**継続瞑想の提案**

c0319737_0153893.jpg

先日は合同瞑想にご参加いただきありがとうございました。

引き続き被災地にエネルギーを送るミッションを行おうと思っています。
地震発生から5日が過ぎました。
これからは祈りの瞑想も緊急性より継続性の必要な時期に入ってきています。

特に食糧、医薬品、日常品の不足があるようですので、できる限り解消に向かえるよう生活上の充足を願おうと思います。

今回の瞑想は緊急同時瞑想ではなく、皆さん個々の瞑想を時に応じてしていただくお誘いです。

この提案にご興味を持たれましたら、ご自身の負担にならない時と場所で継続的に行える緩やかなこのミッションにご参加くだされば幸いです。



<瞑想にあたりご注意頂きたいこと>

瞑想はあまりに過度な集中は逆効果となります(ストレスさえ作り出してしまいますから、そのストレスを現地に送ってしまいかねません)
緩やかに、温かい想いを送れる状況(瞑想時の自分自身の有り様)が極めて重要です。

今自分は幸せに生きている、幸せを感じている、この点がとても役に立ちます。
自らを犠牲にして他者を助けることを天は推奨してはいません、自分の出来ることで十分なのだということです。
ご自身が持つ「至福」をシェアすることがエネルギーの贈り物となります。


そうは言っても苦しい思いをしている方を思えば心乱れてくるのは致し方ないことです。
しかし、だからと言って何もできない自分を残念に思ったり、行政の不手際の報道に憤りを感じることはご注意頂きたいと思います。

現地で懸命に作業に当たられている皆さんがおられます。
心から被災者の方に手を差し伸べようと不眠不休で働いている天使の魂を持つ行政、自衛隊、消防、警察、現地の皆さんの方々が絶対におられます。
その方達の障壁となってしまうエネルギーを送ることなく、その方達への見えないバックアップをするためにも今は自分の中にある「温かい想い」に意識を向けてください。

現地に生活物資を届けてあげたい、お腹を空かせた子供たちに少しでも食料をと思いながら何も出来ない自分を責めてしまっては瞑想に支障が出ます。

また今後一部の報道では傷を負っていない場所の人々に向け不安や怒りを煽る言葉を投げかけてくる筈です。
必要な危険の啓蒙を超え、意図的に人の目だけを引こうという(視聴率?)興味本位で無責任な(それ以上に意図的な悪意を持った)報道をし始めていることも感じています。
そうした報道や情報に触れ、少しでも怒りや不安の想念を持ってしまい、その状態で被災地を想うのは是非避けてください。

先ずは温かい心を留めながらそのエネルギーを被災地に送ることが重要です。
この方法が今回提案する瞑想となりますのでご理解くださいますようお願いいたします。

この宇宙にある全ては必然で成り立っています、過度な二元性意識で全てを解釈することから離れることも高次への道となります。

今後は「皆で手を合わせて」とか「絆」とか「同時に」などと言った作為的呼びかけは緊急性を感じた時以外は控えます。
各自ご自身の心のままに「役に立ちそうだ」とお感じになった時、この方法を ”お使い” ください。


【今回の瞑想内容(方法)】

現地の皆さんが食料、飲料水、生活用水、様々な生活物資など今必要なものを手にし安堵されているイメージを心に描いてください。

報道を見ると、そう簡単に解消されないと感じてしまいますが、そうした言葉に振り回されることなく、被災地の皆さんにほんの少しでも笑顔が見える、そうしたことをイメージすることが今回の瞑想です。

極めて観念的なイメージですが、むしろこうした曖昧なイメージが今は重要です。
被災地の皆さんは、何がお困りかは各自異なっているはずです。
ですからあまり細かく限定して解消を願うより、大まかに被災地の皆さんの「安堵」を願って下さい。

時間や場所を限定しません、皆さんのご都合の良い時間に何度でも思ってください。
所要時間にも決まりはありません「数十秒であっても必ず効果がある」その信頼をご自身に向けた時現実となって行くでしょう。



■追記

今回の事象は「始まり」を予感させます。
この始まりはもちろん未来に続きますが、生半可なことで終わるようなことはないでしょう。
未来に続くのであれば、いかなる事象も恐れることなく受け入れてゆかねばなりません。
それぞれの有用な変化に対峙して行きたいと思います。









