「ほっ」と。キャンペーン

◆イギリスの件◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆イギリスの件◆

イギリスのEU離脱が国民投票により決まったとのこと。
政治経済的なことに関してはさほど興味もなく触れることも少ないのですが、今回のシナリオは少々興味深い点を感じましたので記事にしてみようと思います。

まず報道でありました開票作業の光景が、極めてアナログで、だからこその公平さ、ジャスティスを感じました。
極東の選挙の開票作業に関してもこの光景が見られるといいですね。

さて、今回のEU離脱。
多くの予想では、ギリギリで残留優位との予想でしたが、それに反する結果となったことがまず興味深いことです。
今までですと「何らかの回避オペレーション(外力?)」によって、予想通りの結果になることが多かったと思いますが、今回は世界中に衝撃が走ったと報道されました。
ただし今回の投票結果が、新しい次元や世界を表しているかといえばまだ早計に感じます。

確かに今回のイギリスのEU離脱は、想定を超えたという面で言えば、大きな変化であることは違いありません。
しかし、残留、離脱の2択であった段階で、そのどちらであろうと第3の選択はなかったわけです。
今後仮に未来への目に見える変化があるとすれば「青天の霹靂」「寝耳に水」的な突発的な事象こそが真実となるでしょう。

今回の出来事は予想を外したとしても、想定できることであったことから見れば、そう大きな変化ではないと言えると感じています。

しかしこれが今後の経済のリセット、その引き金になる可能性は多分に含んでいると見ています。

巷でのどこぞの投資家が金を購入しているとか言う話も流れていますが、今の段階でそのレベルで今後を見て行けるはずはありません。
なぜならネットであっても多くの方が知っている、耳にしているという程度の報道に関しては多くの作為があること考えてもあながち外れてはいないと思うからです。

しかし、いま私たちが目にしていることの全てが、どの道を辿って行こうとも新しい未来に向かっていることは確実です。

今回のドタバタ劇は、それでも真のブラックスワンを呼び込むには十分なインパクトだったことだけは間違いないと感じます。
今後各国政府は躍起になってもてる国力の多くを(背水の陣かもしれませんが)使い金融緩和や市場介入、そしてあらゆる箝口令を敷き、これ以上の経済混乱を封じ込んで行こうとするでしょう。

しかしあくまで封じ込めです。

決して新しい意識を受け入れ変化しようというのではありません。
今まででしたら、封じ込める側の力も(腕力)強かったので、それでなんとかなってきていたでしょう。
しかし今に至っては、まずはそのパワー自体急激に弱まって来ているだけではなく「封じ込める=隠す、偽称する」という側面も持ちますが、次元(ステージ)が変化してきていますので、本当のことが目に触れやすくなってきています。

いま少しの間介入オペレーションは続くでしょう。
ですからそう簡単にはリセットには至ることはないでしょうが、その一服の静穏の間に、水面下で真の変化の胎動が静かに進んでゆく筈です。
しかし真の変化は決して事前には話されることはないでしょうから、リスクへの準備などする間もないでしょう。

災害(ではなく未来に続く経済リセットですが)は忘れた頃にやってくる

災害と取るか
希望と取るか

どちらのスタンスから見るかにより今後の世界も、その両方の側面を持つことになります。










[PR]

by farmemory | 2016-06-24 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/25733104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒコーキ雲 at 2016-06-25 12:02 x
英国のEU離脱は驚きましたが・・・これから起こることに関して過渡に不安や心配などせず、今無事であることに感謝し心穏やかに過ごすよう心がけたいと思います。
Commented by のっぽひで at 2016-06-25 15:27 x
このニュース、第一報で知った時の感想は「ふぅ~ん そうなんだ~」でした。
次々と流れる続報にも心が動かされることはありませんでした。「世界経済に暗雲?リーマンショック以上の衝撃?そーなの?」てなモンです。
強いて言えば、「次元上昇に上手く働くとイイな!」ぐらいの想いでしょうか。

「何事にも動じない緩さ」少しは身に付いたかな?と思う昨今です(笑)。