◆メッセージ・再会・ミッション◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



c0319737_374827.jpg


◆メッセージ・再会・ミッション◆

空の青さと雲の流れ
海の青さと潮の香り

山の緑と
野の緑

澄み切った湖と深い森


その場に立つ事無くその光景をイメージし
その場の清々しさや、薫風を鼻孔の奥に一瞬でも感じる事が出来た時、自らの意識体は既に想像したイメージを超え、その時空に存在している事になります。

子供の頃に泥だらけになりながらも一日中走り回って遊んだ故郷の野山
乙女の頃、心傷めながらも恋に憧れていたあの日々

それを思い出してみます。

懐かしさの中の遠い記憶ではなく、一瞬であれ刹那であれ、その時の野の香り
心躍らせたときの、あの胸のトキメキ、胸の鼓動を時空をリアルに感じた時
既に自分の意識体はその時に存在しています。

これを少し拡大して解釈、利用してみます。

「美しき緑の星」のあの光景が、とても懐かしく、自分がそれを体験していたと根拠も無いがとても強く感じたり。
不意に脳裏に宇宙空間に浮かんでいる自分を感じたり、宇宙船らしき場所から青い地球を垣間みた記憶が蘇ったり。
白いローブドレスに身を包み、小高い丘から青い海(地中海やアイルランドの海)を見下ろ自分の姿が浮かび、その背後にはアクロポリスやストーンヘンジがそびえていたり・・

あるいは小さな布だけを見に纏い、褐色の肌の自分が美しい石肌の感じられるアンコールトムやワットらしき所に立つ光景を思い出ししたり。
そうした光景が過去、現在と一瞬であれ感じる事があれば、それも時空を超え、その時代その場所に生きた自分を見た事になります。

私たち人類のほぼ全ての人が、その過去世が皆深い記憶の底に静かに沈んでいます。
それが、あるタイミングで表等近くに浮いてくる事があります。
たとえば歴史や自然科学の授業で耳にした異国の土地の名前や、天体の名前を耳にした瞬間、意味も無く心が動き動揺に似た感覚があった等です。
こうした状況で遠い記憶が蘇る時は、何らかのきっかけ(外的干渉)によって自分の中の時空を超えた記憶のスイッチが入るからです。


しかし、こうした記憶の呼び水がなく何の脈絡も無くいきなりそうした光景や記憶らしきイメージが浮かんだ時(例えば街を歩いている時、いきなり古代の文明が浮かんだり、その時の匂いが感じられたり・・)は、単に自分の記憶が呼び覚まされたのではなく、その瞬間現実に(リアルタイムで)その場所、時間に、言わば意識体がタイムスリップしたと見る事が出来ます。

前者の様に外的な呼び起こしがあり思い出す場合は遠い記憶に辿り着いただけで、そこには強い意図的なメッセージはないかもしれません。
しかしいきなり、前後の脈略も無く不意にイメージがやって来た時には、かなりの確立でその時代や、宇宙空間からの何らかのメッセージを受け取った時に起こることがあります。

そうした時の記憶の甦りは唐突にやってきます。
おおむね穏やかにいる時や、特に複雑な思考を巡らしていない時、寝入り端の一瞬などに起こることがあります。

今までは「そのままでいいから、そのままの自分を肯定して生きて行きなさい」
そうハイヤーセルフは語りかけてきたことでしょう。
今までもこれからも、基本的にその有り様は重要です。
しかし時空のステージが日々変化してきていますので、記憶の甦りの中からメッセージを感じて取って行く事がとても重要な意味を持ってきます。

   ・

話変わって、過去世で何らかの約束をしてきた人との再会に関して少し触れておきます。

遠い過去世(これはこの地球だけではなく遠い地球外の天体に生きていた記憶を含め)に何らかの約束をしてきた、特定の人物との再会を迎えた時にも大きなメッセージが込められています。
この場合はメッセージというより、お互いの再会によって起こる様々な物理的現象(とは言いながら、時には認識できないエネルギーワークも含みます)を引き起こして行きます。

しかし、単に過去生で深い縁を持っていたが、特に今生重要な約束はなく、その古い時代での当事者同士の体験学習が終わっていれば、たとえ「再会」の刹那に心の動揺を起こすほどのインパクトがあったとしても、それは過去世の記憶の甦りだけでその高まりは徐々に静まって行くことが普通です。

しかし過去の時代、遥かな未来に重要な約束をした再会は、逆に最初の出会いの印象はそれほど強くはなくとも、根拠もなく相手への強い信頼感を感じたり、説明のできない「鼻腔に抜けて行くような」不思議な感覚を伴うことがあります。
そして、そうした約束をした相手との再会は緩やかに、しかし確実に自分自身の内面に大きく重要な変化をもたらしてきます。
この点においては自覚できる部分でもあるでしょう、そしてこの関係はツインソウルも同じような関係性を示しますが、使命という点での再会とはやや異なっています。

ツインソウルは、この人生において自分の成長に大きく寄与する相手です。
しかしミッションを伴った再会の相手は「個」の成長ではなく、お互いをリスペクトし、補完し合いながら物理的に次元移行をバックアップするという目的があります。

そして、その関係が男女であれば、相手の育ちや育ってきた環境、その人の社会的状況などに左右されることなく(お互いそれを根掘り葉掘りと知ろうとはせず、過度な興味を抱かず)今目の前にいる相手だけに意識を向けるはずです。
(リラ物語でお話するミッションもその一つでもあります)

また、同じ男女であっても恋愛感情ではない関係性の場合は、相手に対し性別を超えた意識で相手を認識し始めます。
またこれは同性同士であっても同じことがいえるでしょう。

何れにしても、約束を持った再開の場合、遠い時空を超え発効するミッションでもあるので、むしろ現行(現実社会)での相手の社会的状況やイデオロギーなどには全く左右されることなく相手を受け入れて行くのが特徴と言えると思います。

今までの自分を思うと、なぜこの人を(ポジティブ的に)選んだのか不思議でならない。
自分の生活環境では会うことの無いはずの人のはずなのに、どうしてこの人を知ったのだろう?
そうした感覚を持つことも稀ではないでしょう。



今回はここまでとします。

機会を見てメッセージを受け取ること、再会の意味を知ること、その再会によって何を成そうとするのか。
そんなお話もして行こうと思います。

ではでは〜










[PR]

by farmemory | 2016-09-09 03:08 | ・ミッション | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/25966122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろみ at 2016-09-09 19:23 x
ツインソウルと使命の相手
とっても腑に落ちました。
ツインソウルとの成長の約束は果たして
使命の相手と昨年秋に逢えたと思ったのですが…
でも
何故か御縁があるのならばまた逢える!と思っています。
今はどのような形でいつ再開できるのかを楽しみに待っています。
いつもタイムリーなステキなお話しをありがとうございます(o^-^o)
Commented by リラ紫 at 2016-09-10 12:38 x
母の私への口癖は、目立たぬように。ピンクが嫌いな母が選ぶネイビー・グレーを身につけて過ごした日々。その訳を知るまでにこんなにも長い年月が必要でした。
今は肉体を持たない彼女こそ、私を守ってくれていたシリウスだったのですね。
亡くなってからもいつも傍らに寄り添ってくれていたあなたへ、深い愛を贈ります。
気づかせてくださったブログに感謝と愛をこめて、お礼申しあげます。
Commented by 蓮屋 at 2016-09-19 12:21 x
ここに書かれているままの次元移行のバックアップの出会いをして、目覚めました。
この目覚めの探求を進めながら、ホログラムの世界に愛の表現をしていきたいです。