[PR]

by farmemory | 2016-04-19 00:17 | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/25526447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なお1960 at 2016-04-19 03:29 x
ありがとうございます。「祈り」(瞑想)を持続するにはどのようにしたら最善なのだろうと考えていたところです。祈りの力を信じています。自分が出来る範囲で温かな光をイメージして祈りを届けたいと思います。
Commented at 2016-04-19 06:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MADOKA at 2016-04-19 09:25 x
閲覧のタイミングがずれて、2度の瞑想時刻から大きくずれましたが、熊本で地震が発生してから、意識が地震に向く度に、わたしなりの思いを被災地、或いは見えぬ攻防戦の渦中の存在たちに向けておりました。うっかりTVをつけっぱなしにしておくと、報道されているのは、悲惨な現場の呆れるほどのリフレイン映像と、レポーターの狼狽える恐怖を煽る映像ばかりで、マジで吐き気がしてます。
阪神大震災を経験したわたしにとっては、映像を見るだけで当時の現場のリアリティが<今>の現実の実感として蘇るので、報道されない現場の人々の冷静さと機敏な対処、協力体制、そして気遣いと優しさが、際立って発現されたことを思い出します。日本人の根底にある精神の良いところが、最悪の状態のときにこれほどの復活再生のエネルギーの束となっ
て結束し得ることに、誇りと自信をもっていいのだと、改めて思うのです。東日本の時もそうでしたし、今回も現地ではそのような光景があちこちであると思っています。
人は、立ち合う現実がそれぞれ違います。そして、自分自身の現実にしか対処しようがないのです。だからこそ、日常の生活から、被災地だけに意識を奪われることなく、楽しい時間があればそれを謳歌し、被災地で起こっている悲しみや苦しみに同調し、心沈む必要はないと思っています。
人は強い。心ある魂の人はとくにです。だから、わたしは被災地に向けての意識と、後方支援に奔走してくれているわたしたちの本体(ハイアーセルフ)と宇宙存在の彼らには向ける意識が違います。「大丈夫、あなたは大丈夫!」そして「ありがとう!」です。守るべきものは、生きるという意志。そして、その先の未来です。これが始まり。確かにそう感じます。祈りは思い。その瞬間に時間と場所を超えて思いの先に届きます。それが瞑想。愛しさと切なさのワンネスの声だと思うのです。長くなりました。ごめんなさい。
Commented at 2016-04-19 10:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 美代 at 2016-04-19 12:02 x
合同瞑想は集合意識のパワーを実感致しました。そして、昨夜8時頃、最寄駅の近くにある住吉神社で、神社の神様の解放の祈りの後、大きな御神木の銀杏に手を重ね地中深くから繋がる大地にエネルギー通して九州地方の土地のグラウディングの祈りを捧げました。数分後に見上げる空に6〜7機の飛行機が不思議な航路で出現しました。ほんの数分のことでしたが、擬似飛行機ではなかったかと思います。思いのエネルギーは次元を超えて繋がっていることを感謝致しました。
Commented by そら at 2016-04-19 18:42 x
どんなに苦しく困難に思える現象にも、必ず救いは残されています。
ですが、それを見付け生かすかどうかは、一人一人の選択です。
渦中の最中に在る時は見えなくとも、諦めさえしなければ、必ず道は開けます。

どうか、諦めないで、
泣いても、叫んでもいい、
でも、希望を、優しさを、捨てないで。

今大変な思いをされている方々、そして土地(自然)に…想いを、光を、優しさを届けるイメージを送りたいと思います。
Commented by くりちゃん at 2016-04-19 19:49 x
farmemoryさんの記事と皆さんのコメントを拝見して、ちょっとは息がつける感じになりました。
昨日の最初の合同瞑想が終わった後、大成功に終わった気持ちの高揚感もどこへやら、時間が経つにつれて重苦しさで身動きが出来ない位になってしまったのです。
そして、あろうことか、私の進むべき道は違うのではなかろうか…と、何を今更逡巡し出したのです。
これには、自分でもビックリッ!!です。
そのような我を忘れた重怠さの中、二回目の合同瞑想にも、何が何でも参加すると突入して行きました。
farmemoryさんのおっしゃる通り、そんな感じで参加する合同瞑想では『百害あって一利なし』でした。本当にごめんなさい。
しかし、この何とも言えない押しつぶされそうな重圧感は、これからも事あるごとにやって来るような気がしています。
今回、よい学びの機会を与えていただきました。
今後に生かして参りたいと思います。
そして、被災地の皆様には、自分が幸せを感じた時に、トビっきりのキラキラ光線をお送りしたいと思います。
Commented at 2016-04-19 20:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-04-20 17:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。