◆故郷の天体からのウォークイン(3)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
スマホ・携帯からお問い合わせの方は PCからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します。



c0319737_02205598.jpg

◆故郷の天体からのウォークイン(3)◆


◆故郷の天体からのウォークイン(1)◆
◆故郷の天体からのウォークイン(2)◆


霊体(幽霊)の次元である4次元が消え始めているということはすでに数年前からお話ししてきたことですが、その消滅は必ずしも数カ月程度で消えてゆくわけではありません。
緩やかに地球の次元移行のスピードに歩調を合わせながら進んできました。
ですので、逆に次元移行の加速が始まった今、4次元の消滅も加速してきていると言うことなのでしょう。


さて、今回取り上げているウォークインに関しても同じような現象が起こってきています。
地球と、そこに生きる人類の次元周波数も同時に上がって来ると、次元移行の初期段階(今から30年くらい前)では低い周波数帯にいた地球と人類に接触をためらってきたスペースファミリーたちも徐々に接触の回数と方法を変化させ加速させてきました。

この次元移行が始まる前は地球とそこに住む人類はまだまだ「重たい」3次元の周波数帯に留まっていました。
そしてその領域は彼らスペースファミリーにとってはとても息苦しく大変危険な周波数帯だったのです。

そのため彼らは気安く私たちにコンタクトを取ることができず、まして個人個人に接触するなどとても難しかったようなのです。

しかし彼らは、それでもその危険を承知の上で、人類を模した人工の肉体に入り命がけで接触してきてくれたことも数多くはありました。
この場合は彼らスペースファミリーの方から、危険を犯しながらも低い周波数帯に「降りて」きてくれたのですが、ここにきて私たち自身の周波数が上がり始めたことにより、今度は私たちの方から彼らに近づいてきた訳です。

当然そうなれば、今まで慎重であった彼らもより安全に私たちに接触できるようになってきたと言うことです。

私も、それこそ15年くらい前までは宇宙人は金属で作られた「乗り物」に乗って、はるばるこの地球にやってきて人前に姿を現すと言う分かりやすい接触を私たちにしてくれるものとばかり思ってきました。

しかし時がたち彼らとの意識の交流が進んで来た今、コンタクトを身近に感じられる様になれば成る程、以前夢見ていた様な劇的なコンタクトを望んでいたことがいかに的外れであったかを今は理解できて来ました。

周波数という概念を理解できてくると、彼らの私たちへのコンタクトや接触というものが、例えは黒船に乗ったペリーが浦賀に現れるような子供じみた接触などではなく、魂と魂との接触が本来のコンタクトなのだということが理解できてきました。

*ロズウェル事件 以来、スペースクラフトが墜落し異星人の遺体を解剖したという怪しげな情報がまことしやかに流され続けてきました。

確かにあの事件は彼らスペースファミリーたちの存在を隠蔽、もしくは情報を混乱させる目的でかなりの部分がでっち上げられてはいますが、事件の全貌は見えないまでも、その中のいくつかは実際に起こった内容も含まれているようです。
事件自体全てが偽装ではないでしょう。

そして事件の主人公である異星人(遺体、または生きて捕獲されたと言われている)は、数多くいる地球外生命体の中でも極めて周波数の低い3次元的生命体です。ただしあの生命体は、おそらく「異星人」ではなく、ネガティブ側の地球外の彼らがが作り出したアンドロイドでしょう。

そしてメディアや軍は彼らと物理的接触をし、彼らのテクノロジーを手に入れることに成功しました。
さらにあの事件を巧みに利用し、人々に宇宙人は侵略者だというあるはずもない危険性や、また夢物語というメディアコントロールをする方便として利用されてしまいました。
そして周波数の低い地球外生命体の力を借り、ある側の人類は厄介な存在として、地上で君臨する力を得ました。

この事件での一連のコンタクト(異星人と称されるものとの接触)は「3次元」での接触でした。

しかし次元移行が始まっている今、彼らとのコンタクトは3次元的な接触を超え、高次元での接触というステージに入り始めています。


次回に続く


*今まで記事をできるだけ一度にたくさんの文章を書くようにしてきましたが、モバイルやスマホでのご利用の方がとても多いことに今更ながら気がつきました。

「携帯やスマホで読んでいるので、記事を短めにしてね、読むの大変だし」
と言うお声も頂いていましたので、お試しで記事の長さを今までより少し短くし、その分さらに小分けにして、更新を多くしてみようと思います。
この方がいいとか、読みにくくなったとか、お意見がありましたらお聞かせくださいませ。














[PR]

by farmemory | 2016-11-22 02:29 | ・コンタクト | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/26168736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆうぽんママ at 2016-11-22 08:37 x
写真の赤い和傘、一種の宇宙船ですよね。
この間、こんな宇宙船に招かれました(^-^)
Commented at 2016-11-22 17:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by farmemory at 2016-11-22 18:31
見えない事は十分あり得ます、エネルギーに匂いはあります。
好ましくないと感じる感覚は「近寄るな!」の合図、詮索せず離れましょう。
Commented at 2016-11-22 21:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-23 19:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。