-03-12 09:22 x
一昨日三十三間堂に導かれ衝撃、
先月から光という視覚化で、私へメッセージが来ていましたが、昨日仲間と過ごす中、私自身に同様の光が降り注いでいることを今朝・・・
3月11日であったことに偶然はないことは、ハッキリ自覚しています☆
Commented by p at 2017-03-12 13:13 x
ワンネスに軸足を置いたら、何でもできる、何でも許せる・許される。
今まで分離の世界(感)の中、ひとりで頑張っていた自分にはたと気づきました。
イシスに、何でもひとりでやろうとしないで…と言われたのはこういう意味だったのかも。
ありがとうございます。
Commented by rainbow 33 at 2017-03-13 12:13 x
常にですが、ブログは何回も読みますので、昨日今日の出来事での感想を書きます。
事象に対して、自分の想いが具現化するスピードの早さです。今までは数十分~1時間、場合によっては翌日位であったものが、とても早くなっています。なので、修正がきかない。
頭で考えて、やっぱり皆に合わせておこうか、ここは自分の想いは押さえて… そんな事が通用しません。それで去っていくものはもちろん追いませんが、これで残るものってどれくらい? もしかしたら自分自身しか残らないかもしれない。
これが九分九厘まで行ったら、全部ひっくり返るってことなのかな?
Commented by greenstar at 2017-03-13 19:18 x
トップの龍の頭が青く光っていて、水面にも写り込んでいますね。
なんとなく誰かいらっしゃる気もするのは私だけでしょうか?
Commented by farmemory at 2017-03-14 00:01
お分かりになりましたか、水面に映り込んだ青い光の反射と竜の鼻の青